10月4日

maillot    TITAN RIP-STOP NYRON CARDIGAN

color     OLIVE

price     21780-(TAX IN)

SIZE     2    /    3

今日は最高気温が30度近くなる予報。
毎日目まぐるしく変わる気温に服装での調整が難しい日々が続いていますが、それでも何を着ても良い時期というのは
やっぱり楽しいものです。店頭で接客をしていても素材選びが自由で選択肢豊富なのは、この季節ならでは。
それでも夕方になると涼しい風が吹き始めて、羽織物があっても良さそうだなという気持ちも確実にあって
そんなイメージで秋のお洋服をお求めになってくださるお客様が多い週末でした。
あと1カ月もすると岩手山の山頂が真っ白になるので、心地良い季節を存分に楽しみましょう。

maillotから面白そうな素材の丸首のカーディガンとフード付きのコートが届きました。
大人になっても持ち続けていたい遊び心とあっと思わせる素材選びとデザイン。
僕の中では服装に心地良いスパイスの様な役割を与えてくれる存在。作り手の顔が思い浮かんでくるような
何かに縛られたり当たり前と思う様なバランスやセオリー通りではない、何処となく抜け感のある表情が好みです。
今回選んだチタンコーディングされた生地は、ブランドの取り組みを象徴する様な素材使いでとても興味深く
インナーとしてもアウターライクに着るのもどちらにも捉えられるので、着る際の自由度が高いアイテム。
折り畳んでバッグに忍ばせて持ち歩くのも良いでしょうし、温度調整する際にも絶妙な匙加減でする事が可能。
個人的にはクルーネックのスウェットと合わせて着て頂くと、風の侵入をカットする役割があって
唯一の弱点を克服出来るので、デザイン面も含めてベストな組み合わせだと思います。

オリーブの色目と素材感が相まってミリタリーライクな雰囲気にも映りますが、フロントの仕様が
カーディガンのように釦という点と、丸首のディテールによって柔軟性や心のゆとりを生み出します。
型にはまり過ぎない、洋服を着ることが純粋に楽しいというシンプルで分かり易い直球な感覚。
頭で考えるよりは、構えずに袖を通すと想像以上に良い塩梅になると思います。
チタンの素材の特性として温まった空気を外へ逃しにくいというメリットもあるので、機能性を重視した
アウトドアモノの服装程決まり過ぎずに、あくまでも日常着として着合わせが出来るのもmaillotならでは。

肩のラインはラグランスリーブを採用し裏も滑らかに滑る素材感なので、脱ぎ着する際のストレスは一切ありません。
袖の抜き易さは服装選びにおいてとても重要で、この部分次第で着る頻度に大きく関わってきます。

化学繊維の最大のメリットは自分自身の体温や服装によって温めた空気を留めておける保温力。
例えば天然繊維のカシミアセーターをインナーにして組み合わせればほんのりと暖かい空気を保つことが
出来るかなと想像してみたり、スウェットだけだと風を防ぐ事が出来ずに物足りないなと感じる際に1枚プラスする事で
お互いの素材の持つ弱点を補えたりして、色々な素材の組み合わせを試すと服装の広がりや柔軟性がアップするのは
間違いありません。化学繊維もまた天然繊維と同じくらいに面白くてまだまだ未知なる素材だと日々感じます。

maillot    TITAN NYRON LIGHT HOOD PARKA

color     OLIVE

price     32780-(TAX IN)

SIZE     3

同素材を用いたフードコートもなかなか面白い存在。
中にしっかりと着込める位のボリュームで、雨の日・雪の日のレインコート代わりにしても良いかなと。
こういう普通というと語弊がありますが、気を使わずに着られるコート類は日常生活において重宝します。
中にセーターをしっかりと着込んでも袖抜けが良く、雨と風から身を守ってくれる存在は間違いなく万能。
見た目もライトな印象で気の利いたデザインと機能を思う存分発揮してくれると思います。

フロントはダブルジップの仕様なので、下からZIPを開けて着ることで裾にかかる重みが解消されます。
仕立て1枚のコート類をあれこれと探すのであれば、インナーで温度をある程度調整出来て風を通しにくい
ライトなアウターを持っていると、着られる幅が出せるのでお勧めです。
今はインナーダウンの進化が素晴らしいので、そういった類のものとを組み合わせて頂ければ盛岡の真冬にも
対抗出来るようなスペックになるのも科学繊維ならではの視点になるのかもしれません。

肩はしっかりとドロップした位置につくのでインナーとの相性を気にせずに着用が可能。
素材を切り返して使う事で、全体のトーンが単調にならないような工夫がされています。

肌にダイレクトにあたるようなものに関しては心地良い天然素材を出来る限り取り入れたいと思っていますが
化学繊維にしか出せない光沢感や機能性があるのも、視点として同じように見れるようになると服装の深みが
より一層増すような気がします。自由な発想を持って着て頂きたいmaillotの洋服。
脇役にも主役にもどちらにも変幻自在にフラットなバランスで着られる良さがあると思います。

7月29日

maillot    border flair S/S Tee

color     GRAY

price     9790-(TAX IN)

SIZE      1 SOLD

color     BLACK SOLD

color     BROWN SOLD

明け方4時頃に目が覚めると同時に、窓の外の景色が白く映るくらいに一気に雨が降りましたが
家を出る頃にはすっかりやんで、からっと晴れた空とジリジリ迫ってくるような暑さを感じながら出勤。
ところどころ道端の草花が倒れてしまっている様子を見ると、何事も無かったようでしっかりと風の強さを
物語っている様でした。(とにかく草が伸び伸び放題なので、そろそろ草刈りタイムかな・・・)
まだ各地で継続している不安定なお天気、そして盛り返した暑さ。
自分なりに心身に栄養となるものを摂って、残り僅かとなった7月も元気に過ごしたいなと思います。

“maillot”と言えばオリジナルファブリックを用いた安心感のある生地と、豊富なカラーバリエーションの
ボーダーシリーズが定番中の定番。
rasikuでは常に展開という形ではなく、その時の気分で色や形を絞って展開することの方が多いのですが
今シーズンはレディースでこれは!というのがあったのでオーダーしました。
あまりの暑さにTシャツすらも、あまり身体にフィットしたものだと手が出なくなってしまうため、
さり気ないフレアシルエットが身体に張り付かずに、程よい空間があってさらりと一枚で着られる良さと
袖丈や着丈のバランスもなんとも好い塩梅なTシャツ。
色も今回はベーシックな色目を選びましたので、着合わせも悩むことなくさっと手に取って着てサマになる
夏に嬉しい一着になってくれるかと思います。

白がアクセントにもなっている程よい開きのクルーネック。
生地はぎゅっと詰まっている様にも見えますが、実際に触ってみるとすごく厚手という訳でもなく
思ったよりも薄く、そして柔らかく感じられるのではないかと思います。
デイリーに着て洗濯を繰り返しても耐えうる丈夫さも備えつつ、そこまでヘビーさも感じさせない
着ていて気持ち良さと安心感のある生地です。
軽くドロップした肩と、ゆったりとした身頃。
ただ全体的にサイズを大きくするのではなく、締め付けを感じさせないくらいのさり気なさでゆとりを出し
大袈裟にならずに裾へと広がるように、両サイドの脇下にタックをしのばせて作るシルエット。
カジュアルな服装で、でもほんの少しだけ可愛さが欲しいな。という気分をピンポイントで掬ってくれる
maillotの服に込められた気の利かせ方が好きですし、なんだかほっとしたりもするのです。

袖感は半袖よりも長めに設定をされていて、肘がギリギリ隠れるかどうか。
腕をあまり見せたくないな・・・という方にも、この丈感は絶妙なバランスに関して頂けるのではないでしょうか。
当たり前に考え過ぎずに着られる日常着。maillotをセレクトしている理由でもあり、丁度良い洋服を探すのも
案外難しかったりするので、自分達にとっても温度を変えずに着続けられるありがたい存在です。

先にも記しましたが、コットンのTシャツですら暑く感じられる常夏のような気候をここ数年体感して
極力涼しさ重視で、素材もコットンでも繊細な糸を使用していたり、シルクや麻など素肌が喜ぶような
生地に惹かれて多く選ぶ傾向でした。そういった服は間違いなく暑さを和らげ心身をリラックスさせて
くれると実感しています。ただ、その日の予定によってはラフな服装が良いなという時もやっぱりあって
そんな時に悩まず手に取れる、シャキッとしたTEEシャツがあると心強いものです。
ボーダーの半袖TEEは現在はこのモデルのみですので、気になった方はぜひ店頭でお試しくださいね。

6月20日

maillot    Linen Pocket Shirt-Tee

color     ソーダ

price     10780-(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3  SOLD   

ふと気付くと6月も残りの日数が3分の1となりました。
一番動ける気候だからなのか、いつも以上に時間の流れが早く感じられます。
年々「夏」が長くなっているのは間違ないので、まだまだ焦らずに自分達のペースで夏物のお洋服を
ご紹介していければと思っています。

maillotでは夏の定番アイテムとして展開されているリネン100%を用いたポケット付きのTシャツ。
いつもセレクトするかどうかを迷っていたのですが、この暑さを考えた時に涼しさを優先して洋服を選ぶのは必然。
コットン100%の半袖Tシャツと良い意味で差別化が出来、ラフで抜け感のある着こなしもこの時期ならでは。
ボックスシルエットで身体と生地との間に空間が生まれ、風が抜けやすく、うだるような暑さの日などに
さらりとした質感のオリジナルファブリックは間違いなく重宝するはずです。
色目は明るい”ソーダ” 中間色で”アイボリー” ダークトーンで”チャコール”の3色をご用意。

Tシャツなので何かを語る部分は殆どないのですが、肩のラインがラグランスリーブを採用し
首元・袖口・裾をリブで切り替えの処理を施しています。
左胸に大きなパッチポケットが付き、癖のない着易さを重視したデザインに感じて頂けるのではないかと。

暑さで何も考えたくないなと思う日や、服装に軽さを求める日などに手に取りたくなるような1枚。
これから8月末位までの季節は、ファッションやお洒落を楽しむというのも感覚としてはあるのですが
機能的な側面や体調管理などを含めて服装に求める部分が大きく変化をしてくると思います。
盛岡の夏も盆地特有の湿度と気温の高さがありますので、涼しくて着心地の良い素材の洋服はある程度の枚数を
持っていても着る機会がありますし、夏物は肌に直接触れる事が多くなりますのである程度の年数でダメージが
出易いのも事実なので、フレッシュな洋服に身を包むというのも気持ちの持ち様が変わるのではないでしょうか。

color     チャコール

SIZE     1    /    2    /    3  SOLD 

 

maillotらしい日常着に特化したモノ作りという部分において、リネン100%を用いる事で耐久性と機能性の
2つの側面を持ち合わせ、色のバリエーションの豊富さやユニセックスで隔たりなく着れることもとても心強い。
サイズ感は1=レディースL位 メンズS 2=メンズM 3=メンズL 位が大よそのイメージになります。

color     アイボリー

SIZE     1    /    2    /    3    

少し前までは真夏でも気合を入れてファッションを楽しもうという意気込みで自分自身もお店の品揃えも多少を
無理しながら着飾ったりもしていましたが、ここ数年はあまりの気温の高さとライフスタイルの変化で
自然に身を任せるような感覚が強くなりました。
決してそれが正解とか間違っているとかではなく、無理なく心地好い部分を探し続けた結果として今のやり方と
スタイルに流れ着いたというのが正しい表現になるかもしれません。
当たり前に手に取って考え過ぎずに着れる洋服はワードローブにあるととても便利ですし、気持ちの部分での
ONとOFFの使い分けを自分なりに線引きしながら楽しんで頂けるのがベストだと思っています。
うんざりするような夏の暑さを、少しでも和らげてくれるような存在になって頂ければ幸いです。

2月7日

maillot    DUNGAREE OVERALL

color     CHARCOAL

price     24800+TAX

SIZE     0 SOLD

ここ数日は道路のコンディションがあまりに悪く長靴を出動させて、てくてく、ツルツル、水溜まりもお構いなしに
中津川の遊歩道を突き進んでお店に来ています。昨年の冬は殆どというか恐らく一日も履かなかった長靴。
今年は冬とこれから夏の畑にと、突然引っ張りだこで長靴も焦っているのではないかとおもったり。
とにかく一日でも早くツルツル路面の雪と氷が融けますように。

maillotから届いた背中全体が包まれるデザインのオーバーオール。
オーバーオールと一言で言っても用途や機能によってデザインが様々だったりします。
個人的に好きでセレクトするのは、紐ではなく背中にまで生地がしっかりと充てられているもの。
すっぽりと覆われているような感覚が好きで、あとは単純に暖かいのが嬉しい。
春先にざっくりとした丈の短い羽織物を合わせて、オーバーオールにしか出せないスタイルを楽しんで頂きたいです。

素材は薄手ながらもしっかりと張りのあるダンガリー。
色は悩んだ末に、シックな着こなしが出来そうな”CHARCOAL”を選びました。
オーバーオールを着る際に子供っぽく見えてしまう・・・という声を良く耳にしますが、足元の選び方次第で
見え方は大きく変わるはずです。足元をスニーカーで合わせるとどうしても、それっぽい雰囲気が増してしまうので
もしそういった事が気になる方は、革靴でぴりっとした部分を着こなしが綺麗に纏まると思いますので是非お試しを。

フロントはパッチポケットが3つ、バックポケット2つにハンマーループが付く珍しい仕様。
ワークウェアの要素が強いアイテムをmaillotらしいエッセンスで、気張らずに袖を通せる日常着に落とし込まれていて
メインで着るような洋服ではないですが、休日に気分を変えた服装で出掛けたい日やリアルに畑仕事をする時(笑)
など、数は必要ないと思いますが1枚気に入ったものを持っていると、着る機会があるのではないかと。
昨年展開しましたholkのオーバーオールも購入して下さった方の着用率が高く、良く着ている姿を目にしました。
身体を締め付けるような部分がなくリラックスウェアとして、またインナーを変えるだけで変化を出せたり
というのも着易さに繋がっているのではないかと勝手に分析しています。
春先の盛岡は寒さが厳しいので、着るだけでお腹周りが暖められるオーバーオールはとてもお勧めです。

自分達の中でも、なんだか良いなと思えば定期的に選んでいるオーバーオール。
流行り廃りがある訳でも無いですし、なんだかブランドのちょっとした遊び心が垣間見えたり
真面目に作っていたりなど、そういった表現の違いも興味深かったりして、ついつい気になってしまいます。
脱ぎ着やトイレの際の手間はどうしてもありますが、それでも憎めない可愛さがあるところも魅力ですね。
maillotが提案するオーバーオールは、軽やかさがあって、主張が強くならないフラットな空気感が良く
初めてだったり着慣れない方でも、挑戦し易いようにも思います。
家の周りもほんの一角ですが雪が溶けて土が見えたりして、さらに雨が降ることで空気の変化を感じたり
まだまだ感じ難いのですが、新しい服から春を想い浮かべつつ冬を健やかに乗り越えたいものです。

1月24日

maillot    EGE PILE TRINER

color     トップグレー

price     9800+TAX

SIZE     0    /    1    /    2    /    3

color     ブラック

SIZE     0    /    1    /    2    /    3

color     ライトグレー

SIZE     0    /    1    /    2    /    3

color     ライトグリーン

SIZE     0    /    1    /    2    /    3

大手先周辺のお店の前に積み上げられていた雪の山は、一昨日夜の間に見事に綺麗に撤去されていて、
人も車もストレスなく安全且つスムーズに行き交うのを見ているだけで、心が晴れ晴れとしますね。
日中の気温がプラスに転じているのを天気予報で確認し、大丈夫だなとウールの要素無しの服装をしてきましたが
それでは流石に寒くてウールコートを羽織りながらの営業・・・この時期が一番体調を崩し易いんです。
そしてまだ1月だという事を、今一度自覚し直して過ごそうと思います。

連日、オーダーした春夏物の商品が届いて段ボールを開けるのが楽しみな日々が続いています。
まだ張り切って春物という気分ではないので、各ブランドが定番アイテムとして展開している汎用性の高い製品からご紹介。
maillotの隠れ名品の1つカラーバリエーションを変えながら展開されているミニ裏毛スウェット”EGE PILE TRINER”
気張り過ぎずに気軽に着られるのが最もな特徴で、中肉よりもやや薄手の生地感はロンTとスウェットの丁度間をとった
絶妙な素材感で春夏らしい淡い色目ライトグリーン・ライトグレーをシーズンカラーとしてセレクト。
ブラック・トップグレーは定番色として毎シーズン展開されているカラーです。

スペシャルな生地を用いて作り込まれた洋服は素敵なことは間違いないのですが、何てことの無さそうな洋服を
さらりと着こなすのも簡単そうで案外難しくて、サイズであったり人の雰囲気が相まって生まれる空気感。
僕自身が目指す方向性は、普通なものをその人自身の工夫や経験値によって格好良く着こなせるようになりたいと思って
試行錯誤する日々でもあります。EGE PILE TRAINERは良い意味でこれと言った特徴的なディテールやデザインは無く
ラグランスリーブのシンプルなスウェットという点で、コーディネートによって主役にも脇役にもなれる万能な1枚。
maillotらしい色バリエーションが選ぶ側にとっては楽しさがあります。

シルエットに関しては身頃はそこまで大きくとらずに着丈が少し長めのイメージ。
身長178CM 体重63キロでサイズ3を着用しましたが、身体と生地の間に少し空間が出て気持ち良く着れます。
サイズ0=レディースM~L size1=メンズS~M size2=メンズM~L size3=メンズL~XL位と思って頂いて
間違いないと思います。肩がラグランスリーブの仕様なので、可動域が広くリラックスして過ごしたい休日などに
重宝するのではないでしょうか。rasikuでも色違いで購入して下さる方が多いアイテム。嬉しい限りです。

程好く生地の詰まりがあって柔らかさがあるのが人気の理由ではないかと。
度詰めで型崩れしない物も好きで着ますが、年齢を重ねる毎に着心地という部分に対する比重が大きくなり、
長時間着ていても疲れにくく、パソコン仕事と検品やら売場の模様替えやら「静」と「動」の両面に対応出来る
洋服は自然と手に取ってしまいますし、価格とクオリティが丁度良く感じるバランスのものを探すと案外選択肢は
そう多くはないなと思ってしまいます。
クルーネックのスウェットが好きすぎてあまりに着ている為、ふと、自分でも代わり映えがないなと思って
インナーにシャツを挟むのが最近のお気に入りです。多少ちゃんとしようという気持ちの表れでもあるので、
ぜひ違いをチェックしてみてください(笑)

色違いの”ライトグレー”は爽やかさを持ちつつも、パンツの相性を気にし過ぎずに着れる万能カラー。
何周かしてチェックやストライプなどの柄付きのボタンダウンシャツを合わせる着方がしたくなってきました。
色の合わせ方であったり、サイズの選び方など、同じようで同じにはならないのが洋服の面白さであり
またこうしてみると新鮮に感じるのはきっと私だけではないはず・・・

季節が移り変わる微妙な時期にどんな服装で外へ出掛けるかは、自分自身も迷う事が多々あります。
そんな時はいつもとは違う色を取り入れてみるだけで、服装のマンネリを防げると共に気分が変わりますし
奥行きが出るのは間違いありません。岩手のように春の風が冬と変わらない位に冷たい地域においては
張り切って薄手の洋服を無理に纏う必要性は感じていませんし、ちょっとした部分の意識を変えて楽しむ事で
満足感を得られるのではないでしょうか。
北東北の春はまだまだ先ですので、少しの変化を取り入れながら季節の狭間の装いもお楽しみください。

PageTOP