7月15日

maillot    linen big sweat shirts-Tee

color     SMOKE GRAY

price     11880-(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3

ここ数日は夜にエアコン無しでも寝られる涼しさで、買って冷凍庫に入れたままのアイスさえ
食べる気持ちを抑えられるくらいに、身体に負担が掛かり過ぎない日が続いています。
湿度はしっかりと高く洗濯物は素材によってですが生乾きになるのでストーブを点けて乾かすのが日課に。
日々の小さなストレスを溜めすぎずに深呼吸をしながら過ごすのが良さそうですね。

maillotから昨シーズンに引き続きリネン100%を用いたTシャツが届きました。
今シーズンは首元にガゼットが入るタイプで、全体の雰囲気としては半袖スウェットの様なバランスに。
夏服としては一番涼しいのではないかと思うほどに、風が身体をなぞっていくリネン100%のTシャツ。
布帛なので洗いを繰り返してもしっかりとカタチが崩れずにキープされて、風合いは増していくイメージがあり
個人的には休日、朝起きて暑さが厳しい日に、服装の事を考えずにさっと被りたくなる存在だと思います。
頭には麦藁帽子やマナパハットなどを組み合わせると、よりリラックスしたムードが高まりそうで
涼しさを重視した洋服をお探しの方にフィットしそうな1枚。
サイズは1~3まで3サイズ展開。一般的なS・M・Lという感覚で間違いないと思います。

ここ数年の気温の上昇で、どうにもならない様な暑さの日があるのは盛岡に住んでいても実感しています。
以前よりも夏に着る洋服の需要が高まっているように思いますし、色々な角度から涼しさを得る方法を考えていますが
自分自身の中では薄手のタンクトップに風の抜けの良い素材を組み合わせるのが最も効果的ではないかと。
コットン100%よりも、やはりリネンもしくはリネン混のものを着ると汗の乾きが早くて不快感が最小限で済みます。
洗濯を干していても、最後まで乾かないのはコットン100%のTシャツ類。
それが決して悪い訳ではないのですが、その日の気温と気候に応じた服装を心掛けるというのは、
現代の夏を上手に無理なく過ごす上で、とても重要なことになっているような気がしています。

袖口・裾の切り替えしもテンションはきつくなく、フィッティングに関してもゆとりを持たせたバランス。
適度に身体と生地に空間が生まれ、肌に纏わりつかないというのが生地感も含めてポイントです。
身長178 体重62キロ 着用サイズ 3

color      FADE BLUE

price      11880-(TAX IN)

SIZE      1    /    2    /    3

“FADE BLUE”は袖を通すだけでも元気になりそうなカラー。
maillotは色のバリエーションが豊富で、明るいカラーはブランドイメージとしても定着。
当たり前に着る普段着というコンセプトに、発色の良いカラーをアクセントにして気兼ねなく袖を通せる洋服を
提案し続けています。

リネン100%を用いて布帛のTシャツは選択肢がそう多くないアイテム。
きっと太陽が燦燦と照り付ける日に、開放感と涼しさを求めて袖を通すとしっくりきそうなイメージを持っています。
週間天気を見ても梅雨の様な空模様が続きそうですが、暑さを少しでも好きなイメージに転換させてくれる様な
存在を1枚手にしてみては如何でしょうか。

6月3日

maillot    SUNSET W`s WIDE EASY TROUSER

color     BIG BROWN GINGHAM

price      16280-(TAX IN)

size      1 

晴れたり曇ったりからの雨!雷!変わりやすい空模様に、体も素直に反応して揺らいでいます。
昨夜も眠気に襲われて、猫も人も早々に就寝。そして朝ごはんの催促で起こされた時間が22時でした・・・朝ごはん?汗
中々天気との相性が悪くて朝野球も中止が続いているので、そろそろ朝の静かな森の濃い空気が恋しいですし
じっとり汗をかくくらい体を動かしたいなーと思いながら、雨降りの空を眺めています。

微妙に湿度は感じますが暑さが抑えられている分、夏全開になりかけていた装いも一休み出来そうです。
タイミングを見計らっていて、そのままになるところだったmaillotのビッグギンガムのパンツですが
何となく今日だ!という感じで目に飛び込んできたので、直感に促されるまま着替えてみました。
パリッとハリのあるポリエステル×コットンのオックス生地と、明るく元気なビッグギンガムチェックが
気持ちを盛り上げてくれます。
もっと真夏寄りの涼しい生地の柄パンツは展開したりするのですが、それよりももう少し手前の春と初夏、
そして秋に穿けるような厚みのものはあまり無かったのと、一見組み合わせが難しそうに見えるmaillotの服は
手にしてみると意外と親しみやすくて、使い勝手の良さが魅力なのと服装にも面白味が出せそうとオーダーしました。

見た目の雰囲気はほぼほぼコットンに近い感じではありますが、触ってみると思ったよりツルツルしていて
そこがポリエステル特有の部分かなと思います。しっかりもしていますしカジュアルながらキレイさも漂う独特な生地です。
ウエストはゴムと内側に紐のついたイージーパンツ仕様で、シルエットは裾まですとんと真っ直ぐ直線的なパターン。
股上も深く丈も長めの設定です。
ですのでしっかりウエスト位置で合わせて丈を好みの長さに直しても良いですし、くるくるロールアップしても良し。
立体的で丸みのあるシルエットやストレッチパンツとも違って、お尻や太もものラインもストンとしているため
特に「動きやすさ」に関してだけを見ると、人によって多少の感覚の差があるかもしれません。
サイズは0と1の展開で、rasikuでは大きい方の1のみご用意となります

シンプルでラフなカットソーをトップスに、ビッグギンガムがメインとなる着合わせを。
maillotならではの突き抜け感というか、あまり多くのことに囚われずに楽天的な雰囲気を纏った服は
着ていると本当に気を使わなくて良いなぁという、良い意味で考え過ぎずに袖を通せるので面白いです。
プリントTEEやスウェットなどスポーティなアイテムにも合いますし、ワンピースやチュニックなど
着丈の長いものと組み合わせて柄をチラッとな着方もおすすめです。

maillot    SUNSET W’s WIDE EASY TROUSER

color     BIG BLACK GINGHAM

price      16280-(TAX IN)

size      1 SOLD

自分達が常々考える洋服の面白さとは?
隙を全く見せないような着こなしも良いなと思いつつも、何処かふっと気の抜けた部分が欲しくなってしまう癖なのか
箸休め的なお茶目要素も必要不可欠で、そういったギャップが自分達のお店らしさなのかなとも思っています。
そういう意味でmaillotの洋服は、全体をまろやかに和ませてくれるような役割を果たしてくれる場面が多くあって
洋服に含まれた絶妙な間が良いなと思っています。

チェックパンツは毎日穿きたくなるようなアイテムではないのですが、マンネリするタイミングにピリッと
スパイスのように刺激やアクセントをプラスしてくれます。
今まで着ていたトップスも同じもの?と思うくらいに雰囲気をがらりと変化させてくれるのも好きな理由。
シンプルなアイテムを多くお持ちの方でしたら、チェックパンツは想像よりもはるかに取り入れ易いと思うので
遊び心を持って穿いていただきたいです。

梅雨の気配が近づいてきて、いざ梅雨になると嫌でも空気がじっとりねっとりしてしまいがち。
無理に明るくする必要はないですが、そんな時に服の柄や色や、涼やかだったりさっぱりとした生地感が
気分の重さをはらってくれたり、力を奮い立たせてくれることはそれなりにある気がします。
ここ数年はそういった意味でも、色や柄物の展開は好んで多くしているので最初のインパクトはあるにせよ
あまり驚かずに深く考えずに、そのまま楽しんでいただけたら嬉しいです。

4月12日

maillot    WIDE BORDER LONG TEE

color     GREEN×KHAKI

price      12980-(TAX IN)

size     1    /    2    /    3 

あれ・・・もう夏が始まりましたか!?まだ桜が咲いていないのですが。。。(笑)
昨日は日本全国で一番暑かったのが宮古と山田(笑)そんな事が今までありましたっけ。とラジオに突っ込みを入れて
僕が知っていた時代はきっともう当たり前ではなく、これからは塗り替えられた事が当たり前になっていくんだと
そんなことを思いながら、冷房ボタンをぽちっと押して過ごしています。
明日からまたいつも岩手らしい気候に戻る予報。儚く短い春物の洋服を少しの期間満喫したいなと思っています。

意図してこうなった訳ではないのですが、店内を見渡すとボーダーTシャツがいつも以上に溢れていて
きっと半年前の僕は気分的にボーダーが着たかったのだと入荷する製品を見ながら苦笑い。
maillotの太ピッチのボーダーTシャツはシルエット・ピッチとどちらも迫力があり、ここまでくると
逆に面白い存在になるかなと想像してセレクト。生地はニッティングで構成されていて、やや艶のある見た目と
着心地に直結するアプローチは面白いなと感じました。
お洗濯も然程気にせずにという点もブランドが提案する当たり前に着る日常着というコンセプトにマッチし
値ごろ感のある金額でコットンニットを気軽に手に出来るというのも前向きな気持ちにさせられます。

サイズ毎にバランスを変えた作りに。
サイズ1は袖感を8分~9分丈位の短めに設定、サイズ2と3はゆったりとした長袖。
肩回りから袖周りもゆったりした作りで、身体の何処にもストレスの掛からないリラックスシルエットで構成。
着用のサイズは3で、身体に生地が纏わりつかずゆとりある着心地で丁度良く感じます。
□身長178CM 体重63キロ

肩線はドロップした位置に、全体にニットならではの落ち感がひけらかし過ぎず奇麗に出るのがポイント。
ニットと聞くと取扱いなど面倒臭そうな第一印象を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが
編み物にしか出せない空気や着心地を一度体感してしまうと、デメリットをメリットに変える気持ちに
段々と移行していくはずです。自分自身も、数年前まではガチガチの度詰めが一番良いと思っていた固定観念を
様々なご縁やニットの本当の意味での繊細さ優しさに包まれてからは、織物も編み物も同じ目線で其々に特色や
強みを感じるようになりました。

1枚で着た際の太ピッチの存在感は、言うまでもなく抜群。
何かあれこれ組み合わせを考えるよりも、ここ数日の暖かさですとこの一枚で丁度良く過ごせますし
春らしい装いですとざっくりとしたオーバーコート位が良いのではないでしょうか。
足元の選択肢も増えてくる中で、ビルケンのサンダル、キャンバススニーカー、丸みのある革靴など
大体は何でもOKな感じですが、せっかくなので元気なカラーに合わせて足元のコーディネートも
楽しんでいただけたら良いなと思います。

color     CHARCOAL×SILVER

price      12980-(TAX IN)

size     1    /    2    /    3 

色の展開は3色。
中でもこの万能な配色は、手元にあれば間違いなく着るのではないでしょうか。
所謂の定番的なボーダーアイテムとも違って、太ピッチのボーダーはきっと気分的に惹かれる方が
お選びくださると思うので、心の声に従って最初のインパクトで選ぶのが良いかと。

color     NAVY×KHAKI

price      12980-(TAX IN)

size     1    /    2    /    3 

肉感も厚すぎず薄すぎず身体のラインを全く拾わないので、コットンニットにありがちなマッチョな空気は皆無。
これだけでも随分着た際の印象は和らぎ、挑戦してみようかなという気持ちにさせられますし、適温も恐らく
昨日や今日は別として、これから先の20℃前後くらいがベストシーズンだと思います。
着るだけで元気になりそうな、アクティブに動けそうな感覚があるので、曇りの日やちょっと気が沈みそうな時に
ポジティブマインドにさせてくれるそんな存在になってくれたら嬉しいです。
同じスタンスで日々を過ごす方が落ち着く方もいらっしゃるでしょうし、凹凸を付けながら気分を上げたり
平衡にたもったりして、そんな日々に洋服は少なからず手助けをしてくれるように感じます。
maillotの作る洋服は、僕にとってはいつもの日常を取り戻したい時や元気を出したいなと思う時に
着たくなります。気分を上げる太ピッチボーダーをぜひお試しください。

2月24日

maillot    Panel Border Basque

color     WHITE×PURPLE

price     11880-(TAX IN)

SIZE     0    /    1 

color     WHITE×ROYAL

price     11880-(TAX IN)

SIZE     0    /    1 SOLD

color     WHITE×BEIGE

price     11880-(TAX IN)

SIZE     0    /    1 SOLD

スカッと晴れた空に煌めく陽の光が反射する川のせせらぎの音などは、もう春だと言っているような
気もするのですが、とにかく気温が低いんですね。身体が強張ります・・・
強張っている理由がもうひとつ。昨日のお休みは友人家族と一緒に県営スケート場へ行きました。
祝日なだけあってオープンしてすぐに比較的賑やかでしたが、屋外リンクは広々と人との距離も程よく
とても開放感があって、冷たい風に押してもらってスイスイ滑るのは気持ち良かったです。
帰ってからは急激に眠気と首から背中のあたりが怠くなり、そして今日のこの強張り(苦笑)
体の悲鳴は中々ですが運動不足解消にもなり、お子様とちょっと遊ぶのにも良いと思います。
特に晴れた日の午前中がお勧めです~

maillotから新しい春に向けてのボーダーカットソーが入荷しています。
春になると不思議なのが、いたって普通の本当に何でもないような服が着たくなること。
この感覚は誰にでも当てはまる訳ではないと思いますが、一部の方には共通してあるような気がします。
何か色味が欲しくなる。という感覚にも似ているのかもしれません。
普通のデニム、普通のチノパン、普通のパーカー、普通のボーダー。
maillotの服のコンセプトは、シンプルで丈夫な服。ブランドオリジナルの生地はぎゅっと目の詰まった
タフな生地感に拘っていて、くったりするまで長く着続けたくなるようなものばかり。
定番のシャツやカットソーはまさにコンセプトそのままで、買い替えるまで相当時間もかかりますよと
メーカーさんが仰るくらいですし(笑)そんなお墨付きの、普遍的アイテムをお探しの方にも
はたまたボーダーがお好きな方にもお勧めの新型パネルボーダーカットソーです。

ワイドシルエットのパネルボーダーカットソー。
サイズは0と1の、2サイズをユニセックスで展開しています。WHITE×BEIGEの着用サイズは0。
サイズ0で着心地としては、大体レディスのLサイズよりもちょっと余裕があるくらい。
特に身幅はたっぷりとっていて、バストやウエストまですっぽりと覆ってしまうシルエットです。
手持ちのバスクシャツは、ゆったり着るために大きいサイズを選んだりしていてその分着丈が長いのを、
そこまで気にはせずに着ていたのですが・・・やっぱり丈の長さによって印象の違いはありますね。
maillotのバスクシャツはその辺りのバランスも上手で、ゆったりだけどすっきり仕上がっています。
小柄な方が着ると丈はお尻が隠れるぐらいのでしょうか。
袖をくるくるっと軽く捲って、インナーにシャツやタートルを着るのも可愛いです。

袖丈も長めに設定されていて、袖や裾のリブの仕様もシンプルですが厚みがあって丈夫さを感じます。
ニットならではのむっちりとした生地の柔らかさも特徴的で、ただただ頑丈にタフな素材感とも違って
着ていくほどに肌にしっとり馴染んで、ボロボロだけどお気に入りのタオルケットやパジャマのような
着続けた人にだけ得られる、極上の風合いや質感もお楽しみいただけるのではと思います。

年齢とともに、自分の好きな着心地やシルエットは変化していきます。
普遍的なボーダーカットソーでも、その時の自分の気分と体型に合ったサイズ感やシルエットで
楽しんで着ていただけたら年齢・性別問わずに、いつでも素敵に映るアイテムだと思います。
春限定でも無いのですが、何だか春から着始めたくなるボーダーカットソーです。

説明する事が殆どないので雰囲気重視と言った方がしっくりとくるような気がします。
昔ほどボーダーTEEに対して特別な感情や思いを巡らせることは少なくなりましたが、それでも洋服を好きになる
きっかけになったのは間違いないですし、デニム・軍パン・チノに足元はBIRKENSTOCKのサンダルの合わせは
僕には欠かすことの出来ない普遍的な着合わせになるのかもしれかもしれません。

SAINT JAMESのNAVALと比較すると生地の柔らかさがポイント。あとはシルエットも現代的なアプローチで
気持ち良くゆったりと設定され、好みは分かれると思いますが、どっちにも其々良さは見いだせるのではないかと。
あまりに頑なになって洋服について語る必要性もなくなってきたように感じていますし、この辺の柔軟性のある
シルエットや生地選びはmaillotの得意とする部分になるかもしれません。

パネルボーダーはそれだけで爽やかさが2~3割増しになるくらいに、爽快感が抜群。
袖を通すだけで気持ちが軽やかに足取り軽くなりそうですし、ドライなタッチは季節をまたいで夏手前まで
着られる機能的な一面も合わもっています。
気負わずに日常着として丁度良いアプローチをし続けるmaillotの真骨頂とも言えるボーダーTシャツ。
まだ1枚で軽やかに着るのは流石に早いですが、陽射しだけ見るとそんな着方をしてしまいそうになる位に
心地良い光に変わってきているので、そろそろ服装の変り目を意識しても良いのではないでしょうか。

11月14日

maillot    MELTON JACKET

color     WHITE

price     38500-(TAX IN)

SIZE     1    /    2

昨日の寒さにやられたので、そろそろセーター?と思いつつも、まだ早いなと中途半端な服装でお店に来て後悔。
コンクリート丸出し窓全開の店内は、15時ごろからやっと温まり始めたと感じた頃に閉店まで3時間という
不思議なサイクルを繰り返していますが、私のように寒さの苦手な方は15時以降の来店をお勧めします。

maillotが毎シーズンデザインを変えながら提案をしている圧縮ウールシリーズは、軽さと気兼ねなく着られる
普段着としてとても優秀。ジャケットとカーディガンの丁度中間の様な役割で、スウェットやシャツにばさっと
羽織って貰うだけで十分にサマになりますし、フロントの仕様が釦というのがミソではないかと。
上の2つだけ留めて、インナーの色を覗かせながら着たりするのが好みでジップと違ってすっきりとし過ぎないのが
何だかんだと着続けられる理由になるのではないかと思っています。

左胸に大きなパッチポケット、右にはハンドウォーマーポケットという右手だけ常に暖かいという斬新なデザイン。
左利きの方には不利なのかもしれませんが(笑)それもmaillotの遊び心と思って頂けると嬉しいです。
立ち襟でしっかりと首元をガードしてくれますので、ぐるぐると巻物をしなくても保温性は8割くらいは確保。
それでも物足りなさを感じる方はぐるっと巻いて頂けると、真冬でも対応出来るのではないかと。

素材はウール80%・ナイロン20%の中肉の生地感。仕立ても1枚なので柔らかくストレスのない着心地。
冬に着る白に憧れ続けているので”WHITE”をセレクトしました。
汚れは気になる方にはお勧め出来ませんが、白にしか出せない魅力に触れて頂ければ嬉しいです。

普通に何も気にすることなく着られるmaillotの洋服。
ファッションを意識するのも大切な事だと思いつつも、自分自身の現在のライフスタイルに当てはめて考えてみると
気を使い過ぎずにさらりと袖を通せる洋服がやっぱり好きだなと。
いつも着ているシャツやスウェットに気負いなく羽織って頂けると、日常生活にプラスαの効果があるかもしれません。

HATSKI   WIDE TAPERED CORDUROY

color     BLACK

price     25300-(TAX IN)

SIZE     0    /    1    /    2    /    3    /    4    /    5

HATSKIの新たな試みとして出された素材は太畝のコーディロイ。
ワークウェアに用いられていた時代のワイルドさを彷彿としつつも何処か品が良く繊細さを感じる生地。
サンプルの段階ではもう少ししっかりとした畝になるように改良しますという言葉を残していたのですが
実際に届いてみて、立派な畝が出てなかなか鍛え甲斐のある雰囲気に。
シルエットは、ブランド自体で定番で作製されている”WIDE TAPERED”という程良く太さのあるデザインに
落とし込む事によって、太畝のどっしりとした雰囲気をより実感して頂けると思っています。
新品は新品ならではの良さがあるのですが、個人的には少し生地がくたっとなる位に穿き込んでいって
色もややフェードした頃にピークがくるのではないかと想像を膨らませてしまいます。

癖のない程好くゆったりと設定をされたお尻周りとワタリ幅。
膝下にかけてやり過ぎない程度のテーパードを入れて、着丈は短くすっきりとした設定に。
ウールパンツ程ではないですが、これだけしっかりとした厚みがある生地ですと保温性も期待出来ますし
取扱いに気を使わなくて良いというのもコットン素材ならでは。
曇りのない真っ黒な色目が穿き込んで柔らかくなるのも楽しみな要素です。

デニムを中心に提案するブランドですが、新素材や新しい試みに対しても精力的に取り組む”HATSKI”
ラギットに感じる素材も、作る人の目線と提案によっては様々な顔を見せてくれるのも洋服の面白さでもあり
着こなす方にも自由な発想で縛られ過ぎずに、自分自身の感覚と感性を一番にして頂けると良いなと思っています。

PageTOP