12月26日


Animalitos del Monte  TYPE A

price     19000-


毎シーズンSEASON SELECTとしてインポートアイテムをその時の気分に応じて探すのですが
身に着けるものでしっくりとくるものがなく諦めかけていたのですが、思いがけずとある場所で
心が揺さぶられる生きものたちに出逢いました。
店内でも明らかに異彩を放つ動物達。BLOGでも時折ちらっと顔やら足やらが映ったりしていたので
きっと、なんだなんだ?と気になっている方も、どこかにいるのではないでしょうか?(笑)
“Animalitos del Monte”
そのひとつひとつが商業的ではなく、作り手の感性や想像力から生み出されている事は一目瞭然。
足を運んだ先ですぐに目が留まりじぃっと見ていたら、その会場に「この人形を持ってきた方がいるので
ご紹介しますね!」とスタッフの方が仰ってくれて、その時に出逢ったのが中村商店の中村さんでした。
お話を聞くとアルゼンチンの北部・グランチャコという地域に住む先住民族の女性達が1つ1つハンドメイドで
作製しているとの事。
この不思議な生き物たちの表情・姿・形・色の組み合わせには、そんな彼女たちならではの世界観や文化、
また動物たちと宇宙との霊的な関係が詰め込まれていて、一つとして同じものが作られるという事はなく、
実在する動物・架空の動物、その時々によって全く違うものが生まれ、中村さんの元へ届けられる。
というところにもインポートらしい背景があって、個人的にも好奇心をくすぐられるポイントでした。

Animalitos del Monte  TYPE B

price     19000-


今回はその場で即決で迎えた動物たちなのですが、選んでいる時は自分自身でも全く意識していなかったですが
数日後に郵送で届いてお店にディスプレイしていると全体的に「鳥」モチーフが多い事に気付きました。
他にもいろんな生き物がいたはずが・・・
自宅の庭に生えている木には年中様々な鳥がやってくるので、窓からその姿をこっそり眺める時間が好きなのですが
無意識的にセレクトする基準?になっていたのかもしれませんね(笑)

Animalitos del Monte  TYPE C SOLD

price     19000-


ワイヤーである程度カタチを作ってから綿を詰めて、それに沿うように編んで動物に魂を吹き込んでいきます。
殆どの毛糸は無染色ですが一部だけ化学染料で染めた糸もあって、完全ナチュラルではない微妙なナチュラル具合も
隙があるみたいで嬉しい。個人的にはこの子がイチオシです!推し鳥!?目の力強さがとてもいい◎

Animalitos del Monte  TYPE D

price     22000- SOLD


今回選んだ中で一番大きな鳥。間近でみるとかなり迫力あります。
胴体と首の長さに対して、若干ですが足とのボリュームが合っておらず不安定さもありますが、それもご愛敬。
初期メンバーの大トリを飾りそうな存在感でもあります(笑)

Animalitos del Monte  TYPE E

price     19000-


お腹にちらりと覗く紫色は化学染料との事。
大胆に、でも迷いなくぐるぐると巻かれた糸の途中から突然のカラーチェンジ。
今までの動物よりもワイルドな作りで、作り手によって其々に癖があるのが分かります。

Animalitos del Monte  TYPE F

price     19000-


エッジの効いたブーツを履いています。
この子も個性的でじわじわと好きになるタイプ!?ではないでしょうか。

Animalitos del Monte  TYPE G

price     16000-


ここから3つは小振りなシリーズ。
小振りですが、不思議な存在感はあるのでお店のカウンターや家の玄関などにちょこんと置いておくと
何となくですが、その場を守ってくれそうな気がしています。

Animalitos del Monte  TYPE H

price     16000-


Animalitos del Monte  TYPE I

price     16000-


Animalitos del Monte  TYPE J

price     19000-


最後は亀らしき動物。
4足歩行は安定感があって、一歩一歩着実に物事が前に進んで行く気がするのは私だけでしょうか。

今年の2月にネパールへ旅へ行った際に、今回セレクトしましたAnimalitos del Monteの様な手仕事でありながら
どこかプロダクトの匂いのするアイテムを見つけられれば良いなと思っていたのです。
けれどネパールでは残念ながら、そういった物作りとは出逢う事が出来ずに次回持ち越しとなっていました。
ですが、こうしたご縁で全く異国のイメージな南米アルゼンチンのチャーミングな生き物がお店に並び、
お客様にも不思議がっていただけて、自分達でもセレクトショップぽさがあって良いなと思っています。
ふと目が合った時にくすりと笑えて心が解れるような。それでいて案外細やかな部分に拘りが潜んでいて、
アルゼンチンという国に興味が沸いたり、異国に思いを馳せて想像力を掻き立てられるような存在に。
ぜひ店内で、お気に入りの生き物を見つけていただけたら嬉しいです。

PageTOP