7月1日


maillot    dark check open S/S shirts

color     YELLOW

price     15800+tax

SIZE     1    /   2    /    3

今日から7月。下半期に突入しました。
ジメジメとした梅雨らしい天候が続いていますが、燕が低空飛行で旋回していたり、川沿いの道に咲く花が
移り変わる様子など日本特有の四季を感じながら過ごす日々は、どの季節を切り取っても良いなぁと思いながら
今日はしっとりと濡れた遊歩道を歩いてきました。
これからは街中でちらほらとさんさ祭りの練習に出掛ける方を見かけるようになり、それが終わるとお盆があり、
夕方頃になると秋風が吹いて何だかんだをしているうちにあっという間に1年が過ぎてしまいそうです。。。
昨シーズンくらいまでは、正直あまり夏物に力をいれてこなかったのですが、ここ数年の気候変動で盛岡でも夏らしい
洋服が必要だと感じる事が増えてきたので、今シーズンは半袖のシャツやカットソーをいつもより多めに展開しています。


僕自身があまり半袖のシャツを着てこなかったので、お店でも殆ど展開をしたことが無かったアイテムですが
昨年あたりから何だか急に気になる存在に。
maillotからリリースされた開襟シャツは、首元が開き過ぎずに渋めのチェックが何とも言えず好みで
インナーにタンクトップを合わせたり、そのまま地肌に直接1枚で着るのも涼しくてお勧めです。
梅雨が明けて日差しが強くなる頃には麦藁帽子を被って足元はビーチサンダルを合わせて、中津川沿い当たりを
散歩して頂くと、渋いチェック柄が風情ある街の景色にすっと溶け込むような気がしています。
普段チェック柄を着ないとう方にも、この色味であれば比較的合わせ易くデザインもゆったりしているので
身体を締め付ける部分が一切なく袖を通すと心地良く感じて頂けると思います。


衿元は開襟シャツの仕様ですが、ボタンの位置を上目にする事でやや詰まった印象に。
開きが大きいのは大きいので良さがあるのですが、狭くなっている分表情がより大人っぽく見えてきますし
僕自身どちらかと言えばワイルドさのない風貌なので、これくらいが丁度良く感じてしまいます(笑)
身体を鍛えていれば感じ方は少し違ってくると思うのですが、開襟シャツらしくない所が逆に好みです。


シルエットはボックス型で、身頃から直線的にストンと落ちてきます。
ざっくりとしたシルエットが夏らしくて、身体に生地が纏わりつきにくく風が心地よく抜けていきます。
ちょっと前まで半袖シャツは、何となく子供っぽいイメージが先行してしまい嫌厭していましたが
最近になってデザインと着方次第では格好良く着れて、涼しさが全然違う事に気付きました。
今まで苦手だったり嫌だと感じていた物事が、少しずつ取り入れたり受け入れられるようになった
ここ最近の自分自身の服に対する心持ちや考え方の変化も何だか面白いです。


夏場はどうしても簡単で楽なカットソーを手にしがちですが、たまに気分を変える意味でシャツを羽織ると
背筋が伸びて気持ちも引き締まります。今までは長袖のシャツをぐるりと捲って着る事が多かったのですが
涼しさを求めるのであれば、素直に半袖を着ている方が夏の気候にマッチしますし見た目にも涼し気です。
岩手の短い夏を少しでも楽しむ為に、服装から変えてみるのも良いのではないでしょうか。
長袖のシャツに比べたら着られる期間は少ないかもしれませんが、夏には夏らしく半袖シャツもお勧めです。
他にも半袖のシャツのバリエーションをご用意していますので、是非お試し頂ければと思います。

3月30日


maillo   mature rub cotton zip parka

color    INK BLACK

price    22800+TAX

SIZE    0    /    2    /     3

3月も今日を含めて残り2日間になりました。
一瞬暖かな日もありましたが、例年らしいと言えば例年らしい冬物の洋服が手放せない日が続いています。
今朝は通勤途中にある近所の公園の梅の木が、小さく小さく花開いているのを確認する事が出来たので
こんなにも揺れ動く季節でも、今現在吹雪いていたとしても、着実に春はやってくることを実感しました。
実際に着るのはもう少し先になりそうですが、丁度桜が見ごろの頃に役立ちそうなブルゾンが届いています。
maillotから薄手で張りのあるコットンタイプライターを使ったフルジップアップタイプのフードブルゾン。
首元をすっぽりと覆うフードのデザインとリラックスしたシルエットが癖になりそうな1枚。
気負わずに羽織れる上物は何枚持っていても困らないと思いますので、目まぐるしく変わる春の気温と気候に合わせて
デザインや素材違いのアイテムを使い分けながら過ごして頂きたいです。


布帛を使ったフードブルゾンは、スウェットやカットのパーカーともまた少し雰囲気が変わり、
カジュアルではありますが、パリッとした素材からか品の良さがプラスされている様に映ります。
年齢を重ねるとフードが少し可愛く見えてしまう事があり、年々手に取る事が減ってきたのですが、
maillotの別ラインとして作製されている”mature”は、ある程度年齢を重ねた方でもだらしなく見えずに
上質な素材そのものを活かしたデザインと着心地を楽しめるような洋服を作り出しています。
マウンテンパーカーともニュアンスが異なり、カットのフルジップパーカーとも違う、丁度中間くらいの着心地の
フードブルゾンはワードローブの穴を埋めてくれる存在になるのではないでしょうか。


肩はラグランスリーブを採用。
可動域の広さは勿論ですが、インナーはある程度厚みのあるものを合わせても窮屈さはないので
少し肌寒い時期から着用可能で、保温性の高い裏起毛のスウェットなどと組み合わせても良いと思います。
ZIPは細身のダブルジップが付き、袖と裾のリブのテンションはきつ過ぎない設定をしています。
気の利いたデザインとディティールがmaiilotらしい部分で、休日にさらりと羽織って出掛けるという
日常にすんなり溶け込む雰囲気があります。何てことのない服装だけれども、きちんと意識して
相手に気を使っているかどうかという事の方がお洒落かどうかよりも重要だと感じています。


ポケットは大き目に設定されているので、すっぽりと手を包み込んでくれます。


布帛ならではの張り感と汗をかいても不快感の少ないドライなタッチは、これから梅雨時期くらいまで重宝するはずです。
日中は上着が要らなくても、朝夕は冷え込むのでコンパクトに持ち運びがし易い羽織物は必須アイテムの1つで
素材がコットン100%というのも、この手にありがちな化繊と一味違う雰囲気があって好みです。

maillo   mature rub cotton drawstring pants

color    INK BLACK

price    22800+TAX

SIZE    0    /    1    /     2


同素材を用いたウエストを紐でアジャストするイージーパンツもご用意しました。
シルエットはお尻回りとワタリはゆったりとして膝からしたがきつくテーパードさせた、ややスポーティーな印象。
普段はワイドなシルエットのパンツばかり穿いているので、気分転換も含めて細身のパンツも良いなと思います。
全体が細いイメージではなく、ゆったりとしてストレスのない穿き心地で細く見えるというのがしっくりきます。


ウエストは釦+アジャスターで調整が可能。
チャコールグレーの色味も相まって、綺麗なトラウザーの様な穿き方も良いと思います。
素材感が軽快な印象なので、足元は革靴よりもスニーカーやサンダルで合わせるのがベターです。
サイズ0と1は細身の男性もしくは女性に合うサイズだと思います。
※サイズ2は完売です。


今までコットンのタイプライターというとシャツばかりイメージしていたのですが、フードブルゾンのセットアップは
単純に新鮮に映りました。セットアップで着る必要はありませんが、フードブルゾンは羽織のバリエーションとして
広がりが出せる1枚だと思いますし、夏に快適に過ごせすパンツという意味でも面白い素材だと感じています。
どちらもリラックして日常を過ごすのに最適なバランスだと思いますので、暖かくなることをイメージしながら
お選び頂ければ嬉しいです。

2月14日


maillot    SUNSET WORK SHIRT

color      WHITE

price      14800+tax

SIZE       0    /    1    /    2    /    3    /    4

color      NAVY

SIZE       0    /    1    /    2    /    3    /    4

昨日の定休日。
なかなかお伺い出来ていなかったお店に足を運んで色々な情報を教えて頂いたり、窓際のカーテン用の布を
選びに某アトリエにお邪魔したりと、あっという間で大充実な1日に。
それぞれの場所でコツコツとひた向きにお店を続けている方や物作りをしている方とお話をしていると、
パワーと刺激を沢山いただけた様な気がして、最高気温がマイナスの日でもめげずに頑張ろうという気持ちで
今日も通常運転でBLOGを書いています。
maillotのアイコンの1つと言えるオリジナルファブリックを用いたシャツが再入荷&新色が届いております。
昨年はBDタイプを中心に展開をしていましたが、今シーズンは巡り巡って久しぶりに丸衿が気になってしまい
ソリッド2色とギンガム2色の合計4色を揃えました。
日常着をテーマに作られるmaillotの製品の中でもSUNSETシリーズのシャツの生地・縫製の強さはrasikuに
並んでいる洋服の中でもトップクラス。
子育て中の方やお仕事でユニフォームの様にシャツを着るという方にも自信を持ってお勧めしたい1枚です。
サイズ展開はユニセックスで0から4までの5サイズ揃えていますので、メンズ・レディースに関係なくお選び頂けます。


素材にはコットン70%・リネン30%を掛け合わせたmaillotのオリジナルファブリックを使用。
衿元は丸衿にチンストラップが付く仕様で、フロントの釦は一番下のみ比翼で隠れるように作られています。
昔ながらのワークシャツのディティールを織り混ぜつつも、男臭くなり過ぎない抜け感のある表情が印象的で
生地選びは勿論ですが、遊び心のあるポケットの形状や丸みのある曲線的なシルエットなど固執し過ぎない
柔軟な姿勢がシャツ全体の雰囲気に表れているように思います。
良い意味で着る人や体型などを選ばない、誰にでも気軽に袖を通して頂けるシャツだと感じています。
普段のお仕事はスーツやジャケットを着ていて、休日の普段着はリラックスした気持ちで崩し過ぎずに
ある程度きちんとした服装を心掛けたいという方にも”maillot”のシャツはお勧めです。


WHITEは真っ白というよりは生成に近い色合いで、数ある白シャツの中でも着易い色目になると思います。
rasikuでは初めて展開する″NAVY”は何かを重ねて着るというよりも1枚で着た際の存在感がある色目で
季節が進めば白いパンツなどに合わせてマリンなどを連想する普遍的なスタイルを楽しむのもお勧めです。
素材感は中肉でリネンが30%入る事で蒸れを防いてくれるので、夏場以外の3シーズン対応可能可能な
ユーティリティーな存在になってくれるはずです。


バックスタイルもヨークに細かなギャザーを入れて動き易さと綺麗な印象をプラス。
特別感があり作り込みの良い洋服も素敵だと感じますが、盛岡という街に住んでみて僕自身の中では
少し肩の力を抜いたくらいの雰囲気でリラックスして袖を通す事の出来る洋服が、今現在のライフスタイルに
合っているなと感じる事が多いです。

maillot    SUNSET GINGHAM WORK SHIRT

color      BLUE

price      14800+tax

SIZE       0    /    1    /    2    /    3    /    4

color      BLACK

SIZE       0    /    1    /    2    /    3    /    4
※現在サイズが欠けていますが、近日中に全て揃います。

細かなギンガムを用いたカラーも2色ご用意いたしました。
こらもオリジナルファブリックで無地と同様にコットン70%・リネン30%を掛け合わせて作製。
ミニギンガムのシャツは良く見かけるアイテムではありますが、ブロードやオックスのコットン100%が中心で
リネン混の生地は探すと見つけることが難しかったりします。
maillotのシャツは日常というシーンを明確に落とし込んだような作りで、多少着込んだくらいではへこたれない
タフな生地と縫製、人に合う際に清潔感を感じ取れる雰囲気は見た目の第一印象も大きく変わってくるかもしれません。


毎日でも着たいと思える洋服や色違いで欲しくなってしまう洋服は、沢山の選択肢がある中でも極々一部だと思います。
先ずは作り手が作り続けている事が前提になりますし、もし同じ商品を買い替えたいと思ったときにその物自体が無ければ
成立はしません。所謂”定番”と位置づけされている製品は人をはっとさせたり、大きく感性を揺さぶるような刺激は
少ないかもしれませんが、同じ物が同じ温度でその場所に在り続ける事の凄みを感じてしまいます。
今まではBDタイプに心が惹かれていましたが、ずっと見ていると丸衿も同じくらい良いなと思う様になりました。
何度見ても良いシャツだと思います。是非季節の移り変わりの時期に真新しいシャツに袖を通して暖かくなる季節を
過ごしてみては如何でしょうか。

11月12日


maillot      mature cotton over coat

color        ORANGE  

price        55000+TAX

SIZE         0    /    1    /    2    /     3


昨日までは暖かな日が続いていたので外へ出歩くことも楽しめましたが、今週あたりからは冬に向けての足音が
また1歩ずつ近づいてくる様です。部屋でゆっくり本を読んだり、映画を見たり・・・何でもない穏やかな時間を
過ごしたりするのも良い季節。身体の温まる飲み物や食べ物もより美味しく感じられると思います。
そうこうしていると、あっという間にコートが手放せなくなるタイミングもやってきそうですので
″maillot″から届いた、maillotらしい一際目を惹く色遣いが決め手となったコートをご紹介致します。
今まではコートもネイビー・グレー・黒などの定番色を中心に展開してきましたが、最近は専ら明るい色を
取り入れたいという衝動が強く、これは自分にとっても今までに無かった新しい感覚でとても不思議なのですが、
自分が今の気分で良いと思ったり、やりたいと思う物を正直に選びたいと思っているのでとても楽しいです。
特にコートになると身体を覆う面積が広くなるので、カットソーやシャツよりもずっと迫力が出てきますが
冬は自然と色の明度が低くなる事を考えると、その中に色があることで気分も周りの空気も華やぎます。
最初手にするまでは抵抗があるかもしれませんが、色を取り入れ始めると今まで目に留まらなかったものが
急に何かが弾けるようにアンテナに引っ掛かり始めたり、物を見る視野が圧倒的に広がるようにも感じます。
自分の核となる固い部分も大事にしながらも、歳を重ねる程より柔軟に物事に触れたり、見たり着たりして
色んな寄り道を楽しめるような、そんな大人への道を歩みたいなと密かに思うのです。


デザインそのものはシンプルな2枚仕立てのステンカラーコート。
表地・裏地共にコットン素材、打ち込みの良い生地を使っているので重厚感のある仕上がりになっています。
肩はラグランスリーブを採用し、身頃・肩・袖周りはゆったりとしたバランスで作製。
インナーに厚手のセーターやジャケットなどを着ても、ストレスになり難く、汎用性の高い1枚になると思います。
トップ釦のみ剥き出し他は比翼仕立てになるので、大き目のナット釦がコート全体の良いアクセントに映ります。


カラー″ORANGE″はとことん色を活かして、他は極力さらっとデニムにスニーカーで合わせたいです。
特に足元がポイントでちょっと履き古したローテクスニーカーには、より綺麗な色が良く映えると思います。
首元には逆にネイビーやグレー・ブラックなどの落ち着いた色のマフラーなどを合わせるとすっきり見えます。
インパクトのある色をどう着熟すかが・・・このコートの一番の楽しみな部分ではないでしょうか。
自分自身もある程度基準となる様な色を沢山着てきた中で、いつも通りな服装も変わらずに好きでいるのですが
何処か面白さや懐の深さであったり、ちょっとした刺激やアクセントという面においてビビットな色は
外見的な面でも勿論ですが、内面的な部分や感覚的な事を変えてくれる役割があると感じています。


バックスタイルはセンターに深いスリットが入ります。
着丈は程良い長さで、動きに制限も無くばさっと羽織るだけでそれとなく様になるコート。
maillotらしいデザインと言えば、あくまでもデイリーウェアとしての役目を果たす最低限の機能性と、
素材を活かしたシンプルで癖の無い普通さが最大の特徴。
淡々とした雰囲気を保ちながらも、実際に袖を通せば生地のハリとコシがしっかりと感じられるタフな素材は
3シーズン対応可能な作りで、年数を着込んでいって色が少し抜けたくらいからがしっくりとくるように思います。
マンネリしがちな冬のコートに、挿し色として″ORANGE”は特にお勧めです。

color        OLIVE  

SIZE         0    /    1    /    2    /    3


もう1色は″OLIVE”を選びました。
少し落ち着いたトーンで、着回しも効く点で良い色目だと思っています。
ネイビー、ベージュといった王道の色と少し違った視点で着て頂けるはずです。
デニムやチノは勿論ですが、これからの時期はグレーのスラックスなどを穿く機会が増えると思いますので
OLIVEとの相性は抜群に感じます。
サイズは0から3までのユニセックスの4サイズ展開で、0(S~M)1(M~L)は女性にお勧めです。
レディースで気の利いたシンプルなステンカラーコートは案外見つかり難いと思います。


今シーズンは重たいコートではなく、2枚仕立てや軽めの素材のものを多くセレクトしています。
特に岩手の様に春先が極端に寒い地域に住んでいると、コットン素材羽織物は着る期間が長くとても重宝します。
コートが必要な地域だからこそ、色で選ぶのも良いですし、保温性や機能性、もしくは汎用性を重視するのも良し、
その人それぞれの生活と、趣味や仕事など生き方にあった選択で、冬を気持ち良く過ごしていただきたいと思います。
maillotのコートは何よりも着た時のトータル的なバランス感の良さと、クラシックに振り過ぎずカジュアルな中にも
品の良さが存在していて落とし所が絶妙なんです。ぜひお試しください。

8月19日


maillot     ege pile trainer

color      BLACK

price      9800+tax 

SIZE       0    /    1    /    2    /    3

color      CAMEL 

SIZE       0    /    1    /    2    /    3

color      RED

SIZE       0    /    1    /    2    /    3

お盆も一段落して、昨日で甲子園もベスト4が出揃いましたね。
東北勢は秋田の金足農業高校が、サヨナラ勝ちで4強入り!遂に白河越えの日が来るのかと胸を膨らませています。
明日の午前中はパソコンの前を離れられないかもしれません。

朝、起きて窓を開けると日に日に空や風の匂いが一歩一歩と秋に近づいているのを感じています。
服装はまだまだ夏物が活躍する時期ですが、秋冬の服がちょっと気になる始める・・そんな気候ですね。
maillotから届いた、スウェットとロンTの中間をとったような生地感の″ege pile trainer″
毛足の短いミニ裏毛は、秋が始まる8月末くらいから木の葉が色づき始める10月初旬くらいまでの何を着ようかと
迷う気温と気候に適していると思います。季節の変わり目に活躍しそうな中肉のカットソーをいつもより少し多めに
提案をしています。色目はあえて目の覚める様なピンク、くすんだ色のキャメル、はっきりしたブラック、
どれも全く違うニュアンスのカラー3色を揃えました。汎用性の高いグレーなどの落ち着いた色目は他のブランドで
提案しているので、あえて挑戦的な色を入れています。使い勝手の良さとは違う、今まで自分の感性では気付かない部分に
気が付くきっかけになればと思いがあります。僕自身も今までは絶対に選ばないと思っていたのものが最近は随分と
心地よく楽しく感じるようになり、食わず嫌いではないですが、ちょっと気になるな・・・というものがあれば
えいっと直感にしたがって手を伸ばしてみる。という事の大切さや気持ち良さを実感しています。


デイリーウェアを得意とするmaillotらしいシルエットで、癖のないクルーネックタイプ。
製品染めを施す事で、着古した古着のスウェットのように少し力の抜けた感じが逆に好みだったりします。
何てことの無いアイテムを、どう組み合わせて着熟すかが洋服の醍醐味だと思いますし、
比較的手に取り易い価格設定なのでエッジの効いたカラーなども挑戦しやすいのではないでしょうか。
着用している″RED″は目の覚める様な色合いが特徴で、1枚で着た際の存在感は抜群です。
着ている日は何処にいるか直ぐに見つけられてしまいそうですね・・・(笑)
洋服を着る際に遊び心も大切だなと思う時があり、年齢を重ねても持ち続けていたい部分でもあります。


肩は可動域のあるラグランスリーブを採用。
可動域は広く、着心地を重視したディティールになります。
袖口、裾のリブはテンションが絶妙にゆるりと設定されていて、休日にリラックスして着て頂きたいです。
シャツやジャケットで気持ちにメリハリを付ける日もあれば、スウェットなどでゆっくりと過ごしたい日も
どちらもあって良いと思います。男性はその日の気分に合わせて着る事の出来る最低限のワードローブを
持っておくのをお勧めしたいです。スウェットは着ていて何よりも楽ですし動き易くて良いのですが、
どうしても見え方がラフになってしまうので、毎日では無くてふっと心や体を休めたい時や、綺麗目なパンツや
ジャケットと組み合わせて着るのが個人的には好きです。
季節の変わりにご自身の洋服を見直してみるというのもたまには良いのではないでしょうか。


明るめのインナーは、これからより寒さが厳しくなりネイビーやブラックのコートを着る際にも気持ちを上げてくれる
色目になりそうです。差し色が1つある事で、いつもと少し違った雰囲気を演出出来るので着方にマンネリしている方は
選ぶ色を意識的に変えてみるのもお勧めです。


サイズ展開は0から3までの4サイズご用意しました。大よそのイメージでS・M・L・XLぐらいのサイズ感です。
洗濯をして少し生地が垂れる事を想定すると大きく着るよりも、ジャストサイズで着る方が雰囲気が良いかなと思います。
rasikuで展開をしているSAINT JAMESのOUESSANTを着るのと同じくらい、着る物に迷った時はコレ!的な役割を果たす
万能なカットソーだと思いますので、秋の入り口を迎えるのに如何でしょうか。

PageTOP