11月5日

GROW IN THE SUN   4POCKET SHIRT JACKET

color     NAVY

price     37400-

size      3    /    4    

今日の朝は相当に冷え込みましたね。。。
なんとかぎりぎり耐えられる温度でしたが、慌てて空っぽになった外タンクの灯油注文をしました。
定休日に冬用のコート類も引っ張り出して、自分達の冬準備も少しずつですが進めている最中で
何年過ごしても北東北の冬は、やはり特別なものを感じながら、この11月を過ごしています。

SUNSHINE+CLOUDから丁度良い素材感のシャツジャケットと、定番のシャツが冬素材で届いています。
いつも頭の中に思い描いている丁度良い羽織物。その丁度良いという概念がとても難しいのですが
縮絨のウール100%を用いたカバーオールタイプのジャケットは、色々な隙間を埋めてくれる
便利で気張らずに着られるリラックス感と肉感が心地良く納まる1枚。
フロントの釦の白がアクセントとして効いていて、ムードがオーセンティックになり過ぎず
ラフさも兼ね備えつつも、人と服との間に適度な距離感を保てているのがとても気に入っています。
クタクタのデニムに合わせるのも良いでしょうし、季節感を出すのであればコーディロイやウールの
パンツと組み合わせて頂くと、秋冬の気分が一気に盛り上がってくるように思います。

フロントのポケットは全部で4つ。
ディテールだけで見れば分かり易くワークジャケットという佇まいなのですが、袖を通してみると
何処か強さみたいな部分が前面に押し出されることなく、柔らかい印象になるのがとても不思議な感覚。
ウールの柔らかさと、拠点を置いてる葉山という土地から生まれる空気が製品にも反映されているからなのか
お洒落をして着る洋服の感覚と、また違う視点でスタイルを楽しんで頂けるような気がしています。
その違いを説明するととても難解なのですが、拠点を置いている土地がもたらす影響が大きく関係していると
考えるのは間違いではないと思いますし、オープンな空気が製品にも表れているのだと感じます。

インナーはスウェットを着ても肩回りが窮屈にならない設定。
リラックスした着こなしであればスウェット類がお勧めですし、ハイゲージセーターなどを合わせるのも
季節感がぐっと増すのでお勧めです。冬のコートへ移行するまでの、何を着て出掛けようかと迷う季節に
ウールならではの軽さ・保温性・デザインと総合的に、良い塩梅に納まる羽織物になると思います。

サイズは3・4の2サイズをご用意しました。
GROW IN THE SUNのラインはやや小さ目の設定に感じるので、3でメンズMサイズ 4でLサイズ位の
イメージになると思います。ざっくりと羽織って頂く方がインナーの調整もし易いですし雰囲気も
良いと思いますので、気持ちゆったりとしたサイズをお選びいただきたいです。

SUNSHINE+CLOUD   OPEN STANDA

color     WCL CHECK NAVY

price     22000-

size      0    /    1    /    2    /    3    /    4    

SUNSHINE+CLOUDと言えば。。。毎シーズン素材と選ぶカタチを変えながら展開をしているシャツ類。
今シーズンは前開き・スタンドカラーのOPEN STANDAで、ウール50%×コットン41%×リネン9%の
表情豊かな生地を選びました。恐らくウールの面が縮んでボコボコとした生地ですが、暖かみがあり
インナー使いでも、ちょっとした羽織物感覚でもウール主体の素材になると着方の広がりをより一層感じます。

首元はスタンドカラー。しっかりとスタンドした襟が付きます。
胸ポットが1つ、シルエットは全体的にゆったりとした設定。
爽やかな印象のあるギンガムチェックは、着合わせをあまり深く考えすぎずに袖を通せそうですし
身体にフィットし過ぎない適度な距離感がSUNSHINE+CLOUDのシャツならではの良さだと思います。

年齢を重ねるほどに、スウェットを中心としてカットソーを着る確率がぐんと上がってきているのは
確かな事実なのですが、SUNSHINE+CLOUDのシャツは動きを制限されにくくストレスが少ないので
何だかんだと着る機会を保てています。特に僕と同じ40代以上の方は、普段着にかける色々な意味での
気持ちが難しくなるかなと想像出来ますし、選択肢も多いようで案外絞られてくるように思います。
気合を入れ過ぎずに、リラックスをしながら当たり前に着られる洋服を少しずつでも手にしたい
という方には、自信を持ってお勧めしたいですし、何かのタイミングで手に取って貰えたら嬉しいです。
そうなると必然的に奄美大島に・・・行きたくなると思うのですが(笑)それは言い過ぎですね。

サイズは0から4までご用意していましたが、ありがたい事に0と2は完売。
一番大きいサイズ4も今回は無事に届きました。
普段XLサイズを着ている方に心地良く袖を通して頂けるサイズ感だと思います。
チェックの柄・色目、そしてウール混の素材感、岩手ですと春先の4月頃まで着られる万能素材ですので
初めての方にも、リピートして下さっている方にも、丁度良いシャツになるのではと想像しています。

4月16日

SUNSHINE+CLOUD  OPEN STANDA

color     MINT(COTTON RINEN CHECK) 

price      18700-(TAX IN)

size      0    /    1    /    2    /    3    /    4 

昨日の出来事ですが、雪が降ってました・・・というお客様からの情報。
先日最高気温が30度近くまでいって、今度は雪ですね(笑)もうこうなると自律神経が乱れるのは明らか。
少しでも体調を整えるためにお風呂でしっかりと湯船に浸かり、その後キンキンに冷えた水シャワーを
交互に繰り返してをすると、布団に入って6秒ぐらいで眠れます。
毎日が100%ではなくても70%~80%ぐらいでいられるようにしたいものです。
今日も突き刺すような北風の寒さなので、暖かいものに身を包んでお過ごしください。

そんな事を言いつつも洋服屋なので春夏物のご紹介を。
袖を通すだけで何だかハッピーな気分にさせられるSUNSHINE+CLOUDの洋服。
シャツはブランドの代名詞的な存在で、素材と選ぶデザインは気分に身を任せながら毎シーズン提案しています。
個人的に一番着用しているモデルが首元がスタンドカラーで前開きの”OPEN STANDA”というモデル。
基本的にはシャツは釦を留めて着るのですが、このデザインに関しては留めずに着るのも良いなと思わせてくれる
独自の世界観とスタイルを持ち合わせたシャツだと感じています。
今シーズンは前回ご紹介しました”SLIP ON”もそうでしたが、気分的にチェック柄が気になりました。

今回選んだ生地はコットン86%・リネン14%の綿麻素材で、表情に凹凸があってタッチがとてもユニーク。
真夏の刺すような日差しの日には厳しいかもしれませんが、初夏位までの気候に対応してくれそうな通気性と、
柄と色目も何処かに出掛けたくなるようなウキウキする感覚を持たせてくれる1枚。
シンプルで洗練された服装も好きですが、SUNSHINE+CLOUDの様な良い意味で格好つけすぎず肩の力を抜き
深呼吸をしながらのんびりとした休日を過ごす日に合う服装も、どちらも同じくらいに好きになりました。
たまにどっちが本当の自分だろうと考える時もありましたが、ブランドのお取り扱いを始めて4年の時間が流れ
はっと目を惹くような色や柄がようやく板についてきたような、そんな感覚を持てるようになってきました。

袖をぐるりと巻いて、デニムをロールアップさせて、陽射しを防ぐ麦藁帽子の出番ももうすぐそこまできています。
盛岡も以前よりも確実に日差しが強くなり、冬は別格の厳しい寒さを変わらずに発揮していますが・・・(笑)
夏はどこの地域に住もうとも大差がなくなる位に温暖な気候に徐々に移り変わった気がします。
SUNSHINE+CLOUDが生み出す洋服は確実に拠点を置く場所や海外からのエッセンス、海や山の自然から受ける
インスピレーションが多く影響していて、そういった視点での服作りはありそうで、そう多くはない気がします。
実際にお店で接客をしていても、以前よりも明るい色目に興味を示してくださっている方が増えてきたのを
ひしひしと実感しますし、今まで見慣れないと思っていたものが少しでも馴染み易いものに変わって
ちょっとでもあたらしい感覚を楽しんでいただけたらたら嬉しいです。

サイズ展開も今回は4まで入荷したので、ゆったり着たいという方のリクエストにもお応え出来ると思います。
色々な洋服に袖を通して、最後に辿り着く洋服というのも、まだ分からないなりに理解出来る部分と感覚はあり
ファッションの流れに左右されにくいスタイルとして確立されているシャツだと感じています。
個人的には完全にお休みでスイッチをOFFにしたい日や、岩手で言えば釜石とか宮古方面へ行く際に
袖を通したくなるようなチェックかなと思っています。

3月22日

SUNSHINE+CLOUD   SLIP ON

color      COTTON LINEN CHECK RED

price      18700-(TAX IN)

SIZE      0    /    1    /    2   /    3 

いろいろと乱れ崩れ掛けていた体調も、なんとか持ち堪えることができ回復の兆し。
3連休最終日の春分の日で何か切り替わったのか、はたまた来てくださったお客様とこのあまりに厳しい環境について
話をして分かち合い、笑い飛ばせたことがよかったのかも知れません。支えられて生きています◎

そう言えば遠方から帰省された方が、お住まいの方の気温が既に25度だと仰ったのが、今でも聞き間違いかな?
なんて思っているのですが、本日の最低気温−3度の盛岡も今週末は暖かそうですし、いずれ25度にもなるよ!と
言い聞かせて、葉山や奄美の海を思い出しながらこのシャツを手に取りました。

SUNSHINE+CLOUDを代表するシャツ”SLIP ON”
少し前にのBLOGに載せたmallib shirts同様に、浮かれてしまうような可愛い配色のチェック地で
コットン85%リネン15%の柔らかで微かにシャリっとした質感の心地良い生地を選びました。
シャツはしっとり感のある薄手生地なので、触って今すぐ着たい!とはあまりならないとは思うのですが
着たら着たで気分は急に春から初夏ぐらいまで飛びそうになるから、服は困ったものです。
もうちょっと軽い素材のパンツと足元は裸足になりたいところを、グッと我慢しまして(正気に戻って)
一枚では寒いですが、カーディガンや風を防ぐ薄いナイロンアウターなどの羽織と組み合わせていただくと
無理なく春っぽく着られるなぁと、着合わせを思い浮かべていました。

ボタンダウンのプルオーバーシャツ。
これまで4型ある定番のモデルを、シーズン毎に気分に合わせて展開を続けてきていますが
SLIP ONの独特さには、いつ着ても慣れないというか、そこが本当にこのシャツの魅力で素敵だと感じます。
身幅や袖がたふたふっとゆったりとしていて、襟があってもまったくキリッとさせないというか
何とも掴みどころがなく、ただ着ているとすごく気に入ってしまうところがあるシャツです。
サイズは0から3までご用意してます。年齢性別問わずに着ていただいてますが、シャツを着たいという方より
SUNSHIN+CLOUDの服が醸し出す陽気さや穏やかさに誘われ、気負わずリラックスした服装で過ごしたいという方に
お勧めしたり、お選びいただいている印象です。

肌に纏わり付かず、どこにもキツさを感じさせないSLIP ON。
ちょっと懐かしく、それでいて新鮮さを漂わせるチェック柄は、シンプルにデニムやチノとの相性が良いですが
あまり緩くなりすぎずキリッとさせたい時は、高密度でハリや艶感のある生地のボトムを合わせていただくと
SLIP ONを初めて着る方にも、すっと手に取り易く感じていただけるのかなと思います。
もう少し季節が進んでぽかぽか陽気の中、吹く風が心地よく感じられるようになったら本領発揮です。


寒さが戻ったせいかは分かりませんが、大空を大きなV字を描いて白鳥の群れが次から次へと飛び立つ中
中津川の白鳥たちは4羽から7羽に増え、川に入ったり陸に上がったりして、のんびりと過ごしています。
ゆっくりしていってね。

2月19日

GLOW IN THE SUN   mallibu shirts

color     yellow

price      24200-(TAX IN)

SIZE     3    /    4 SOLD

暖かくなるのではないかという淡い期待と、そうならない現実との狭間でもがきながら2月も残り僅かな
所まできました。今日は二十四節季の雨水にあたる日で空から降る雪が雨に変わり雪融けが始まることを示しています。
実際に最近降る雪は水分を多く含んでいてうっすらとは積もるものの根雪にはならずに融けることが殆どなので
月をまたぐと街を包み込む空気も一遍して、少しずつ心と身体が解れてくるのではないでしょうか。

SUNSHINE+CLOUDから見ているだけで心が浮かれてしまいそうになるチェック地のシャツが届きました。
過去に一度だけ展開したことのある大振りな釦とフラップ付きの胸ポケットが特徴の”mallibu shirts”
今シーズンからサイズを4まで展開し、ゆったりとした羽織のバランスでも着易くなった印象を受けます。
しっかりとしたウェイトのコットン素材なので、着始めはややゴワゴワとした感覚がありますが
トロトロになるまで着込んでいきたいと思わさせてくれる、そんな未来を創造させてくれるシャツだと思います。

ヘヴィーネルを用いたシャツは、所謂アメカジ色の強いアイテムである事は間違いないと思うのですが
SUNSHINE+CLOUDで見ると、そのイメージが薄まるのは土地がもたらす影響からでしょうか。
強さよりも柔らかさが少しだけ前に出てているような印象があり、ブランド独自の色が確立されているから
というのもあるのでしょうが、頭に思い浮かぶそれとはまた違うのが個人的にはとても好みだったりします。
肩の力を抜き、ファッションという側面と日常生活との境界線が良い意味でなくなるような着方が出来れば
何気ないチェックシャツも羽織るだけでシンプルにとても格好良いんだなぁと、葉山の青空や海を頭の片隅に
思い浮かべながら今日は着合わせてみました。

自分自身の年齢が40歳を過ぎて、普段身に纏う日常着に対する考え方とイメージするスタイルは移ろいと揺らぎの中で
内側から湧き出てくる感覚をより大切にしたいと思うようになりました。お洒落をするという比重を保ちつつも
袖を通して気持ち良く1日を過ごせる服装をしたいという気持ちが高まってきている中で、SUNSHINE+CLOUDが
提案し続ける何気ない日常に溶け込む丁度良いバランスの洋服は、探してみると案外見つからないなと感じています。
拠点を置く場所から受けるインスピレーション。幾ら想像だけしていてもその場所に根を張り生活をし続けない限り
良いアイデアが思い浮かんだり、モノにする際の背景が伴ってこないような気がしてしまいます。
黄色と水色をベースにした”mallibu shirts”もきっと、太陽の陽射しが段々と強く感じられるタイミングに着たい1枚。

全体的なシルエットはSUNSHINE+CLOUDの定番シャツと比べるとコンパクトな設定。
僕の主観でサイズ3=M サイズ4=L位と思って頂けると良いのではないでしょうか。
身長178CM 体重63キロ インナーはロンTで丁度良いサイズ感です。
ボックス型のざっくりとした井出達は写真からも伝わるのではないでしょうか。
気張り過ぎずにTシャツにさっと羽織ってサマになるのが理想とする姿だと思っています。

2月12日

SUNSHINE+CLOUD   BIG CHINO

color      BEIGE

price      22000-(TAX IN)

SIZE      0    /    1    /    2    /    3

日中の気温がプラスに転じる日が増えて、主要な道路の雪はおおかた無くなってきていて小さな事での
ストレスが少しずつ減っている様に思います。それでもまだ灯油ライフはあと1カ月ちょっと続きそうですし
背中に貼るカイロもまだまだ手放せそうにありませんね。

きらりと光る太陽を見たり肌で感じてしまうと僕の中ではSUNSHINE+CLOUDの洋服が真っ先に思い浮かんできます。
サイズが一部欠けていました”BIG CHINO”ですが、季節の変り目という事でフルサイズ2色展開。
いつもよりも少し多めに在庫を揃えてみました。このパンツの良さとセレクトする理由を言葉でお伝えするのは
とても難しいのですが、着易くしたり分かり易く作っていない所と言えば伝わるでしょうか。
平面的なパターンで身体に寄り添ってくれないという所がポイントで、選ぶサイズや丈のバランスを工夫する事で
次第に格好良く見えたり、美味しく味付けせずに素材そのままを楽しむみたいな感覚を持っています。

ある意味では大人な雰囲気があると思っていて、直線的でテーパードをさせないシルエットはトップスや靴などを
組み合わせた際に下手な誤魔化しが効かないので上質な素材のセーターやドレスシャツに用いられるような綺麗な
生地のシャツなどを組み合わせるのが好み。
一方ではラフにスニーカーにスウェットも休日スタイルとしては間違いありませんし、段々と時間の経過と共に
着慣れていくとその人自身のスタイルが表現出来る優しそうで案外優しくないパンツだと思っています。

人と服との関係性に生まれる”空間”と言えば良いでしょうか。
洋服に凄く力があって、それを纏うだけで十分という説得力抜群のモノという訳では全くなく
シンプルに説明なく袖を通せば納得してしまうのではなく、何処か違和感やしっくりとこない感覚があるもの。
これは僕自身が感じる長く愛され愛し続けるモノの共通項でもあり、瞬発的な爆発力はないもののじわじわと
実感する奥行きのあるモノ作りはSUNSHINE+CLOUDが支持される最もな理由だと感じています。
ファッションではなくスタイルを表現し続けるという事の面白さが少しでもお伝え出来れば嬉しいなと。

color      OLIVE

price      22000-(TAX IN)

SIZE      0    /    1    /    2    /    3

色展開はBEIGEの他にOLIVEも変わらずにセレクト。
軍パンがあまり得意ではない方などにも手に取り易いように思いますし、BEIGEと同じ位に使い回しが効く1本。
元々の丈の長さがかなり長めですので、好みの長さに合わせてステッチが奇麗にはいると着写のような
のっぺりとした見え方はだいぶ薄まります。

フロントはZIPアップの仕様、ウエストはノータックで裾口までテーパード無しのストレートシルエット。
両サイドは脇割の始末で耳付きで、立体的に浮き出てくるようなステッチなどが全くない事もBIG CHINOの
ミニマムな見た目に一役買っています。

チノパンツはワードローブの中心になりえるパンツである事は間違いないと思うのですが、逆に選択肢が多い分
理想のモノに出逢うのは簡単そうに思えてとても難しいアイテムだと感じています。
穿き始めからくたっとした質感と、スタイリッシュになり過ぎないどん臭さがあるのがBIG CHINOの
最大のポイントではないでしょうか。先ずは上質な素材のセーターを組み合わせて、徐々に春らしい着こなしに
シフトしながらベーシックなアイテムを着回して頂けたら嬉しいです。

PageTOP