11月20日


veritecoeur  VC-1598 ショートフリルシャツ

color      BEG (wool/cotton)     /     IND (linen)

price      26000+tax       /     32000+TAX  

SIZE      F

フリルを見つけると堪らず選んでしまうのは、もう本能がそうさせるので仕方がないのです。
veritecoeurでは以前から、コレクションやフォーマルラインの中で、襟や袖にフリルやレースをあしらった
モデルを何度かリリースされていまして、rasikuでも中々無いアイテムだと思いその都度展開していました。
そして、今回も早々に見つけてしまったのです。
フリルもギャザーも申し分のない程ふんだんに、そしてそのデザインに対して生地が見劣りしないかどうか、
という所を気にして見るのですが、生地も二種類で一つはリネン、もう一つはウール×コットンとどちらも
季節によって気持ち良く過ごせそうな素材で、生地・そして色をどれにするか選ぶのがとにかく難しかったです。
どんな組み合わせ方で着たいかを、イメージしながら厳選しました。
まずはショート丈のシャツをご紹介致しますね。


着用しているのはリネン素材で、カラーはインディゴ。もう一色はベージュですが、同色同素材を用いた
チュニックを後の方でご紹介しますので、詳しくはそちらで。
しっかりと厚みがあるリネンはとても柔らかく、そっと生地をなでるとリネン特有のシャリっとした質感が
手に気持ち良くあたります。リネン100%ですが、見た目も実際の着た感じもそこまで寒々しい物でも無く、
現に最近は暖かいインナーがあるので、夏だけに限らずリネンも通年着られる素材になった様に思います。
本音はもう少し早い時期にご紹介した方が良かったなと思うのですが・・・ちょっとのんびり温め過ぎました。笑
先にも書きましたが、生地自体はそこまで薄くないので、インナーにしっかり保温性のあるものを着て、
上からショールカーデやジャケットを重ねたり、もしくはゆったりとしたセーターを被せて襟を覗かせたりも素敵です。
色んな素材で、重ね着を楽しめる方であれば冬のリネンも、きっと暖かく着回していただけると思います。

前開きのシャツはフリルカラーをどう魅せるかがポイントで、フリルをしっかり立たせる場合はTOP釦を留めます。
襟が首元にしっかり添うようになっているので、肩のラインをちょっと前にずらすと、喉の辺りも苦しくなく
釦も留めやすくなります。
釦を留めるとよりクラシックな雰囲気が増しますが、その分フリルがしっかりと強調されとても美しいです。

前から見ても後ろから見ても、贅沢なほどのギャザーが印象的です。
ギャザーによってふっくらと立体的に浮き出るラインとその陰影が、どことなく妖艶な感じもします。
生地によってもそのドレープの具合が異なりますし、リネンもまた着用を繰り返す事で柔らかみが増し、
どんな変化が生まれるのかを見る過程も、きっと着ていて楽しいのではないかなと思います。


同じ素材のショールカーディガンを重ねて、ボトムはしっかりと厚みのあるウールのスカートを合わせました。
インディゴは年中問わず選んでしまう色ですが、着ていると不思議とゆっくりと呼吸が整うような気がします。
感じ方は人それぞれ違うと思いますが、紺とも黒とも違う空気を纏った、引き寄せられる色です。
落ち着いた藍色と花の様なフリルの華やかさが、良いバランスで混ざり合って、柔らかな女性らしい印象の
フリルシャツに仕上がっていると思います。丈の短い分、スカートもパンツもどちらも合わせ易いので、
ボトムのバリエーションが多い方には、シャツタイプがおすすめです。

veritecoeur  VC-1598 ショートフリルチュニック

color      BEG (wool/cotton)     /     IND (linen)

price      32000+tax       /        38000+TAX  

SIZE      F

着丈の長いチュニックタイプも、シャツ同様に二色、それぞれ違った素材で選びました。
着用しているベージュ、素材はウール×コットンをご紹介致します。
雪も舞ってきて、いよいよ冬が来たなと覚悟を決めたこの数日、どうしても手が伸びるのはウール物。
だた冬と言えどもその人の過ごす環境によっては、ウールだと重かったり暑過ぎるという方も少なくないです。
コットンウールの素材の良さは保温性に優れながらも軽くて、そしてウールほどチクチク感が少ないというところ。
着ていてやはりウール100%のものと比べると保温性は劣りますが、着用写真の様にショールを掛けただけでも
十分に暖かく感じます。


リネンともまた違う柔らかな生地感は、そのベージュの色目とも相まってとても優しい空気を纏っています。
ドロップした肩や身頃など、元々ゆったりとしたシルエットですが、ふっくらとした生地と肌の間に余白があり、
着ていてどこにも締め付けの無い着心地に、ふわっと身体が布の膜に包まれている様な気分です。
細やかなフリルもどことなく控えめに、でもしっかりと顔の周りに華やかさを添えています。
やや長めの設定の袖は、袖口がゴムできゅっとすぼむので、少し袖を腕の方にずらすと膨らんでパフスリーブに。
惜しみなく可愛さに拘ったデザインが、着る度に心を擽ります。


veritecoeurの服は、何よりも着ていてドキドキさせられますし、可愛いだけでは無くポケットが付いていたり
袖がまくり易かったり、身体のラインがうまく隠せたりと、実は実用的でデイリーに着る事を想定したデザインが
しっかりと盛り込まれています。
特別な日に着る服という訳でもなく、自分にとってこの服を着る事で一日が嬉しくなったり、楽しくなったり
何処かへ出掛けなくなったり。服を着るという毎日の当たり前の事が、楽しいと思えたらそれだけで幸せだなと思います。
veritecoeurの服が、そんな些細な幸せを運んできてくれる、そんな一着になって貰えたら嬉しいです。

11月19日


TEMBEA   SDG CAP

color      BLACK   

price      6500+tax 

SIZE      2

color      GREY

color      CHARCOAL

color      NAVY

TEMBEAは帆布のバッグを中心にしたブランドですが、帽子や気の利いた小物などもシーズン毎に作製しています。
カタチの良さと被り易いシルエットで、rasikuでは毎シーズン展開をし続けている6枚剥ぎのキャップ。
秋冬シーズンという事で素材はウール90%・ナイロン10%のしっかりと目の詰まった暖かみのある素材を使用しています。
ツバが長すぎず、短すぎずで、帽子自体の深さが浅目に設定されているバランス感は見事。
被ると本気な感じにならず、程よく抜け感が出るので高校球児が被っている様な野球帽のイメージとは全く違う見え方に
なると思います。この手のキャップが得意ではないなという方にもお勧めできます。


サイズは大きい方の2のみをセレクトしています。
後ろにアジャスターがあるのでサイズ調整が可能で、大よそですがサイズは58cmから60cm弱くらいまで
調節可能だと思います。
ジャケットやコートなどを着る季節になってきましたので、洋服全体のトーンが重くなってしまうと感じた時に
キャップを被ると、見た目の軽さが出て僕自身好きなスタイルの1つでもあります。
ウール素材は新品の状態も良いですが、ちょっと汚れが気になったタイミングで洗って生地がクタクタになった頃が
こなれた雰囲気も増して、キャップその物の格好良さがより一層出てくると思います。


年齢を重ねて白髪が混じった男性が、ラフにベースボールキャップを被っている姿が一番の理想ですね・・・
どうしても先入観や、幼い頃の思い出なのかトラウマなのか、可愛く見えてしまう。などもよく言われるのですが
帽子は被り続けない限り慣れてこないので、しっくりくるまでに一定の期間は必要かもしれません。
帽子や他の小物に慣れると、服装の幅がぐっと広がるので苦手意識がある方にも挑戦して頂ければ嬉しいです。
手に取って被った時のインパクトやイメージは似合っていないなーと自身が感じる事もあると思うのですが、
自分がなりたいと思う姿を想像して膨らませていければ、時間の経過と共に自分の顔が帽子に寄ってくるはずです。
最初の1歩を踏み出せるかどうかが、重要だと思います。


僕も、以前は帽子を被ることは殆どなかったのですが一度被り始めると慣れてしまって今では服の一部として
欠かせない存在になりました。その時の髪型などによっても雰囲気が変わったりして、少し前までは似合っていると
思っていたものが急に合わなくなったりもして面白いです。
これはお勧めして良いか分かりませんが、ちょっと出掛ける際に、髪をセットするのが面倒な時にも重宝しますしね。
額のロゴ3文字はTEMBEAの愛が詰まった文字で、深い意味はないので(笑)気軽に被って頂ければと思います。

TEMBEA   GUNTE

color      WHITE        /       GREY      /      BEIGE   

price      1500+tax 

SIZE      MEDIUM


今季で、3シーズン目の展開になるウール素材の軍手。
気軽に持てて、保温性もしっかりとあるので、僕自身の中ではTEMBEAの隠れた名品の1つだと思っています。
サイズは″MEDIUM”のみの展開、所謂軍手のサイズ感なのであまり男性・女性は関係ないと思いますので
店頭で実際にお試し頂きたいです。rasikuでは今シーズンは3色を展開をしています。


カラー″WHITE”は、軍手そのものの雰囲気が出ていて、それが逆に良かったりもします。
手袋に関しては、人によっては落としてしまったり、飲み会で忘れてしまう事も多い気がしていますが、
この価格であれば心のダメージも少なく済むのではないでしょうか。
僕自身もレザーの手袋を失くした時の心のダメージは凄いものがありました・・・時間が経ったのでもう癒えましたが(笑)


TEMBEAの物作りは、作り込みを重視したり高級な素材感を使う訳ではなく、毎日でも使いたい、持ち歩きたい!
そう思える物作りであることが、使う側にとって心地良いと感じられるのではないかと思っています。
ふわっと香る程度な程よいバランスでブランドのエッセンスが盛り込まれていて、常に飽きさせないように
アンテナを張り先を見据えながらも、使い手を置いてきぼりにしない距離感もブランドの魅力だと感じています。
ただ値段が高い安いという判断ではなく、デザインの面白さや、素材の使い方に毎回楽しませてくれるTEMBEA。
GOODSも豊富に並びましたので、是非店頭へ足をお運びください。

11月17日


susuri     シンプルベスト

color      black    /   chacoal

price      23000+TAX

SIZE      MM 


昨日ほんの一瞬だけ、そして今朝、窓の外を見るとちらちらと舞っていた白いもの。
盛岡にも初雪の便りが届きました。
見上げた空もすんと嗅いだ外の匂いも、顔を覆う空気もすっかり冬になったなぁと実感しました。
一気に年末が近づいてきた感もありますが、先ずは今目の前にあることを一つ一つ。

susuriのシンプルベストは、もう何度目かの展開ですがレディスではなかなか出逢いの少ない
ぴりっと真面目にフォーマルな場でも着ていただける、佇まいが綺麗なベストです。
素材にウールとリネンでふっくらとした厚みがあり、見た目も、着用感も重くなりすぎず軽すぎず、
季節が巡って出逢う度に、良い生地だなぁと思って選んでいます。
とても好きな生地なので、同じ素材で他にもコート・ワンピース・パンツと並びましたが、既に店頭で
完売した物も多く、今回はベストとワンピースをご紹介致します。


肩や身頃など、あまりゆとりを持たせずすっきりとしたシルエットのベスト。
裾を前下がりにカッティングする事でシャツをタックインして着た時のベストの裾とパンツの腰の
納まり方がとても綺麗に見えます。
着丈がそこまで長くないシャツでしたら裾を出して着ても気になりませんが、タックイン出来る
シャツであれば、ぜひ裾の美しいラインを堪能していただきたいと思うベストです。
ベストの着丈も長すぎずコンパクトなサイズ感なので、パンツでもスカートにも合いますし、
ボリュームのあるボトムとの相性はとても良いと思います。
前開きにしてビッグシルエットなシャツに重ねて合わせてというのも好きな着方。
着るだけで暖かいだけじゃなく、ちょっと洒落っ気が出せるというところもベストの良さです。

裏地はコットン100%の総裏で、しっかりとした作りは春先頃まで活躍します。
ベストの類は様々展開していますが、季節柄ニットベストやもう少し厚地のものが多く並びます。
ウール感がそこまで強すぎず、そしてエレガントにもなり過ぎないので、癖なくさらりと着られる
ベストだと思いますので、試してみたいという方にお勧めです。

susuri     パストラルワンピース

color      chacoal

price      33000+TAX

SIZE      M


こちらも何度目かの展開となるパストラルワンピース。
裾にかけてすぼんでいくコクーンシルエットの、プルオーバータイプのワンピース。
甘くなり過ぎないぎりぎりのところで、裾に切り替えを入れて丸みを押さえているので、
膨らみすぎず、かさっとした生地感が相まって落ち着いた印象に仕上がっています。
ゆとりのある身頃に対して、華奢な肩や、深く開いたVネックがきりっと上品で、
カジュアルな着方も出来ますが、合わせるインナーによって、またがらっと雰囲気が変わりますし
一枚でさらりと着ていても、普通っぽくなり過ぎないというのもポイントです。


フリルブラウスや艶のあるハイゲージニットタートルを合わせてみたり。
首元にはネックレスなどプラスして。
ジュエリーだけではなく、靴下を柄にしてみたりタイツをラメにしてみたり。
靴や鞄、小物をちょっと変化させるだけで気分が変わりますし、自然と心が浮き立ってきます。
大切な人との食事の席だったり、家族との季節の行事だったり。または舞台やコンサートと、
以前展開した際に、それぞれ先の予定に合わせて、このワンピースが着たいと言って選んで下さったのが
とても印象に残っています。


いつもと違う自分になってみたくて。と選んで下さった方がいた時、自分もsusuriの服を着る時は
ちょっと変身願望がある時かもしれないなと思いました。そうじゃない時もありますが。
そんな風に日々移りゆく季節や感情に、決めなくてもいいよと、そっと手を差し伸べてくれるような服。
susuriを知っていても知らなくても、手に取り気に入って着ていただけるのは嬉しい事です。
袖を通したら、たちまち魅了されるsusuriの服、ぜひご覧ください。

定休日のお知らせ


明日15日(水曜日)は、定休日となっております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

11月14日


FRESH SURVICE  BASIC TROUSERS

color      NVY   

price      26000+tax 

SIZE      S   /   M


架空の運送会社のユニフォームや、それに纏わる道具などを製作するブランド″FRESH SURVICE”
ワイドなシルエットが目を惹く″BASIC TROUSERS″は裾にかけて殆どテーパードがなく、昔ながらのワークパンツを
彷彿とさせる直線的なラインが、どこか懐かしさと洋服好きの心を揺さぶります。
素材はコットン98%・ポリウレタン2%の混合素材で、ストレッチが効いているので柔らかで穿き易く感じると思います。
モールスキンというワークウェアに良く用いられる素材を使用しているのですが、厚地で表面がやや起毛したものとは
全く違った印象で、より気軽に手に取って穿いて頂ける印象があります。
カタチはシンプルなトラウザー型で、古着のワーク・ミリタリー系などではこの手のシルエットを何度か展開してきましたが
新品のものでこれだけワイドなシルエットは展開が無かったので、是非挑戦して頂ければと思います。


良い意味で整え過ぎていない、ざっくりとしたシルエットが何とも言えず好みです。
裾に溜まるボリュームに野暮ったさが残っていて、トップスはすっきりとさせるとバランスが取り易くなります。
効率や無駄を少なくする為に作られたであろうパターンは、何処かチープな雰囲気を纏いつつも、モールスキンの
素材感は穿きこんでいく事で、きっとパンツが主役になる程の存在感を放つだろうと思います。


カラーは濃紺で光があたるとより紺が強く出てきます。
太いパンツはあっても、ここまで思いきりの良いズドンと太いストレートはそう多くは見ないと思うので、
丈もあえてそのまま長めにして裾に野暮ったさを出して穿くのも良いのではないでしょうか。
反対に、短めにカットをしてソックスを覗かせるのも、ちょっとお茶目っぽくて良いかなと思います。
足元はハイカットのスニーカーで、裾を被せるようにして穿くのがテパードが少ないパンツに好相性に感じます。
黒の短靴などを合わせて、正統派で格好良い組み合わせも好みです。


運送会社のユニフォームをイメージしているだけあり、動き易さを重視し負荷のかかる場所は巻き縫いなどの始末で
強度を高めています。タフに穿ける事もパンツ選びでは大切なポイントになりますし、如何にもワークパンツらしい
ルーズなバランスを試して頂きたい1本です。今までとまた一味違った着方を楽しんで頂けるはずです。

FRESH SURVICE  MILITARY PANT

color      KHAKI   

price      19000+tax 

SIZE      S   /   M


イギリス軍のパンツをモチーフに作られた″MILITARY PANT″は、パッチワークの様に生地を継ぎ合わせながら
作製していて、軍パンらしさを残しつつもすっきりとしたシルエットが特徴です。
この手のパンツは自分自身もハマって散々穿いてきましたが、飽きてまったく穿かない時期もあり、
そんな事を繰り返してまた久しぶりに、新鮮な感じがして良いなと思い展開してみました。
オリーブのパンツはワードローブの中心にあって、どれだけ時代が流れても普遍的なスタイルの1つで在り続けると
思いますし、足元をキャンバスのスニーカー、黒の革靴、ビルケンシュトックのサンダルなどを気分で変えながら
自分なりの着方を見つけて頂きたいです。


細すぎず・太すぎずのバランスで、裾にかけて緩やかにテーパードさせています。
癖がなく穿きやすいシルエットのパンツですが、股上を深く取る事で軍パンらしい土臭さはきちんと残しています。
オリジナルの軍パンが苦手な方などにお勧めしたい1本です。


何てことの無いパンツを上手に穿けるようになると、細身やワイドなパンツなどにも手が伸びやすくなると思います。
自分のサイズを知る。洋服を楽しむうえでは重要な事だと感じていますし、デニム・チノ・軍パンの3つのパンツを
自分なりにしっかりと穿けると、着こなしの幅が圧倒的に広がってくるはずです。


パンツの穿き方やサイズの選び方など、足元との組み合わせ方の引き出しが増えてくるとトップスの着合わせの面白さを
感じられるようになると思います。ワードローブの中心になりそうな″MILITARY PANT″と、さらなる深みを持たせる為の
ワイドシルエットのパンツ。
どちらにも其々の良さがあって、モノは試しと思ってトライしていただけたら嬉しいです。

PageTOP