6月29日


TEMBEA   BRANCH TOTE

color     BROWN×LT GREEN

price     12000+TAX

SIZE     34×36.5×15 SOLD


昨日は早起きをして久しぶりに神子田の朝市へ買い出しへ。
季節的にも丁度良いタイミングで、野菜・山菜・苗・鈴虫など多種多様の品物が並び賑わってました。
見たことのない食べ物なども販売していて、朝5時にも関わらず妙にテンションが上がってしまい
気付けば両手に荷物いっぱいの状態で帰宅。買ってきたお餅やトウキビなどを食べて元気いっぱいになりました。
天気も時折太陽が顔を出したりして、梅雨の貴重な晴れ間になりそうですね。

TEMBEAから届いた新作とリリースされた「BRANCH TOTE」
ブランドのアイコンとなっている「BAGUETTE TOTE」を少し横長にして、それに合わせてショルダーの長さも伸ばし
斜め掛けが可能になったトートバッグ。拾った枝を集めるために作られたユニークな用途のバッグは、
容量もたっぷりと大きく日常使いは勿論ですが日帰り~1泊位までの旅行や出張にも対応してくれる
ミニマムなデザインと必要最低限の機能性を持ったバッグに仕上げています。
展示会で見た時に真っ先にオーダーをしようと思ったモデルで、斜め掛けが出来る事によって両手が自由になるので
自転車に乗る方や、小さなお子様がいらっしゃる方にも使い勝手の良さを感じていただけるのではとおもいます。

color     NEW-BEIGE×NATURAL SOLD


インナーなどにはポケットが付かず、シンプルに削ぎ落されたデザイン。
TEMBEAではサイズ違いのポーチや、バッグの持ち手に括りつけることのできるポケット代わりのポーチなどが
充実しているので、それらを使っても良いですし、決められた便利さよりも好きに使って欲しいという意図もあり
ある意味で自由度の高いバッグで、時間を掛けながら自分なりの使い方を探していく楽しみがあります。
機能性のあるものとないもの、どちらにも同等の良さがあるのですがTEMBEAのバッグは使い始めよりも
時間が経ってからが本当の良さや意味を見出せるものが多いなと感じています。
とてもシンプルではあるのですが、身体に自然にフィットしたり物を入れて背負ってみると蓋が勝手に
閉じたり、そのままでも物の出し入れがし易かったりと、使っているうちに実は物凄く理に適った形だと
気付かされるのです。


肩紐の長さの調整は出来ませんが、やや短めの設定であることで背中と腰の丁度間ぐらいに落ち着く長さ。
はじめて見る方にはショルダーが短いように感じられることも多々あるのですがに、実際に背負ってみると
意外とどんな背格好の方にも、おぉ、なるほど。と納まる感覚があるので、きっと長い短いはそこまで気にせず
お使いいただけると思います。
このBRANCH TOTEに関しては、一番気になる部分としてはサイズ感でしょうか。
TEMBEAのコットンキャンバス地にはパラフィン加工が施してあり、使い始めが一番生地も硬くハリがあります。
そのため持った際の印象はより大きく感じられるのですが、パラフィンが次第に落ち生地も柔らかくなった頃には
その印象も大分変って、使う方の身体と生活にしっくりと馴染んだ状態になります。
元々のサイズ感で言えば、大き目のバッグに分類されるとは思いますが、パソコンや書類や雑誌などなどが
余裕を持って詰め込めますし、ある程度の物を持ち運びたい際に安定感もあって便利なバッグだと思います。


この片側だけに一本の持ち手が付く一見アンバランスの様なデザインは、TEMBEAに代表される形で
片方に寄っていると持ち難く感じませんかと質問される事が多いのですが、むしろ片側に寄っている事で
肩からズレ落ち難かったり、このモデルに関してはショルダータイプなので荷物の出し入れがし易く、
逆に中身を見られたくない場合には、持ち手とは反対側を身体に寄せて持てばそういう心配もありません。
装飾などは一切ありませんが使ってみると考え抜かれたデザインというのを実感して頂けるはずです。

TEMBEA   BAGUETTE TOTE LARGE

color     NEW-BEIGE×NATURAL

price     12000+TAX

SIZE     29×49.5×15.5


color     BROWN×LT-GREEN

こちらはTEMBEAの顔ともいえる位、rasikuでもお取り扱いを始めさせて頂いてからロングセラーの1つの
「BAGUETTE TOTE」ですが、定番とも違い時折展開される特大サイズの”LARGE”をセレクト。
元々はフランスパンを入れる為に作製された背景などもあり、縦に高さのあるバッグなのでそれが特大ともなれば、
なかなかに迫力を感じます。
バッグの大きさを過信して荷物を入れ過ぎてしまうと、その積み重なった分下の方の荷物が取り出し難くなるのが
唯一の注意点です。縦長の物を収納する分には完璧です。(笑)

width=
TEMBEAのバッグを選ぶ際に、デザイン・大きさ、それに加えて色選びをとても悩むのですが
今シーズンは落ち着いて渋めながらもハッとさせるような色目を2色選びました。
特にBROWN×LT-GREENは、グリーンのラインがきらりと光る配色で個人的にとても気に入ってセレクトをしました。
服装がシンプルになる季節にグリーンの色が効いて、コーディネートを上手くまとめてくれる役割を果たして
くれそうですし、ベーシックな色のTシャツにさらりと持つだけでも、目を惹きそうな配色。
どちらのモデルも通年で使える色と形だと思いますので、日常使いでちょっと大き目なバッグをお探しの方に
ぜひお勧めしたいなと思います。

6月13日


TEMBEA   POCHETTE PVC

color     BLACK

price     14500+TAX

SIZE     23×18×6 SOLD


今日も朝から見て見ぬふりをしてきた庭の雑草を刈ったり、苗を植えたりと土いじりからのスタート。
手を掛ければかける程に、広がっていく世界。上手くいくこともあれば失敗する事もあって一進一退の攻防を
繰り広げています。先日遊びに行った際に道の駅で購入をした3種類の苗と、どうしても育ててみたく取り寄せた
ミョウガの苗を植えましたが、我が家の土に馴染んですくすくと育ってそのうち食卓を彩ってくれると良いな・・・

TEMBEAのイメージと言えばキャンバス素材の印象が強い思いますが、季節毎に面白い素材を使ったバッグを
リリースしています。夏のシーズンに登場するPVCシリーズは、外側に透明なポリ塩化ビニルとインナーバッグは
コットンキャンバスを持ち手はレザーの3種類の異なる素材を組み合わせて、ビニールならではの爽快感と
レザーのぴりっとしたムードを持ち合わせたバッグに仕上げています。
インナーポーチは取り外しが可能で、用途によって使い方を変えられるのもポイント。
着こなしにおいても半袖Tシャツだけだと物足りなさを感じる日などに、ビニールの素材感が良いアクセントを与える
役割も果たしてくれますし、お財布・スマートフォンなどの必要最低限の荷物を持って出掛けるのにお勧めです。


透明な素材を使うだけで、とても涼し気な印象に。
洋服と同様に衣替えではないですが、バッグも季節に合わせた素材やデザインのアイテムを組み合わせると
スマートな印象に映ります。
僕らのライフスタイルの中では何処に行くにもバッグは必需品。パンツのポケットにお財布を入れたりスマートフォンを
入れる習慣が殆どない事もあり、大なり小なり必ず何かしらのバッグに入れて持ち歩いています。
バッグに関して言えば、圧倒的に男性よりも女性の方が好きな方が多いのを店頭で販売していても感じますが
大袈裟にならない大きさと容量、斜め掛けが用意に出来るので男性にも使い勝手が良く感じて頂けるはずです。
普段バッグを持ち歩かない方にも、ウエストポーチ位の大きさになるのでストレスになり難いと思いますし
色目もブラックと落ち着いているので、服装にも合わせ易く感じるのではないでしょうか。


レザーのストラップはサイズ調整の穴が8つありますので、ご自身のしっくりとくる長さに変更が可能。
ビニールなどの化学繊維は、どうしてもチープな印象に映りがちですがレザーと組み合わせる事によって
高級感の漂う井出達になり、インナーバッグはTEMBEAが最も得意とするキャンバス素材。
異素材同士を組み合わせながらもブランドらしさを失わないのは、モノ作りにおける本質をしっかりと見極めて
その中で遊び心を忘れずに作られているからだと思います。
ただ単純にトレンドを追いかけるのではなく、しっかりとした背景と物を見極める力があるデザイナーだからこそ
自然と納得させられる所があると感じていますし、丁度良いバランスに納まる落しどころの巧さがあります。


TEMBEAのバッグはシンプルなデザインが殆どで、機能性に関しても多くを詰め込まずに潔い作り。
ロゴシリーズは控え目に「TEMBEA」のロゴマークが入りますが、ロゴに頼るような単純で分かり易いお洒落とは違う
持つ人の個性を引き出してくれる存在になると思います。
夏になると自然と手を伸ばしたくなる「涼」を感じさせるビニールを用いたバッグ。
異素材を取り入れる事で、どの季節に対してもまた違った装いの面白味を感じて頂けるはずですので
是非ためしてみてください。

5月22日


TEMBEA   BAGUETTE TOTE

color     LT INDIGO

price     16500+tax

SIZE     24.5×42×13 SOLD

今日までは上着もしくはコート!?が必要なくらいに肌寒いですが、明日からは少しずつ本来の気候に
戻ってきそうです。店内の薄手素材の洋服を眺めたり、ちょこちょこ並べ替えたりして爽やかな風と、
木々を輝かせる日差しを待ち侘びながら、今日も灯油ストーブにあたってBLOGを書いています。

TEMBEAのバッグは、帆布という素材を巧みに操りながらプリント・異素材との組み合わせ・時には軍手!?など
枠に捉われない柔軟な発想と想像を超えるモノ作りで、素晴らしいプロダクトを生み出し続けています。
数あるラインナップの中でも、個人的に好きな染シリーズは毎シーズンほぼ欠かさずに展開し続けていて
今回もBAGUETTE TOTEバゲットトートはインディゴ2色(濃い・薄い)の他、初めてのセレクトとなる
タンニン染め(薄茶色)をご用意しました。
染シリーズは、帆布にあらかじめ水を通してあるので使い初めからでも馴染みが良くて持ち易く、
また後染めならではの色の強さ、雰囲気の良さが写真からでも十分に伝わるのではないでしょうか。
プロダクトらしい無機質な格好良さと、人の手を介したクラフトの様な温かみのある一面が組み合わされた
唯一無二のバッグだと思っています。他にも色々な染めたバッグを見たり触れたりしてきましたが、
僕自身の感覚で、TEMBEAのINDIGO染めのバッグを越えるものには出逢ったことがありません。

TEMBEA   BAGUETTE TOTE

color     DK INDIGO

price     18500+tax


TEMBEA   BAGUETTE TOTE

color     TANNIN

price     15000+tax SOLD


初めてセレクトをしましたタンニン染めですが、本来良く使われるのはレザーを「皮」から「革」へと
鞣す作業に用いられる染料で、その成分は身近なもので言えば緑茶やワインなどにも含まれています。
レザーを作る際に用いられるタンニンのプールに、帆布のバッグを入れて染め上げられたバッグで
ヌメ革製品と同様に時間の経過と共に、少しずつ飴色へと変化する特徴があります。
当たり前ですが「染め」と一言で言っても、その染料によって様々な作用がある訳で
実際に使いながら、経年変化の具合や特徴を実感して頂ければと思います。


TEMBEAのアイコンと言えば・・・片側にハンドルが寄って付けられたデザインの「BAGUETTE TOTE」
中の荷物を見せたくない場合には、逆に持つと中身が隠せて持てるシンプルながらも良く考えられた作り。
元々はバケット(フランスパン)を入れる為に作られたバッグで、男性が肩掛けをしても無理なく肩にすっと納まります。
rasikuでこのサイズを買われる方の傾向を見ると、カップルやご夫婦で兼用で使われる方もとても多く
男性・女性のどちらが持っても大きさに違和感がなく、容量もそれなりにたっぷり入るのが人気の理由です。

TEMBEA   CLUB TOTE SMALL

color     DK INDIGO

price     23000+tax

SIZE     29.5×28.5×13.5 SOLD


TEMBEA   CLUB TOTE SMALL

color     LT INDIGO

price     21000+tax SOLD


久し振りに並んだのがこちらの”CLUB TOTE SMALL”
「CLUB TOTE」のインディゴ染めは、BAGUETTE TOTEと同様にずっと展開し続けてきたロングセラーモデルの1つ。
仕事・趣味の日常使いから、1泊くらいの旅行までを肩掛け・ハンドルの2WAY仕様とたっぷりのサイズ容量が
がっちりカバーしてくれる万能さが好評な、TEMBEAでも長くリリースされ続けているバッグ。
時にマザーバッグとして、または大学進学のお祝いになどなど、選んでくださる方の用途も幅広いのも印象的で、
デザインもですが、インディゴ染めのタイプですとより性別・年代問わずに使い易く、それでいて綺麗な色目が
ちょっとした特別感にもなったりするのかなと感じています。
それよりもワンサイズ小さいサイズになりますが、A4ファイルがすんなりと入るぐらいの深さとマチで
見た目よりも意外と荷物が入る印象を受けます。夏になると汗拭き用のタオルや、水分補給のためのドリンク
日傘などなど・・・なんとなくその日の行き先や外出時間によって持ち物も増えたり減ったりとしますので
大き過ぎず小さ過ぎずなこのサイズが、丁度良い塩梅に感じて頂けるのではないでしょうか。


斜め掛けの紐の調整は出来ませんが、丁度納まりの良い長さに設定をされています。
これからは薄着になるシーズン、服装が嵩張らずにすっきりするので斜め掛けはよりし易くなると思います。
背負っていて暑くなった際には、写真の様にハンドルに持ち変えられるのも案外嬉しい機能。
LT.INDIGOは持っていると自然と目を追ってしまうほど鮮やかな発色で、通年を通して使って頂けますが
最もコーディネートに映えるのは、やはり”夏”ど真ん中ではないかと私は思っています。


これまで何度も届けて頂いている染めシリーズですが、その仕上がりをいつも楽しみにしています。
今回のLT.INDIGOは、少しだけ濃い目の染め上がりで、同じものでも同じではない。そういった事も
届いたバッグの仕上がりから伝わってくるのがとても良いなと感じています。
TEMBEAの帆布のクオリティの高さが、より良く発揮されていると思いますので、手に触れて質感や色の深みを
実際に見ていただけたらと思います。

4月17日


TEMBEA   TOTE BAG LARGE

color     BLUE×BLACK

price     16500+TAX

SIZE     42×40×17.5  SOLD 


TEMBEAからリニューアルしたTOTE BAGが登場。片方に付いたアジャスターで持ち手の長さを変える事が
出来るようになり背負い易さが格段にアップ。トップの荷物を出し入れする部分に関しても以前の巾着タイプから
ZIPに変更をする事で、より使い勝手の良いバッグに進化を遂げています。
3種類の大きさで展開されているのですが、rasikuではあえて一番大きいサイズ”LARGE”をセレクト。
沢山の方の需要や頻繁に出番がある訳ではないのですが、この大きさならではのメリットがあると勝手に
思い込んでいます・・・あとは何よりも大きいバッグが好きという理由でこのサイズに(笑)
昔から大きいバッグに惹かれるというのが大前提にあり、今現在の自分自身のライフスタイルでは
出張と旅をする機会が多いので、ある程度容量の大きなバッグが必然的に必要になります。
これも特に理由はないのですがスーツケースで出掛けるのが昔から苦手で、出来る限りバッグに詰め込んで
背負うなり肩に担いで、お土産に更に重量の増すビン物を選んで、あえて負荷を感じながら旅路を行くのが
なんだかとても良いのです。


必要最低限の機能性のみを備えて、あとはすっきりとしたデザインにまとめあげるTEMBEAのバッグ。
TOTE BAG LARGEも外ポケット1つのみで、内側に吊りポケットなどは付かない潔い作り。
洋服に合わせた際に、バッグと服装がアンマッチになり過ぎずに程良く溶け込んでくれるのが好みです。
出張や旅行に行く際にも、お気に入りのバッグが1つでもあると、準備が前日になってしまっても
とりあえず、あれこれと必要な荷物をまとめてざっくりと入れられるので、鞄から悩むというような
ストレスが先ずはひとつ解消されます。
容量の大きさから考えると、2泊以上の旅などに向いているのではないでしょうか。
僕らはどうやっても荷物がとても多いので1泊でこのサイズを使いますが、その辺りは個人差があるので
沢山の着替えや大して読みもしない本を何冊かと、服装によって靴の替えを持って行くなどなど。。。
そんな荷物持ちの方にお勧めの大きさです。


外ポケットは生地の耳を使って、切りっぱなしのような雰囲気に。
トップの部分は折り込んでも使えるので、車のトランクなどに遊び道具などを入れて常に入れておくのも
良いでしょうし、この大きさならではの使い方を考える楽しみが広がると思います。
僕自身の中で、バッグの中にパンパンに入れて使うよりも一回り大きいサイズにして空間を持ちながら使う方が
見た目も良いと思いますし、荷物の出し入れがスムーズ且つ整理整頓もし易くなるのではと感じています。


バッグの大きさだけで見ると大きく感じるかもしれませんが、実際に手に持ってみるとイメージよりも大きさは
気にならないのではと思っています。キャンバス素材は使い込むとより身体に馴染む感覚が出てきますし
出掛ける度に帆布がクタクタになり雰囲気が良くなってくるので愛着も出てくるはずです。
TEMBEAに使用されている帆布はコーマ糸という、短い繊維を取り除いた超長綿の糸を用いていて
オンスも軽く、バッグ自体の重さも然程気にならないと思います。
メリットとして表面に艶があり見た目の美しさもありますが、パラフィン加工が取れても折れ曲がったりせずに
バッグ自体が自立し続けるのも使っていて良さを感じる部分の1つ。クタクタになりながらも型崩れせずに
カタチを保ち続けられるのは、素材の良さと古い織機で織られる生地が相まってなせる業だと感じています。

color     BEIGE×BLACK


出張や旅に出掛けるのが難しい日々が続きそうですが、それでも遠くない未来にまた色々な所に足を運べる日が
来るのが楽しみで仕方ありません。バッグを手にするのは旅をする理由付けの1つになりますし、大きなバッグを
持っているとお土産を必要以上に多く買って持ち帰ってこれるのも良さではないかと勝手に思い続けています。
大は小を兼ねるではないですが、是非お試し頂きたいサイズです。


今季のシーズンカラーで選んだ、”BLUE×BLACK”と”BEIGE×BLACK”に二色は対照的な色目ですが
どちらもとてもセンスの良い配色だなぁと、自分が決めたわけではないですが大満足です。
持つと、ソワソワどこかへ行きたくなる。そんなTEMBEAのバッグですが春夏オーダー分が
着々と届いておりご紹介スピードをあげていかねば。
出掛けたい欲は、今は心の中でくつくつと温めておいて、なんなら卓上旅行は如何でしょうか?
自分達の中で盛り上がっている、どこへでも行ける卓上旅行クラブ。おすすめです(笑)

4月5日


TEMBEA     MAIL BAG

color       BLACK

price       13500+tax

SIZE       25×22.5×12.5 SOLD


TEMBEAから新型としてリリースされた、”MAIL BAG”
その名の通り、郵便配達の方が持つようなショルダーバッグは、過去にも展開したこともあるのですが
今の気分で新たにアップデートしたモデルになります。
らしさを表すフラップのデザインに、ころんと丸いフォルム。また、小さすぎず大きすぎずのサイズ感もよく、
ここ最近は小さいバッグの展開が続いていたので新鮮さも感じますし、前と全く同じ仕様にしない所もまた
TEMBEAならではの物作りに対する姿勢が感じられます。
マチがしっかりあるタイプなので、最低限の貴重品に文庫本や手帳、小さ目のカメラなどプラスαの持ち物が入り
普段の荷物が多い人でも少ない人でも、どちらにも無理なく対応の利くようなバッグです。


蓋を開けた際に、袋の口ががばっと広がらないようにするために、スナップ釦が付属しています。
しかも二段階で調節出来るようにしてありますので、荷物の容量に合わせて広げたり狭めたり出来ますし
中の荷物ががさーっと飛び出すことも無く・・はないかもしれませんが緩和され、安心して物が入れられます。
ショルダー部分に関しても、以前のタイプは調整が利かなかったのですがアジャスターが付き長さ調節が可能。
中にはポケットなどは一切ないので、細かな物はポーチなどを使って仕分けをすることで使いやすさが増します。
必要最低限の機能性を持たせて、デザインとのバランスを重要視するTEMBEAらしいミニマムな作りです。


個人的にはこのサイズの大きさは女性に人気があるように思います。
お財布・スマートフォン・小さなポーチを収納して丁度良く感じる大きさで、曲線的なデザインも持ち易さに
繋がるのではないでしょうか。ブラックは洋服のコーディネートを引き締めてくれる役割もありますし
着合わせや行く場所などを限定せずに使って頂けるユーティリティな存在になってくれるはずです。

TEMBEA     SCOUT PACK

color       BLACK

price       17000+tax

SIZE       32×43×13 SOLD


こちらも新作でリリースされたフラップのデザインが目を惹く”SCOUT PACK”
ハンティングなどで使用されている様な無骨なバックパックをイメージしつつも、TEMBEAらしいどこか抜け感のある表情。
大きなフラップを開け閉めする事でメインポケットにアクセスが可能で、シルバーのスナップ釦2つとギボシ×レザーの
ストラップがバッグ全体を引き締める役割を果たしていて、ブラックという色目も相まって洗練された雰囲気にも映ります。
容量は大よそですがデイパックよりも少し大きいくらいで、A4のファイルなどはスムーズに出し入れが可能。
カジュアルな服装に合わせて、ビジネス用として使うのも良いのかもしれません。


内側の作りは1つ吊りポケットを完備。
リュックのストラップ部分が細く設定されているのも見た目の良さに繋がるディティールで、両サイドにアジャスターが
付くので、背負う際の位置と長さの調整は簡単に可能。
クラシックに振り過ぎずに、かと言ってハイテクな雰囲気でもない、絶妙な塩梅の落しどころは性別や服装なども選ばずに
背負って頂ける懐の深さも感じて頂けるはずです。


帆布のバッグは使い始めは表面に蝋引きをしているせいもあり固くて角がありますが、使い込むうちに全体が丸みを
帯びたシルエットに徐々に変化をしていきます。ばりっとした表情も良いのですが、クタクタになるくらい使い込まれた
TEMBEAのバッグはとても格好良いし型崩れを起こさない所にも魅力を感じています。
コーマ糸という短い繊維を抜いた糸を素材に使用する事により、ある程度使って年数が経った後でも凛とした佇まいを
キープし続けます。実際に手にして頂ければ、そのクオリティの高さとデザインの妙に納得して頂けるはず。


古き良き時代のアイテムを知り尽くしたデザイナーが作り出す、現代の生活にすっと馴染むプロダクト。
帆布に特化をしたブランドではありますが、その枠を超えた創造力と気持ちを高ぶらせてくれるアイテムが
毎シーズンリリースされていて、日常生活に小さな「彩」を与える役割をきっと担ってくれるはずです。
今季はtricot COMME des GARCONS×TEMBEAや、ASEEDONCLOUDとのコラボレーションなど、様々なブランドとの
繋がりから、多彩な物作りにも積極的に取り組んでいてジャンルを超えたプロダクトに変化をし続けています。
MAIL BAG・SCOUT PACK、どちらも汎用性の高さと使い勝手の良さに、お出掛けの際の相棒のような存在に
なってくれると思います。是非店頭でご覧になってみてください。

PageTOP