12月21日


SUNSHINE+CLOUD    LOW GAGE CARDIGUN

color     BROWN

price     64000+TAX

SIZE     0    /    1 

color     NAVY

SIZE     0    /    1 

今日は冬至。1年間の中で最も太陽の出ている時間が短く夜が長い日。
夕方の外の暗さに、もう18時なるかな?と時計を見てまだ16時半位でびっくりするというのを続けています。
これから少しずつ日が長くなり冬から春へと向かっていくと思うと、それだけで嬉しい気持ちになりますし
心のスイッチを切り替えるのに最適ではないかと思ったりもします。
この冬は美味しい南瓜に出会う機会が多く、ここ一カ月以上絶えずに煮て、よく食べています。
冬の美味しいものをいただきながら、心折れても元気に寒さを乗り越えていきたいです。


毎シーズンニットの提案をどうしようかと、土地柄であったり寒さの事であったりと頭の中でぐるぐると考えて
セレクトするのですが、昨年あたりからは肌当たりにストレスの無いセーターを主軸に選ぶようになりました。
その中でもカシミアの存在は格別で、その着心地を知ってからはまた少しニットに対する価値観が変化してきました。
SUNSHINE+CLOUDの秋冬のラインナップには欠かすことの出来ないカシミアシリーズ。
高級素材のカシミアをブランドのフィルターを通して独自の世界観で表現し、肩肘張らずにリラックスしたムードに。
糸の分量を贅沢に用いたローゲージのスタンドカーディガンは、暖かみは勿論ですが気持ちの部分にも染み渡る様な
自分にしか分からない心地良さを独り占めして頂けるのではないでしょうか。


首元をすっぽりと覆う様なデザインで、肉厚なカシミアの素材感も相まって迫力のあるカーディガン。
今の時期はコートの下に挟むミドルアウターとして、気温が上がってくる春先頃にはカーディガンとして
きっと見れば手に取って着てしまうぐらい重宝しそうな1枚。
肌当たりが滑らかでチクチクする感覚は無いので、セーター特有の着心地が苦手な方にもお勧めで
このカーディガンを身に纏って過ごす時間を考えると、価格の部分にも自然と納得して頂けるはずです。
洋服には色々な考え方と捉え方があるので一概には言いきれませんが、今まで袖を通したことのない素材を
一度手にしてみると、今までとは全く違った価値観と選択肢の幅が生まれてくると思っています。
それは自分自身が一番そう感じていて、年齢を重ねる毎に心地良いものに触れていたいという気持ちが
より一層強くなり、セレクトする際の大きな軸として「自分の感覚に素直に」は大事にしたい部分でもあります。


肩はセットインスリーブを採用し、ポケットなどの装飾は一切ありません。
サイズは0と1に2サイズをご用意しました。
袖を通した感覚としてはサイズ0でレディースのS位、サイズ1でレディースのM位といった所。
そこまで大きな作りではないので、インナーに合わせる生地感としてはSAINT JAMESのOUESSANT位までがベスト。
どちらかと言えば小柄な方に気持ち良く袖を通して頂けてお勧めかもしれません。


SUNSHINE+CLOUDの物作りにおける気持ちの余裕というのか遊び心とも言えば良いでしょうか。
首元とテール部分に刺繍の様なカタチで、白いステッチが表に出て小さなアクセントを入れていて
ちょとした変化ですが、全体で見た際に良いスパイスの役割を果たしてくれているように思います。


カシミアセーターで言えばハイゲージやミドルケージが主流で、ローゲージというのは極端に選択肢が少なく
手に触れる機会自体がそう多くはないはずです。今年1年間の自分自身へのご褒美ではないですが、気持ちが上がり
前向きになるような洋服を纏うだけで明日への活力になるかもしれません。
贅沢な素材カシミアを身体全体で感じられるカーディガン。袖を通す事が楽しみになる洋服を是非お試しください。

PageTOP