3月14日


maillot    EGE PILE TRAINER

color     LEMON

price     9800+TAX

SIZE      0    /    1    /    2    /    3 

増水した中津川の水が少し引き、いつもの遊歩道が顔を出し迂回をせず無事にお店まで辿り着く事が出来ました。
短い時間ですがゆっくりと美味しい空気を吸いながら歩いて出勤するのは心地が良く、特に今の季節は日差しの
暖かさと空気の冷たさとが混じり合い、何とも言えない気持ちになります。

maillotから定番でリリースされている、ミニ裏毛の丁度良い厚さのスウェットが届きました。
エーゲ海コットンを用いたラグランスリーブのスウェットは、毎日袖を通したくなる日常着を提案し続けている
ブランドらしく、クセがなく程よいシルエットでrasikuでもリピートして購入して下さる方が多いアイテムの1つ。
シーズン毎にアクセントカラーを1色リリースしていて、柔らかな日差しに映えるレモンをセレクトしました。
店頭でも少しずつ発色の良い色目を手にして下さるお客様が増えてきていて、ベーシックなアイテムと気分で選んだ
発色の良い色とを上手に取り入れて着こなして下さっている姿を見ると、とても嬉しくなります。
色によって似合う似合わないは勿論あると思いますが、固定概念で諦めていたり、そもそも色を着る機会や
提案するお店があまり多く無かったりするので、明るい色目にも柔軟に挑戦して頂けたら嬉しいです。
LEMON・BEIGE・TOP GRAYの3色展開で、サイズは0から3までの4サイズでご用意しました。


EGE PILE TRAINERの良さとして、裏毛の毛足を短くしロングTよりも厚くスウェットよりも薄い、絶妙な肉感で
作製されている点。着易さをプラスするディティールとして肩の作りがラグランスリーブという事。
もし暖かさをプラスしたい場合には、インナーに長袖のサーマル素材を合わせると感じる温度が大きく変わります。
今日は気温が低くセーターを着ても裏毛のスウェット類を着ても問題ありませんが、もう少し気温が上がってきた頃に
インナーでの温度調整が難しく微妙な気温と気候に重宝する1枚です。
生地の厚みが程よいので、コートやジャケット類を合わせてもモコモコせずにすっきりとした着方が出来るのも◎


サイズ感は全体的に程よくリラックスしたムードに設定。
個人で着ているサイズは2を愛用をしていて、着用写真で着ているサイズは3になります。
インナーに長袖を合わせる着方をしたい場合にはワンサイズアップがお勧めで、気温が上がってきて半袖やタンクトップで
薄手のものとを合わせる場合にはジャストサイズでも問題ありません。
生地のテンションもぎゅっと詰まっているというよりは、程よく身体の動きに合わせて伸びがでますので
着心地の面も含めて休日にリラックスして過ごしたい日に自然と着たくなるスウェットです。


袖口と裾のテンションも窮屈にするのではなく、ストンと落ち感が出るくらい緩く設定をしています。
個人的にクルーネックのスウェットは好きで、普段から様々なブランドのものを着ていますが着心地・生地のテンション
プライス・シルエット、全体のバランスがとても良く、ワードローブに在ると心強い存在になってくれるはずです。
ショーツを好んで穿かれる方でしたら、5月のゴールデンウィークくらいの暖かくなるタイミングで長袖+ショーツの
合わせも楽しんで頂けるのはないでしょうか。

color     BEIGE

SIZE      0    /    1    /    2    /    3


ベージュはスモーキーな色目。チノパンなどを合わせてワントーンで落ち着きのある着こなしもお勧めです。
毎シーズン男性・女性を問わずに人気のカラー。

color     TOP GRAY

SIZE      0    /    1    /    2    /    3


TOP GRAYはスウェットで言えば王道のカラー。少し杢の掛かったグレーで濃淡があり、立体感を出します。
グレーのスウェットは汎用性の高さと着易さから1枚あると間違いなく着るアイテムで、着こなしもシンプルにデニムに
キャンバスのスニーカーで合わせて頂きたいです。サイズ感などバランスを変えながら自分なりの落しどころを探すのは
洋服の着こなしが上手になるきっかけにもなりますし、シンプルなアイテムならではの楽しさではないでしょうか。
元気が出そうな色目、着回しが効きそうな色目、どちらも其々の良さがありますので、気分でお選び頂ければ嬉しいです。

2月28日


maillot    Wind Light Hood Parka

color     black

price     37800+TAX

SIZE      1   /    2


今日も朝から横に斜めに、ぎゅっと詰まった雪が降り続いています。
真冬に降る雪とは違う景色で、太陽の陽射しが強い時間もあったりして、同じ雪でも日々移り変わっている事を
実感しながら過ごすのも悪くないなと感じています。春物の洋服に袖を通そうかなと思いつつも、暖かなセーターを
目の前にすると自然とそちらに手が伸びるのは、身体が寒さから身を守るろうと求めているからだと思います。

今時期からでも大いに活躍するmaillotの新作コートが届きました。
ざっくりとしたシルエットで、中に厚みのあるインナーを着ても袖通りが良くストレスになり難いオーバーコート
としての機能性を持ち合わせたフードコート。
マットな質感のポリエステル100%の素材は、雨や雪の日にレインコート代わりとしても重宝しそうな1枚。
日常着としては勿論ですが旅行やビジネスの出張まで幅広くカバー出来る見た目の良さと癖のないデザインも◎
気温が低い北東北の春コートはとても悩ましいですが、選択肢として化学繊維の風を通さない素材もありだと思います。


フロントのデザインはダブルジップの仕様で、胸のやや下目に△にデザインされたスナップ釦を留められる
ディテールをプラス。ジップをするのが面倒な時はスナップ釦だけを留めて着るのもお勧めです。
ダブルジップは下からジップを開ける事が可能になるので、可動域が大きく広がり特に自転車に乗られる方などには
嬉しい仕様に映るのではないでしょうか。ダブルジップのメリットを活かしてインナーを覗かせて着ると
コーディネートにメリハリが生まれるので、季節的にも春らしいぱきっとした明るい色目のシャツやスウェットなどを
合わせると気分も上がって良いかもしれません。


素材は中肉のポリエステル生地で、撥水性を持っていてシワになりにくい特徴があります。
ぬめりのある生地感でチープな印象は一切ありません。


ポケットはフラップ付きで、ハンガーに吊して置くとスタイリッシュなフィッシュテールパーカーの様な井出達。
肩線がドロップした位置に付くことで、動きに制限がなく、ブラックという色目も多少の汚れなどを気にせずに
着れる点もメリットに感じます。maillotらしい日常着として必要な機能性と着易さを併せ持ち気兼ねなく
手に取ることが出来るのも「Wind Light Hood Parka」をセレクトした理由です。
何を着ようか困ったときにワードローブに在るとシチュエーションを限定せずにカジュアルからスーツスタイルまで
対応可能な便利なコートになるのは間違いありません。


表地裏地、細部にわたるまでしっかりと作り込まれた重厚感があって雰囲気抜群のコートと、それとは良い意味で違う
羽織り易さと気軽さを売りにしているコート。どちらにも其々の良さがあって、行く場所や天候などによってどちらも
使い分けながら着れるのがベスト。日本の四季を気持ち良く過ごしたいと想定した場合にコートを着る時期は10月から
4月までの7カ月間くらいはあると思います。コートに関する個人的な意見としては、2枚仕立てのきちんとした作りのものを
メインコートとして、保温効果の高いウールもしくはダウンなどの防寒着としてのコートを1枚と、春と秋の冷たい
風・雨・雪を防ぐ事の出来る1枚仕立てのコートがあれば言う事ありません。
気温・天候、それと気分に応じて着回しながら、季節に見合ったコートを楽しんで頂きたいです。

maillot     Canvas Cardigan

color     ネイビー

price     25800+TAX

SIZE      1   /    2    /    3

color     カーキベージュ

SIZE     1    /    2    /    3

コートのインナーに合わせたカーディガンもmaillotのアイテム。
度詰めされた馬布と裏地を合わせて2枚仕立てで作製されたVネックのカーディガンジャケットは、ふっくらとした
表情と程よい厚みがあってラペルの付いたジャケット程気負いが無く、力の抜けた雰囲気で袖を通せる事に惹かれました。
丁度春先の微妙な時期に着る羽織ものとして重宝するのではないかと思っています。
丈夫な日常着を作るというテーマに沿った素材選びと、窮屈になり過ぎないシルエットも好印象。
Vネックのカーディガンはどちらかと言えばカットソーやニットで作られる事が殆どなので、それとは全然違った見え方で
アウターとしての要素も存分に果たしてくれるので、汎用性の高さを実感して頂けるのではないでしょうか。


Vネックのカーディガンで一番気になるVゾーンの深さですが、浅く設定されているのでカットソーを合わせた際に
いやらしさが出ないのが良いです。肩線もドロップした位置に付けることで重ね着をした際に可動域が狭くなり難く
着易さに繋がるディティールでもあります。馬布は着込む程に味わい深い経年変化をする素材ですので、
デイリーウェアとしての汚れたら洗うという事を繰り返して頂きたいです。


ポケットはスラッシュタイプで左右に付きます。
袖口は釦などは付いておらず、折り返し易いようにスリットが入ります。
ベタな着合わせですが、SAINT JAMESのウェッソンやサーマルのカットソーなどが好相性に思います。


裾はラウンドして長めに設定をされているので、シャツの着丈を気にせずに着用して頂けると思います。
ジャケット程堅苦しくなく、シャツよりも保温性が欲しいという、無い部分を埋めてくれるような存在。
着る人に様々な使い方と表情を見せてくれるのではないかと想像をしています。
コート・カーディガン共に普段着ている洋服にさらりと組み合わせられる、馴染み易さもポイントで
春の気温の変化に対応出来る羽織ものになるはずです。
毎日でも着たくなるようなデイリーウエアをお探しの方にお勧めです。

12月21日


maillot    WOOL CHECK WORK VEST

color     BEIGE

price     21800+tax

SIZE     0    /    2    /    3  


2019年も今日を含めて残り11日となりました。
以前の自分であればやり残したことはないかと、せかせかと色々に手を伸ばして結局は来年に持ち越し・・・
なんてことをしていましたが、ここ何年かは年が切り替わろうと出来る事をやるべきだと、
良い意味で吹っ切れて?今日も店に着いてからいつも通り窓を開けて掃除からはじめました。
あと、思い立った時にレイアウトを変えています。その都度発見があるので、来てくださった方にも
その時々で目に留まる物が違ったり、やっぱり気になったりをお楽しみいただけたら嬉しいです。
年内と年始の営業日は近日中にお伝えさせていただきますので、もう少しだけお待ち下さい。

maillotから納品が遅れていました暖かな素材感のベストとパンツをご紹介。
今までお店でも自分のスタイルにも色物や柄物を取り入れてはこなかったせいなのか、その反動で最近は進んで色物を
着てみたり、知らない世界に自然と飛び込めるようになってきました。
チェック柄に関しても殆ど着てこなかったのですが、急に目に飛び込んで、残像として残ってしまい、挑戦するという
意味も込めて展開を決めました。色にしても柄にしても共通して言えることは、毎日でも着たい服というよりも
ベーシックな洋服を活かしつつ、新鮮さと且つ明るい表情に映してくれる主役にも枠役にもなる服ではないでしょうか。

rasikuでお取り扱いをさせて頂いているブランドの中でも雰囲気の良いチェックの生地を見つけてくるなと思う
ブランドは”nisica”と”maillot”だと勝手に思い込んでいます。
今回選んだウールのチェック地もベスト単体で見るとイメージが湧きにくいかなとも思ったのですが、
実際にコーディネートを組んで見ると、想像していた以上にベストが馴染んで適度に主役感もあり、
これは難しく考えずとも、良い具合の着方が自然と見つかるのではないかなと想像をしています。
真冬の時期はコートのインナーとしてベストを合わせるだけで、ベストの暖かさにプラスして空気の層が出来るので
保温力が大きく変わってきます。
然程厚みがある訳ではないのでインナーダウン系のベストを着る様な感覚で、さらりと取り入れて頂ければ嬉しいです。


フロントは大振りの釦が5つと、左胸の下がった位置にパッチポケットが1つ付きます。
首元がスタンドで立ち上がっているのが良く、首裏を温めるだけで体感温度は大きく変わります。
サイズ感も身頃を中心に全体的にゆったりとしているので、ある程度厚みのあるインナーと組み合わせても
窮屈になり難い点が良く、着丈のバランスを長めに設定しているのも好みな点です。
シャツを着た際にテールの長さを気にせずに着れる着丈の長いベストは案外重宝すると思っています。


素材はウール70%と化学繊維30%を掛け合わせた混紡素材を使用。
裏地はコットン100%のスレーキの生地を組み合わせているので、ふっくらとした表情になります。
スラッシュタイプのポケットも完備。この手のベストは冬から春先(3月末くらい)まで活躍する期間がありますので、
持っていると確実に出番がある服だと思います。
個人的にもインナーダウンやフリースタイプなど様々なベストを持っていますが、チェック地のベストはコーディネートの
アクセントの役割を果たしてくれそうです。男らしいトレンチコートやステンカラーコートのインナーとして
首元からちらりとチェックを覗かせる着方が、ちょっとした遊び心があって良いのではないでしょうか。
洗練されたすっとした服装も良いなと思う反面、どこかしらにその人らしさやユーモアを感じる着方をされている方に
出逢うと何だかちょっと嬉しくなってしまいます。


ベストを着ると、これは僕の勝手な解釈なのかもしれませんが何処か優しく微笑ましくも見える背中かが良いなと感じます。
前から見た時の印象と後ろ姿は少しギャップがあるような気がして、その中でもチェック柄が醸し出す雰囲気は
柔らかさが倍増して見えるはずです。ある程度年齢を重ねた方の方がこの色目はしっくりくるかもしれませんね。

maillot    soft melton double knee pants

color     NAVY

price     22800+tax

SIZE     1    /    2

コーディネートで合わせていたパンツもmaillotのアイテム。
ウエストがゴム+アジャスターで簡単に調整出来るイージーパンツ仕様。
太過ぎず細すぎずの裾にかけて綺麗にテーパードしたシルエットは癖も少なく気持ち良く穿いて頂けると思います。
膝はダブル二―で裏地にコットンのスレーキを組み合わせていて、補強とパンツの膝が出るのを防ぐ役割を果たし
股下のガゼットクロッチはクライミングパンツなどに見られる開脚が出来る様に動きを制限しない作りになっています。
冬場に楽に穿けて温かみのあるパンツは、休日にくつろぎたい日やこれからの季節は温泉やウィンタースポーツなどに
出掛ける際に自然と出番が増えるはず。
イージー系のパンツですが、楽だけれどもシルエットがだらしなくきちんと見える事を重視してセレクトしています。


素材はウール90%・ナイロン10%の混紡素材。
生地の目はしっかりと詰まっていますが柔らかさを持ち合わせていて、表面は微起毛していて見るからに温かみのある
素材感というのを実感して頂けるはず。内・外共に巻き縫いで表情のある縫製をしているのも、
僕自身がイージーパンツを選ぶ上での1つのポイントになっています。


お尻回りとワタリ幅はゆったりとして膝から裾にかけて、かなりきつくテーパードをさせたシルエット。
全体の納まりが良く、ナイロンや60/40クロスなどの異素材のダウンジャケット類を合わせるのもお勧め。
トップスにボリュームのあるジャケットを組み合わせると、パンツの良さがより引き立つのではないでしょうか。


どちらのアイテムもウール特有の柔らかさにプラスして、リラックスした着心地に勝手に表情が和らぐ様な
可愛らしい雰囲気が好みです。
ぐいぐいと全面に押し出るようなファッションや着方ではなく、さり気なさの中にある気の利いた服装。
袖を通せば誰もが格好良くなれる訳ではないアイテムは、独自の想像力と先ずは何でも果敢に取り入れてみる!
そんな探求心により、いつしか引き出しの中にすぽっと納まっていてくれて、自分らしく着られる様になるもの
だと、そんな風に感じます。
maillotの物作りに共通する親しみ易さと、丈夫な作り、日常着を少しだけグレードアップさせる要素が詰まっています。
是非、お試しいただければと思います。

7月26日


maillot    light cotton big crew neck tee

color      WHITE

price      5900+TAX

SIZE      2   /   3

color      BLACK

SIZE      2   /   3 SOLD

まだ梅雨明けはしていないそうですが、盛岡でも照り付ける日差しは″夏″を感じさせる日が続いています。
定休日を利用して県営球場に高校野球観戦に行ってきましたが、日焼け対策が万全でなかった為に日焼けを越えて
火傷に近い肌の状態になってしまい、お風呂に入るのにも一苦労しています・・・(笑)
夏の日差しを甘く見過ぎていて大いに反省。そんな炎天下の中で試合をする球児や、応援団とチアに吹奏楽部。
ほかにもカメラマンとして仕事をしている仲間の姿もあり、それぞれに輝く姿を見ていたら日差しも暑さも
気にならないぐらい集中してしまいました。みなさん素晴らしかったです。

いよいよ半袖のカットソーが最も活躍する季節。
maillotからゆったりとしたシルエットの、中肉・厚手のTシャツが2型届いています。
一つ目は、中肉の生地感で裾の処理が切りっぱなしになった″light cotton big crew neck tee″
カットソーと身体の間に大きく空間が出来るパターンで、風が心地よく抜けてリラックスして着られる所がポイント。
程よくルーズに見えるシルエットの面白さと、カットオフした裾の処理が特徴的な1枚です。


首元はしっかりと詰まったクルーネックで、裾の切りっぱなし以外はポケットなどのディティールは無く
シンプルな作りではありますが、程よい存在感があります。
インナーというよりは1枚で着用した際の方がシルエットの良さが生きるカットソーで、ゆったりとしたボトムと
合わせる事によって、トップスが際立ちより夏らしい涼し気な着こなしが出来ると思います。


肩線が身頃に対して直線的な位置に付ける事でドロップし、袖丈が肘の当たりで5分袖位の位置まで下がります。
袖丈が少し伸びる分、見た目が大人っぽい印象に映るので着こなしに幅が出せると思います。
僕自身、半袖Tシャツの着こなしがどうしても子供っぽい印象があって、出来る限りそう見えにくいものを選んで
いるのですが、maillotのTシャツはシルエットを重視したデザインできちんしたイメージがあり好感が持てます。


休日や旅行などに行く際に、だらしなく見えずにリラックスして着ていたいなと思わせてくれる雰囲気があります。
さらりとした着心地で丈夫な作りというのも気兼ねなく着れる理由になってくるはずです。
汎用性に関しても″白″と″黒″どちらも同じくらい使い勝手の良さとコーディネートのベースになる色目になるので
その時の気分でお選び頂ければと思います。

maillot    heavy weight cotton relax pocket tee

color      BLACK

price      8900+TAX

SIZE      0    /    1    /    2    /    3   

color      WHITE

SIZE      0    /    1    /    2    /    3

もう一型は、これでもかという位のしっかりと目の詰まったヘヴィーウェイトのカットソー。
ひと昔前であれば、そこまで珍しくもなかったのですが、ここ最近ではめっきり数が減ったように思います。
それでも古着屋さんに入ると稀にアメリカ製のボディで、たまにこういったものを見かけて嬉しくなりますが
maillotの場合は、きちんとファッションとしてシルエットやディティールを落とし込んでいる点で別物に感じます。
それと、この生地を作ろうとしたデザイナーの心意気に惹かれてオーダーを決めました。
店頭で接客をしていると、この生地は暑くないのですか??と聞かれる事がありますが、これだけ厚地でしっかりと
目が詰まっているので、当たり前ですが涼しくはありませんとお伝えしています・・・
一切型崩れがしない点と、着ている事での安心感と度詰めの生地ならではのしなりがあるので僕は好みです。
ゆったりとしているので身体に生地が密着せずに風が下から入ってきて、思ったより普通に着れると思います。
唯一のデメリットは洗濯をしての乾きが断然に遅いこと。これは間違いありません!!笑


カットソーに関しては、柔らかくて着心地が抜群なものも好んで着ますし、これくらい厚手なタイプをぐっと
気合を入れ着たくなる時もあって、その時の気分に応じて生地の厚みや柔らかさを使い分けれるのがベスト。
着れば着る程に素材の持っている力や編み機の特性などが、少しずつ肌で感じられるようになるのがとても面白いです。
正直カットソーに関しては着てみなければ分からない事が多いので、物は試しではないのですが、自分に合ったものを
探していくイメージで、色々と試しながら「これだっ」というのを見つけて頂きたいです。


サイズは0ら3までの4サイズでの展開。
小さいサイズは女性も着れるサイズ感になりますので、厚手のカットソーをお探しの方にお試し頂きたいです。
特にこの生地の「白」に関しては透け感がないので、気にせずに着れるのも良かったりします。


毎シーズン、新しいカットソーを買い足していますが、其々に特性があってどれが良いとは言いきれません。
今日は柔らかいものを身に纏いたいなと思う日もあれば、がしっとしたものを着て出掛けたいと思う日もあって
気分に合わせたものを纏う事が心地良く、その日の気分が上がるきっかけにもなります。
様々な選択肢があると思いますが、maillotが作るカットソーは少し変わった生地感とシルエットで、rasikuで
今まで展開をしてきたものと差別化が出来て良いなと感じています。
是非、新しいカットソーを着て、気持ちよく夏を過ごしてみては如何でしょうか。

7月1日


maillot    dark check open S/S shirts

color     YELLOW

price     15800+tax

SIZE     1    /   2    /    3

今日から7月。下半期に突入しました。
ジメジメとした梅雨らしい天候が続いていますが、燕が低空飛行で旋回していたり、川沿いの道に咲く花が
移り変わる様子など日本特有の四季を感じながら過ごす日々は、どの季節を切り取っても良いなぁと思いながら
今日はしっとりと濡れた遊歩道を歩いてきました。
これからは街中でちらほらとさんさ祭りの練習に出掛ける方を見かけるようになり、それが終わるとお盆があり、
夕方頃になると秋風が吹いて何だかんだをしているうちにあっという間に1年が過ぎてしまいそうです。。。
昨シーズンくらいまでは、正直あまり夏物に力をいれてこなかったのですが、ここ数年の気候変動で盛岡でも夏らしい
洋服が必要だと感じる事が増えてきたので、今シーズンは半袖のシャツやカットソーをいつもより多めに展開しています。


僕自身があまり半袖のシャツを着てこなかったので、お店でも殆ど展開をしたことが無かったアイテムですが
昨年あたりから何だか急に気になる存在に。
maillotからリリースされた開襟シャツは、首元が開き過ぎずに渋めのチェックが何とも言えず好みで
インナーにタンクトップを合わせたり、そのまま地肌に直接1枚で着るのも涼しくてお勧めです。
梅雨が明けて日差しが強くなる頃には麦藁帽子を被って足元はビーチサンダルを合わせて、中津川沿い当たりを
散歩して頂くと、渋いチェック柄が風情ある街の景色にすっと溶け込むような気がしています。
普段チェック柄を着ないとう方にも、この色味であれば比較的合わせ易くデザインもゆったりしているので
身体を締め付ける部分が一切なく袖を通すと心地良く感じて頂けると思います。


衿元は開襟シャツの仕様ですが、ボタンの位置を上目にする事でやや詰まった印象に。
開きが大きいのは大きいので良さがあるのですが、狭くなっている分表情がより大人っぽく見えてきますし
僕自身どちらかと言えばワイルドさのない風貌なので、これくらいが丁度良く感じてしまいます(笑)
身体を鍛えていれば感じ方は少し違ってくると思うのですが、開襟シャツらしくない所が逆に好みです。


シルエットはボックス型で、身頃から直線的にストンと落ちてきます。
ざっくりとしたシルエットが夏らしくて、身体に生地が纏わりつきにくく風が心地よく抜けていきます。
ちょっと前まで半袖シャツは、何となく子供っぽいイメージが先行してしまい嫌厭していましたが
最近になってデザインと着方次第では格好良く着れて、涼しさが全然違う事に気付きました。
今まで苦手だったり嫌だと感じていた物事が、少しずつ取り入れたり受け入れられるようになった
ここ最近の自分自身の服に対する心持ちや考え方の変化も何だか面白いです。


夏場はどうしても簡単で楽なカットソーを手にしがちですが、たまに気分を変える意味でシャツを羽織ると
背筋が伸びて気持ちも引き締まります。今までは長袖のシャツをぐるりと捲って着る事が多かったのですが
涼しさを求めるのであれば、素直に半袖を着ている方が夏の気候にマッチしますし見た目にも涼し気です。
岩手の短い夏を少しでも楽しむ為に、服装から変えてみるのも良いのではないでしょうか。
長袖のシャツに比べたら着られる期間は少ないかもしれませんが、夏には夏らしく半袖シャツもお勧めです。
他にも半袖のシャツのバリエーションをご用意していますので、是非お試し頂ければと思います。

PageTOP