9月8日


ASEEDONCLOUD  HW COLLARLESS SHIRTS

color     ストライプ

price     19000+TAX

SIZE       XS    /    S    /    M    /    L


今日は朝から台風の影響か気温も30℃を越えるムシムシとした気候。
気圧が低いせいで頭の中と身体全体が重く感じますが、リンゴや桃などフレッシュな果物を身体に摂取して
自分なりに心身を解しながら1日をゆっくりと過ごそうと思っています。

rasikuでは今年の4月上旬頃の肌寒さが残る季節に”ASEEDONCLOUD”の秋冬商品の受注会を開催させて頂きました。
その受注会でも人気の高かった”Handwerker”のシャツとワイドトラウザーが届いています。
ASEEDONCLOUDはデザイナー自らが物語を紡ぎ、物語に合わせた洋服を作る”COLLECTION”のラインと
それとは別にドイツ語で職人を意味する”Handwerker”と呼ばれるワークウェアを主として作り続けるラインの
異なる2つのコレクションを提案をし続けています。
今シーズンは生デニム(洗いの掛かっていない)が、久し振りに新鮮な表情に感じて迫力のあるシルエットが
特徴のワイドトラウザーをセレクトし、シャツはチェンジカラーをイメージして首元がすっきりとしたデザインの
バンドカラータイプを、色の配色がクラシカルなストライプの生地でオーダーしました。
どちらもフルサイズでの展開ですので、男性・女性の性別に関係なく選んで頂けたら嬉しいです。


前丈が短く後ろ丈が長く設定をした、良い意味でどこか昔ながらの雰囲気を纏った”HW COLLARLESS SHIRTS”
一切の飾り気のないデザインで、大き目の釦、左の裾に縫い付けられた緑×茶の紙タグが唯一目を引くポイントです。
実際に自分自身でも生地違いで2枚ほど着用をしていますが、作り自体はシャツらしいシャツだと思うのですが
肩肘を張って着る様な感覚ではなく、カットソーを着るくらいリラックスして袖を通す事が出来ています。
襟のデザインがクルーネックに近い点と、肩周りの可動域を確保する為に細かく入ったギャザーがストレスを
軽減させる役割を果たしてくれているからだと思います。


毎シーズン生地を変更しながら同じカタチをリリースしているのですが、今シーズン選んだ生地は表面がつるりとした
コットン100%のブロード素材。赤と茶のストライプが交互に入る洗いざらしでカジュアルにも、着方によっては
プレスをして綺麗目にも着れる、振り幅のある生地だと思います。
背筋が伸びる様なジャケットのインナーとしてもお勧めですし、ブロード生地の滑りの良さを利用してスモッグであったり
セーターなどを重ねて着る際にも重宝するシャツです。
マニッシュな雰囲気のシャツをお探しの女性には、特にお勧めしたい1枚でXSサイズに関しては小柄な方にも合う
サイズ感だと思いますので、お試し頂ければ嬉しいです。

ASEEDONCLOUD  HW WIDE TROUSERS

color     デニム

price     24000+TAX

SIZE       XS    /    S    /    M    


生のデニムを用いたワイドトラウザーは、曲線的なパターンで作製され膨らみと絞りでメリハリを持たせて
シルエットの構成を前側ではなく後側にパターンを振っていて、特に洋服が好きな方を虜にしている1本です。
太いパンツを普段あまり穿きなれていない方にとっては難しく感じてしまうかもしれませんが、ある程度慣れて
いらっしゃる方には、一度挑戦をして頂きたいお勧めのパンツです。
生デニムなので写真では膨らみが強調されていますが、穿き込んで生地がこなれてくると動きの大きい箇所には
シワが入り表情にも立体感が生まれて、全く別物というくらいな雰囲気に変化をしてくると思います。
僕らも同じカタチの備前一号の生地(学校の制服に使われるくらいの硬くて丈夫な生地)を愛用していますが
穿き始めから比べると、太さであったり穿き難さは皆無と言って良いくらいに変化をしています。


ワタリの幅や裾の幅に比べて、ウエストはかなり絞っている印象を受けます。
フロントにワンタックを入れる事で横の広がりを抑えて、縦のシルエットを作り出しています。
きっちりとウエストでベルトでマークをするかシンチバックを絞って穿くのがお勧め。
ワタリから裾にかけては緩やかにテーパードさせていますが、それでも裾にはかなりのボリュームがあるので
靴が被さるくらいに長さがある場合には裾をしっかりと詰めて穿くのが◎です。
折り返し幅も4CMに設定しているのでロールアップは正直難しく感じますし、裾の長さが綺麗に収まる事によって
パンツの見え方も大きく変わるので、ワイドなパンツをより一層引き立たせる着方をお勧めします。


シャツと同様にパンツにも紙タグが付きます。勿論お洗濯をしても全く問題ありません。


バックスタイルに特徴を持たせた”HW WIDE TROUSERS”ですが、ベイカーポケットの様なカタチの大きめに設定をした
ツールポケットが左右に付きます。デザインとしての一面も持たせていると思いますが、それ以上に機能的なポケットで
モノを入れたり出したりする際の動作がスムーズに出来て、実際に使う事を想定して作られている事が良く分かります。
何年後か、何十年後かにヴィンテージの古着屋さんなどに並んでいたら良いなという想いも持ち合わせながら、
ファッションという側面と使い続けるワークウェアとしての一面の2つのバランスを考えながら物作りに取り組んでいます。
表側には見えない部分への作り込みの良さであったり、日常着として着れるデザインと機能性の部分との組み合わせ方など
着れば着る程に良く考え抜かれた洋服だと思わせてくれます。
“Handwerker”の洋服は性別や年齢などに関係なくフラットに着れると思いますので、是非一度袖を通して頂きたいです。

6月6日


ASEEDONCLOUD  Oykotoen Blouse

color      オフ

price      28000+TAX

SIZE      F SOLD


ASEEDONCLOUDの19AW COLLECTIONの受注販売会を行ったのが4月のこと。
その時は秋冬のコレクションがずらりと並んでいてもイメージが掴みやすいような気候で
まだ微かに冬の名残があった盛岡でしたが、ふた月経過した今はすっかりというかしっかり夏になりました。
昨日は熱気を鎮める雨を待ちわびていましたが、はげしい雷雨だったのは昨夜の一瞬で、今日も幾らか気温は
下がりましたが湿度を感じる暑さに包まれています。
ASEEDONCLOUDの春夏コレクションの中でも、この柄は夏に着たいー!と思って選んだのがHPのTOP画面にも
載せていた、様々な木々の枝葉を散らした迷彩柄のシリーズ。
同素材でワンピース・スカート・シャツ・ブラウスとオーダーしましたが、ブラウス以外は嬉しいことに
すべて完売となりました。ASEEDONCLOUDが手掛けるプリントシリーズは、まさに一期一会。
その日はじめてその服に出逢った方の心を擽って虜にしてしまう素敵なプリントは、毎回そのシーズン限りなので
いつかのあの柄が気になる・・・となっても、よっぽどのことが無ければ二度と出会う機会はありません。
もし、このBLOGでぐらっときた方がいましたらお早めにご来店くださいませ。


今季の19SS COLLECTIONのテーマでもある 「老異苑 (オイコトエン)」が商品名にもなっている
″Oykotoen Blouse″
変わり者の主人公が収集した珍品を販売する相手である貴族の服をイメージして作られたブラウスは、
衿をスタンドカラーにしたり、ピンタックが美しく装飾されていたり、裾にリボンが付いていたりと
全体のデザインも砕け過ぎずにどこか上品さを漂わせる印象に仕上げています。
フロントには釦が三つ。
フルオープンではなくプルオーバータイプのブラウスで、シルエットは身幅にゆったりと余裕をもたせ
着丈は長さを抑えたボックス型。
裾は広くスクエアのままで着るとヒラヒラっと動きが出て優雅なリゾートスタイルにも合いますし
裾に通った紐を絞るとぎゅーっと巾着の様にギャザーが寄ってカジュアルな着こなしにも合わせられます。
シルエットを変えて着られると、スカートやパンツ、ワイドパンツなど様々なテイストのボトムに組み合わせる
ことができ、着こなしにもバリエーションが生まれて、どう着ようか考えるのがとても楽しくなります。


素材はコットン48%レーヨン47%シルク5%の混合素材。
適度にしっかりとした感触も残しつつ、スルスルっとした肌触りの良さと綺麗な落ち感のバランスが相まって
カジュアルながらも、すっと姿勢が伸びるような清々しさも感じられる生地感です。
プリントにも少し触れますと、ポイントなのは主人公をイメージとも重なった白樺の木が背景になっていて
その白樺を取り巻くような形でケルト人の魔法の暦ともなっている木々(七竈、トネリコ、ハリエニシダ・・他)
の葉を描くことで、ある種魔除けの役目にもなるようなオリジナリティに富んだ迷彩柄に仕上げています。
あまりに繊細すぎる生地やデザインですと、日常着として着るには少し躊躇してしまいそうですが、
ASEEDONCLOUDの生地とデザインは画面を通して服だけを見るよりも、実際に触れて着てみた時の方が安心感や
想像よりもすとんと普段着に馴染む感覚があって、それはきっとブランドのコンセプトでもある様々な職業の
ライフスタイルから滲む生活の匂いがエッセンスとしてデザインに含まれることが、着る人が中心にいられる
大切な鍵になっているのだろうなと強く感じています。
軽装になる夏にこそこういったアイテムはチャレンジしやすいと思いますし、季節が巡ってくるたびに
あ!またあの柄の季節がきたなと、ささやかな楽しみにもなるので夏を盛り上げる一枚としてお選びいただけたら
嬉しいなと思います。

ASEEDONCLOUD  Lace Skirt

color      ブリック

price      28000+TAX

SIZE      F


ブラウスに合わせたレースのスカートも、実はASEEDONCLOUDの物で昨年の夏にも展開したモデル。
昨年購入下さった方がコーディネートがとても上手で、素敵な着こなしを見たこともプラスされ
今季は長さを変更して再登場したのを見た瞬間にこれは選ばずにはいられない!と思い全色オーダーしました。
レース編みの可愛さを、上品な色と形にまとめ上げた大人なニットスカート。
素材はコットン100%で、ウエストは総ゴムという気楽な履き心地ながらシルエットがとても綺麗。
レース編みの微かに透けるところも計算済みで同色のペチコートまで付くというのも嬉しいのですが、
ペチコートは気持ち短い設定にして、ひざ下部分は透け感を活かして編地が綺麗に映るようにしているのも
見事だなぁと思います。
透けるのが気になる方はタイツやハイソックスを合わせていただくと、裾のデザインが綺麗に出せますし
季節も春から秋まで着られるので、足元の組み合わせを変えてお楽しみください。

color      ネイビー

SIZE      F


ウエスト位置にギャザーではなくタックを入れる事で、シルエットが膨らまずにストンと裾へと落ちる
綺麗なシルエットがとても好みでした。スカートを選ぶ際はとにかくシルエットを重視。
トップスが短くてもバランスが良く、レースの甘さも控え目なのでラフなTシャツなどもマッチします。
あえて足元をローテクスニーカーにしてもカジュアルになり過ぎないですし、気分を変えて柄の靴下と
ヒールのあるサンダルや革靴などちょっと畏まった服装にも対応の利くスカートは、その季節ごとに
一枚あるときっと重宝しますね。


今年は例年以上に、色や柄を積極的にというか良いなと思ったものであれば躊躇せずに選んだのですが
自分達も驚くほど、ベーシックなカラーよりも綺麗な色目や楽しくなるような柄に反応して下さる方が多く
気分的なこともあるかもしれませんが、そういった要素を取り入れる事で自分が気分よくいられたり、
その人自身が自然体でハッピーに過ごせたりすることが、自分達にとっても大事に思っていることなので
そんな気持ちが少しでも洋服を通じて届けられていたら、とても嬉しいなと思います。


〇現在rasikuが入るビルの外壁工事のため、建物の前方後方の両方に足場が組まれております。
 どちらからも通常通りお店には入れるのですが、ビルの入り口やビルの付近を通られる際は
 くれぐれもご注意いただきますようお願いいたします。
 ご迷惑お掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

ASEEDONCLOUD workpermit 20 mogamibana


本日4月11日(木曜日)から14日(に曜日)までの4日間、ASEEDONCLOUDの秋冬コレクション
″mogamibana″の展示・受注会を行っております。
無事に昨日、設置を終えてサンプルのコレクションがずらりと並んだ空間は、いつもと違う空気が流れていて
今日お店のドアを開けた瞬間に目にする景色が新鮮で、僕たちも色々と試着をしながら1日を過ごしています。
なかなかない機会ですのであれこれと試着をしながらお気に入りの1枚を見つけて頂ければ嬉しいです。
週末の2日間はデザイナーの玉井さんにも店頭に立って頂き、商品の説明や接客などもして頂く予定ですので
お時間がある方は是非足をお運び頂ければと思っております。
COLLECTION・HANDWERKER、2つの異なる世界観。玉井さんの空想から生まれる製品と現実の世界で実際に
ユニフォームの様な役割を果たす洋服、全く違う印象ですが不思議とマッチしてしまうのが感覚的に面白いです。
特にHANDWERKERはユニフォーム的な着こなしが柔らかさもありつつ、でも着れば意外と個性が光る面もあり、
独特だけど何か良いんだよね。という挑戦心も込みで、ある意味フラットな目線で洋服を選べるきっかけにも
なると思いますので、こういった機会にぜひ挑戦して頂きたいです。


ASEEDONCLOUDのブランド名の由来となった玉井さんが幼稚園の時に描いた「くもにのったたね」の絵本も展示。
読んでみると改めて色彩の感覚であったり、ストーリーから感じる創造性など、ASEEDONCLOUDのデザインの面白さや
遊び心を感じる洋服のルーツとなっている事を実感させられます。

 

 


心くすぐるニットアイテムや素敵なスカーフ
定番の靴下に、オリジナルで作ったハンガーや靴ベラといったツールも。

 


ぜひ、お時間合いましたらお運びください。
お待ちしております。

4月9日

workpermit 19 = oycotoen = [ 老異苑 ]

貴族たちをお客に珍品を販売する男がいた

男は世界中をまわり  時には墓を掘り起こす

珍品を探すためなら何でもする

多額の報酬を貰えるが金には無頓着で報酬は全て貧しいものへ与える

そんな「善と悪」が入り交じった変わり者のお話


ASEEDONCLOUD  OYKOTOEN ONE PIECE

color      グレーグリーン

price      36000+TAX

SIZE      FREE


11日(木曜日)からはじまる2019AWコレクションの展示・受注会を控えた″ASEEDONCLOUD″ですが
一昨日のBLOGでご紹介した”HANDWERKER”に並び、今季の春夏コレクションラインも続々と入荷していますので
ぜひそちらも今回のタイミングでご覧になっていただけたらと思います。

″古く異なったものが集まる場所″というキーワードから「老異苑 (オイコトエン)」が今回のコレクションテーマに。
″Kunstkammer″という15世紀から18世紀にかけて、実際にあったヨーロッパの有力貴族や学者・文人の間で作られた
世界の珍品、それも分野問わずに多岐にわたる品々を集めてコレクションされていた博物陳列室。
実在したその博物展示室は驚異の部屋という呼び名で、イタリアからはじまりドイツ語圏へと伝わっていきました。
現在の博物館の前身とも言われるその部屋を元に、「老異苑」のストーリーは構築されていったのです。
さらに掘り進めると、話はデザイナーの玉井さんが上海の街から感じ取ったイメージとアニメ AKIRAの世界観へと
続いていくのですが、この先の話など聞きたい方はぜひ店頭へ。よりしっかり聞きたい方は、ぜひこの週末に。
コレクションが一つの形となるまでに、デザイナーさんがどういった事をしたり見たり、日々を過ごすのかは
私たちも興味深く思っていますが、なかなかゆっくり聞くことが無かったのでこの機会に質問してみたいと思います。


ASEEDONCLOUDの服の面白さだと感じることのひとつは、物語の中に登場する主人公と、
その主人公に関わり合う人々にも生活があって職業があって、それぞれのスタイルやクセだったりが
服装によって表現されていたり、デザインに落とし込まれているところ。
この″Oycotoen one-piece″も、変わり者とされる主人公が収集したものを売る相手となる貴族が着る服を
イメージしたもので、そう聞いてピンとくる・こないは人それぞれ自由に受け取って良い思うのですが、
自分の中に新たな人物像が生まれて動き出すような感覚があって、同時にその服を着た自分が変身できるような
洋服の純粋な醍醐味がそこにあるような気がして、とてもワクワクするのです。


首元はシャツカラーできりっと感を出しつつ、深いネックラインにすることによって
紐で結んだ時と、外した時とで印象も違いますしメリハリが生まれて良いなと思いました。
取り外し可能な紐の細さも、可愛くなり過ぎずさり気なくてどことなく品を感じさせます。
首元のアレンジだけではなく、紐が通してある菊穴にコサージュやピン、襟下にスカーフなど
小物をプラスした着こなしも素敵ではないかなと、イメージが湧いてきます。


全体を通して丸みのある好みのカタチ、シルエットでもあり、要所要所の細かな作りもゾクゾクするのですが
特に気に入っているのは余白満載なボリュームのある袖から、徐々に窄まって少しだけ膨らみを帯びた袖先までの流れ。
この袖の形がとっても良いです。
素材がHEMP×COTTONを使用したシャリシャリっとした涼し気な肌触りなので、インナーはタンクトップ一枚に
ばさりと被って着ていただけたら、夏場も気持ちが良いだろうなと思いますし、生地感にマッチした草木染による
淡いグレーグリーンの珍しい色目も素敵です。
両サイドには深いスリットが入るので、小柄な方であればワンピースとして着ていただけますが
パンツやスカート、ショーツやアウトでも着用できるインナーショーツなどとの重ね着も楽しい一枚です。


襟の後ろ中心部には、釦付きのハンガーループ。
ここに柄や色の綺麗なスカーフなどを通してみたりも良さそうです。顔周りが華やぎます。
また後ろの着丈の方がやや長めの設定になっているので、横から見た際の前後非対称の感じや
スリットから覗くボトムの色・ボリューム感などによってもそれぞれ違った印象に映ると思います。
今シーズンのASEEDONCLOUDのプリントスカートやレーススカートなども入荷しているのですが
それを組み合わせるのも、とても良いな・・・絶対合うと思っています。
気になる方は、ぜひ木曜日からはじまる2019年秋冬コレクション展示・受注会へお運びくださいませ。
コレクションをフルラインナップで見れるというのも、普段なかなか無い機会だと思いますので
ぜひASEEDONCLOUDの世界観を堪能しにいらしてください。

イベントの詳細はこちらのBLOGをご覧くださいませ。→

4月7日


ASEEDONCLOUD  HW COLLARLESS SHIRTS

color      インディゴ

price      21000+TAX

SIZE      XS    /    S    /    M    /    L SOLD


ASEEDONCLOUDはCOLLECTIONのラインと”HANDWERKER”(ハンドベーカー)という全く種類の異なる
2つのラインでブランドを構成。ハンドベーカーはドイツ語で″職人″を表す言葉で、空想の職業から生れる特別な日常着や
ワークウェアを作り続けています。
その中から定番で展開している″HW COLLARLESS SHIRTS″は、シーズン毎に素材を変えながらリリースされていて
今シーズンはしっかりとした厚みのある先染めのインディゴリネンを使用。
着込んでいった際の風合いや経年変化を期待させる生地で、涼しげな印象を与えるのも天然素材のリネンならでは。
所々に細かなダーツを入れながら作られるシャツは、繊細な一面を感じさせつつもワークウェアとしての機能も
合わせ持っていて、袖を通した時の可動域の広さや縫製技術の高さなども感じとって頂けると思います。


前丈は少し短めに後ろ丈を長めに設定、サイドのスリットを深く入れる事で昔ながらのワークシャツのディテールを
踏襲したデザイン。柔らかくなり過ぎずに、綺麗なシャツとも違う仕上がり具合がポイントです。
今回選んだインディゴリネンは、1枚で着た時の存在感がしっかりとあるのでシンプルな服装で合わせるのがベター。
穿きこんだ軍パンやチノパンなどに革靴を合わせると、メリハリがあって全体が程よく馴染む印象があります。
ドレスシャツでもなくカジュアルシャツでもない、どちらでもないバランスが″ASEEDONCLOUD″らしさでもあり
コレクションラインとのギャップも面白味を感じます。


衿元はバンドカラーを採用し、すっきりとした表情に映ります。
紙タグはそのまま付けた状態でもお洗濯出来ますし、気になる方は外して頂いても問題ありません。
自分でも同じデザインの生地違い(コットン)を愛用していますが、ジャケットのインナーで着ても良いですし
ニットベストやセーター類を上から被り、首元のバンドカラーを少しだけ見せる着方が好みだったりします。
色々なシャツに袖を通してきた方にも新鮮なフィッティングに感じると思いますので、これから暖かくなり
シャツ選びをする際に選択肢の1つとしてお勧めです。


シルエットに関しては、身頃はゆったりと幅を持たせていますが着丈を程よく短くすることで
ボックス型とまではいきませんが、全体がすとんと綺麗に落ちるような感覚でスマートな印象に映ります。


今週の11日(木曜日)から始まるASEEDONCLOUDの秋冬商品の受注会。
ハンドベーカーも、フルラインナップで店頭に並ぶので日常着としても作業する際の道具として選ぶというのも
良いかもしれません。実際にASEEDONCLOUDのエプロンを着用してお仕事をして下さっている方もいたりして
その姿を見ているだけで素敵だなぁと自分が着ているわけでもないのに気持ちが上がったりもするので、
洋服がもたらす効果や可能性はまだまだあるなと思っています。
実用性を兼ねた洋服も沢山ありますので、そちらも楽しみにして頂ければと思っています。

今日あたりは日中の気温も上がりそうなので、薄手素材の洋服も気にしてみても良いのではないでしょうか。
何度もリピートして展開をしているシャツですが、今シーズン選んだ生地も素晴らしいです。
是非店頭でご覧になってみてください。

PageTOP