4月27日

ASEEDONCLÖUD   MAP SHIRTS

color     NATURAL

price     37400(TAX IN)

SIZE     S SOLD

昨日友人から中津川で山女魚目撃&釣った情報を聞いて、今日はそそくさと溜まり場になっている場所を観察。
小さいながらもお腹に綺麗な模様を纏った山女魚の稚魚が、気持ち良さそうに泳いでいる姿を発見出来ました。
今日は太陽も降り注いで水温が温かいのかなぁ、なんて思いながら川のせせらぎに耳をすましていると
何時間でも居られそうなくらい心地良くて、後ろ髪を引かれながらなんとかお店へ辿り着きました。
こんな風に街中(中心地)で美しい光景を見られるというのは中々無いよね。贅沢で最高過ぎるねと。
いつも歩きながら話しているのですが、盛岡という街に住むからこその特権でもあると思うし、自慢です。

workpermit 23 -shinshido-
心師とは人の心に花を咲かせる職人のこと
大道芸人と桜師の仕事をしている者
この仕事は代々続く仕事である

パフォーミング(大道芸人)は今の人の心に花を咲かせ
木こりとして桜を育てる(桜師)のは未来の人の心に花を咲かす
今回はその中でも人見知りだった心師のお話
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ASEEDONCLÖUDから、今シーズンの数ある生地の中でもサンプルを見た時に一瞬で心を奪われたプリント柄。
モチーフは野ウサギ。躍動感があって、ウサギの動きや身体の特徴を細やかな描写でしっかりと表現されているので
可愛らしくもあるけれど、格好良さが圧倒的に上回っていて完全に一目惚れ。
動物モチーフでプリントのウィークポイントである子供っぽく見えないか。という部分を軽々とクリアした生地は、
袖を通す度にニヤニヤしてしまうのは間違いないでしょう。
シャツのデザインも全体的にはゆったりとした設定ですが、すっきりとした着丈の長さであったり、袖のバランスで
メリハリを効かせているので、案外難しく考えずに取り入れて頂けるのではないかと思っています。

“MAP SHIRTS”と名付けれたアイテム。通常であれば表側に付く胸ポケットが内側に隠されていて
主人公の桜師が必要とする道具の1つでもある鏡が入るように作られています。
面白いのはポケットへのアクセスの位置。上からではなく、こそっと横から手を入れるカタチ。
1つ1つのディテールに意味や機能性を持たせているのもASEEDONCLÖUDの洋服の特徴になるのかもしれません。
COLLECTIONラインのアイテムに潜むユニークなデザインの数々は、実際に使う使わないは別として
細部にまで想像力を働かせ、徹底して作り込まれている洋服はそれだけで気持ちが高鳴ります。

オリジナリティ溢れるプリントをじっくりと見てみると、桜の花を加えて颯爽と駆ける野ウサギや
好物であるクローバーの群生があったり。そうかと思えば、桜の天敵とも言える鷽(ウソ)の鳥の足跡が
残されていたりと、自然界の生き物の繋がりがダイナミック且つ繊細に表現されています。
個人的には口に桜の花を加えたのと、ぐーんと伸びをする野ウサギがとても気に入っています。
生地はナチュラルベースでコットン85%・リネン15%を掛け合わせた綿麻素材で、しっかりとした厚みがあり
粗野な空気を纏っているのもプリントに相まって雰囲気を盛り上げてくれているように思います。

感覚としてアロハシャツとかに近いのでしょうか。
そこまでの開放感はありませんが、着方というのか取り入れ方としては普通の穿き込んだデニムなどに
考え過ぎずに合わせて貰う位が自然なのかもしれません。パワーを感じるシャツですので、その力を良い意味で
中和してくれる位の抜け感のあるアイテムを組み合わせる位が心地良く感じて頂けると思います。
私達もCOLLECTIONの洋服を其々に愛用していますが、気分がマッチする時としない時とがはっきりとしていて
機能的な洋服の概念とは異なる、心の満足度(作用)というのも、このシャツを纏うと自然とついてくるはずです。

ASEEDONCLÖUD   SAKURASHI BLOUSE

color     NATURAL

price     31900(TAX IN)

SIZE     S    /    M SOLD

今まで殆どセレクトする事がなかった半袖のシャツもセレクトしています。
オープンカラーの衿元とたっぷりとした袖の太さと長さ、直線的なボックスシルエット。
半袖シャツとして着るのもありですが、生地の厚みもそれなりですので長袖や七分袖を合わせて
シャツジャケットの様な捉え方をするのも面白いと思っています。

デザイナーの玉井さんが数年前におっしゃられていた、何年先か分からないけれど古着屋さんに僕の作った洋服が
並べられていたら嬉しいなという言葉が、このプリントのシャツを見ていて思い浮かんできました。
売れる・売れないを判断するのも大切ですが、作り手の気合い!?というのか志を感じる洋服を目の前にしてしまうと
例え販売するのが難しそうだなと思ってしまっても、こちらもその心意気を買いたいという気持ちにさせられる事があって
今回のウサギモチーフの生地はまさにそれでした。心に突き刺さる忘れられないファブリックの1つになりそうです。

例え出番が多くはなくとも、洋服で気持ちを上げてくれるような存在にきっとなってくれるであろう
カタチの異なる2つのウサギ柄のシャツ。自分達としてはまたとない出会いのような気がして、
今回このプリントの生地で作られたモデルはほぼセレクトしました。
店内にディスプレイするだけでも目に留めて下さる方も多く、ここに在るだけで良いと思える服を
展開出来るだけでも幸せなことだなと思います。
今季のASEEDONCLÖUDのCOLLECTIONでは、このプリントの他にも素晴らしい刺繍のシャツも届いています。
気になる方はぜひ店頭で、じっくりとご覧になって下さい。

4月2日

ASEEDONCLÖUD  Classic one-piece

color     BLACK

price     35200-(TAX IN)

SIZE     F SOLD

ASEEDONCLÖUD 2021 S/S workpermit 23 -shinshido-

心師とは人の心に花を咲かせる職人のこと
大道芸人と桜師の仕事をしている者
この仕事は代々続く仕事である

パフォーミング(大道芸人)は今の人の心に花を咲かせ
木こりとして桜を育てる(桜師)は未来の人の心に花を咲かす
今回はその中でも人見知りだった心師のお話


ここ数日の春の陽気に、梅の花も勢いよくほころびはじめて、通りすがりの人々の足を止めます。
桜前線もスピードあげてあっという間に北東北に届きそうそうです。妖艶な桜色に包まれる季節ももう間もなく。
お花見をすることも叶わなかった昨年の春の訪れの中で構想をスタートさせた、-shinshido-という名のCOLLECTION。
社会の混沌とした雰囲気の中で少しでも明るい未来を描きたいと、人から人へと心に花を咲かせる職人像を
花咲か爺さんのイメージから派生させて、桜の花を咲かす事が出来ず大道芸や喜劇を追求する子孫として描きました。
繊細で好奇心旺盛な探検家のようなデザイナーである玉井さんの思考から作製された、今季の春夏の服たちは
誰しもが想像していなかった世界の中でも、だからこそ何か明るい気持ちや人が楽しくなるような事を想像して
生まれたものではないかと思います。

先日ご紹介しました”HANDWERKER”の黒のHERBALIST COATとはまた違った雰囲気の羽織にもなるワンピース。
この形は元々はブラウスとして作製されたものがとても人気で、そこから形を変えてワンピースとなってから
ここ数シーズン続けて展開されているものの一つ。
ブラウス時代から欠かさずオーダーしていてますし、とにかく形が絶妙にロマンチックなところや着るとたちまち
心が躍る服なので、洋服で気分を上げたい時や気合を入れたい時には、このワンピースを着て欲しいと思います。
シャツ型で下部分は比翼釦になった前開きワンピースなので、着方も好きなように楽しめる一着。
今回は無地2色(黄色と黒)と、得意のオリジナルの総柄の全部で3つの色柄の中から、無地の黒と柄をセレクト。
既にプリントの方は完売となっておりますが、同じプリントアイテムは他のモデルでも入荷していますので
ぜひ店頭でご覧ください。

ピシッと見える襟ではなく柔らかな印象に映る微かにラウンドした襟の形や、肘が隠れる6分ぐらいの袖丈で
ほんの少しだけ膨らんだ袖と袖口のプリーツ。この可愛さと甘さのさじ加減が特に素晴らしい。
ウエストの位置にランダムなタックを配することで、きゅっと引き締める部分とふわっとした部分のバランスが良く
さらに両サイドにはゴム素材の紐が付きますので、前と後ろどちらかで結んだり、そのまま垂らしたりと
シルエットを気分で変えながら着て頂くのもお勧めです。
個人的には前開きにして、Tシャツとデニムに合わせてラフに羽織るぐらいの着合わせが好きですが、
釦をきちんと留めて可愛い靴下と、バッグと靴もちょっとよそ行き感のあるもので組み合わせる日も
あると良いなぁと思います。

生地は緯糸に綿シルクの糸を打ち込んだ、肉厚の綿シルクタイプライター。
物語の主人公が作業着としてアウターやボトムにも使える様な生地感をイメージして、一般的なものよりも
より強くぎゅっと詰まった質感のタイプライター生地に仕上げています。
適度な厚みとさらさらっとした質感は、作業着仕様と言えどもとてもしっかりしていて上品な肌触り。
ワンピースとして綺麗な印象で畏まった場に着る分にも、違和感なく取り入れて頂けるのではと思います。
真っ黒だからこその美しさと、アクセサリーなど他の部分に華やかな色を添える事で、それぞれの良さが輝き
際立つのではないでしょうか。
なかなか状況は変わりませんが、季節の移り変わっていく美しい瞬間をそれぞれに心寄せ合って楽しんだり、
そんな空気になったら良いなと思います。

3月21日

ASEEDONCLÖUD  HW HERBALIST COAT

color     BLACK

price     36300-(TAX IN)

SIZE     F SOLD

今日は朝から厚い雲が空一面にびっしりと敷き詰められて、大きな雨粒が屋根を鳴らしています。
無理に出掛けることせず温かな飲み物を片手に、静かに溜め込んでいた本を読み進める日曜日も最高です。
冬から春にかけては天候が良いと意識せずとも活動的になりますが、毎日がそういう訳にはいかないですし
こう心落ち着かない時などは気持ちを切り替えて、心と身体をゆったりと整える日を設けるというのも、
当たり前に日常を過ごす上では大切な事だと思います。

ASEEDONCLÖUDのコレクションラインとは別に、普遍的なワークウェアをイメージして作製される”HANDWERKER”
ドイツ語で”職人”を意味する言葉で、2018年秋冬から其々の全く異なる分野で活躍されている本当の職人の方に
スポットを当て、デザイナーのイメージと擦り合わせながら実際の作業着として具現化するシリーズを継続して展開。
今回はセラピスト・フレグランスコーディネーターで、”fragrance yes”の名前で植物療法をベースに活動されている
“山野辺 喜子”さんのユニフォーム兼、店舗でも着用出来るアイテムとして前後の両面で着られるワンピースコートを作製。
デザインソースはヨーロッパの医療着のイメージとメディカルコートから取り入れ、一見するとスモッグの様な
クラシカルなワンピースの面と、前開きでさらりと羽織る春コートとしての機能性も兼ね備えた機能美に溢れる仕上がりに。
女性らしい可愛らしさがありつつも背筋がきゅっと伸びる様な緊張感も持ち合わせていて、オンスタイルとしても
活躍しそうですし、お休みの日にお気に入りのデニムにTシャツを着てさらりと羽織る位でも十分だと思います。

先ずは表面ワンピースとして着用した場合に、首元の立ち上がる襟の美しさが目を惹くポイントに。
ベルトを使って緩やかに広がるAラインにメリハリを付けて着ると、見た目の印象ががらりと変わります。
ASEEDONCLÖUDが以前から得意とする前後ろの無いデザインが見事にマッチしていて、選んだリネン100%黒の生地も
アンティークドレスの様なクラシカルで奥行きのある雰囲気をより一層引き立ててくれる効果があります。

肩のラインは少しだけドロップした位置で、腕周りから袖口にかけて綺麗に納まり良く設定。
作業する際にも動きやすく邪魔にならない様に工夫されていて、袖口はキツさを調整出来るように2つの釦が付きます。
山野辺さんが良く使う道具(ガラス棒・ヘラ・ペン・精油をふき取る為のティッシュ)を無理なく収納する事が
出来るようにと配されたポケット位置や大きさも、実際に使う人の意見を取り入れることで仕上がった服は
いざ袖を通した際に、あ!という閃きがありますし、細部に心配りが感じられて嬉しくなりますね。

活動のシーンによって切り替えが出来るようにと、前後で異なる着こなしが楽しめるのですが
後ろ釦のディテールがお好きな方には、この背面の見え方はぐっとくるのではないでしょうか。
釦の数が多いので、この着方で脱ぎ着する際はちょっと大変かもしれませんが、釦を幾つか外して
頭から被って頂くと楽ですし、ボトムにパンツを合わせるのであれば、裾の部分の釦を全部は留めずに
動き易さを重視して着たりなど、いろいろな着方が出来る服の特性が最大限に発揮されて良いと思います。

実際にこのコートを羽織った時に、あまりにもリネンの生地の雰囲気が良く着た瞬間にオーダーを決めました。
また、色に関してもこのリネンは黒との相性が抜群に良いような気がして、黒一色で。
生地面積も大きくて、これからの季節には少し重たい印象になるかと思いきやそんな事はまったく無く、
光に当たると薄っすらと透けるぐらいの軽い生地感なので、和らいだ黒には仄かな清涼感が漂います。
シャツ型の前開きのコートワンピースを持っているのですが、今時期の様に暑かったり寒かったりで
微妙な温度調整が必要な時や、半袖やシャツだけではちょっと物足りなさを感じる時の羽織として
とにかく重宝しています。着丈も同じくらいで羽織る事が多いですが、時々釦もぴしっと留めて腰紐も締めて
ワンピースとして着ると、同じ服とは思えない印象の違いが出せるのも着ていて楽しいところです。
HERBALIST COATはさらに前後でも着られるという、バリエーションが一段と広がるコートですので
ぜひインナーやボトム、さらにはバッグやアクセサリー、靴下や靴などを季節や場面で変えたりしながら、
色々な着合わせを試してみていただけたら嬉しいです。

しっかりとワークウェアとしての機能性を持ち合わせながら、美しく品のある凛とした佇まいの両面を
こうも絶妙なバランスで表現できるのは、ASEEDONCLÖUDだからこそ。
実際にお仕事の場面でこのHANDWERKERの服を着て下さっている方もいますし、先日ご紹介しました
WIDE TROUSERSも実際に履き心地が良くて・・・と生地違いでも選ばれる方がとても多いです。
普段着として気を使い過ぎずに着れて、カジュアル過ぎない服装という絶妙な塩梅のコートワンピース。
陽射しが気持ち良く感じられる気候に、黒の引き締まったリネンの心地好さを体感して頂ければ嬉しいです。

3月6日

ASEEDONCLOUD   HW WIDE TROUSERS

color     INDIGO

price     26400(TAX IN)

SIZE     XS    /    S    /    M    /    L

いよいよ盛岡も春宣言しても良いのではないかと思う位に、心と身体が強張らずにスムーズに動くのが嬉しい。
窓を開けていてると心地良い風が店内を流れて、開放的な気分になります。
試着をしたとしても今まではとは違って、実際に春や夏のイメージがふつふつと沸いてくるでしょうし
なんならもう直ぐにでも着たい!という気分になって頂けるのではないでしょうか。

ASEEDONCLOUDを代表するアイテムに成長した”HW WIDE TROUSERS”
rasikuでも毎シーズン生地を変えながら展開しているボリュームたっぷりとのワイドパンツ。
今シーズンはコットン70%・リネン30%を掛け合わせた夏向きのデニムを用いた”INDIGO”と
定番素材の備前壱号を用いた”ECRU”のどちらも汎用性の高い2色を選びました。
私達も2人揃ってかなりの頻度で素材違いの3本をローテーションさせていて、同じく購入されたお客様を
見ていてもかなり穿き込まれている印象。
独特のシルエットでありながら想像以上の履き心地の良さに思わず手が伸びてしまっているのではないかと。
ボリュームがあるのですが、シルエットの足し引きが絶妙で穿いているうちに気付くと虜になってしまう1本です。

フロントはワンタックでウエストは細目にぎゅっと絞られていますので、イメージはハイウエストの位置で
ベルトで締めて穿く方が、このWIDE TROUSERSの特徴を最大限に活かせると思います。
横への広がりよりも、前後にスッキリとシルエットが作られている事により、穿いた時の印象としては
ボリュームはありながらも、納まり良く綺麗に感じられるのが人気の理由。
最初はなかなかのワイドさに戸惑う方もいらっしゃいますが、そういう方の方が意外と後々ハマってしまう。
そんな傾向がありますので、先入観を持ち過ぎずにトライして頂きたいですね。
特にこれからの季節はトップスの比重が必然的に軽くなりますので、パンツでボリュームを保ちながら
全体をコーディネートすると簡素な感じにならずに、バランスも取り易いですし新鮮さも感じられると思います。

未洗いで納品なので、裾のレングスはぎっちりと縮みが出ます。
生地が全体的に立っている状態ですが、水通しする事により落ち感が出てくるので今の状態よりもボリュームは
抑えられます。バックポケットの大きさと形状も特徴的で、前から見るよりも後ろから見た際の格好良さが際立ち、
実際にバンダナやお財布の出し入れなどがし易く、とても機能的なポケットというのも魅力的です。

サイズ展開はXS~Lまでの4サイズ。
どちらかと言えば女性に人気のパンツですが、男性が穿いても男臭さが抜けたワイドシルエットのパンツと
言ったイメージで、着こなしの奥行きを出せるのは間違いありません。
気温が低いうちは足元にぴりっとした革靴で合わせるのも素敵でしょうし、気温が上がるタイミングでベタに
BIRKENSTOCKのサンダルにラフにTシャツという組み合わせも、何てことないですがお勧めです。
夏場でも十分に対応出来る生地感ですので、夏用のパンツとしてワードローブにプラスするのも良いのでは。

color     ECRU

price     26400(TAX IN)

SIZE     XS   /    S    /    M    /    L

もう一色のECRUはシーズン続けてオーダーしてしまうくらい、個人的にもお気に入りの一本。
お客様からのご要望の声も多く、今まで白系のボトムに対する反応とは全く違って驚きました。
真っ白ではない生成の色加減も絶妙で、いくらガシガシ穿いてもへこたれない帆布の生地感は、
穿き込んで多少汚れもあったほうが雰囲気が良い。となれば、当然気にせず穿きまくってしまいます。
同素材を色違いでここ二年ぐらい穿き続けていますが、どちらもまだまだしっかりと形状も整っていて
程よく柔らかさも出てきて、とにかく良い塩梅です。
そんな経年変化を見て、良いと思って選んで下さった方もいて嬉しい限り。

前からと、横からの見た目。
特に横からのシルエットに拘って作られたパンツだけあって、前後がすっきりしているので
大胆な太さを感じさせずに、お尻も野暮ったくならず綺麗なラインで穿けるところが魅力。
だからこそ、合わせるトップスやシューズの選択肢も広く、色んな着こなしが出来るというのも
出番が増える理由のひとつだと、改めてこのWIDE TROUSERSを穿く度に思います。
ワンピースから太い幅のボトムをちらっと見せるという着合わせも、個人的にお勧めです。

ここまでワイドシルエットでやや変形のパンツは中々出会わないと思いますし、それでいて何処かきちんと
生地によってはよりスラックスのような見え方にもなる面白さがこのパンツにはあると思います。
どちらの素材も其々に全く異なる特性がありますので、先ずは一本試して頂けると納得して頂けると思いますし
既にお持ちの方はきっと違う素材が頭の中を過る事まちがいなしですので、ソワソワした方のお待ちしております。

10月11日


ASEEDONCLOUD  ELVES DRESS

color     DARK GREY

price     45000+TAX

SIZE     M


今季のASEEDONCLÖUDのコレクションの中で、なんて素敵でユニークなワンピースなんだろうと思い
また生地感も個人的に好きなウールの質感だったので、同じ素材でスモックも揃えてオーダーしました。
其々でも、また組み合わせて着てもなかなか良いのではないかと思います。
今回のこの生地には”WEDDING LODEN”という名前が付けられているのですが、ローデンクロス自体は
オーストリアのチロル地方の伝統的な紡毛織物で、縮絨されることでしっかりと目の詰まった防風・防水性に
優れたナチュラルな機能素材。その土地では嫁入り道具の一つとされていたことから”WEDDING LODEN “と
呼ばれ、世代を超えて受け継がれるような背景からも生地の強さを知ることが出来ます。
ローデンクロスを参考にしながら日本で仕立てた生地は、中肉ながらもしっかりとした温かみと強さを感じる素材感で
ベスト+スカート一体型のドレスに仕立てる事で、程良いカジュアル感と緊張感どちらの着こなしにも振る事が出来ます。
ちょっとした会食からホテルなどの会議などにも対応出来る、秋冬のフォーマルシーンに着れる1枚として如何でしょうか。


トップスは所謂”WAISTCOAT”と呼ばれる胴着の様なクラシカルなベストのデザインで、背中の部分でスカートと繋がる
ASEEDONCLÖUDの真骨頂とも言えるデザインを採用。展示会で見た時には、まさかベストとスカートが繋がっているとは
全く思わなかったので、頭の中をハンマーで叩かれた様な衝撃を受けました。僕らの洋服を選ぶ基準として実用性という
のは上位に占める割合が多いのですが、こういったデザイナーの心意気(縫製泣かせ!?)みたいなアイテムに
出会ってしまうと、それは無条件でセレクトするように心掛けています。
クリエーションする事の大切さや面白さをこうして体感をさせて頂ける環境にいる身として、それは洋服に限らずですが
セレクトをしたり購入する事は、その分野で活躍を続けて欲しいと思う、投票行動の様な役割もあるのではないかと。


ベストは当たり前ですが前開きで、想像よりも脱ぎ着はし易いので是非店頭でお試し頂きたいです。
カジュアルからフォーマルまで精通していたデザイナーだからこその洋服で、どちらかと言えばコートやジャケットに
用いられる様な素材感をレディースの2ピースで落とし込むユーモアも他にはない部分ではないでしょうか。


スカートの長さはロングスカート丈(87cm)で、身長のある方にとっては申し分ない丈感。
着用しているモデルが身長166cmを考えると、150cm代後半位の方からが長さ的にはベストに思います。
ウールのタイツなどもイメージし易いでしょうし、ハイソックスの合わせも間違いありません。
誰にでも当てはまるような洋服ではないですし、着る頻度もそう多くはないと思いますが
適度に緊張感のある洋服は春夏・秋冬と季節毎に其々ワードローブに忍ばせておくと、急を要した場合に焦らずに
自分のお気に入りの服装でその場の雰囲気や時間を楽しく過ごす事が出来るので、選択肢の1つとしてお勧めです。


背中は質感の良いキュプラ100%の生地が貼られていて、ウエストを留める役割を果たす大き目の生地のベルトで
マークする様なデザインです。バックスタイルも秀逸で気持ちが高まる2ピースドレスになるのは間違いありません。
インナーは白のブロードのシャツなどを合わせて靴は黒のシャープな革靴を合わせてフォーマルな仕様にしても
良いでしょうし、黒のタートルネックなどを組み合わせてカジュアルな見せ方で着るのも◎
行く場所と合う人によってインナーの合わせと小物を使い分けながら着て頂きたいです。

ASEEDONCLOUD  TEAM SMOCK

color     DARK GREY

price     38000+TAX

SIZE     S    /    M


同素材を使用したざっくりとしたフードパーカーもとてもお勧め。
デザイナー曰く、高機能素材が存在していなかった時代はレインコートを目の詰まったウール素材を用いる事で
寒さと多少の雨は防いでいたという事から、大き目のフードを配したスモッグを作製。
フロントの切り込みが深く入る事で着脱がスムーズで、風の冷たい北東北であれば保温効果の高いレインコート
代わりとしても良さそうだと思ってセレクトをしました。
サイズはSとMの2サイズ展開でMサイズは男性が着てもゆったりと着れるので、変化球なアイテムではありますが
適度な機能性とスタイルを重視する方には面白い洋服に映るのではないでしょうか。


昔からプルオーバータイプは不便な部分も勿論あるのですが、被りにしか出せない表情が何とも言えず好み。
ASEEDONCLÖUDらしい細かなタック使いや、ポケットを完備している点、風よけの袖リブなど作り込みは
申し分ないですし、生地もガチガチのウールではないので手に取り易いというのも大切な要素。
ヘヴィーデューティーなウールも昔は好んで着ていましたが、今は軽くて動きやすい素材に心惹かれます。
アウターとして考えると真冬は流石に厳しいですが、真冬のコートの繋ぎの役割を果たしてくれる存在になりそうです。
冬用のコートはお持ちの方が大半だと思いますので、気温の変化が大きい季節に服装のバリエーションを増やす
役割として男性・女性問わずに提案したいウール素材のスモッグです。


ドレス・フード共にコレクションブランドならではのアイテムですが、日常と非日常とのバランスを保ちながら
提案しているブランドらしい洋服だと思っています。毎日袖を通したくなる洋服も大切ですが、気持ちが高揚したり
着合わせを妄想するような感性を揺さぶられる服装も取り入れると、また違う日常の景色が見えてくると思います。
色々な服装を楽しめる季節だからこそ、新しい感覚を手に入れられる洋服は如何でしょうか。

PageTOP