定休日のお知らせ


明日21日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

11月20日


FilMelange   BETTY GL

color       CAMEL

price       50000+tax 

SIZE       1

いよいよ朝の最低気温が氷点下に突入しました。
外の景色を見ると雑草にびっしりと霜が降りて辺りは真っ白で、車のフロントガラスも凍りついていました。
いよいよ「冬」に向けて気持ちを切り替えなければと実感した朝でした。
毎シーズン、FilMelangeが提案し続けているメリノウールを配合した天然繊維100%で作製されるフリースシリーズ。
一度袖を通すとふんわりと柔らかく弾力に富んだ素材が優しく身体を包み込んでくれる着心地に心を奪われます。
今シーズンはレディースで袖周りがゆったりとしたブルゾンとベストの2種類をセレクトしました。
カラーはぬいぐるみの様な色目の″CAMEL”、柔らかい色目がフリースの良さをより引き立てていると思います。
BETTYはショート丈なので、車移動の多い方でしたらアウター替わりとしてもお勧めの1枚。
苦しくならない程度のスタンドカラーによりしっかりとした保温効果があり、肩から袖口までワイドなパターンで
構成されていることで、厚手のスウェットなどを着ても窮屈さを感じないところもポイントです。


フロントは大ぶりなスナップ釦が4つ付きます。ポケットは左右にパッチポケットが2つ。
デザインはジャケットとブルゾンを組み合わた様なカタチで、曲線的なシルエットで女性らしさが際立ちます。
毛足の長いモコモコとしたフリースは、化学繊維とは違い肌に当たった時の心地良さに驚かされます。
ウール素材なので保温性も勿論高いですが、着心地をとことん追求するブランドだけにその気持ち良さは折り紙つき。
着ていて肌が喜ぶ感覚のあるものは自然と手が伸びますし、最後はパジャマや部屋着にしても・・・と思えるくらい
長く着続けられる服になると思います。
素材に対して一切の妥協をしないブランドの姿勢と取り組みが、このフリース素材が秋冬に入荷する度に強く思います。
売れる売れないも重要な事ですが、「モノ」としての価値感とブランドの根幹を変えずに物作りをずっとやり続けている
という事が、10年以上の時が経過してもいつも新鮮な感覚で魅了され続けている理由かもしれません。


着丈はすっきりとしているので、パンツスタイルは勿論ですがワンピースなどの上に羽織るのも可愛いと思います。
靴はヒールのある様な革靴を合わせてみるのも良いのではないでしょうか。


フリースというと、どうしてもアウトドアなどのイメージを膨らませてしまいがちですがFilMelangeの作るフリースは
そういった概念を覆してくれる1枚になるはずです。あくまでファッションブランドという立場でデザインをされていて
素材の本気具合とデザインの垢抜け感とのバランスが絶妙なのもFilMelangeならではな部分だと思います。
変な野暮ったさやギアとしてというよりも、街で純粋に洋服を楽しみたいという方に是非袖を通して頂きたいです。

FilMelange   BRADREY GL

color       CAMEL

price       38000+tax 

SIZE       1

同素材でもう1型ベストを選びました。
フロントの斜めに走ったジップと、ツィードで切替したポケット部分が良いアクセントに映ります。
アシンメトリーな位置に付いたフロントジップは、ダブルジップでシルエットに変化を付ける事が可能。
ベストは袖が付かないのでコートなどを着た際にゴロツキや着膨れを防いでくれる点と、物足りなさを
埋めてくれるのにも重宝するアイテムです。


デザインはメンズライクな雰囲気ですが、素材が柔らかだと受ける印象が全く異なります。
ベストを作るブランドは限られてきてしまうのですが、その中でもクラシックな雰囲気にならないFilMelangeのベストは
保温効果などを含めて服装の幅を広げてくれる存在になるのではないでしょうか。


肩口・裾は綺麗にパイピング処理。
サイドと背中はカットソーブランドらしくフラットシーマを用いてアクセントにしています。
縫製技術の高さも含めて着る喜びを感じさせてくれる作りの良さだと思います。


ウール100%のフリースという、他のブランドなどではあまり作る事のない素材を長年に渡り提案し続けているのですが
素材に惜しみなく材料を使う為に、価格に関しても化繊と比べると大よそ倍近い値段になってしまいます。
rasikuで販売していてもそう簡単に手にする方はいらっしゃらないですし、フリースという素材に対する価値観として
値段のインパクトが強過ぎるのかもしれません。決して安いものではないと思っていますし、それでも展開したいと思わせる
物としての力や面白さがあると思っています。自分でも着ていて本当に気持ちが上がりますし、自分達も含め敏感肌だと
ウールにも身体に合う合わないがあったりするのですが、チクチクを気にせずに思う存分着れるメリットがあります。
人其々感じ方や価値観は違いますので、一概には言い切れませんが袖を通すと納得してしまうクオリティと、
洋服の醍醐味であるファッションを楽しめる要素が存分に詰まったフリースだと思っています。
ぜひ、この着心地を体感して震えていただけると嬉しいです。

冬ごもりの前に、フリマ。


突然ですが来たる11月21日(水曜日)に 喫茶carta店内でフリマが開催されます。
ご近所のいろんな方々に混ざって、rasikuふたりも参加させていただくことになりました!
今からちょうど着られるような洋服を、それぞれ用意いたしましたので見にいらしてくださいませ。


色んな方のものが集まるので、街はずれの「なんでも屋」のような店内に、ぜひふらりとお立ち寄り
いただけたら嬉しいです!
尚、当日の喫茶営業はお飲物のテイクアウトのみとなっておりますので、ご了承くださいませ。
*小銭・お買い物バッグをご用意いただけると助かります!

11月18日


Rocky Moutain Featherbed    SIX MONTH CARDIGAN

color       BLACK

price       43000+tax 

SIZE       36    /    38    /    40    /    42    /    44

color       OLIVE

SIZE       36    /    38    /    40    /    42    /    44


昨年の厳しい寒さを経験して、今シーズンは「暖かさ」という部分に特化したアイテムを提案したいと思っていました。
パンパンにダウンが入ったボリュームのあるダウンジャケットではなく、薄くダウンの入った″インナーダウン″と呼ばれる
アイテムが気になりました。室内にいる事の多い自分自身の生活の中にも取り入れ易く、使い勝手も良く
ジャケットやコートのインナーにも出来、季節によってはアウターにもなる汎用性の高さが何よりもポイントです。
先にレディスでも紹介をしました″Rocky Moutain Featherbed″から、6カ月の間着用することを想定して作製された
″SIX MONTH″シリーズのカーディガンタイプをセレクトしました。
ベストも使い勝手が良いのですが、袖が付く事でアウターとしての要素がより強く加味されます。
車移動の多い方や近所のお買いものなど長時間外に出ないのあれば、これ1枚で十分に保温性を確保出来る機能があります。
カラーは″BLACK”と″OLIVE”の2色で、サイズは36から44までの5サイズをご用意いたしました。
36・38あたりのサイズは女性が着れますので、是非お試し頂きたいです。


″SIX MONTH″シリーズの最大の特徴として挙げられるのは、縦のキルトでダウンジャケットが作製されている点。
通常縦キルトで作る場合、ダウンが下に落ちてきてしまう為に難しい製法とされていて、横キルトを採用するメーカーが
殆どなのですが″Rocky Moutain Featherbed″は最高品質のポーランド産のホワイトグースダウンを使用する事により
縦キルトでもダウンが落ちてこない作りを実現しています。
縦のラインにする事で、見た目がすっきりする点と最高品質のダウン(860フィルパワー)を入れているので
着ていないと錯覚するくらいの圧倒的な軽さと、暖かさの2つをしっかりと確保しています。


素材に使用しているナイロンはダウンの抜けが最小限になるように極細の糸を超高密度に織り上げたオリジナルの
ナイロンタフタを使用。細い糸ですが打ち込みを強くする事でしっかりと張りと程良いぬめりを感じる素材です。
首元はVネックとクルーネックの中間を取った様なデザインで、インナーにシャツ・クルーネックのスウェットに
フードなど、どれを合わせても納まりの良いバランスになります。
僕はクルーネックのスウェットを夏場以外の3シーズン愛用するのですが、冬はウールのセーターに比べると
圧倒的に保温性が劣ってしまいます。それでも着たいのでスウェットの上にジャケットやダウンベストなどを重ねたりも
していたのですが、もう少し気軽に着れて保温性がしっかりと確保できる羽織物をここ数シーズン探していました。
ダウンの入った袖付のカーディガンは、これから更に気温が低くなる冬本番のシーズンには無くてはならない存在に
なりそうですし、コットン素材の一重と二重のコートも季節を問わずに着れるようになる点もインナーダウンの強みの
1つになるのかもしれません。


旅行や出張の際に、岩手を出発する時のあの張りつめた空気と氷点下の身震いする程の気温から、着いた先との
温度差に服装を迷ってしまうという事が多々あります。重たいコートを着て行くと邪魔になるのが嫌で薄手の羽織を
着て行くのが殆どですが、1枚この手のインナーがあるだけで心身共に救われるような気がしています。
近年は様々なメーカーがインナーダウンを開発していますが、ロゴマークが変に強調されていたり、ダウンの中身が
化繊であったりデザイン性がピンとこなかったりで、シンプルに普遍的なデザインで機能性に優れたものを探すと
案外良いと思えるのが見つからなかったりします。
価格も決して安価ではないので、気軽に手を出せるものではないと思います。
僕自身は良い品質のセーターを買うのと同じ位の気持ちに捉えて頂ければ少し手が出し易くなると思いますし
インナーダウンに関しては機能性を重視して作られていると思うので、納得出来るクオリティとデザインのものを
手にしてしまえば必然的に着る機会は増えるのではないでしょうか。


マウンテンパーカーのインナーに着ると冷たい風を防いで保温性をしっかりと確保する事が出来ます。


コットンやナイロン素材のコートを冬場でも寒さを気にせずに着る事が可能です。


小さくまとめる事が出来るのでバッグに入れて持ち運びにも便利。
ナイロンという素材感も、天然素材とはまた違った良さと奥行きを出してくれるので服装の良いアクセントに繋がります。
アウトドアブランドの様なギアとしての要素ではなく、現代のファッションシーンにより溶け込みやすい
Rocky Moutain Featherbedが作るインナーダウンシリーズ。
日常使いから、アウトドア、旅行まで幅広いシーンで活躍する1枚になると思います。
暖かい冬を過ごす為の1つの選択肢としてお勧めです。

INFO

いつもrasikuのBLOGをご覧いただきましてありがとうございます。
お客様に、今一度ご確認をお願いいたします。
商品に関するお問い合わせのメールには、基本当日もしくは翌日の午前中までに必ずお返事を
させていただいています。
お問い合わせ頂いた後に何日たっても返信がないという場合は、迷惑メール防止機能により
迷惑メールフォルダもしくはゴミ箱に自動的に振り分けられている可能性がありますので、
一度受信許可等の設定をご確認いただきますよう、お願いいたします。
最近、そのような形でお困りのお客様が何人かいらっしゃいましたのでアナウンスさせていただきました。
今後ともrasikuをよろしくお願いいたします。

PageTOP