ありがとうございました


本日をもちまして2018年の営業が終了いたしました。
雪は少ないものの、ここ数日は最高気温がマイナスで空気もピリッと張りつめている盛岡。
帰省で岩手に戻られた方々も「寒い~!」と言いながら遥々ご来店いただきありがとうございました。
また常連のお客様とも「よいお年を」と暮れのご挨拶を交わす事が出来、一年何事も無くお店も続けられて
良かった!としみじみ嬉しく思いますし、そして少しほっとした気持ちです。

この数日様々な方にお逢いして思ったのは、近くても遠くても頻繁にはお店に来られなくても、
年に数回顔を合わせて言葉を交わしながら、タイミングでシャツを新調したりパンツを買い直したり。
数えきれないほどお店がある中で、ここに行けば何かあるかな?と思って下さったり、ゆっくりじっくりと
悩みながらも楽しげに洋服を選んでいただける事は、自分達にとって何よりも幸せなことだと感じています。
それはお客様と作り手の方の存在があってこそだと思うので、本当にrasikuに関わってくださる全ての皆様に
感謝の気持ちを届けたいです。

2019年は自分達にとって、小さいながらも出来る事は全力でコツコツとやりつつ変化をする1年にしようと思い
様々な計画を立てている所です。何かを大きく変えたりするつもりはありませんが、頭の中にぼやっと描いていた事や
未知なる体験を、実際に行動に移してこれからのrasikuに落とし込んでいきたいと思っております。
意志は固く柔軟な思考で前に進む事を恐れずに、新しいことに挑戦をし続けていこうと思います。
そんなrasikuを何卒よろしくお願いいたします。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

2018.12.29   rasiku

12月25日


明日26日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

以下年末年始の日程になります。
27日(木曜日) 通常営業
28日(金曜日) 通常営業
29日(土曜日) 年内最終営業日 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
30日(土曜日) お休み
31日(日曜日) お休み
1日(月曜日)  お休み
2日(火曜日)  お休み
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3日(水曜日)  短縮営業 10:30~17:00まで
4日(木曜日)  短縮営業 10:30~17:00まで
5日(金曜日)  短縮営業 10:30~17:00まで
6日(土曜日)  短縮営業 10:30~17:00まで
7日(日曜日)  短縮営業 10:30~17:00まで

12月24日


STYLE CRAFT WARDROBE    CARDIGAN♯4

color       NAVY

price       34000+TAX

SIZE           /        /     SOLD

どか雪が降ってこのまま根雪になってしまうのかなと思ったのですが、ここ数日の暖かさで雪も溶けてアスファルトの上を
スニーカーで歩けることが何よりも嬉しいなと思いながら過ごしている年の瀬です。

毎シーズン欠かさずに提案をしているSTYLE CRAFT WARDROBEが作るVネックのカーディガン。
カーディガンというととても普遍的なもので、それこそ各メーカーでも展開される事ももちろん多く選択肢が沢山ある
アイテムだと思うのですが、選択肢の幅が広いからこそ自分自身が着たい!と思えるものと出逢うのが難しかったり。。。
シンプルなアイテムだけに誤魔化しが効かない部分があり、王道と言われる様なデザインを踏襲しつつもブランド独自の色を
如何にして出せるかいうのが決め手になると思います。


Vゾーンは浅く設定することで、シャツ・カットソーどちらを合わせた際にも綺麗な首元の納まりに映ります。
肩はラグランスリーブを採用し、肩周りや袖周りはゆったりとしたシルエットを構築。
袖を通す際にインナーとの相性を気にせずに着る事が出来ます。
カーディガンでは珍しく前身頃のみコットン100%の生地が張られていて、2枚仕立てにする事でふっくらと程良い
ボリュームが生まれ、イメージとしてはジャケットの様な感覚で羽織ることが出来ます。
Vネックのカーディガンは、どちらかと言えばシャツなどの上にさらっと羽織ってそのまま過ごす。
といったような、ハイゲージのものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
STYLE CRAFT WARDROBEが作るVネックカーディガンはウールの表面に品の良い光沢感があり毛足が短く、
見え方が重くなり過ぎないので、春先や秋のはじまりの頃であればメインの羽織としても重宝するはずです。


素材はウール100%のジャージー素材を使用。
伸縮性に優れた編地で、表面の肌触りもつるりとしていて気持ちの良い素材に感じて頂けると思います。
釦は大き目のナット釦が5つ、ポケットは手がしっかりと隠れるくらい大き目に設定をされています。
カジュアルでもどこか上品で暖かみのあるニットカーディガンは穏やかで優しい印象を与えてくれます。
ジャケット程畏まった装いではなくとも、ちょっと外で食事をしたりする時にきちんとした格好がしたい。
という方などにお勧めします。
日常着を選ぶ際に、カジュアルな服装であってもきちんと清潔感があったり、相手にとっても気持ちが良いと感じる
服装を心掛ける事は、年齢を重ねるにつれ大切だなと思う様になりました。
STYLE CRAFT WARDROBEの洋服は、僕のような30代後半から年上の方が、意気込んで人に見せる服装ではなく
肩の力を抜いて自分の生活環境に合った服装を楽しみたいという方に、とても自然な流れでフィットする洋服に思えます。


全体が少しゆったりと落ちる感じのシルエットが、このカーディガン特有の形状。
ちょっと大きいかな?と感じるぐらいのサイズ感でも、着慣れると心地良くそしてとても身体が楽なので
いつの間にか、このゆったり感が病み付きになっているから不思議です。
袖と裾のリブも細くテンションもきつくないので、身体を締め付ける様な感覚は一切ありません。


ベーシックなアイテムを如何に自分らしく着こなせるかというのは、洋服の一番難しくもあり楽しい部分だと思っています。
これという正解はないですし、パンツとの組み合わせ方やサイズ感、体型や顔の変化などなど、ちょっとした事で見え方に
違いが生まれてくることを感じられるのも、癖の少ないアイテムや普遍的なアイテムならではかもしれません。
中々出逢う事の少ない、自分の中で今これだ!と思うカーディガンです。ぜひ着てみてください。

12月22日


nisica      フードロングブルゾン

color       ブラック

price       50000+tax

SIZE       1    /    2    /    3   

今日は冬至の日。
昨日に続いてnisicaのフードブルゾンですが、もう一型ロングバージョンのタイプもご用意しています。
お尻がすっぽりと隠れる長さですが、足の動きを制限しないようなZIPは短めに設定し切り込みにして可動域をしっかりと
確保した作りになっています。車の運転などをしても着丈は邪魔にならないと思いますし、より安心感のある保温性を
確保出来るので冬を過ごす為の万能なコートになると思います。
ストレッチ性のある素材で動き易く、質感も落ち着いているので服装を選ばずに着ていただけるはずです。
昨年の厳し過ぎる冬の寒さを体感して、身体をしっかりと守ってくれる様な軽くて暖かなコートを展開したいと
思っていたので、展示会で見た時に真っ先にオーダーをしようと決めた1枚でもあります。


フードブルゾンと同様に、薄く中綿が入っています。
素材は表地がリップストップのポリエステル生地、裏地はナイロンとの組み合わせになります。
格子状に作られたリップストップの生地はアメリカ軍がベトナム戦争時に開発した生地で、縦と横方向にストレッチ性に
長けていて裂けにくい特徴があります。カラーはブラックでマットで落ちついた表情に映ります。
余計なポケットや付属品が付いていませんので、大人の雰囲気が漂うフードブルゾンに仕上がっていると思います。
大雪の翌日の日などは朝もバタバタします。雪かきをして車に乗って着いた先(職場)で、またも雪かきをしたり・・・
そんな忙しい朝でも、自分の気に入っているアウターがあるだけで服装もさっと決まりますし、気持ちの面でも多少の
モチベーションになったりするのではないかなと思います。
フード系のブルゾンはアウトドアブランドの物でも選択肢はあると思いますが、そのテイストが強いと私服に合わせた際に
色やロゴの主張が強くされていたりして、全体のバランスに合う物が見つからなかったりします。


フロントのジップはダブルジップを採用。
裾からインナーの色を覗かせて着るのも良いですし、雪が融けて自転車に乗る方なども可動域が確保出来るので
アクティブなスタイルにもマッチすると思います。
見た目がモコモコしないですっきりとしているので、秋が深まった頃から冬場、そして春先の冷たい風が吹く頃まで
3シーズン対応出来るのも化学繊維ならではのメリットです。


アウターやコートの選択肢は様々あるので、ライフスタイルに見合うモノであったり、くたびれたというタイミングで
買い替えをしたり、僕自身も今までは重たいウールのコートと風をしっかりと防いでくれる2枚仕立てのトレンチコートが
良いと思ってきましたが、この年齢になって軽くて暖かなものも素直に良いなと思えるようになりました。
今までは頑なに重たいコートを着てこそ!!(笑)という凝り固まった性格故のセレクトだったようにも思うのですが
今シーズンは中綿や薄手のダウン入りのコートやジャケットを提案したいと思い、展示会を見てアンテナに引っかかった
アイテムを店頭に並べています。自分自身の今までの好きを大切にしながらも、経験した事や、気候の移り変わり
その土地に合うものを少しずつ変化させながら提案をし続けていたいなと、より強く思う様になりました。
軽くて暖かいアウター類を、ご自身のワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

12月21日


nisica      フードブルゾン

color       ネイビー

price       45000+tax

SIZE       1    /    2    /    3    /    4

nisicaは布帛とカットソーを得意とするブランドですが、アウトドアやスポーティーな雰囲気が漂うフード付きの
ブルゾンも長年に渡り作り続けているロングセラーアイテムの1つ。秋冬用に作製されているものは、薄く中綿が入り
着膨れせずにすっきりとした印象で着れる点が好みで、冬の冷たい風をしっかりと防いでくれて雨や雪にも対応出来る
街着として最適な1枚です。冬場に車での移動が多い方や、小さなお子様がいらっしゃる方、出張や旅行などでも動けて
汚れなども気にせずに着られるアウターをお探しの方には特にお勧めです。
日常着としてもごてごてし過ぎずに気負わず袖を通す事が出来る″nisica″らしいデザインは極々普通ではあるのですが
普通の中にもnisicaにしか表現出来ない癖というか空気感があって、結局そこに惹かれているのだと思います。


首元をすっぽりと覆いながら立体的に立ち上げられたフード。
岩手のように雪が降る地域では水を弾く素材のフードがあると、その実用性は格段にアップしますし雪かき時にも便利。
首裏とハンドウォーマーポケットにはフリースの生地が貼られているので、保温性と着心地をより高めた作りにしています。
ZIPは止水ZIPを採用し、アウトドアメーカーなどに負けない機能性をプラス。
本気過ぎない井出達と細かなディテールの作り込み、この足し引きの絶妙なさじ加減がブランドらしさでもあり
性別や年齢などに関係なく、派手さはありませんが長年に渡り支持を受け続けいてる理由だと思います。


肩のラインはセットインスリーブを採用。
内側の素材は滑りが良いので、インナーとの相性を気にせずに着用が可能です。
すっきりとしたパンツにハイテクスニーカーなどを合わせてスポーティーな雰囲気で着るのも良いですし
太いパンツで、あえてバランスを崩すような着方も面白いと思います。
裾のテールの形状がお尻をカバーする様なパターンになっているので、シャツのテールなどが中途半端に出て短さを
感じる事もないと思いますし、袖を通すと気の利いたシルエットやディテールに気付いて頂けるはずです。
ZIPのブルゾンは着方がどうしても単調になりがちなので、ボトムスで変化をつける事でマンネリを防げますし
道路状況が良い日などはスニーカーを合わせると、気分も変わって冬のファッションをより楽しんで貰えるはずです。


素材は表地はマットな質感のポリエステル、裏地はブラックのナイロン生地を組み合わせています。
光沢のない落ち着いた色目で、見た目もチープな印象は全くと言って良い程に感じませんし着合わせもし易いと思います。
サイズは1から4までのフルサイズの展開で(2は完売)1は女性にもお勧めです。
男性よりも女性の方が、この手のブルゾンは良いと思うのが見つかり難いと思いますので是非お試し頂きたいです。
時代のスピードや流行に合わせずに、淡々と自分達の好きで変わらないものを作り続けているデザイナーの姿勢を見ると
気張らずに自然体でいる事、洋服はあくまでも着る人に寄り添うくらいの物といった姿勢がやっぱり格好良いと思ってます。
僕自身もいつかはそういった姿になっていきたいなと、nisicaの洋服に袖を通す度に思います。

PageTOP