定休日と臨時休業のお知らせ

明日6日(水曜日)は定休日となります。
また、明後日7日(木曜日)は都合により臨時休業とさせていただきます。
直近のお知らせとなってしまい、申し訳ございませんが2連休をつかって
先に控えていることの諸々の準備と、頭の中を整理したりする時間にしようします。

また何やら企みを用意していますので、お楽しみにしていただけると嬉しいです。
それでは、また金曜日よりお待ちしております。

定休日のお知らせ

明日30日(水曜日)は定休日となっております。
11月の営業は今日までで、いよいよ12月ですねー
残り1カ月の2022年、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

INFO

今週末の19日(土)20日(日)に秋田県由利本荘市にアトリエ兼ショップを構える”nieuw”さんへの出張SHOP。
いつも常宿にしている安楽温泉も今回は無事に抑えることが出来て、既に旅行ムードは高まっています。
“nieuw”という場所は、fuuukeiという名で活動をされている家具職人の佐々木貴充さんが
ご自身で作製される家具と雑貨類、そして独自の目線でセレクトしている商品が並ぶ空間。
団地の一室を改装しているということもあって、絶対に知らないと辿り着かない面白さがあります。

今回は仙岩峠に雪が積もらない、真冬に入るギリギリのタイミングということもあり
重衣料・ニット類ファーの付いた暖かいブーツなどをお持ちしようと思います。
盛岡からは最短ルートで大よそ2時間20分で海のある街に到着しますので、魅惑の多い由利本荘市に
行く1つのきっかけにして頂ければ嬉しいですし、その土地が持つポテンシャルの高さをと暖かさを
感じて頂きたいです。

盛岡から由利本荘市までの最短ルート(だと思っています)は以下の道順です。
1.国道46号線をひたすら秋田市方面へ
2.途中で秋田自動車道 協和インターへ(一区間だけ高速料金掛かります)800円位だったはず。
3.秋田自動車道から日本海沿岸東北自動車道へ(ここから無料高速)片道1車線です。
4.大内もしくは本荘インターで降りれば、由利本荘市はもうすぐそこです!!

盛岡から高速料金片道800円で時間は2時間20分前後で到着です。
遠いようで近く、近いようで遠い、由利本荘市へ是非お越しください(笑)

出張SHOPに伴い、今週と来週の営業日に変更がございます。
以下日程になります。

19日(土曜日) nieuwにて出張SHOP 10時30分~17時
20日(日曜日)      ↓     10時30分~16時
21日(月曜日) 臨時休業  商品入れ替えの為
22日(火曜日) 臨時休業  商品入れ替えの為
23日(水曜日) 通常営業  10時30分~17時まで

※23日(水曜日)は通常ですと定休日の為、いつも通りお休みする予定だったのですが
 勤労感謝の日の祝日ということで、お店をオープンします。
 水曜日で休みが重なっていて来れなかったという方や、ちょうど盛岡に行く予定だよー
 という方がいらっしゃいましたら、ご来店をお待ち致しております。
 その前日・前々日の月・火曜日は臨時休業となりますので、
 お間違いないよう、どうぞよろしくお願いいたします。

※尚、お品物に関するお問い合わせへの返信や、通信販売の発送などは
 出張SHOPより戻りましたら順次対応させていただきます。
 ご理解の程、よろしくお願いいたします。

定休日のお知らせ

明日16日(水曜日)は定休日となります。
今週末の由利本荘”nieuw”への出張shopに伴う営業日の変更等は、また改めて告知をさせて頂きます。
明後日17日(木曜日)に10時30分よりお待ち致しております!!

11月14日

MITTAN  BA-11B レイヤードバッグ中 (ベンガラ染)

color    ベンガラ山吹

price    34100-(TAX IN)

SIZE    25×33×25

ほんの少しだけ暖かさも感じられた日曜日、とっぷりと暮れた閉店間際の雨が心地よかったです。
いつもの店内と、店前通路でのcartaさん出張喫茶と1日限定のrasiku店主のフリーマーケットへ
お運びくださったお客様、美味しいコーヒーとチャイを提供してくださったcartaさん、ありがとうございました。
ちなみに今週のcartaさんは、11/20(日曜日)は紺屋町のTシャツ屋さん・6jumbopinsに出店です。
今年最後のアンチック市とのことですので、みなさま早起きしてお出かけくださいね。

昨夜の風で、大銀杏や、その隣の芝生の広場には色鮮やかな落ち葉がたっぷり。
日照時間が短くなると、不思議と着るもののトーンも紺や黒が増えるような気がしていて、
そんなタイミングで見る、落ち葉やまだこの時期でも力強く咲いている花の明るい色目には
ハッとするものがあります。
今の店内で目に留まるMITTANのベンガラ染のバッグもそれと似た感覚を覚えます。
何度か展開したことのあるレイヤードバッグですが、ベンガラ染でオーダーするのは初めてのこと。
今回は、山吹と紅 の二色をご用意しています。サイズはワンハンドルのタイプ(中)になります。

小ぶりなサイズですが底にマチがあって、意外と持ち物がしっかり入れられるレイヤードバッグ。
そして持った時のバッグ自体の軽さに対して、密度の高い生地を重ね合わせた上から
多重ステッチで縫製するこにより強度は増し、またその細やかなステッチがデザインとなり
見た目と実用性のどちらにも偏らずに互いが補い合い、魅力を発している唯一無二のバッグです。
内側にポケットが一つありますが、リバーシブルになっていて内と外が有るようで無い仕様なので
ご自身の使いやすい方にひっくり返して、お使いになってくださいね。
繊維が長い綿糸を用いた高密度なタイプライターは、薄いですがしなやかなハリを感じていただけますし
使い続けていくうちに、表面の毛羽立ちが薄れそして光沢感が増してくる良さも持ち合わせています。

そこまで厚着をしなければギリギリ肩掛けにも出来るくらいの持ち手の長さ。
中の持ち物の塩梅でかたちも変わるでしょうし、貴重品だけを入れてぶら下げるだけでも絵になります。
ベージュとも違うオレンジを薄く淡くしたような、確かな発色があるのだけれど柔らかく明るい山吹。
なかなか見慣れない色ではあるので、服装とのバランスなど初めはイメージが付きにくいと思います。
そんな時は、まずは他をベーシックな色にして組み合わせてみて頂けると、段々とその一箇所に灯った
バッグの色の明るさが心を動かしてくれて、じゃあ次はこの色合わせにしてみようかな・・・と、きっと
イメージが湧いてくるはずです。落ち葉のコントラストを参考にしてみたりするのも良さそうです。

MITTAN  BA-11B レイヤードバッグ中

color    ベンガラ紅

price    34100-(TAX IN)

SIZE    25×33×25

もう一色はベンガラ紅。
ところどころ濃淡のムラがあり綺麗な色ですが発色がというよりも、個人的な感覚ですが
色がじわっと滲んだ様な不均一な淡さが、美しいなと感じます。
持ち手と、側面と底のステッチもそれぞれ異なる針の運び方で、重ねている生地の枚数も違うので
それぞれ手で触れた時の違いも面白いところ。

ベンガラ染めに関しては、天然の顔料を使用して染めています。
色移りや色落ちがどうしてもあるので、出来れば淡い色は避けて濃い色目のお洋服と組み合わせた方が
気にせずにお持ちいただけます。そういった事も含めるとよりコートなどを羽織る機会が俄然多くなり
色目も濃いものが増えるこれからの季節の方が、このバッグと服装の相性がより良いのではとも思います。
また染め直しの対応もMITTANは対応してくださるので、その際はご相談くださいね。

服装に厚みが増す分、どこかしらに軽さが欲しくて冬でもスニーカーをホカホカの中敷を敷いて履いたり
毎年何かしら工夫?細工?をしているのですが、合わせるバッグの素材で変化を出すのも良いですね。
もさもさに水分を含んだ雪が降っている日などは、そこまで無茶な組み合わせはしませんが(笑)
ウールのコートに軽やかな、さらには明るい色目のバッグを持つだけでも、ほんの少しだけ寒さを
乗り越えられそうな・・・気がしないでもないです。
着るものや、日々の持ち物で全てをカバー出来るとは思いませんが、選んでくださった方の心が折れる回数が
少しでも減ったり、ホッカイロのように小さくても温かく励ましのようなものになったら良いなと思いながら
冬の衣服や小物を選んでいるので、ご自身のために気分良く過ごせるものをお探しの際には、ふらっとでも
ぜひお立ち寄りいただければと思います。

今週末rasikuは由利本荘のみつばちさんとの交流試合です。場所は前回と同じ nieuw さんです。
また日が近くなりましたら改めてお知らせいたします。普段なかなか盛岡には出てこれないけれど
由利本荘なら!という秋田のお客様で、もしご覧になりたいものなどBLOGやオンラインショップで
気になったものがありましたら、みつばちさん、もしくはrasikuまでご連絡いただければと思います。
可能な範囲で、ご用意いたします〜。

PageTOP