5月14日

二宮に引っ越しをして、箱根がやけに近い距離にあるのは地図を見て分かっていたつもりでしたが
実際に車を走らせると、想像以上に近くてびっくり。
国府津のインターから西湘バイパスへ入る。海の横を駆け抜けるように走る道路はとにかく気持ちが良い。
海に感動していると、幾つか分かれ道があって、それを通り過ぎると、あっという間に箱根湯本。
箱根湯本の駅は、情緒と風情があって、見ているだけでもワクワクする感じがあり好きな駅の1つ。
箱根にはたくさん思い出があって、大学生の頃に免許を取得すると、先ずはドライブにということで湘南方面へ。
段々と運転に慣れてくると、ちょっと遠出をしようという流れになって箱根に足を延ばしてみようとなる訳です。
友人が一番最初に車を買って。(確かブルーのセダンのカローラ)を走らせたのが何だか懐かしく
その日は天候が悪く、そして寒い。箱根の山道をうねうねと走らせていると雨だったのが雪に変わり始めて。。。
当たり前にスタッドレスタイヤなんて履いている訳もなく。
あそこで強気にならずに途中で折り返して戻ったのは正解だったな。ナイス判断 友人と自分。

以前に温泉好きな方に教えて頂いた温泉を目的に。
いや~最高でした。久し振りに身体の芯まで響いた正真正銘の温泉。
お湯が素晴らしい、そして建物の雰囲気も抜群でした。
少しだけふつうの温泉とはシステムが異なる過ごし方があるので
どんな温泉かは直接お会いした時に。
岩手に住んでいた頃は、休日になると台温泉・網張温泉にしか行っていなかったので
あの時の温泉パワーと同じ、もしくはそれ以上の力をいただきました。

箱根と言えばベタですがやっぱり「大涌谷」でしょう!!
そして名物の黒タマゴ。大涌谷の地熱と火山ガスで作るたまごは見た目は真っ黒。中身はふっくら。
1つ食べると7歳寿命が延びるのは神奈川県民の方なら誰もが知っている常識!?
前回行った時(免許取りたてだから20歳)は7個で450円だったはず。
今回は4個で500円。ここにも物価高の影響が出ておりました。
久し振りに食べたからかもしれませんが、美味しかった~。卵好きだからかもしれませんが。(笑)
免許取りたてで箱根の山道を家族(祖母も遊びに来ていて)を乗せてドライブしたのは良き思い出。
みんな、よく若葉マークな僕に命を預けてくれたなぁ・・・と。
そして祖母は大涌谷にとても感動していて、その姿が可愛かったのが記憶に残っている。

箱根湯本に降りて、散歩することに。
ちょうど良いタイミングで箱根登山鉄道。そして古いバージョン。モハ2系?
可愛い。可愛すぎる。色が良いですよね。古い電車は。
勾配がきついので出山信号場、大平台駅、上大平台信号場で3度のスイッチバックをしながら
終点の強羅駅を目指します。スイッチバックは秋田新幹線だけではないのですよ(笑)
強羅駅からはケーブルカーに乗り、最後はロープウェイを乗り継いで大涌谷にも行くことが可能。
電車の旅も良いだろうなぁと思いつつ、手を振ってお別れ。

箱根湯本の街をぷらぷらしつつ、駅前のルノアールで休憩。
早川を眺めつつ、天気と気候が良かったので、ゆっくりと贅沢な時間を堪能。

最後はロマンスカーと並走しながら、帰路につきました。
実はロマンスカーにはまだ一度も乗ったことがないので、未だに憧れ続けているのはここだけの話。
旅気分も盛り上がるのは間違いなさそうです。
二宮から、あっという間に着く箱根。旅の工程にいれてみるのも面白いのではないでしょうか。
僕はまだ行ってみたい温泉が沢山あるので、少しずつ開拓していこうと思っています。
あぁまた温泉に浸かりたい。。。

4月30日

4月の後半は久し振りにがっつりと体調不良で、完全にダウン。。。
お店と自宅の引っ越しやら、慣れない環境での生活などなど、ここまで駆け抜けてきた分
身体が一度しっかりと休みなさい~と言っているような時間でした。ようやく復調の兆し。

毎日のように通っていた海も山も行けずにいたので、今日はやっと海まで散歩。
波は穏やか。しばらくボーっとしながら、たくさんの釣り人の姿も横目に見るけれど・・・
いつか釣れるところを見てみたいな。。。
身体もリセットされたところで、5月のはじまり。
いよいよ新章が動き出すような気配もしますし、引き続き、焦らずのんびりと
この土地のリズムに合わせて、準備をすすめていこうとおもいます。

明日は友人が自宅に遊びに来るとのこと。
美味しいお菓子を準備して待つことにしよう。

4月16日

先週末(土・日)は二日間ともに天候が良く、桜も満開を過ぎ花吹雪と芽吹きが楽しめる
まさに気持ちの良いお出掛け日和でした。

今回は前々より両親と約束をしていた、なつかしの鎌倉散歩に出掛けることに。
待ち合わせ場所は「北鎌倉駅」
いや~久し振り。この感じこの感じ。(どの感じ)
ホームを降りて反対側に渡るのには、改札を出る前に踏切を越えていかないといけなくて
子供の頃は理由は分からないですが、とても興奮したのを覚えています。
変わらないようで変わっているような、まだ記憶がどこか曖昧。
駅前に鳩サブレでお馴染みの”豊島屋”さんのお店が出来たのは、ここ最近でしょうか?

今回の散歩ルートは、頭の片隅に残っていた家族との恒例行事のを思い出しながら
両親と相談し決めました。
北鎌倉駅をスタート地点にして、この辺りの地域の小学校の遠足と言えば。。。の
『源氏山』でお弁当タイム。(ここが一応本命)
その後は観光名所・銭洗い弁天でお金を洗って、鶴岡八幡宮もしくは別の何かを目指して。
という目的地を完全に決め過ぎない、無理をし過ぎずなルートをということにしました。
前日、登山用に購入していたザックを久しぶりに引っ張り出し。
当日、朝5時起きでお弁当をせっせと作り、山で飲むビールはきっと美味しかろうと思って
500ml×2 と保険に350ml×1 お茶500ml×2を背負って、いざ出発。
姉と姪も加わるとの連絡があり、お弁当は6人前。そしてビール。想像以上の重さにびっくり。
自宅から二宮駅まで歩いたところで、既に登山モード。源氏山まで登り切れるのかな・・・と
修行のような荷物を抱え、第一目的ポイントの源氏山頂上を目指します。

北鎌倉駅から鎌倉駅方面に向かう途中にある踏切の手前に、源氏山に通じる山道があります。
てくてくと舗装された道を歩いて余裕の感じでいく訳ですが、途中から山道に切り替わり。
あれっ、こんなにちゃんとした山道だったっけ???と、幼少期の思い出(約30数年ぶり)を
昨日のことのように言っていた自分が何だかとても恥ずかしい。
記憶が入れ替わっている部分もあるのか、山頂まで2キロの表示をみて、
それ位は余裕だろうと思っていたのが、所々崖っぷちだったりもしてちゃんとした山道に
この荷物・・・結構しんどい。

登り始めて45分。ようやく源氏山山頂に到着。
以前よりも整備が行き届いていて、テーブルやベンチがあったりトイレも奇麗になっていました。
ここで背負っていたお弁当とビールを下ろして、みんなで昼食タイム。
小学校の頃に遠足で、みんなでお弁当を広げたことをなんとなーく思い出しつつ
朝5時に作った韓国ご飯(キンパ・チキン・ホウレンソウのナムルなど)が想像していたよりも
家族に好評だったのがとても嬉しかったな。
父は張り切ってビールを持ってこようとしたようだが、母にストップをかけれていたようで
それを息子が補う構図になって、食事はそこそこにビールを美味しそうに飲んでいました。
重たい荷物を背負ってきた甲斐がありました。

お昼ごはんを済ませて、次の目的地「銭洗い弁天」を目指します。
ここも幼少期に良く両親に連れられて行った場所の1つ。
その当時は歩くのが本当に苦痛で、嫌々ついて行っていたのですが
こうして大人になって訪れると、また見る角度や感じることが違って面白い。

僕は張り切って5000円札を洗いました(笑)
外国人観光客の方も沢山足を運んでいて、お金をザルに入れて湧き水で洗うという光景は
きっと脳裏に焼き付いて、これはこれで良い思い出になりそうだと感じました。
妙にワクワク感を掻き立てる、銭洗い弁天での一通りの参拝を終えると充実感もあり
実際に自分も幼少期の思い出として、ここでの記憶ははっきりと覚えていたので
こういった色褪せない文化は、出来れば継承し続けて欲しいですね。

銭洗い弁天を後にして、次に向かったのは長谷の大仏。あの大仏で有名なところ。
この場所から、大仏ハイキングコースで約2キロ。
再び想像以上の山道を登って下って、約1時間。
途中で逗子の海岸線が見えたり、ロープを使って降りるような急傾斜な箇所があったりで
標高は低いものの、こんなにも近場で自然をダイナミックに感じられたのは新鮮でした。
そして、そんな山道を自力でしっかり歩ける両親の足腰にも驚愕でした。。。

長谷の大仏から鎌倉駅まで歩いて、途中に幾つか気になっていた和菓子屋さんに遭遇。
献上文化のある街は誘惑がいっぱい。お土産に豆大福とわらび餅、どら焼きもあったけど我慢。
人気のクレープ屋さんには姪と一緒に並んで、レモンシュガーをチョイス。お腹いっぱい。
歩いた距離は合計で、約10キロ。
帰りの二宮駅から自宅までは股関節に力が全く入りませんでした。。。
久し振りに家族との想い出を振り返りながら、他愛のない話をして過ごす時間。
ただあまりに古い思い出(30年前)を最近のことのように持ち出すのは、流石に違うなと思いました(笑)
オーバーツーリズムの問題など色々と言われているようですが、鎌倉を久しぶりに歩いてみて
魅力のある街だと改めて感じましたし、所謂の観光名所もちょっとルートを変えてみたり
一本路地を入れば人混みを避けれたりも出来たので、十分に楽しめました。
また季節を変えて行ってみたいなと思います。

4月13日

昨日は展示会の為、東京へ出張。
出張と言っても二宮からだと東京がぐっと近くなったので、出張という言葉が当てはまるのか
どうか不安になりますが・・・いや、東京に来た~!という感じは毎回あるので、出張ですね。
お昼前に待ち合わせをして、吉村さんおすすめの中華料理屋さんへ。

ここ数年で東京のイメージが昔よりもかなりポジティブに変換されてきている。
自分の趣味嗜好が以前よりもはっきりしたことや、色んな方々のおかげもあって
好きなお店を見つけられるようになってきたからだと思う。とてもありがたいし、うれしい。
とても良いお店で、頼んだ”里麺”は美味しかった。今度は定食を食べにこよう。

もう一軒、お勧めしたいパン屋さんがあるとの事でお土産を買いに寄り道。
ここのお店の佇まいも好きだったし、日々坦々と当たり前のことをこなしている感じが良かった。
久々のパン屋さん、ついつい欲張って買い過ぎてしまったな。

コーヒーを飲みたいのリクエストに、幡ヶ谷と言えば。。。のお店へ久し振りに足を運び。
その後、場所を移動して、ここも20代から通っていた古着屋さんへ。
迷ったシャツは一度保留をしたものの、どうしても気になってしまい展示会後に、また逆戻り。
こんな風な買い方をするのは久しぶりだ(笑)
お店に入る際に、どんな表情で入って行けば良いかを迷ったけれど
店員さんが笑顔で迎えてくださったのが何だか嬉しかったな。
今日も今日でとても良い1日だった。

4月11日

桜の季節になりました。先週行ってきた九州(鹿児島・宮崎・熊本)は散り始めていました。
今日は富士山がうっすらと。
自宅でコーヒーを淹れ水筒に忍ばせて、頂上で飲むのとまた格別。
スーパーで買った韓国産のチョコ菓子も、自分達好みでそれも良かった。
吾妻山に向かう際には頂上で何を食べるのかを考える楽しみがある。
ストイックにただ登る日とバランス良く使い分けながら。
帰り道(特に中里口)は個人店の誘惑が沢山あるのも、それもまた良し。

今日は海に潜って何かを獲っている人がいたけど、籠の中には魚らしい影は無かった。
いつか連れている魚を見てみたい。釣りを始めるのも時間の問題かな。
明日は東京へ展示会へ行くので、それはそれでとても楽しみだ。

PageTOP