9月7日


TEMBEA    BAGUETTE TOTE  

color     STAIN

price     19500+TAX

SIZE     24.5×42×13


rasikuでもほぼ途切れることなく、ずっと継続して展開をしているTEMBEAの染めシリーズから
新作の「STAIN」が入荷いたしました。
今までのインディゴの濃淡で表現したものとも、また一線を画す、絞り模様が放つ視覚的なインパクトと
よくある絞り染めの雰囲気ともどことなくニュアンスの異なる、染色のセンスが際立つ逸品。
自分達もすでにインディゴのBAGUETTE TOTEは持っているのですが、それでもそれとこれとは別物だと
言い聞かせて欲しくなってしまう雰囲気の良さ。つくづくTEMBEAはバッグ好きだけに限らず色んな面での
人の心の擽り方が上手いなぁと本当に毎回展示会に行く度に思いながらオーダーしています。(笑)
よくも飽きずに・・・と自分自身に思うことは無くもないのですが、これまで何度も展開し続けながらも
結果的にしっかりと選ばれていくTEMBEAのバッグが素晴らしいという事で、これからもバッグ好きの方の
心躍らせるセレクトをしていければと思う次第です。


今回の「STAIN」よりリリースされたモデルは3型。
まず一つ目は、定番の中の定番でもある”BAGUETTE TOTE”
片側にずらした位置にハンドルを付けた、TEMBEAと言えばこの形と言える唯一無二のバッグは
素材・柄・サイズ違いで選ばれる方も珍しくなく、持ち姿がなんともサマになりそして安定する形。
MEDIUMサイズは、どちらかと言えば男性が持つ機会の方が多いかもしれませんが、デザイン自体ユニセックスで
お使いいただけるので、最近ではサイズはほぼ関係なく、好きな見た目と用途に合うものを選ばれる方が
増えているように感じます。もちろん持った際のフィット感や見た目のバランスで選ぶのも一つです。
持ち手が寄っている方を肩に掛けると、長いバゲットがはみ出しても持ち易い形。
実際にスーパーに大きいBAGUETTE TOTEを持っていくときもありますが、ネギやゴボウなどの長さがある野菜を
購入した時は見事に機能性を発揮します。
そんな場面に限らず、トートバッグとしてはオンリーワンのデザインだと思いますので、気になっていた方は
この機会にぜひ新作のインディゴ染め「STAIN」は如何でしょうか。

TEMBEA    CLUB TOTE SMALL 

color     STAIN

price     23000+TAX

SIZE     37×35.5×17


続いて二型目は、この何気ない大きさと形が実はとても使い勝手がいいと評判の”CLUB TOTE SMALL”
大きくはないけれど、貴重品プラス@の荷物がしっかりと入る収納力が備わっていて、ショルダーとハンドルで
二通りの持ち方がサッサッと出来るところも、使用頻度があがるポイントなのかもしれません。
外側にポケットが一つ。
ショルダーは長さの調整は出来ないのですが、やや短めの設定になっていて身長166cmで斜め掛けをした際に
腰の少し上の位置辺りに納まります。身長によってフィット感は異なりはしますが、持ち歩く時に極力動きに
支障がなくバッグが安定する位置に来るイメージで仕上げているように感じます。


犬の散歩や、小さなお子様とのお出掛け用のバッグとして、メインでもサブでもどちらでもいける万能さ。
最近ではレジ袋有料化の流れもあって、エコバッグでは無く、ちょっとそこまでの時に持てるようなバッグを
探される方もちらほらといらっしゃいました。
底にマチがあるので、多少荷物が嵩張っても結構中に入ります。コンビニでちょこちょこっと買い物をして
そのまま手で持てそうだけど少しだけ溢れる・・なんていう時にも、使えるのではないでしょうか?
その時だけに限らずとも、このご時世ふとした所でも持っていれば何かと重宝するバッグですので、
せっかくなら他では見ないようなデザインや柄で、気分を上げてみるのも良いのではないかなと思います。

TEMBEA    CLUB TOTE MEDIUM  

color     STAIN

price     24500+TAX

SIZE     37×35.5×17


最後にご紹介するのはCLUB TOTEの大きい方のサイズ。
ハンドル部分も薄手の服装であればギリギリで肩掛けが可能で、rasikuでは男性に人気のある大きさで
容量もたっぷりと入ります。トップにZIPなどが付かないデザインですので、あまりにパンパンに荷物を
詰め込み過ぎると持ち難さが出てしまいますので、程ほどに詰め込むのがベター。
個人的には温泉や銭湯に行く際に、トップをいちいち開け閉めしなくて済むのが好みです。


絞り染めというと、どうしてもクラシックなイメージを持ってしまいがちで・・・
自分達が本当に持ってみたいと思うものや着てみたいというのは殆ど出逢う事がありませんでした。
TEMBEAとAULICOのタッグで作製された絞り染めのバッグは、今までの概念を覆すような新しい切り口での
絞り染めと感じましたし、持っているだけ高揚感や良いアイデアが浮かんできそうな気さえもしてしまいます。
TEMBEAの染めシリーズ。是非素晴らしい唯一無二のプロダクトを手にしてみてください。

8月3日


TEMBEA    APRON BAG

color     SWELL

price     11000+TAX

SIZE     43×44


先々週の大雨で通勤路にもしばらく大きな水溜まりがあり、昨日まで違うルートを通っていたのですが、
今日はどうかな?といつもの道を進んでいくと何とか通れそうだったのでドロドロを避けながらの通勤。
橋の下には流されてきた木の枝や草の大きな塊が引っ掛かっていて、流れの激しさを物語っています。
いつもの穏やかな流れの中津川でも何が起きるかは分からない。そんな事を考えさせられる光景でした。

つい先日届いたばかりのTEMBEAより、以前一度リリースされたコラボシリーズ「SWELL」の第二弾をご紹介。
SWELLはイラストレーターのNoritake、「紙と紙にまつわるプロダクト」を扱う雑貨店のPAPIER LABOが
柄とデザインを手掛け、TEMBEAがバッグに仕上げたシリーズで、今回は前回以上に力が抜けた感じというか
*それぞれの線が持つ気持ちの良い抑揚、流れにだけ注視して、修正をし
 それぞれの線の状態の「良い」を見つけて、仕上げています
というNoritakeさんの言葉からも、淀みの無い自然にそうなっていったという空気感が伝わるような
どれもスッキリとした気の良いバッグという印象になっています。


一型目は、初めての展開となる”APRON BAG”
先ずそのままの状態ですと、フロントに大きなポケットを配した前掛けエプロンとして身につけられて、
次に腰紐の先を結ぶことで、ショルダーバッグとして使用が可能に。
また腰紐部分をポケットの中に収納してしまえば、巾着型のバッグへと変わる3wayアイテムとなります。
どのタイプをメインで使うかも人それぞれによると思いますが、エプロン??という方はきっといらっしゃるかと。
所謂のじゃなく、ちょっと変わった感じの物をお探しの方には良いと思います。
無理にそう使わなくても良いですが、いざ腰に付けてみると、想像以上になんだかいい感じです。


ギューッと絞ると巾着に。
巾着にした際に引っ張る紐も長さがあるので、そのまま肩に掛ける事も出来ます。
サイズ感も小さ過ぎず大き過ぎずなので、貴重品だけを持ち歩くぐらいのシチュエーションであれば
十分に容量も満たしてくれると思います。
浴衣などに合わせても、すっと馴染みそうだなとおもったり、あとはこういった嵩張らないバッグは
旅行や出張の際に衣類の仕分け用に使ったり、サブバッグにしたりと使い道も沢山あるので重宝するかと。


前掛けエプロンバージョン。
紐は腰に沿って後ろで結んで丁度ぐらいの長さで、ぐるっと一周は出来ません。
収納個所は大きなポケットただ一つで、小分けのポケットなどは無いので、この仕様で十分という方には
ぜひエプロンスタイルでもお試しいただきたいです。

TEMBEA    SWELL TOTE

color     SWELL

price     9000+TAX

SIZE     37.5×42.5


二型目は、とにかくシンプルなトートバッグ。
ここまでシンプルに何もなく、ただただミニマムな作りのバッグ、今までTEMBEAにあったかな?
と思ってしまう程ですが、その潔さと柄のデザインが絶妙にマッチしているようにも感じます。
使用している生地が通常のよりも薄い11号キャンバスであることも相まって、とてもコンパクトにして
持ち運びが出来るので、メインバッグに忍ばせてショップバッグとしてお使いいただくのも良いのでは。


持ち手もちょうど肩にも掛けられる長さに設定してあり、マチもないのでバッグを持った時の
大袈裟な感じが無くとても軽い気楽さが良いです。普段バッグを持ち歩く習慣が無いという方にも
先ず手始めに持ってみたり、ちょっとした買い物など必要な場面で使ってみるのもお勧めです。

TEMBEA    MAP CASE

color     SWELL

price     6000+TAX

SIZE     20×26.5 SOLD


ラストは地図を入れて散策するためのバッグ ”MAP CASE”
今までも何度か展開したことのあるモデルですが、やはりコンパクトなショルダーバッグはここ数年
コンスタントにお選びいただいている印象です。
持ち物は極力少なく、財布と携帯あとはちょろっとで動ける方には、使い勝手の良いサイズ感。
お出掛けの際にサブバッグとして使うのも、財布の出し入れがスムーズに出来て便利かと思います。
毎回コラボシリーズは、個人的にも楽しみにしていて、一見TEMBEAとは気付かないような雰囲気の
バッグもあったり、でもやっぱりTEMBEAらしさがちゃんと感じられるものだったり。
それぞれの得意な事で自然な形で進んで生まれたモノは、やっぱり魅力的ですしワクワクさせられます。
今回の「SWELL 2」も、このシーズンのみのリリースですので、どうぞお見逃しなく。

7月11日


TEMBEA   GAMA BAG

color     GOAT 箔 SILVER

price     18000+TAX

SIZE     16.5×18 SOLD


昨日の夜に窓を開けると湿度が急激に上がっているのを肌で感じ、雨がいつ振り出してもおかしくない状況だなと
思っていたのですが、朝方にかけてバケツをひっくり返したような雨音で目が覚めました。
何事もなければ良いのですが、毎年南の地方に限らず雨の降り方と水の災害が増えているので油断をせずに日々を
過ごしていかなければと感じた朝の出来事でした。

TEMBEAから今までrasikuには展開した事の無かった箔シリーズのアイテムが届きました。
たまたまお伺いした九州のお店の店主さんが、TEMBEAの箔シリーズのお財布を持っていたのがとても印象的で
装いがシンプルになる季節にこそ、エッジの効いた小物がより際立つのではないかと思いセレクトをしました。
がま口が特徴的なショルダータイプのポーチは、紐を取り外して手で持って使うのも良いでしょうし
何かを収納するには勿論ですが、服装のちょっとしたハズシとして持つのもお勧め。
Tシャツ1枚の時や写真のようにシックな色目の服装をする際に、遊び心ではないですがレザーのポーチをさり気なく
持っていると目を惹きますし、この手に良くありがちな合皮ではない革を用いる事でチープな印象がなく大人がきちんと
持つ事が出来るバッグへと昇華をしています。この辺りのさじ加減の上手さがTEMBEAの物作りの真骨頂でもあり
帆布という軸を持っているからこそ、変化球なアイテムも活きてきていると思います。

color     GOAT 箔 GOLD


薄手のゴート(山羊革)を用いて箔を表面にコーティングしていて、箔のコーティングがある分手触りはつるりとした
質感になります。底のマチがないので、スマートフォンや小銭入れなどを収納するのに丁度良い大きさと厚み。
どちらかと言えば荷物を入れて持ち運ぶという事には不向きなデザインだと思います。
見た目の可愛らしさと、持っているだけで運気を上げてくれる様な「ゴールド」と「シルバー」のご利益!?では
ないですが、不思議な力を感じるのはきっと私だけではないはず・・・
洋服にも共通する点なのですが「機能」と「作用」とがあり、その日の気分によって機能性を重視したアイテムを
身に着けて出掛けたり、逆に気持ちが高ぶるものを見に着けたい日もあったりするので、GAMA BAGに関しては
作用の効果が大きいバッグだと思っています。


輝きのあるアイテムを身に着ける事は、バッグに限らずアクセサリーなどの装飾関連もそうですが、気持ちがぴりっと
引き締まる感覚や手に触れている感触など特別な気持ちになる事が多々あります。
決してゴージャス感を求めている訳ではなく、日常の生活の中に少しのメリハリを出す意味においても素材が持つ
面白さや気持ちの部分での気分転換なども含めて、TEMBEAの作る箔シリーズは所謂ハズシのアイテムとして
存在感を放つのではないでしょうか。今の時代はスマートフォンとカード入れだけを持って出掛ける方も増えていると
思いますので、ちょっとしたものだけを入れて出掛けられるバッグも幾つか選べると楽しいですね。

TEMBEA   COLLECT PURSE

color     MIRROR BLACK

price     16000+TAX

SIZE     21×12.5


以前にも一度山羊革で展開した事のある長財布「COLLECT PURSE」ですが、今回は箔をコーティングした
タイプをセレクト。素材も牛革になり山羊革と比べると強さを感じさせる作りになっています。
お札、カード、小銭入れと全部で四層に分かれたポケットを完備し、1つはカード専用で2つに分かれています。
僕自身も現在は「COLLECT PURSE」を愛用していますが、容量も大きく、出張に行く事が多いので領収書などの
嵩張る紙ものを難なく収納出来る点が気に入っています。
カード入れも2つのポケットに其々3枚ずつ入れているので6枚から8枚くらいまででしたら収納が可能だと思います。
TEMBEAらしい自由度の高さと、箔をコーティングした事によって手に触れた時の質感やバッグからお財布が出て来た際の
インパクトの大きさなど、面白い要素が多分に詰まっている存在になると思っています。


ポケットに収納しようと思えばギリギリで可能だと思いますが、個人的にはバッグに入れて持ち歩くのがお勧め。
持ち手に○のリングが付いているので、ジップが開けやすく、そして持ち手にもなってくれるので案外重宝します。
長財布としては価格も手に取り易いと思いますし、お財布自体の様々な選択肢がある中で重厚感のあるお財布とは
違った意味でライトな気持ちで持ちたいと思う方や箔ならではの質感に惚れた方など、タイミングで選んで頂きたいです。
僕自身も以前はSTYLE CRAFTの重厚な長財布を使用していましたが、長年使っていてパーツが壊れたので
今度は軽さを重視した「COLLECT PURSE」を愛用中。其々に良さはありますので一概に何が正解というのは言えませんが
洋服と同様にお財布なども気分で変えてみるのも良いかもしれません。

TEMBEA   CHANGE PURSE

color     MIRROR BLACK

price     12000+TAX

SIZE     13×9.5


一回り小さい「CHANGE PURSE」は、小銭入れとして使うのも良いでしょうし、カード&小銭入れなど使い方は
其々に自由で良いと思います。お札を折りたたんで入れればこれ1つでという方もいらっしゃると思いますし
収納ポケットは全部で3つに分かれていますので、カード・小銭・お札と入れて頂ければ問題ないはずです。
パンツポケットにも収納がし易い大きさでスムーズに出し入れして頂けるはずです。


TEMBEAの物作りは帆布だけにとどまらずに、様々な素材を組み合わせながら新たな挑戦をしているように感じます。
作り込みをし過ぎずに、フラットな目線で必要最低限の機能だけを配してキラリと光るセンスと言えば良いのか
丁度良いバランスと塩梅に仕上げているのはいつも流石だと思ってしまいます。。
デザイナーの古い物に対する知識やそれと同じ目線で色々なプロダクトを見ている目線。
その2つの要素が組み合わさるからこそ作られる使う人に寄り過ぎない独自の物作りがされているように感じます。
季節の変り目に洋服以外に関わらず、小物やお財布を新調する良い機会ではないでしょうか。
ポーチもお財布もどちらも気持ちを上げてくれるのには間違いないアイテムだと思います。

6月29日


TEMBEA   BRANCH TOTE

color     BROWN×LT GREEN

price     12000+TAX

SIZE     34×36.5×15 SOLD


昨日は早起きをして久しぶりに神子田の朝市へ買い出しへ。
季節的にも丁度良いタイミングで、野菜・山菜・苗・鈴虫など多種多様の品物が並び賑わってました。
見たことのない食べ物なども販売していて、朝5時にも関わらず妙にテンションが上がってしまい
気付けば両手に荷物いっぱいの状態で帰宅。買ってきたお餅やトウキビなどを食べて元気いっぱいになりました。
天気も時折太陽が顔を出したりして、梅雨の貴重な晴れ間になりそうですね。

TEMBEAから届いた新作とリリースされた「BRANCH TOTE」
ブランドのアイコンとなっている「BAGUETTE TOTE」を少し横長にして、それに合わせてショルダーの長さも伸ばし
斜め掛けが可能になったトートバッグ。拾った枝を集めるために作られたユニークな用途のバッグは、
容量もたっぷりと大きく日常使いは勿論ですが日帰り~1泊位までの旅行や出張にも対応してくれる
ミニマムなデザインと必要最低限の機能性を持ったバッグに仕上げています。
展示会で見た時に真っ先にオーダーをしようと思ったモデルで、斜め掛けが出来る事によって両手が自由になるので
自転車に乗る方や、小さなお子様がいらっしゃる方にも使い勝手の良さを感じていただけるのではとおもいます。

color     NEW-BEIGE×NATURAL SOLD


インナーなどにはポケットが付かず、シンプルに削ぎ落されたデザイン。
TEMBEAではサイズ違いのポーチや、バッグの持ち手に括りつけることのできるポケット代わりのポーチなどが
充実しているので、それらを使っても良いですし、決められた便利さよりも好きに使って欲しいという意図もあり
ある意味で自由度の高いバッグで、時間を掛けながら自分なりの使い方を探していく楽しみがあります。
機能性のあるものとないもの、どちらにも同等の良さがあるのですがTEMBEAのバッグは使い始めよりも
時間が経ってからが本当の良さや意味を見出せるものが多いなと感じています。
とてもシンプルではあるのですが、身体に自然にフィットしたり物を入れて背負ってみると蓋が勝手に
閉じたり、そのままでも物の出し入れがし易かったりと、使っているうちに実は物凄く理に適った形だと
気付かされるのです。


肩紐の長さの調整は出来ませんが、やや短めの設定であることで背中と腰の丁度間ぐらいに落ち着く長さ。
はじめて見る方にはショルダーが短いように感じられることも多々あるのですがに、実際に背負ってみると
意外とどんな背格好の方にも、おぉ、なるほど。と納まる感覚があるので、きっと長い短いはそこまで気にせず
お使いいただけると思います。
このBRANCH TOTEに関しては、一番気になる部分としてはサイズ感でしょうか。
TEMBEAのコットンキャンバス地にはパラフィン加工が施してあり、使い始めが一番生地も硬くハリがあります。
そのため持った際の印象はより大きく感じられるのですが、パラフィンが次第に落ち生地も柔らかくなった頃には
その印象も大分変って、使う方の身体と生活にしっくりと馴染んだ状態になります。
元々のサイズ感で言えば、大き目のバッグに分類されるとは思いますが、パソコンや書類や雑誌などなどが
余裕を持って詰め込めますし、ある程度の物を持ち運びたい際に安定感もあって便利なバッグだと思います。


この片側だけに一本の持ち手が付く一見アンバランスの様なデザインは、TEMBEAに代表される形で
片方に寄っていると持ち難く感じませんかと質問される事が多いのですが、むしろ片側に寄っている事で
肩からズレ落ち難かったり、このモデルに関してはショルダータイプなので荷物の出し入れがし易く、
逆に中身を見られたくない場合には、持ち手とは反対側を身体に寄せて持てばそういう心配もありません。
装飾などは一切ありませんが使ってみると考え抜かれたデザインというのを実感して頂けるはずです。

TEMBEA   BAGUETTE TOTE LARGE

color     NEW-BEIGE×NATURAL

price     12000+TAX

SIZE     29×49.5×15.5


color     BROWN×LT-GREEN SOLD

こちらはTEMBEAの顔ともいえる位、rasikuでもお取り扱いを始めさせて頂いてからロングセラーの1つの
「BAGUETTE TOTE」ですが、定番とも違い時折展開される特大サイズの”LARGE”をセレクト。
元々はフランスパンを入れる為に作製された背景などもあり、縦に高さのあるバッグなのでそれが特大ともなれば、
なかなかに迫力を感じます。
バッグの大きさを過信して荷物を入れ過ぎてしまうと、その積み重なった分下の方の荷物が取り出し難くなるのが
唯一の注意点です。縦長の物を収納する分には完璧です。(笑)

width=
TEMBEAのバッグを選ぶ際に、デザイン・大きさ、それに加えて色選びをとても悩むのですが
今シーズンは落ち着いて渋めながらもハッとさせるような色目を2色選びました。
特にBROWN×LT-GREENは、グリーンのラインがきらりと光る配色で個人的にとても気に入ってセレクトをしました。
服装がシンプルになる季節にグリーンの色が効いて、コーディネートを上手くまとめてくれる役割を果たして
くれそうですし、ベーシックな色のTシャツにさらりと持つだけでも、目を惹きそうな配色。
どちらのモデルも通年で使える色と形だと思いますので、日常使いでちょっと大き目なバッグをお探しの方に
ぜひお勧めしたいなと思います。

6月13日


TEMBEA   POCHETTE PVC

color     BLACK

price     14500+TAX

SIZE     23×18×6 SOLD


今日も朝から見て見ぬふりをしてきた庭の雑草を刈ったり、苗を植えたりと土いじりからのスタート。
手を掛ければかける程に、広がっていく世界。上手くいくこともあれば失敗する事もあって一進一退の攻防を
繰り広げています。先日遊びに行った際に道の駅で購入をした3種類の苗と、どうしても育ててみたく取り寄せた
ミョウガの苗を植えましたが、我が家の土に馴染んですくすくと育ってそのうち食卓を彩ってくれると良いな・・・

TEMBEAのイメージと言えばキャンバス素材の印象が強い思いますが、季節毎に面白い素材を使ったバッグを
リリースしています。夏のシーズンに登場するPVCシリーズは、外側に透明なポリ塩化ビニルとインナーバッグは
コットンキャンバスを持ち手はレザーの3種類の異なる素材を組み合わせて、ビニールならではの爽快感と
レザーのぴりっとしたムードを持ち合わせたバッグに仕上げています。
インナーポーチは取り外しが可能で、用途によって使い方を変えられるのもポイント。
着こなしにおいても半袖Tシャツだけだと物足りなさを感じる日などに、ビニールの素材感が良いアクセントを与える
役割も果たしてくれますし、お財布・スマートフォンなどの必要最低限の荷物を持って出掛けるのにお勧めです。


透明な素材を使うだけで、とても涼し気な印象に。
洋服と同様に衣替えではないですが、バッグも季節に合わせた素材やデザインのアイテムを組み合わせると
スマートな印象に映ります。
僕らのライフスタイルの中では何処に行くにもバッグは必需品。パンツのポケットにお財布を入れたりスマートフォンを
入れる習慣が殆どない事もあり、大なり小なり必ず何かしらのバッグに入れて持ち歩いています。
バッグに関して言えば、圧倒的に男性よりも女性の方が好きな方が多いのを店頭で販売していても感じますが
大袈裟にならない大きさと容量、斜め掛けが用意に出来るので男性にも使い勝手が良く感じて頂けるはずです。
普段バッグを持ち歩かない方にも、ウエストポーチ位の大きさになるのでストレスになり難いと思いますし
色目もブラックと落ち着いているので、服装にも合わせ易く感じるのではないでしょうか。


レザーのストラップはサイズ調整の穴が8つありますので、ご自身のしっくりとくる長さに変更が可能。
ビニールなどの化学繊維は、どうしてもチープな印象に映りがちですがレザーと組み合わせる事によって
高級感の漂う井出達になり、インナーバッグはTEMBEAが最も得意とするキャンバス素材。
異素材同士を組み合わせながらもブランドらしさを失わないのは、モノ作りにおける本質をしっかりと見極めて
その中で遊び心を忘れずに作られているからだと思います。
ただ単純にトレンドを追いかけるのではなく、しっかりとした背景と物を見極める力があるデザイナーだからこそ
自然と納得させられる所があると感じていますし、丁度良いバランスに納まる落しどころの巧さがあります。


TEMBEAのバッグはシンプルなデザインが殆どで、機能性に関しても多くを詰め込まずに潔い作り。
ロゴシリーズは控え目に「TEMBEA」のロゴマークが入りますが、ロゴに頼るような単純で分かり易いお洒落とは違う
持つ人の個性を引き出してくれる存在になると思います。
夏になると自然と手を伸ばしたくなる「涼」を感じさせるビニールを用いたバッグ。
異素材を取り入れる事で、どの季節に対してもまた違った装いの面白味を感じて頂けるはずですので
是非ためしてみてください。

PageTOP