3月27日


ASEEDONCLOUD  SEEDING PANTS

color       INDIGO

price       30000+tax

SIZE       M  

朝から春の陽射しが注ぎ、ただ外に出てじっとしているだけでも気持ちが良い。
今日も早起きに成功をしたので、いつもより1時間くらい早く家を出て中津川の遊歩道を散歩。
まだ冷たい川の水に触れてみたり、魚が釣れそうな場所を探したり、先日は閉まっていたパン屋さんにも
立ち寄ることが出来、お店に戻ってゆっくりと朝食を楽しみました。
わずかな時間でも、朝の澄んだ空気の中で深呼吸するのはとても気持ちが良かったです。
身体も室内も空気の入れ替えは大事ですね。今は一人一人の意識と行動がためされるときかと思います。
どんな状況下でも、柔軟な心で人の為になる事を考えて健やかに過ごす工夫をしたいものです。

ASEEDONCLOUDから届いた、野良着をモチーフにしたウエストを紐でアジャストして穿くパンツ。
今シーズンの物語の中に出てくる主人公が、種を蒔く時に穿いていたであろうパンツをイメージして作製。
左右非対称になるアシンメトリーなデザイン、裾の釦で大きく変わるシルエット、ダブル二―の仕様など
コレクションブランドに相応しいクリエイティブな発想と作り込みとがマッチした1本。
素材は2種類をセレクトしINDIGOはコットン67%×ナイロン33%・BROWNはコットン100%
どちらも其々に生地の特徴があって全く雰囲気の異なる素材感になりますので、穿き比べて頂きたいです。


フロントはスナップ釦とZIPが付いていて、上から被せる様にして紐を結ぶと左右が非対称になるアシンメトリーな
バランスに納まります。展示会で見た時に最初は難しいかなと思っていたのですが、試着をしてみるとデザイン性を
そこまで感じる事がなくて、いつも穿いているようなイージーパンツと同様の気持ちで穿けると思いました。
素材もはピュアインディゴでロープ染色を施したコットンナイロンをワッシャー加工する事で、パンツに立体感をプラス。
薄手ですがしっかりと張りのある素材感で夏場まで涼しく穿ける事も選んだ理由。
パンツを主役にして白やグレーの半袖カットソーを1枚着て、麦藁帽子を被ってシンプルに合わせるのもお勧めです。


バックポケットは1つで、裾に付いたスナップ釦でシルエットの調整が可能。
軍物に見かける様なオーバーパンツにも似た雰囲気で、良い意味で野暮ったさを削ぎ落してファッションとして
落とし込まれている所が、とても好みです。


アジャスターを留めずに穿くと、裾口までストンと落ちるシルエットで丈の長さはほぼフルレングスになります。
もし長さが気になる方は一折して穿くのも良いと思います。生地が軽いので折り返しても裾に重たさが出ないですし
サンダルなどを合わせて足首を見せる事で軽さを出していくのもお勧めです。
※身長178cmがウエストでしっかりと合わせて、着丈の長さはジャストになります。


お尻回りはフラットな作りで、ワイドなシルエットですがすっきりとした印象を受けます。
個人的には立体的な作りのパンツよりも、どちらかと言えば直線的なざっくりとしたものが好みで
サイズを上げたりしながら調整をして落しどころを見つけるのが良いなと思っています。
SEEDING PANTSもウエストは大き目に感じるのですが、ウエストをぎゅっと絞って穿く事で自分が
イメージするシルエットになるので、固定概念に囚われずに挑戦をして頂きたいです。


裾に付いた釦を留めると、テーパードをしたラインに代わり印象が異なって見えると思います。
自転車に乗る際にも役立ちそうですし、着こなしの気分によって使い分けをして頂きたいです。

ASEEDONCLOUD  SEEDING PANTS

color       BROWN

price       27000+tax

SIZE       S    /    M  


素材違いでコットン100%の雰囲気抜群の杢調のブラウン生地も選びました。
ムラ糸を用いる事で浮き出てくるような表情になり、穿き込む程でより生地に風合いが増してきます。
中肉よりも少し薄手のしっかりと張りのある生地感で、今時期くらいから夏場まで活躍するのではないでしょうか。


色目が薄くなった分、太腿から膝にかけてのダブル二―の仕様がはっきりと見えています。
単純に穿いているだけで気分が高揚しそうなパンツで、ベーシックなパンツをある程度の本数をお持ちの方には
少しエッジの利いたアイテムもお勧めです。プレーンなパンツの穿き方が上手くなるきっかけにもなるでしょうし
なによりも気持ちの部分で、穿きこなす楽しみがあります。


ASEEDONCLOUDが作り出す世界観にはいつも圧倒されてしまうのですが、1つ1つを良く見てみると日常着としての
機能性や汎用性、単品で見れば案外溶け込み易いアイテムだったと気づかされたりして感覚や感性の部分で
とても刺激を受けます。僕らがセレクトする基準にもなっている中津川沿いを散歩していても、景色にマッチする
装いという部分にも合致したパンツだと思っています。最近は男性が積極的に取り入れてくださるのは嬉しい事で
性別や年齢などは一切関係なく、1つの洋服としてフラットに見て頂きたいです。

3月19日


ASEEDONCLOUD  peasant dress

color    Off White

price    45000+tax

SIZE    F 


昨日の店休日は、所用をすませるのに街中までゆっくりと遠回りして川沿いを歩いてみました。
雪解けの水が混ざり薄っすら緑がかった川を眺めたり、せせらぎに耳を澄ますと何とも心が落ち着きますし
小競り合いしているカモと、獲物に狙いを定める孤高なサギなど、ついついじーっと見入ってしまいますね。
散歩から家に戻って一休みすると、片方は勢いづいたのか更に走りに行きました。春の目覚め。
少しずつ山菜などもお店に並び始め、目や口にも春を感じられるといっそう力が漲る感じがします。
気温の乱高下に負けず、元気に残りの3月を過ごしていけますように。

暖かな日差しに背中を押され、明日は春分の日で祝日だと知ったので心弾むワンピースをこの辺で。
ASEEDONCLOUDが展開するcollectionの中で密かに楽しみにしている、プリントアイテム。
今までもブラウスやビッグワンピース、ハンカチやスカーフなどのグッズでご提案させていただき、
モチーフに描かれている花や鳥のこと、プリントの中に密かに散りばめられた物語や遊び心について
お客様と話す時間は、何とも言えず幸せな気持ちになるのでした。


今回は花のモチーフがしっかり堪能できるように、布面積の広い”peasant dress”という名前の
ワンピースをセレクト。
形は過去にも何度か店頭に並んだ定番のブラウスを、ドレス型にアップデートしたものになります。
個人的にもとても好みな袖の形や、前と後ろどちらで結んでもそれぞれに良さが生まれる両サイドの紐。
元々の丁度良い塩梅の甘さ加減はそのままで、ディテールに大きな変更はありませんが、着丈が長くなり
前開きの仕様になっていることで、組み合わせ次第で見え方にも広がりが出せる様になったと思います。
そこまでかっちりとしたドレスという事でもなく、はじめはドキドキして少しだけ背筋は伸びつつも
内面はニヤニヤと自分の好きが勝って堪らないという気分で、遠慮なく着て頂けたらなという気持ちです。


首元に襟が在ることで、着た際の印象がただ可愛いだけではなく、程よくきゅっと引き締まります。
サイドに配されたリボンはそのまま垂らしておいても良いですし、軽く前か後ろで結ぶと高い位置で
ウェストマークされるので、シルエットにもメリハリが生まれます。
後ろに結ぶと正面から見た時には身頃がすっきり見えますし、背中と腰の間ぐらいに自然とギャザーが
寄せられたようになり、自分では見えないけれどバックスタイルの素敵度合が勝手に増すのでぜひお試し下さい。


過去にリリースされた花モチーフはどちらかと言えば、誰でもパッと名前が分かる知られた花であったり
お花屋さんに並ぶ華やかな観賞用の植物でした。
それはそれでとても美しくて、見る人を楽しませてくれる柄だったと感じています。
ただ今回は本当に自分が綺麗だと思う花は何だろうと考えた時に思い浮かんだのが、小さい頃に日常の景色の中で
目にしていた道草達ではということに想いが至ったことから、今回のプリントのモチーフの中には様々な花以外にも、
道草や種、草の根っこなどなど、訳120種類ほどの押し花を一枚の絵の中に集めたことで、植物全ての美しさが
ぎゅっと詰まったプリント柄に仕上がっていると思います。
店頭に並べて直ぐに見てくださった方が「今まで見た花柄の中で一番好き!」だと大絶賛して頂けたのは
とても嬉しいことでした。


左肩に配された大き目の葉(分からなかったので調べたらオキザリスの葉でしょうか?)がとても素敵です。
下生地はさらりとした肌当たりに、なめらかさが含まれるコットンシルクの混紡糸を使用しています。
プリントはシルクを得意とする京都の染色工場にお願いしたことで、シルクのふっくらとした風合いを残しつつ
たくさんの植物の絶妙な色合いを、強すぎず且つ繊細に表現されています。
釦を留めてリボンも結び、きちんとした着方を楽しむのも良いとおもいますし、さらりとTシャツに羽織って
ボトムにはデニムを合わせてカジュアルな着こなしもお勧めです。
春が来る前に、目に焼き付いてしまった方はぜひお早めに。ご来店お待ちしております。

11月11日


ASEEDONCLOUD  Collarless Coat

color    DARK GREEN

price    55000+tax

SIZE    M SOLD   


ASEEDONCLOUDより届いた”collarless Coat”は、今年の春に開催した2019AW COLLECTION受注会でも
とても好評いただいたモデル。
今季ブランドが10周年を迎えた節目とも言える19AWコレクションには、過去のコレクションから再構築して
ラインナップされたモデルが幾つかあって、このコートに関しては私たちが初めて訪れたASEEDONCLOUDの
展示会にてひと目で心奪われた藍染ダブルのコートが原型となっており、とても想い入れのあるモデルでもあります。
またそれとは雰囲気を変えて登場したCollarless Coatですが、やはりぐっとツボにくるデザインである事には
変わりなく・・・どれだけ自分の好みが年齢や体型などと共に変わったと思っても、根っこ?の部分で
好きだなだと思うものというのは、いつまでも好きなのだなということの再確認でもありました。

そんなコートでありますが、秋冬の気分を高めるウールでそしてヘリンボーンの生地がまた心を擽るのです。
Earth Herringboneと名の付いた温かみを感じる英国 「MOON社」生地を採用しており、色は二色展開で
茶系のアースカラーを軸に他数色ミックスされた色の奥行きを感じさせる配色でした。
ベージュ・ダークグリーンのどちらのカラーも渋くて素敵で、迷いに迷った結果トーンがより落ち着いた
ダークグリーンをrasikuではセレクト。何処となくおじいちゃんのジャケットをイメージさせるような
カサっと枯れた中にも深みのある紳士的な色のコート。
防寒着というよりも、綺麗目な装いに合わせる羽織物であったり屋内にいる時のカーディガン的な役割を
担ってくれる一着になると思います。


深めなVのネックラインに前合わせはダブルで、着丈はやや長めのコート丈。
サイズはあえて大きい方にMサイズを選びました。
元々ラグランスリーブなので肩回りの動きは非常に楽で、着る人の身体に馴染む仕様ではありますが
コートとして着ることを考えた時に、ある程度中に着るものも制限されずに羽織れるのが良いなと思うのと
シルエットがとても綺麗で、着心地はゆったり目でも釦を留めて着た際に身頃がすっきり見えたのもポイント。
モデル身長166cmで膝が隠れるぐらいの丈なので身長の高い方にもお勧めですが、ひざ下から足首が覗くぐらいの
着丈でも、そこまで横に大きくならずにストンとした縦シルエットが見た目にも可愛いなと思いますので、
小柄な方にも試していただけたら嬉しいです。


深めのVネック・・・コートでこのネックラインはあまり率先して選ぶことの無い形ではあるのですが
着てみると不思議と違和感が無く、むしろ普段着ているシャツやカットソーに合わせるだけでも
首元のラインの綺麗さが際立ち、大人っぽくなるというか、さり気なくドレスアップした気持ちに。
写真ではスカーフ付きのワンピースを合わせてみました。(同じくASEEDONCLOUDなので当然ですが相性◎)
スタンドカラーやフリルカラーなどなど襟元に特徴のある服と合わせるとよりデザインが映えるコートなので
ベーシックなアイテム以外にもう一歩踏み込んで、今までは選ばなかったような服にもトライしてみたくなる
そんな気持ちがむくむくと掻き立てられると思います。
衿元がすっきりしている分、ハイゲージのタートルなどにぽつっとシンプルなネックレスなどを付ける。
それだけでもきっと美しいだろうなと思います。


手がすっぽり隠れてしまうくらい、少し大き目なポケットが両サイドに配してあり
フロントのダブルの顔とも言える釦には、同じ生地の包みボタンを。
近くで見てみるとヘリンボーンの織柄が美しく、またところどころ薄っすらと緑色の綺麗な色糸が見えます。
遠目からでは気付かない様な柔らかで奥行きのある生地の表情や質感は、画面上で伝えられることは僅かですが
ぜひ想像を膨らませて、実際に見てみたい着てみたいと思っていただけたら嬉しいです。


前よりも後ろ側はよりコートとしての印象を強くさせたデザインに。
ヨークやベルト位置の切り替えや、インバーテッドプリーツなどコートならではのディティールを最小限
取り入れる事で、重厚になり過ぎず且つコートが醸し出す機能美や存在感を消してしまわないように、
絶妙な匙加減で表現されています。
こういったデザインの巧さもASEEDONCLOUDの服の魅力。
自分達の選ぶアイテムがどちらかと言うとレディスでのセレクトがで多かったこともありますが
最近は女性のお客様に限らず男性の方が見たり触れて下さることも場面も多く、基本的にユニセックスで展開している
ブランドなので少しずつゆっくりでも性別も年代も問わずに何気なく目に留まり、良いなと思って選んで下さる方が
一人ずつでも増えたら嬉しいです。


裏地は無く一重なので、はじめに記したように防寒着というよりもその時の気分や気候、服装によって
使い分けて着て頂くようなコートになります。
そこまで厚手のコートを必要としない時や、ほんの少しきちんとした装いが必要な場に行ったり人と逢う時などなど。
カジュアルな服装から特別な日の服装まで幅広くカバー出来る1枚になるのではないでしょうか。
厄除けの意味を持つ背守りの「花の刺繍」も10周年ならではの特別な仕様です。
身も心もどちらも温かく包まれるASEEDONCLOUDのコートを是非お試しいただければと思います。

11月4日


ASEEDONCLOUD  FORMAL SHIRTS

color    BEIGE

price    24000+tax

SIZE    S    /    M


毎朝通る通勤途中のあちらこちらの木々の色付いた落ち葉が舞い落ちて、人も自然も秋から冬への身支度を
少しずつ着実に整えているように映りました。蛇口から出てくる水がいつも以上に冷たく感じて、その水で顔を洗うと
ぱっと目と肌が引き締まる様な感覚になり、冬らしさを感じる出来事が1つ1つと増えてきたように思います。

ASEEDONCLOUDのコレクションラインから届いた、カジュアルで着れるセットアップをご紹介致します。
細畝のコーディロイ素材を用いたシャツジャケットと裾に掛けて綺麗なテーパードしたシルエットの3タックパンツ。
ジャケット・パンツどちらも堅苦しさが無くてラフに着れるのですが、たまには気分を変えてカジュアルな素材を
セットアップで合わせる事によって、着こなしに変化を付けられるのが新鮮さもあって良いなと思いました。
生地感は中肉でジャケットとしてではなくインナー使いでシャツとして着る事も可能。
自分自身にも当てはまる事なのですが、ワードローブの隙間を埋めてくれる様なアイテムは後回しにしがちで
着易さや使い回しの良いものをついつい手にしてしまいます。
ある程度ベーシックなお洋服が揃ってくると、どうしても着こなしが単調になってしまいがち。
そんな時にデザイン・色・素材感など、少し癖のあるものなどを一緒に組み合わせてみると今まで手にしてきた
ベーシックなアイテムが更に活かせる事が多くあるので、もしお手持ちの服が最近どうもしっくりこないなぁ
など感じる方には、普段だったら手にしないかもしれないアイテムに目を向けてみるというのもひとつですよ。
「何を着るか」ではなく「どう着るか」がとても重要です。


シャツジャケットの一番の特徴とも言える「ラペル」を設けたデザイン。
胸ポケットなどのディティールは一切なくプレーンな表情に映ります。
肩に細かなギャザーを入れる事でジャケットの立体感と可動域を確保し、より日常着として着用し易い様
デザイン・着心地の両面で軽やかな印象に仕上げてあります。
フロントは4つの釦が等間隔で並びます。
小振りですがノッチドラペルを採用する事で、極端にカジュアルに振り過ぎず、着合わせ方次第では
しっかりと畏まった雰囲気の着こなしも可能です。


サイドは深めにスリットを入れて、前丈と後丈の長さに差を付けています。
写真の様にボタンダウンシャツでも良いですし、首元をすっきりとバンドカラーなども好相性に感じます。


僕自身も普段は堅苦しい服装はしないのですが、人と逢う日や気分を引き締めたいと思う日はジャケットを羽織ると
それはそれで気持ちが良かったりします。ラフな日もあればある程度きちんとしたものを身に纏いたい日もあって
使い分けが出来るようになってくると、洋服の面白さや着こなしの幅が大きく広がってくると思います。
無理をしたり背伸びをするという意味ではなく、自分にとって心地良くいられたり感じられる事を1つずつ増やしていくと
いつの間にか服装にもその人らしさが滲み出てくるのではないでしょうか。

ASEEDONCLOUD  FORMAL TROUSERS

color    BEIGE

price    25000+tax

SIZE    S    /    M SOLD


同素材で作製された3タック入りパンツは、お尻回りとワタリ幅は大きめに設定し膝から裾にかけてきつく
テーパードをしたシルエット。ASEEDONCLOUDのパンツは、身体のラインに合わせてふっくらとさせる部分と
引き締めてルーズになり過ぎない絶妙なバランスで作られている印象があります。
性別に関係なくユニセックスで着用が出来ますので、あえて女性がゆったりのサイズ感でウエストを絞って
合わせるのも素敵だと思います。


フロントに綺麗に入った3タックが在る事で、きつくテーパードをしたラインにも無理なく納まりが良く感じます。
冬場は裾の細さを活かしてハイカットタイプのブーツなどを組み合わせるのもお勧めです。


コレクションブランドならではの創造性を掻き立てられるASEEDONCLOUDの洋服。
日常と非日常を自由に行き来するような豊かな感性と表現力、そして程よい緊張感。
僕自身も毎シーズン何かしらのアイテムを購入し着用していますが、普段何気なく穿いている様なジーンズやチノパンに
さらりと合わせるだけでスパイスが利いてしっくりとくる感覚があります。
見方によっては個性的で着難さを感じる洋服に映るかもしれませんが、古着からドレスまで幅広いジャンルの洋服に
精通しているデザイナーだからこそ、ブランドが放つ色はまるでグラデーションの様に鮮やかで美しく、
時にハッとさせられたり、ドキドキしたりと着る人自身の心を動かすような魅力が詰まっています。
シャツジャケット、パンツ其々でも、もしくはセットアップでも気になって下さった方に届くと良いなと思います。

10月19日


ASEEDONCLOUD   Formal Shirt 

color     OFF WHITE

price     33000+TAX

SIZE      XS

二週に渡っての強い雨。今朝は盛岡も朝からずっと降り続いていて、街も雨に包まれている様な空気感です。
台風で被災した地域では復旧作業も片付けも、まだまだ時間と様々な支援・心身のケアが必要な時だと思います。
どうかどうか、これ以上被害が広がらないことを願うばかりです。
体調を崩しやすい気候でもありますので、みなさま暖かくしてゆっくりとお休みをお過ごしくださいね。

春の受注会でオーダーしていただいたASEEDONCLOUDの服も、概ねお客様へとお届けすることが出来ました。
早速着ていただいている方もいらっしゃり、待ちに待った服を楽しんでくださっている事が何より嬉しいです。
店頭にはrasikuでオーダーしたアイテムも並んでおります。
受注会期間中にお運びくださった方でも、案外気付かなかった?モデルがあったりもしますし、丁度気分的にも
着たいと思える服が届いていますので、お客様にはぜひぜひそちらの方もご覧いただけたらと思います。


ジャケットとシャツの間に位置する様な”Formal Shirt”
程よく余裕のあるボックス型のシルエットは肩肘張らずに着られて、それでいてどこかクラシカルで
落ち着いた印象の生地とのバランスが絶妙で、着方によってオンとオフの両方で楽しめる一枚。
ASEEDONCLOUDのシャツやジャケットは過去のCOLLECTIONを振り返っても、作りの良さには際立つものがあって
デザインとしての美しい部分と、日常着として着る人にとっての手に取り易さがちゃんと地続きになっている所が
とにかく素晴らしいなと毎回思いますし、決してカジュアルに振り過ぎず生地やボタン、タックの入れ方などの
節々に繊細さや美意識が感じられて、性別問わずに気付かぬうちに魅了されているお客様がいらっしゃたりと
rasikuでも根強く支持され続けているブランドになります。、


首元のラペルはジャケットに用いられるノッチドラペルを極端に小さくした形状。
オープンカラーシャツの様にも見える、シャツとジャケット両方のディティールを組み合わせた仕上がりです。
その分インナーには、薄手のカットソーやタートルも合いますしバンドカラーやフリルなどの少し首が覆われる
タイプのシャツなどを合わせて、ざっとラフに羽織るのも素敵だと思います。
袖口はボタンが2つ付き、カフスの調整が可能で、細かな点もしっかりとした作り込みがされています。
デザイナーの物作りのコンセプトの1つに、年月が経っていつの日か古着屋さんが見てセレクトされるような
新しい古着を作りたいという想いがあり、消費される服ではなく、人と長く付き合っていく服という視点が
しっかりと表現された一着だなとも思います。


両サイドはスリットが深く入り、前丈と後ろ丈で大きく差をつけています。
カッティングも曲線的ではなく直線的な所謂ボックス型で、身頃などにも絞りが殆ど入らないので
身体に沿うようなバランスではなく、ストンと落ちるような潔いシルエットを構築しています。
女性が羽織る事によって、より生地のドレープが綺麗に出るので気軽に羽織る事の出来るジャケットと
思って挑戦して頂きたいです。


ツイード生地ならではの温もりと、懐かしさの中にも新しさを感じさせる配色になっています。
真っ白ではない白をベースに、黒と茶と差し色になっている水色がポイント。
サイズはXSのみの展開になりますが、全体的に空間があってかほっと着れるシルエットですので
ある程度体型問わずに着ていただけるシャツジャケットになります。
色合わせも明るい色からトーンの落ち着いた色まで、どちらに合わせてもバランスのよい色合いなので
ウール地のシンプルなひざ丈スカートやプリーツスカートに、足元はメンズライクな革靴やミドルブーツ
などなど、秋から冬にかけての装いに彩を添えてくれるようなASEEDONCLOUDの服と共に
この季節をお楽しみ頂けたらと思います。

PageTOP