3月25日

SUNSHINE+CLOUD  SLIP ON  

color     BLUE(海辺のギンガムチェック)

price     17600-(TAX IN)

SIZE     0    /    1    /    2    /    3    /    4   

昨日の定休日はポカポカ陽気で、家の近所を久しぶりに散歩。ちょっと歩くと汗ばむくらいでしたが
気持ち良すぎて歩き過ぎてしまい、足回りを中心にひどく筋肉痛に襲われています・・・
それでも気温の事を気にせずに外へ出掛けられるのは冬が厳しすぎた分、とても嬉しい。
次の休日も歩いて盛岡の街の知らない場所や景色を探して巡りたいと思います。

いよいよ薄手の服装も視野に入ってきたタイミングで、SUNSHINE+CLOUDのアイコンとも言える存在の
プルオーバータイプのシャツと、ゆったりとしたシルエットで無骨さ持つチノパンをご紹介したいと思います。
先ずは、如何にも春らしい爽やかなギンガムチェックのシャツから。
首元のボタンダウンに左胸のポケットに1つの釦が付いた、一見すると何処にでもありそうなディテールの
プルオーバータイプのシャツですが、僕自身が勝手に思い続けている完成度7割位というのが理想的で、
だからこそ長い年月を経ても温度が変わらずに人を魅了し続ける理由ではないかと。
ただ袖を通すだけでは格好良くなり過ぎない良い意味での野暮ったさというのがポイント。
シルエットを狙い過ぎるとオーバーサイズになるだけですし、ファッション性を意識し過ぎないベクトルと
ここにしかない空気感を維持し続けられるのは、葉山という山と海に囲まれた場所を拠点にしているからで、
そんな土地と暮らしにフィットするSLIP ONの様なシャツが愛されるのも自然なことと思います。

シルエットは身体のラインを拾わない、ストンと落ちるのが特徴。
バスト回りのゆったりとした広さがストレスのない着心地に繋がっていて、それに合わせるように袖周りも
身体と生地との間に大きな空間のある仕上がりに。SLIP ONに関して、アームの太さからも想像出来るように
何かを重ねて着るよりもシャツ1枚を潔く着るのがお勧めで、もし羽織るとすればオーバーコートなどの
ゆったりとした作りの羽織物がベスト。昨日のように20度前後まで気温が上がるこれからの季節に
ざっくりとしたサイズ感で風が身体を抜ける位のバランスで着て頂きたいです。

生地は海辺のチェックと名付けられた、如何にもSUNSHINE+CLOUDらしい細かなギンガムチェック。
厚すぎず薄すぎずのブロードで通年生地といった所。このチェックの特徴として、着るだけで想像を超える位に
爽やかな印象にがらりと変わり、清潔感と季節の風を感じさせてくれるのは間違いありません。

トップの釦は締めるとかなり窮屈な印象になりますので、2つ目を留めるか写真のようにラフに開けて着るのも◎
インナーをちらりと覗かせて着るのも良いですし、首の開きがあるTシャツやタンクトップを合わせて大人の余裕と
色気をプラスするのも、ある程度洋服を着こなした方向けになってしまいますがお勧め。
シチュエーション、気候、着こなしのバランスによって開放的なイメージで着るのも、このシャツに関しては
凄くハマる印象があるので、プルオーバーならではの特色を活かしてショーツなども選択肢に入ってくると思います。

僕自身もようやくというのか、SUNSHINE+CLOUDをお取り扱いをスタートして4年目になり1つ1つのアイテムの
着こなしが板についてきたのではないかと。最初は半信半疑で不安を感じながら着ていたものが、何度も葉山のお店に
足を運ぶ事でブランドのイメージや表現したい事が少しずつ理解出来るようになり、良い部分を持ち帰りながら
僕が暮らす盛岡という街でどう表現するかを考え、土地の持っている力を引き出せるような服装が提案出来ればという
気持ちで提案をし続けています。凄く着易いという洋服でもないですし、独特なバランスを埋めていく必要があって
段々と心地良さが増していくというのが、このシャツの最大の特徴になるのかもしれません。
SLIP ONの他にも3つのデザイン(前開きBD・前開きSTAND・プルオーバーSTAND)でシャツは展開していますので
自分が気に入って着れるものを見つけて頂ければと嬉しいです。

SUNSHINE+CLOUD  WIDE ARMY CHINO  

color     BEIGE

price     24200-(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3 

ガツンとしたボリュームで迫力のあるシルエットが前面に押し出されている”WIDE ARMY CHINO”
もう一型定番で提案している”BIG CHINO”とは似て非なる印象で、こちらの方がよりワイルドさとミリタリー色の
強いチノパンと言った所。縫製などを見ても内・外共に巻き縫いを用いて表情のある仕上がりに。
フロントは2タック入り、ウエストからヒップ周りにかけては立体的なパターンで身体の凹凸に沿うようなシルエット。
ワタリから裾にかけて緩やかにテーパードさせて全体はゆったりとしていますが納まり良くバランスを整えています。
本格的なアメカジライクな側面とSUNSHINE+CLOUDらしい抜け感とが相まった1本だと感じています。
春になると無条件でチノパンを穿きたくなりますし、SAINT JAMESのボーダーTやmaillotのチェックシャツなど
普遍的なアイテムを今の気分に合わせてサイズ感や色などを調整しながら着て頂きたいです。

着始めからでもすぐに身体に馴染むように、かなり洗い込まれています。
新品の状態ですが古着の様なこなれた空気を穿き始めから纏っていて、新品から穿いてこの位の雰囲気まで辿り着くと
大抵は膝が出てしまっているので、それが無いのも良かったりします。

チノパンはワードローブの中心に欲しいパンツでオーソドックスなアイテムだけに、何処を基準にして選ぶか・・・
という部分でとても難しく、且つメーカーとして作り続けていて安定供給出来るどうかというのも提案する側として
重要になってきます。今の自分自身のライフスタイルと照らし合わせた時に”WIDE ARMY CHINO”はミリタリーライクな
部分をしっかりと持っていて太さにも嫌味がなく、穿き続ける事で見えてくるものがあるのではないかという気持ちで
これからゆっくりじっくりと時間を掛けて、お店に馴染んで当たり前に選んで頂ける存在になっていければ良いなと
思っているパンツの1つです。

チノパンは通年を通して穿くパンツだと思いますが、僕は何故だか理由は不明なのですがシャツ1枚に合わせる季節と
秋口に程よく寒いなと感じてセーター1枚に合わせるのが好みです。シャツの場合はキャンバスのスニーカー、
セーターの場合は革靴の方が納まり良く感じます。多分、他にも色々と穿きたいパンツがあるので、何となく自分で
決めつけているのだと思うのですが、春の季節を告げる存在になっているのは間違いありません。

プルオーバータイプのシャツ”SLIP ON”、ゆったりとしたシルエットの”WIDE ARMY CHINO”とブランドを代表する
アイテム2つをご紹介しましたが、どちらも共通項として着こなしの一部として直ぐには馴染みにくいという部分が
あると思っています。だからこそ、時間を掛けて自分なりの着こなしや心地よさを探す空白を埋めていく事が
後々に洋服の面白さや深みという部分に繋がってくるのだと、僕自身も時間は掛かりましたが少しだけ気付けたような
気がしています。 是非ライフスタイルの一部としてSUNSHINE+CLOUDの洋服を取り入れてみては如何でしょうか。

2月5日

SUNSHINE+CLOUD  BIG CHINO

color     オリーブ

price     20000+TAX

SIZE     0    /    1    /    2    /    3

color     ベージュ

SIZE     0    /    1    /    2    /    3

SUNSHINE+CLOUDにはシャツやカットソーを中心に定番アイテムと言われる存在が幾つかありますが
パンツで言えば、この”BIG CHINO”が長年作り続けられていてブランドを代表する存在になっています。
何てことなさそうな井出達でもあり雰囲気ですが、逆に何てことなく作るのが一番難しいのがチノパンツだと
僕自身は思っていて、格好良すぎずに毎日でも穿きたくなる余白を持たせるのが理想的。
自分でも半年くらい前に手にして穿き込んでみて、ようやくというか遅い位ですが”BIG CHINO”の
本当の意味での良さに気付かされた一人でもあります。

シルエットは立体感を出さずにフラットなライン、その中でもお尻回りの膨らみが殆どありません。
見た目は大きくゆったりに見えるのですが、意外とストイックなパターン。
実際に穿くと想像をしていたイメージとのずれであったりギャップがあるはずです。
正直一度穿いただけでは手応えを感じたり良さに気付くのは相当に難しいと思ってるのですが、そんな所が
SUNSHINE+CLOUDの物作りやブランド自体の奥行にもなっていて、お取引をスタートする前にその土地にブランドが
根付くまでには最低でも3年は我慢が必要です・・・と言われた意味を提案してみて理解した気がしています。
これまで色々とチノパンを穿いてきましたし、これからも提案したいものを探し納得出来るものを選んで
いくつもりですが、その中の1つに”BIG CHINO”は確実に入ってくる存在だと確信しています。

股上はそこまで深く設定されていないのですが、ワタリから裾にかけて殆どテーパードせずにズドンとした
迫力とボリュームのあるシルエットを構築。股上部分と股下にかけてのギャップを持たせてメリハリを効かせた
バランスが穿くほどに癖になります。最初はピントが合っていない様な気にもなるのですが、段々と着こなしや
合わせ方のイメージが沸いてきて、裾の長さをしっかりと調整する事はこのパンツにおいては必須条件。(かなり長いです)
着用写真はカットしないのをぐるりと捲り上げているので、重たさが強調されてしまっていますが綺麗に合わせると
同じパンツ!?とも疑ってしまう位に全く違う見え方に変わります。
ズドンとしたラインに足元はCONVERSEのキャンバススニーカーBIRKENSTOCKのサンダル、AURORA SHOESを
是非組み合わせて頂きたいです。チノパン自体は通年で穿いて頂けますが、個人的には春先からのイメージが強く
雪解けしたアスファルトを軽快な足元で、一重のコートをさらりと羽織るのが一番格好良いと思っています。
まだ気温が低く春物のイメージは沸きにくいと思いますので、パンツを新調しておくとトップスの構想が
練り易くなるでしょうし、体型がどちらかと言えば細身でワイドなパンツが苦手という方には特にお勧めです。

肉感は中肉でしっかりと洗いこまれた生地は、穿き始めからこなれた印象を受けます。
古着とまでは言いませんが、味のあるプリントスウェットとか色の鮮やかなシャツなどが好相性な印象で
女性があえて綺麗な生地のブロードのシャツを組み合わせたら素敵だろうなと勝手に妄想しています。
ワードローブの中心になるのは間違いないと思いますし、色違いで集めてしまいたくなる位に
一度試して頂けると攻略のし甲斐があるパンツになるではないでしょうか。
しっくりくるチノパンをお探しの方、春に主力で穿けるパンツをお探しの方、何となくパンツをお探しの方(笑)
是非SUNSHINE+CLOUDの名品とも呼べるパンツをお試しください。

1月17日

AURORA SHOES    NORTH PACIFIC

color      BLACK

price      34000+TAX

SIZE      5H   /   6   /   6H   /   7   /   7H   /   8
        7   /   7H   /   8   /   8H   /   9

AURORA SHOESをrasikuでお取り扱いが出来るようになって3年が経過しました。
何となく名前は聞いた事があるけど、実際には見たり履いた事がないという方が多くいらっしゃったイメージでしたが
段々と浸透してきているような、少しだけですが手応えを感じるようにもなってきました。
気温が低く路面状況が良くない冬の盛岡では、どちらかと言えば秋冬よりも春夏にお勧めしたい革靴。
雪が溶けてアスファルトが見えて、冬の重たいコートが脱げるようになったタイミングで気軽に合わせられる
革靴というイメージで、気温が高くなってくるとサンダル感覚で素足で履いたりもしています。
今までは定番の2型を中心に提案していましたが、満を持してミドルカットタイプの”NORTH PACIFIC”を初オーダー。
展示会で葉山に行った際に、スタッフの方がワイドパンツにカシミアのざっくりとしたセーターを組み合わせて
履いているのを見てやっぱり良いなと心を打たれてしまいました。
今回は色をブラックのみに絞り、メンズ・レディースとサイズレンジを程度幅広く展開しています。

チャッカタイプの”NORTH PACIFIC”は2枚の革で構成されているシンプルな作り。
ラストは甲が低く設定をされている印象で、横幅は細すぎず広すぎずの普通幅と言った印象を受けます。
アイレットは2つでアッパーと同素材で作製されているシューレ―スは太くて迫力があり
AURORA SHOESの共通項として全てステッチダウン製法を採用、アウトステッチが外側にぐるりと1周します。
ソールは今まで展開していたMIDDLE INGLISHとWEST INDIANとは種類の異なる、固さとグリップ力に
富んだソールを組み合わせていて、よりシューズらしいというと表現としては語弊があるかもしれませんが
ぎゅっと紐を絞めて履くという部分では、ラインナップの中では唯一というのも他との違いになるのかもしれません。

僕たちが何故春夏にお勧めするかという理由ですが、冬場でも履いてはいけないという訳では全くないのです。
岩手という冬の寒さが厳しい土地で履くのであれば・・・という条件を考えた際に、AURORA SHOESに使用されている
革の特性に関係があります。1枚革で厚みがあってオイルをたっぷりと含んだレザーは、寒くなると革自体が
固くなってしまい、玄関などに置いておくとフランスパン位に固くなり足を入れ難くなってしまいます。
それとラストに関しても甲が高くないので、厚地のソックスを合わせるとぎゅっとしたフィッティングになりがちですので
中肉位までのソックス位までが良いのではないかと。
気温が上昇してくると革に含まれているオイルが自然と溶けて別物と思える程に柔らかくなり、すっとストレスなく足を
入れられる位に変化をしますので、フィッティングはもう少し先の時期にするのが良いかもしれません・・・(笑)
どんな物にも其々に個性や特性がある訳で、ソールも決して冬道を想定した形状ではないという判断で
僕らは春夏の気候に適したシューズと思ってお勧めをしています。

個人的にぐっとくるポイントとして、踵の部分に繋ぎ目のステッチが入らない曲線美にうっとりしてしまいます。
ミドルカットのシューズですので、パンツの裾とのバランスが肝。
細身の場合にはロールアップないしすっきりとしたご自身に合わせた丈感がベストではないかと思います。
シューズのフォルムが綺麗に見える方が断然格好良いと思います。
ワイドなパンツでしたら多少野暮ったく合わせても問題ありません。

今日もカチカチに凍った雪の路面を歩いてきましたが、北国ならではのハンディギャップがある分
雪解けのアスファルトの道を何も考えずに気持ち良く歩ける楽しみがあるのも、この土地ならではの季節の移り変わりを
感じられる景色でもあり体感する出来事の1つではないでしょうか。
今でも尚、アメリカ生産を貫き少人数のベテランスタッフで作られるベンチメイドならではのフォルムと醸し出す雰囲気は
これから先の時代に残り続けていって欲しいと、純粋に思えるシューズブランドだと思っています。
春に向けてウキウキするような1足を手にしてみては如何でしょうか。

1月14日


SUNSHINE+CLOUD  CLASSIC CREW

color     DUST

price     15000+TAX

SIZE     M    /    L    /    XL

color     BRICK

SIZE     M    /    L    /    XL

color     WHITE

SIZE     M    /    L    /    XL SOLD

気温がマイナスにならないだけで、こんなに生きる事が楽になるとは・・・(笑)
逆に言えばそれだけ寒さが身体だけじゃなく精神にも自分が思っている以上の影響を与えていているなと、
マイナス続きの気候からまた1つ学びがありました。
太陽の陽射しが今までよりも少しだけ強くて、春を思わせてくれる瞬間があるのがとても嬉しい。
日々は同じ事の繰り返しのようで、着実に一歩ずつ前へ進んでいるから、小さな喜びを探しながら過ごしたいと思います。

僕自身が袖を通すだけで何となく自然と元気な気持ちにさせられるのがSUNSHINE+CLOUDの作る、
“デザインを格好良くし過ぎず、整え過ぎていない在りそうで無い洋服”
と言うと聞こえは悪いかもしれませんが、何処かすっきりと見えなかったり、違和感を感じたり、
その何とも言葉では表現し難いアンバランスさこそが、ブランドの武器でもあり真骨頂だと思いセレクトしています。
一昨年、昨年と裏起毛のスウェットを展開していましたが、新しく素材をミニ裏毛でリバースウィーブ仕様の
ヴィンテージライクなデザインのクルーネックでリリース。
今では希少になっている”MADE IN USA”というのも、洋服好きにはプラスαに感じてしまう昭和生まれの私。
着心地が格段に良い訳ではないカサっとした質感もあっさりと許せてしまうのは何故でしょうか(笑)
狙ってではないでしょうが、シルエットも今の気分に合わせたかのように身頃はゆったりとして着丈もそれなりに長く
モダンな雰囲気に映ります。サイズはM・L・XLの3サイズで昔ながらのUSAフィッティングです。
※身長178CM 体重63キロ 着用サイズ L


写真では分かり難いかもしれませんが、リバースウィーブの最もな特徴でもある生地の目を縦ではなく横に使用。
縦の縮みを抑える為の工夫で、現代においても各メーカーが取り入れているクラシック且つ理に適ったディテール。
何処か趣や古き良き時代の背景を感じる作りでもあり、人々を魅了し続けている事は間違いありません。
しっかりと洗いが掛かった状態で納品されているので、これ以上大きく縮んだりすることはありませんのでご安心を。
素材感は中肉よりもやや厚手といったイメージ。年間を通して最も着る機会が多い生地感だと思います。


肩線はナチュラルに落ちる位置に付くので、如何にもドロップしたという訳ではなく自然な見え方になると思います。
袖口・裾のリブはテンションが緩く、絞めつけるような感覚は一切ありません。
もう1つディテールの特徴でもある両脇の切り替えし部分は、元々はスポーツする際に着られていたスウェットの
動き易さを追求した結果生まれた部分で、、生地の目を縦にしてボディとは逆に使用しています。
現代のようにテクノロジーが進化して、生地の品質自体が上がっている世の中では生まれ難い発想で
それが現代でも使われ続けるのには何かしら理由がると思いますし、洋服の面白さにも繋がるのではないでしょうか。


ここ最近気になる「白」のスウェット。生成ではなく紛れもない「白」というのがポイント。
勿論汚れが気になる方も多いと思いますが、白いシャツや白のTシャツを着るのと感覚は一緒ではないかと。
シャツと違って汚れが味になるのがスウェットの良さだと私自身は思っています。
どうしても汚れが気になるという方は、後染めで色を変えて着る事が出来るのもポイントになるかもしれません。
お客様の反応も上々で、何だか嬉しくなってしまいます。
秋冬は特に服装のマンネリを防ぐ為にも、いつもとは違う”色”で気分を変える事をお勧めしています。


BRICKは色がやや褪せた様な、着古を繰り返したフェードしたオレンジを表現。
ベーシックな色を好んで着られる方にも、比較的手が出し易く感じて頂けるのではと思っています。
色には似合う似合わないがあると勝手に思い込んでいた時期がありましたが、SUNSHINE+CLOUDの洋服と出逢う中で
今まで親しんできたかどうかだけの話であって、色に関しては着てみたいと思えるかどうかが重要ではないかと。
色の選択肢が増えると着る洋服の幅も大きく広がってくるので、是非トライして頂ければ嬉しいです。


僕自身がクルーネックのスウェット好きという事もあり、偏った品揃えで其々に違いのあるクルーネックをセレクトして
いますが、ブランドによって大切にしている部分と拘りがあり何枚かを着比べて頂くと違いが見出せるのではないかと。
グレーやネイビーなどの着回しの効くスウェットをお持ちの方には、WHITEとBRICKの様な新鮮さを感じる色目がお勧めで
万能な1枚をという方にはDUSTが服装を気にせずに納まり良く着用して頂けるのではないでしょうか。
春というにはまだまだ早いですが、冬服にマンネリや春を勢い良くフライングして取り入れたい方には面白味のある
デザインと色が特徴的なスウェットは気分を大きく変える1枚になって頂けると思います。

12月21日


SUNSHINE+CLOUD    LOW GAGE CARDIGUN

color     BROWN

price     64000+TAX

SIZE     0    /    1

color     NAVY

SIZE     0    /    1

今日は冬至。1年間の中で最も太陽の出ている時間が短く夜が長い日。
夕方の外の暗さに、もう18時なるかな?と時計を見てまだ16時半位でびっくりするというのを続けています。
これから少しずつ日が長くなり冬から春へと向かっていくと思うと、それだけで嬉しい気持ちになりますし
心のスイッチを切り替えるのに最適ではないかと思ったりもします。
この冬は美味しい南瓜に出会う機会が多く、ここ一カ月以上絶えずに煮て、よく食べています。
冬の美味しいものをいただきながら、心折れても元気に寒さを乗り越えていきたいです。


毎シーズンニットの提案をどうしようかと、土地柄であったり寒さの事であったりと頭の中でぐるぐると考えて
セレクトするのですが、昨年あたりからは肌当たりにストレスの無いセーターを主軸に選ぶようになりました。
その中でもカシミアの存在は格別で、その着心地を知ってからはまた少しニットに対する価値観が変化してきました。
SUNSHINE+CLOUDの秋冬のラインナップには欠かすことの出来ないカシミアシリーズ。
高級素材のカシミアをブランドのフィルターを通して独自の世界観で表現し、肩肘張らずにリラックスしたムードに。
糸の分量を贅沢に用いたローゲージのスタンドカーディガンは、暖かみは勿論ですが気持ちの部分にも染み渡る様な
自分にしか分からない心地良さを独り占めして頂けるのではないでしょうか。


首元をすっぽりと覆う様なデザインで、肉厚なカシミアの素材感も相まって迫力のあるカーディガン。
今の時期はコートの下に挟むミドルアウターとして、気温が上がってくる春先頃にはカーディガンとして
きっと見れば手に取って着てしまうぐらい重宝しそうな1枚。
肌当たりが滑らかでチクチクする感覚は無いので、セーター特有の着心地が苦手な方にもお勧めで
このカーディガンを身に纏って過ごす時間を考えると、価格の部分にも自然と納得して頂けるはずです。
洋服には色々な考え方と捉え方があるので一概には言いきれませんが、今まで袖を通したことのない素材を
一度手にしてみると、今までとは全く違った価値観と選択肢の幅が生まれてくると思っています。
それは自分自身が一番そう感じていて、年齢を重ねる毎に心地良いものに触れていたいという気持ちが
より一層強くなり、セレクトする際の大きな軸として「自分の感覚に素直に」は大事にしたい部分でもあります。


肩はセットインスリーブを採用し、ポケットなどの装飾は一切ありません。
サイズは0と1に2サイズをご用意しました。
袖を通した感覚としてはサイズ0でレディースのS位、サイズ1でレディースのM位といった所。
そこまで大きな作りではないので、インナーに合わせる生地感としてはSAINT JAMESのOUESSANT位までがベスト。
どちらかと言えば小柄な方に気持ち良く袖を通して頂けてお勧めかもしれません。


SUNSHINE+CLOUDの物作りにおける気持ちの余裕というのか遊び心とも言えば良いでしょうか。
首元とテール部分に刺繍の様なカタチで、白いステッチが表に出て小さなアクセントを入れていて
ちょとした変化ですが、全体で見た際に良いスパイスの役割を果たしてくれているように思います。


カシミアセーターで言えばハイゲージやミドルケージが主流で、ローゲージというのは極端に選択肢が少なく
手に触れる機会自体がそう多くはないはずです。今年1年間の自分自身へのご褒美ではないですが、気持ちが上がり
前向きになるような洋服を纏うだけで明日への活力になるかもしれません。
贅沢な素材カシミアを身体全体で感じられるカーディガン。袖を通す事が楽しみになる洋服を是非お試しください。

PageTOP