5月7日

STYLE CRAFT   WB-01

color       GOAT NUBUCK COCOA

price       107800-(TAX IN)

SIZE        36×33×15

今日も昨日に引き続き爽やかな良い風が感じられる1日になりそうですね。
寒さに強張らず、それでいて暑すぎず言うこと無しの完璧な気候の日って年間でどれくらいあるのでしょうか。
まだ朝はほんの少しひんやりとしますが、それでも昨日と今日との2日間は完璧確定ですね。
室内では微妙に肌寒くてコットンニットのカーディガンを羽織っていますが、これはこれで何だか気持ち良くて
こんなにも外が気持ちいいと仕事に向き合うやる気が奪われてしまいそうですが、叶うなら昨日今日の様な日が
一日でも多くあって欲しいものです。

STYLE CRATから昨シーズンにリリースされたハンドルとショルダーが付いた2WAYタイプのバッグ。
見た目からも伝わる雰囲気抜群の革の質感と合理的で秀逸なデザイン性が際立つモデル。
カジュアルな装いに合わせて普段使いとして持つのも素敵ですし、僕がイメージするのは私服でお仕事される方が
ビジネス用のバッグとして持つのにも、しっくりと合いそうな佇まいと容量を持ち合わせています。
素材はブランドの中では最も安定感のあるGOAT(山羊革)の表面を薄く削ったNUBUCKを採用。
通常の表革と比較すると、ややぬめりのある感触が癖になりこれからどんどんと艶が増してくるのが特徴的です。
最近はお客様に購入して頂いたものをメンテナンスでお預かりし、軽くオイルを足したり汚れを落とす機会が
あったのですが数年間デイリーに使っている状態のバッグを見ると、どれも驚く位の変貌を遂げていて
格好良さも数段上がります。
きっとWB-01も革がこなれてきた頃には、きっと全然違う表情を見せてくれると思いますので革と過ごす時間も
一緒に楽しんで頂きたいですね。

WB-01の特徴的なディテールとして、メインポケット・サブポケットへのアクセスがとどちらも共に
ZIP付きポケットという点。どちらもという部分とさらには上からではなく両サイドからのアクセスというのも
STYLE CRAFTではあまり見かける事のなかった作りでとても面白い。
更に内側にもZIP付きポケットが存在しますので、全部でメイン・サブ・小物類と3カ所の仕分けが出来ます。
見た目以上に容量や使い勝手の面でも満足して頂ける作りとなっているのではないでしょうか。
内側にはお馴染みのネパールのワイルドヘンプの生地を組み合わせています。
レザーバッグの印象として重さが気にかかる点なのですが、STYLE CRAFTのバッグ全般に言える事なのですが
大きさの割に軽さが際立って、持ち歩く際にストレスになり難いのも大切な要素だったりします。

メインポケットは底のマチ部分と一体化していますので、嵩張る物などを収納したりするのにお勧め。
反対側にあるサブポケットはフラットなファイルやノートなどが気持ち良く納まると思います。
完全にセパレートしているのがポイントで、其々に異なる物を入れて持ち運ぶのに適したデザインでもあり
ビジネスでお考えの方には、使い勝手の面も含めてイメージが沸き易いのではないでしょうか。

持ち方としてはメインはショルダーを片方の肩にかけてというのが妥当ではないでしょうか。
まだ持ち手が馴染んでいませんので、写真では浮いてしまったような見え方になっていますが
レザーならではの落ち感というのか肌馴染みというのでしょうか。徐々に身体のラインに沿うように変化してきます。

STYLE CRAFTのバッグに共通する部分として、斜め掛けの長さはギリギリに設定をされている事が殆どです。
背負った際のフィット感と無駄のないデザイン的な側面を大切にしていて、真冬のアウターで厚地のものとなると
厳しいかもしれませんが、薄手のコート位まででしたら斜め掛けも可能です。
最初は感覚として違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、僕自身も徐々に短いショルダーに慣れて
今では完全に虜になってしまっています。革は使う程に柔らかさも出てきますので、タイミングで持ち方を
変えるのも良いかもしれません。機能性とデザインとがどちらも顔を出すギリギリ手前に落し所を見つけ、
1つのモノとして美しくただそこに在る。それ以上のことは使った人だけが分かるという様な物作りであったり
真っ当な姿勢も、自分達も含め人を魅了し続けている理由に繋がっていると思います。

color       GOAT NUBUCK BLACK

price       107800-(TAX IN)

同素材でもう1色はBLACKをセレクトしました。
表革と比べるとより黒の色目が深く、そして黒でありながらとても柔らかな印象を持ちます。
素材に関しては最後まで悩みましたが、あえてNUBUCKにする事で日常の服装と組み合わせた際により柔軟に
持ち歩けるのではないかと想像をしています。
性別に関係なく大きさも丁度良く感じて頂けると思いますし、デザイン的にも程よい緊張感があって馴染み易いのでは。

レザーバッグは持った時の高揚感であったり、日常を非日常に変えてくれる位のパワーを持ち合わせています。
ビジネスにおいても、そう多くはないと思いますが使うバッグを変えるだけでもしかるすと違った気の巡りが
生まれたり、何気ない話のきっかけなどにもなり得ますし、そんな事で何かしらの良いご縁が生まれたとしたら
それはとても最高なのではないかと勝手に妄想しています・・・(笑)
ブランドネームやロゴでそれと分かる事や物も大切ですが、純粋につくられた物が持っている雰囲気や纏うオーラ、
一元的な情報ではなく、数値化出来ない感覚に響く何かで、良い!と思って頂けたら嬉しいです。
今シーズンのSTYLE CRAFTのバッグはWB-01のみのセレクトですので、じっくり吟味をして頂きたいと思います。

4月17日

STYLE CRAFT   DR-01

color       GOAT NUBACK COCOA

price       63800(TAX IN)

SIZE       28×39×16

時折強く降る雨の音や、向かいのマンションの解体工事の激しい音が、入り混じって聞こえてくる土曜日。
店内に流す音楽も良い具合にミックスさせながら、頭の中を整理したりゆっくりと過ごそうと思います。
ずっと良い気候で良い調子というのも憧れますが、そんな事は中々ある訳じゃ無く、こうしたどんより曇り空や
雨降りの日があるからこそ、心地良い日がより一層気持ち良く感じられるのだと思うと、どんな日も自分なりに
なんとなく楽しく過ごせたら最高ですね。静かですが、今日も穏やかな好い一日です。

STYLE CRAFTから新作となるリュックタイプのバッグが届きました。
このバッグはサンプルを見た時に一目惚れしたアイテムで、何種類からも選べる革の素材や色を悩みましたが
GOAT(山羊)の表革を薄く削った”NUBACK”を、使い勝手の良さを優先し経年変化が色濃く出る”COCOA”と
色の深みが増していく”BLACK”の二色で選びました。
デザインはブランドが得意とする巾着をより立体的な構造に落とし込んだ様な雰囲気で、麻紐を一度背中でクロスさせて
背負うとより安定感が増すような仕組み。容量はデイパックを少し小さくした位と言えば伝わり易いでしょうか。
沢山の荷物を入れて使うというよりも、必要最低限の荷物を入れてぎゅっと蓋を縛ってというような仕草であったり
スタイルを重視する方にお勧めのバッグ。レザーのリュックという点で必然的にハードルは高くなるのは確かで、
背負った時のイメージが浮かぶか、ライフスタイルに合うかどうかが、はっきりと分かれると思っています。
それでも選ばずにはいられないのは、何とも言えない革の質感や身体に沿う感覚。持った時の高揚感は何にも
代え難いものがあるのではないでしょうか。

新型”DR-01″は背負う際の紐の種類を麻ロープとオールレザーとで選べたのですが麻ロープにする事で
レザーの重厚感に程よく軽さが出せると思い、春夏の着こなしにも違和感なく溶け込んでくれるはずです。
これから気温がどんどん上がってシャツ1枚やカットソーの着こなしが中心になりますので、軽い服装に
ブランドオリジナルの麻ロープが心地良くマッチしてくれると思います。
着用写真でイメージしていた薄手の白いシャツと組み合わせみましたが、自分が想像していたよりも良い感じに
馴染んでいる気がして、使って革の質感がくたっとなればより格好良さが増すのは間違いありません。
大きさに関しても男性が背負っても小さいという事は全くなく素敵ですし、女性であれば丁度良く感じて頂けるのでは
ないでしょうか。ご夫婦で兼用して持つというのもSTYLE CRAFTのバッグであれば大いにお勧めです。

メインポケットへのアクセスは巾着上になった部分を緩めて荷物を出し入れするのですが、A4サイズのノートを
入れてみましたが全くストレスなく、勿論折れたりすることなく収納が出来ました。
革が馴染むまでは巾着部分に少しだけ隙間が出来ていますが、使っていくうちにしっかりと蓋の部分がより密着して
閉じてくると思います。雨の日予報の時は流石に控えた方が良いと思いますが、あまりに汚れやシミなどが気になって
出番が少なくなるよりも、気負わずに使って頂く方が革の風合いもどんどん増して格好良くなってくると思います。
先日もお客様からメンテナンスでお預かりしたバッグがあったのですが、クタクタになって新品と比較した際の
纏っているオーラと言うのか、シワの入り方や革自体の深みが全く違っていて、それはそれで素敵だと感じました。

素材をNUBACKにする事で、見た目がよりカジュアルダウンして普段着るような服装とバランスが取り易く感じて
頂けるのではないかと。僕自身にも言える事ですが男性が違和感なく革素材のリュックを持てるというのは
選択肢がそう多くはなく、特にデザインという側面でありきたりなリュックのカタチではなく・・・
コロンとした独自のフォルムを保ちながら、きりっとした表情で個性を引き立ててくれるようなバランスは
滅多に出逢わないと思っています。

背負う位置は、下部でロープを結んで調整する事で高さを変える事は可能。
写真は何もしていない状態で、背負った感じとしてはやや下目でバランス的には悪くないかと。
この辺りは身長であったり体型などによって、自分の思い描いている位置に微調整をして頂ければと思います。

color       GOAT NUBACK BLACK

price       63800(TAX IN)

SIZE       28×39×16

色違いの”BLACK”は、こちらも同様にNUBACK素材を使用しているので表面に光沢がないのが特徴。
ですがSTYLE CRAFTの革はオイルをたっぷりと含ませていますので、使っているうちに自然と綺麗な艶が出てきて
表情が大きく変化をしてきます。どちらの色目も其々に甲乙つけがたい良さがあります。

前述でもお話した通りでロープを麻紐にしていますので、どちらかと言えば重たい素材のコートや羽織物よりも
軽い素材感に合わせて頂く方がバランスが取り易く、背中でクロスする際の背負い易さもあると思います。
機能性や使い勝手の良さを追求したものは数多くありますが、1つ1つの仕草やいちいちの部分を大切にしながら
デザインとの絶妙な落し所を考えているものは、時間の経過と共に慣れた手つきや革の表情、使う方の生活に自然と
混じんだ姿はきっと素敵に映るのではないかと想像しています。
贅沢なアイテムではありますが、心にぐっと突き刺さるのは間違いないと思いますので、STYLE CRAFTの一貫している
妥協のない物作りに触れて頂ければ嬉しいです。

3月23日

STYLE CRAFT  FBD-01

color     BLACK(GOAT)

price     74800-(TAX IN)

SIZE     36×31×7 SOLD

今朝も中津川の遊歩道を歩いていると、前から歩いて来たおじいさんがすれ違いざまに「通れないよ~」と一言。
先を見ると雪代と雨で水位が上がった川で道が無くなってしまっていました。迂回していつもとは違った角度から
景色を見るのは新鮮で、この川沿いに安全な遊び場があったらいいのになぁ・・・。と妄想をしたり。。
陽にあたると暖かく、日陰に入ると一気に寒さを感じる一進一退の気候が続いていますが、3月も終盤に差し掛かり
別れの季節から、入学式などの新たな出逢いのシーズンが近づいてきています。

STYLE CRAFTから良いタイミングで届いた、開け口にフレームが付ききりっとした表情を見せるFBシリーズ。
革の持つ柔らかな曲線と、硬いフレームが入る事で生まれる適度な緊張感がバランスを保ってくれます。
rasikuでも数シーズン前から展開をし続けているモデルですが、特に入学式シーズンに綺麗な服装に合わせるバッグで
悩まれている方も多くいました。その場限りで終わることなくカジュアルな服装の際にも日常使いとしても違和感なく
持てるというのが、このモデルに限らずFBシリーズのストロングポイントだと思っています。

バッグの開け閉めはがま口の形状で、フレームの中心部のマグネットでぱかっと力を入れず楽に開閉します。
STYLE CRAFTならではの特徴でもある、外側にポケットやパーツなどを取り付けないシンプルな構造。
無駄な凹凸が無くきりっとした佇まいは、形状と素材とが無理なく組み合わさる事で唯一無二の存在感を放ち、
手に持った時の高揚感に浮足立ちながらも、日々の生活にもマッチするという懐の深さに魅了されてしまいます。
レザーバッグは特別なアイテムでもあると思うのですが、それがあまりにオーラがあり過ぎたりブランドの癖が強いと
現実味が無くなってしまい宝の持ち腐れの様な状態にもなり得えますし、折角であれば触れていて気持ちの良いものを
という目線も重要だと感じています。お客様から其々のライフスタイルに合わせてオン・オフどちらのシーンでも
使ってくださっている話を伺うと、実際に使う事で得られる触り心地だったり満足感、よし!と気持ちを上げてくれる
存在として価格以上のものを感じていただけているのであれば、何より嬉しい事だと感じます。

素材はGOAT SKIN(山羊革)を使用し、表面にきめ細かなシボと張りのある質感が特徴。
薄手ですがしっかりとした強さがあり、バッグ自体の軽さも長時間持ち歩いたり日常使いを考えた際には重要な要素。
店頭で接客をしていてもSTYLE CRAFTのバッグを初めて触れる方は、その軽さに驚かれる光景を良く目にします。
ライニングは、共通のネパールで作製されるワイルドヘンプの生地で作製された生地とのコンビネーションで
丈夫な生地の為、余程の事でない限り破れたりすることはありません。
革の種類に関しては他にも幾つか選択肢があるのですが、価格と質とのバランスから見ても山羊革は十分に納得して
頂けると思いますし、癖がなく扱いも神経質にならずに持てるのも良さだと思っています。

せっかくレザーのバッグを持つのであれば、自分の気持ちが高鳴る物や心から好いなと思えるをひとつ、
手にして置けば、いざ突然にハレの日が近づいてきた時にも焦ったり悩まずに済むのではないでしょうか。
フォーマルの場としては、華やかなものやアクセサリー要素のあるバッグが定番でマナーともされていますが、
ドレスや小物で華やかさは出せますし、意外と式典だと荷物が多く結局サブバッグなどが必要というお話も。
大切な場で使うものは悩むのは当然ですが、先ずは気に入ったものを。という初心も大事にして、よい鞄と
出逢っていただけたらなと思います。
FBD-01は久しぶりの入荷でしたので、気になっていらした方にぜひ。

2月28日

STYLE CRAFT   PLAIN SHOES

color       BLACK(OIL SUEDE)

price       41800(TAX IN)

SIZE       23    /    24    /    25    /    26    /    27 SOLD  

今日で2月も終わり、明日からは3月ですね。
お店の裏手側の日陰部分の雪も大分解けて、スニーカーでも不自由ない位の路面状況になりました。
そうなってくると足元の選択肢がぐんと広がり、靴好きな自分としては嬉しい限り。
靴を変えるだけで着こなしのイメージが全くの別物になりますし、服装全体の中で考えた際にも
実は服以上に季節感や気分や状態を表す、重要な役目を担っているというのは言うまでもありません。

STYLE CRAFTから初めてセレクトした外羽根のついた、シンプルな井出達ながらも雰囲気抜群のプレーンシューズ。
アッパーには牛革のスウェードを用いているのですが毛足を最大限削り、ヌバッグのような質感に。
履いているうちにオイルをたっぷりと含ませている革が段々と変化し、表革のように美しい艶と甲にシワが入り
全くの別物にも見えてくるのが、この靴の大きな特徴。同じ素材の違うデザインを夫婦で履いていますが
購入した頃とはあまりにも違いすぎて、お客様に驚かれる事が多々あります。
それ位に新品の状態とは異なる経年変化を遂げるので、そういった部分も楽しんで頂きたいです。
今回選んだ”PLAIN SHOES”はアイレットでしっかりと足と靴をホールド出来ますし、ソールもクッション性の高い
クレープソールを選びましたので長時間歩いたり際にも重宝する1足になるのではないでしょうか。

内側はアンライニングの1枚革の仕様で、ラストの特徴としては甲は低く設定をされていて横幅も標準的な設定。
見た目以上に革の伸びがありますので、フィッティングは横幅が当たる位に窮屈さがあっても問題ありません。
表記のサイズよりもハーフサイズ大きい位の足の方に気持ち良く履いて頂けると思っています。
今日1足タイムリーに出てしまいましたので、残りのサイズが24と27の2サイズ。シンデレラの方・・・
普段24H・27Hの靴を履かれている方に丁度良いかと思っています。
スウェード素材なので、しっかりと防水スプレーでメンテナンスして頂ければ雨の日などにも良いですし
(個人の見解ですが・・・)僕は割とそんな風にも履いたりしています。
知名度の高い所謂の革靴の作りや履き心地とは全く違いますし、色々と革靴を購入してきた中で、気張り過ぎずに
今現在の日常生活にマッチするのはSTYLE CRAFTが作る革靴の落し所が絶妙で、無くてはならない存在になっています。

爪先の甲の部分にシワが入り始める頃には、服装にもより馴染んでくると思います。
新品の状態ですとイメージが少し湧きにくいかもしれませんが、服装全体に柔らかさ(革の柔らかさではなく)
服装であったり考え方に柔軟性が出る靴だと僕自身は感じています。自由度が増す気がしていて、スニーカーでもなく
本格的な革靴ではないなぁ・・・という時に心地良くフィットする、STYLE CRAFTにしか出せないオリジナリティを
感じて頂けると思いますし、特に革靴を沢山履いてきた方にトライして頂きたいですね。

北国に住んでいると冬の終わりを感じられる事の1つに、道路のアスファルトが綺麗に見えるというのがあって
外へ出掛けようと思った時に選ぶ靴にもストレスが無くなるのは、それだけで嬉しくなってしまいます。
服装がある程度纏まっていたとしても、足元の選び方で台無しになってしまうことが多々あるので
靴は後回しになりがちですが、選択肢はそれなりに持っているのが・・・やはり理想です。
この靴の持つ、革の変化や着こなしにおいての広がりを是非体感して頂きたいと思っています。

2月2日

STYLE CRAFT   WM-SN-01

color        BLACK (CLUMPLE)

price        39000+TAX

SIZE        14×10

月末に掛けて定休日を含め5日間の連休を使って無事にレイアウト変更が終わり、ほっと一息ついています。
レイアウト変更の前に立ちはだかった大雪。この雪かきで先ず体力を消耗し、連日什器の移動をしていたら
腕・足腰の力が日に日に失われていきました。(笑)
本当は一日位はゆっくり温泉にでもと計画していましたが、休みの最終日になんとか形になった・・・
という具合で願いは叶いませんでしたが、とにかく無事に納まったので良かったです。
1年に一度は売場の大きなメンテナンスを実施するのですが、什器の位置を変えるだけで物の見え方が変わったり
光の差し込み方にも影響したりして、頭も体力も使う大変な作業ではあるのですが、終わった後の爽快感が堪りません。
自己満足な部分が大きいかもしれないのですが、昨日来店されたお客様にはお店広くなりました??とか
壁の色変えました??とか、そんな事を言われるのも案外嬉しかったりします。
こうして実際に重たい什器を動かしてみて、また違った景色をお見せ出来るのではないかと思っております。

今日からまたコツコツとBLOGを更新していこうと思います。
久しぶりの入荷となるSTYLE CRAFTの3つ折りタイプの財布”WM-SN-01″
STYLE CRAFTの製品の中でもロングセラーと言えるアイテムの1つ。前に勤めていたお店で出逢ってから
もう何だかんだと10年以上は経過している事を考えると、非の打ちどころがないデザインだと改めて思わされます。
rasikuでもお取り扱いを始めてから提案をし続けている数少ないアイテム。
お財布は買い替えのタイミングが其々にあると思いますし、とても難しい。捉え方としては消耗品ではないけれど・・・
あまりに使い込まれ過ぎるとそれはそれで何となく金運が下がるような気もしてしまいます。
僕自身の考え方は、革の具合が酷くなってきたりパーツが壊れたり、もしくは長財布をコンパクトなタイプにとか
その逆とか・・・気分を変えたり時など、ある程度のタイミングで思い切ってという気持ちが必要かもしれません。

color     DARK BROWN (CLUMPLE)

オイルをたっぷりと含んだ牛革を、揉んで表面に凹凸を持たせた”CLUMPLE LEATHER”
使い込むことによって、表面の凹凸は徐々に無くなりつるりとしたレザーへと大きく変化を遂げます。
手に持った際の厚みと質感が抜群で、毎日触れるものだからこそ質が高く気持ちが高鳴るものをというのも
お勧めの理由です。特別感という訳ではないのですが、重厚感や存在感は他との違いを感じて頂けるはずです。

WM-SN-01のデザイン的な特徴として、取っ手の部分をギボシで留めて開け閉めをする点。
真鍮で出来たギボシが見た目のアクセントにもなりますし、パーツ1つ1つ熟練した職人によって作製され
細部の至るところまで完成度の高さを感じて頂けるのではないでしょうか。
カード収納はポケットが5つと小銭を入れる下にも収納ポケットが付きますので、最低でも10枚位のカードを
納める事が可能です。あまりにカードを入れ過ぎるとパンパンになってしまいデザイン性が損なわれてしまう
恐れがありますので、欲張り過ぎずに何事も程良くがベストではないかと思います。

色の展開はBLACK・DARK BROWNの2色。
どちらも間違いないお色ですので、革の色が変化していくのを楽しみたい方は必然的にブラウン系がお勧めで
BLACKは艶がどんどん増して、モノの持つオーラがより一層引き出されるような印象を持っています。
他にもお財布の選択肢は幾つかご用意していますが、革の質やクオリティの部分、格好良さという部分においては
STYLE CRAFTは群を抜いている印象で、妥協をせずに選ぶお財布であれば間違いないと思っております。

STYLE CRAFT   KEY HOOK L

color       OFF RED (GOAT)

price        9000+TAX

color       GRAY (GOAT)

color       NAVY (GOAT)

color       BLACK (GOAT)

そして、こちらも久しぶりの入荷となる”KEY HOOK L”
何故かこの手のアイテム(キーホルダー類全般)が昔から好きで、思い返してみると欲しい洋服があるのに
人気が高すぎて買えなくてお店に行くと小物だけちょろっと残っていて、意地でも何か買いたいからキーホールダーを
欲しくなくても購入し、そんな事が度々あって自然と手元に増えていったんだなと、急に思い返していました(笑)
どうでも良い話ですが、小物選びのセンスは洋服の着こなしにもきっと通ずるはずだと信じています。
STYLE CRAFTのKEY HOOKは1つ1つの金具がセパレートし5つのネジ式のフックが付いていますので
こんがらがったりせずに、すっきりとした状態で持ち歩く事が出来手に持っている姿が間違いなく格好良いです。
本体の持ち手素材は全て山羊革で、今回はあえて色味のあるものも選びました。
キーフックに限らずですが、本体のレザーは勿論ですがパーツの部分をどれ位の意気込みで作製するかが
重要ではないかと。ありきたりなパーツを組み合わせると全体で見た時にチープな印象がぬぐえませんし
テンションもきっと上がらないはずです。毎日触れるものだからこそ、納得出来るものを選んで頂ければ嬉しいです。
僕も毎日使っていますが、これ以上のものが本当に見つかりません。
色の選択肢があるうちにお気に入りのものを選んで頂きたいと思っています。

PageTOP