5月23日


-maku textiles-

maku textiles(マクテキスタイル)は2012年よりスタートした、インド・コルカタ発の手仕事布ブランド。

長きに渡り受け継がれてきたインドの手仕事布の世界。
それらを構築する伝統的な織りや縫い・丁寧な染色の技法を磨き続けることによってインドの手仕事布の
伝統と技術、そして職人さん達の日々の暮らしを守り持続させていくこと。
ただ服を作り・売るというブランドではなく、そのすべての営みを脈々と続けていくということが、
maku txitilesの活動の源となっています。

MAKU     藍染ピンタックドレス

color      インディゴ

price      42000+tax 

SIZE      L


CALICOの展示会ではじめて目にしたmakuの服。
彼らが得意としているカディやジャムダニ織りといった生地と美しい藍染の世界観に一瞬にして
引き込まれましたが、何よりも驚いたのはその手仕事の繊細さとデザインセンスでした。
それまでは伝統的なインドの布を用いたものづくりに対するイメージは、鮮やかな色彩であったり
エスニックな柄など、その土地の匂いが強く表現されたものなどを想像していました。
手に触れているその服が現地のデザイナーによるものだと聞いて、その素材と染色を限りなく尊重し活かした
シンプル且つ美しさが際立つ洗練したデザインに、静かに激しく興奮を覚えつつ、国を越えても通じ合える
物づくりをされている方々がいる事の素晴らしさに改めて感動しました。


ジャムダニ織りの柔らかで気持ちの良い素材に、淡いブルーの藍染。
爽やかな色目ですがデザインはガーリッシュな切り替えと、胸元と背中には「これは・・・」と
思わずその手間を想像して、ため息が漏れそうになるくらい細やかなピンタックが惜しみなく。
makuというブランドが大切に紡いでいるインドの手仕事がフルに注ぎ込まれたかのような一着は、
見応えも着ごたえも?十分な、それはそれは心躍るワンピースです。


ジャムダニはベンガル地方に伝わる縫取織りの技術とその織りを用いた布の事をいいます。
ワンピースの所々に散りばめられた花もしくは雪の結晶の様なモチーフ。
小さな模様は一見刺繍の様ですが、模様の部分だけ緯糸を切り替えることで独特な織り柄が
微かに浮き出たり、色によっては透けたりしているのがジャムダニ織の特徴。
そんなきめ細やかで可憐な生地に丁寧に藍染を重ねたとなれば、心ときめかずにはいられません。
生地自体は薄手で着心地も非常に軽いため、長袖でも全く暑さを感じさせないですしむしろ直接
日が肌に当たるのを防いでくれるので、夏こそ大活躍の一枚になるだろうと思います。
デザインには贅沢ピンタック以外にも、切り替えのギャザーも実は必見。
可愛いらしいという印象を持つ方も多いとは思いますが、だからこその良さもあると思うのです。
透けるのを防ぐことも兼ねて、色の濃い(黒や紺など)涼しい素材のインナーパンツなどを重ねたり
足元に写真の様な革靴を合わせる事で柔らかさに上品さがプラスされたり、反対に思いきりラフに
スニーカーやサンダルを合わせて爽やかな着合わせであれば、案外バランスが良かったりするのです。


背中部分には小さな包みボタンがひとつ。
ヨークはまた違うストライプ柄の生地を繋ぎ合わせていたりと、ピンタックの細やかさについつい
意識が飛んでしまいますが、引けを取らないパターンの多さに気付いた時には嬉しさだったり色々な感動が
混ざり合った感嘆のため息が・・・。
そして丈の長さ故、より気がつかない方も多いかもしれない裾部分には補強にもなるステッチワーク。
どこを切り取っても、人の手と時間をかけることでしか生み出すことのできないの本当の意味での手仕事と
インドの伝統を大切に思う気持ちが詰まったmakuの服。
あまりの素晴らしさに熱っぽくなってしまいましたが、着ていただければそれだけで十分に肌が其々の良さを
受け取ってくれると思います。
急激に気温が上昇しそうな週末。涼やかな服が揃っていますのでぜひ足をお運びください。

4月29日


CALICO   カディラジャスタンワンピース

color     ネイビー

price      25000+TAX

SIZE      M SOLD
※同じカラーなのですが若干の色ブレが出ています。Mサイズが濃いネイビーで
 Lサイズはブルーに近い色合いになります。

color      ネイビー

SIZE       L


今シーズンからお取り扱いを始めた”CALICO”のお洋服ですが、手紬・手織りの生地が醸し出す柔らかさと
強さの両面を併せ持った素材を、オリジナルのデザインや民族衣装などからインスピレーションを沸かせて
現代服として着易さであったり機能性をプラスした洋服を作製しています。
インドの北西部に位置するラジャスタン地方にある民族衣装をモチーフに作られたカシュクールタイプの
ワンピースは、紐の使い方を工夫する事で今時期のライトアウターとして着る事も可能。
昨日くらいからようやく1枚仕立ての羽織物が活躍する気候になってきたタイミングで
Vゾーンを活かしてノースリーブや半袖のカットソーにさらりと羽織って、直接肌に当たるのが
気持ち良いとなると手放せなくなる存在になるはずです。


MサイズとLサイズの違いとして身頃は然程変わりはないのですが、着丈が訳20CMくらいの差があります。
身長によって選び方は変わると思いますが、着丈の長いワンピースを足首くらいのギリギリの丈で合わせて
着るのも素敵だと思います。多少の足さばきが必要になるかもしれませんが、そういった事も楽しめる様な
洋服の付き合い方をすると、着こなしの幅も広がって自分の服の選び方も自由度が増すように思います。
足元はフラットなシューズでもヒールがあってもどちらも好相性に感じます。
※身長166CM 着用サイズL


フロントのピンタックは手仕事を得意とするインドならではのデザインで美しさを感じる部分。
肩の作りは可動域を広げる独特のパターンで、インナーは薄手のニットくらいまでが袖通りも良く
着ていてストレスを感じないと思います。


内側に付いている紐を結んだ後に、外側の紐を結ぶことでVゾーンがより綺麗に収まります。
暖かな季節は首元の開いたカットソーを合わせて、小振りなネックスレスをする事で女性らしさが増して
ピンタックの存在感が際立つのではないでしょうか。


袖を通すだけで足取りも気分もウキウキと舞い上がるような柔らかで心地の良いCALICOの服は
新緑が瑞々しく力をみなぎらせる街の景色の中で、颯爽と着て歩くのにも相応しいような涼やかさ。
少し暑くなってきた頃には、ノースリーブのワンピースやタンクトップなどに重ねて、
直接肌でその布の気持ち良さと、細やかに紡がた手仕事の美しさを体感していただけたらと思います。
maku textilesのご紹介がまだでしたが、店頭にも新たに入荷したこちらもピンタックがかなり素敵!
なワンピースが並んでいますので、ぜひご覧いただけたら。

4月2日


昨日のNISHIGUCHI KUTSUSHITAに続き、今季から店頭に並んでいる″CALICO″と″maku textiles″の服。
インドの手織りの綿布を意味する″CALICO″は、インドと日本を拠点に代表である小林 史恵さんが
インドの村々を訪れ、現地の職人さんと共に昔ながらの手法に拘りながらカディ(手紬ぎ・手織り綿布)や
ジャムダニ織り、カンタ刺繍などの布を使っての企画から生産・卸までの運営に携わっています。
産業革命による転換期を迎え、時代の大きな変化によって人々の暮らしは今もなお変わり続けます。
インドの村々での営みの中で大切に育まれてきた「布」がもたらす豊かな時間を、現代を生きる私たちから
またその先の未来まで繋げていくための様々な取り組みをCALICOは続けています。

NISHIGUCHI KUSTUSHITAもふとしたきっかけで出逢ったように、CALICOに関しても自分達が直接展示会へと
足を運ぶ前から、実はあの時・そういえばあの人が・・・とヒントになるような出来事があったのだなぁ。と
後々思い起こされる事があり、自分達が勝手に想像したり考えたりしていることが気付けばカタチになっている。
という事は、念ずれば叶うではないですが、とても嬉しい事だと思っています。
だからこそ、私達が出来ることを尽くしてお客様にお届けしたいと思います。
実は既に店頭で見て下さった方の反応が良く旅立った服もあり、そう多くはまだ商品も無いのですが、これから徐々に
CALICOが手掛ける「インドの手仕事布」による布や衣服の手触りや気持ちよさ、表情の豊かさを感じていただけたら
嬉しいなと思います。

CALICO   デニムカディ サスペンダーデニムパンツ

color    ブラックシャンブレー

price    18000+TAX

SIZE    M     /     L

color    インディゴ

SIZE    M     /     L


最初にご紹介するのは、CALICOの定番として作られているボトム。
実物を見る前から気になっていたパンツでしたが、実際に現物を前にすると益々良かったです。
見た目からも生地の雰囲気の良さが伝わる、綾織りのカディを使用したサスペンダー付きワイドパンツ。
ウエストからヒップ、ワタリまでたっぷりと余裕をもたせ、裾にかけてほんの気持ちすぼまっていますが
穿いた時の見え方としては、そこまで変形にはならずに柔らかい曲線を描く綺麗なシルエットのパンツです。


内側にはコットンの裏地がつきます。
生地自体そこまでというか、ほとんど肌当たりにストレスは感じませんが、こういったちょっとした事が
後々穿いた時に気持ちよく過ごせるかどうかなどに響いたりもするので、嬉しい心遣い。
デニムではありますが、とってもなめらかでふわっと軽く飛び跳ねたくなるような穿き心地は
春から夏にはきっと出番が増え、それでいて生地の経年変化も楽しみになパンツだと思います。


ウエストは後ろがゴムですが、締め付けはきつくなくリラックスした状態でゆるりと穿けます。
サスペンダーは長さは二段階での調節が可能で、取り外しも出来ます。
肩にかけても、垂らしても、無くても在っても好きな着方ができるので、コーディネートの幅も広がります。
ウエスト位置低めでゆるっとさせて、ブラウスなどに合わせてサスペンダーを使用して着るのも良いですし
逆にハイウエストで、トップスはカットソーをインしてサスペンダーを身につけた上から薄手の羽織などを
重ねたコーディネートも素敵だなと想像します。


爽やかなインディゴの色に合わせて、もうすこし明るい色目のコーディネートをと思いましたが
今日も横殴りの雪模様だったので気分が乗らず。苦笑
ゆったり目でありながらも丸みを帯びた可愛らしいシルエットが映えるように、着丈の短いコンパクトな
ブラウスに、ややきちんと見えるスリッポンタイプの革靴を。
一見アンバランスな様にも見えますが、柔らかい部分と引き締める部分の両方が備わると、ちょっと変わった独特な
デザインも生地の風合いも、不意に和むというか馴染むというかバランスが整います。


両サイドにはポケットが付きます。
そこまで主張しない細身なサスペンダーの長さは、釦の留める位置で調整します。
素朴でチャーミングなサスペンダーが、以前であればちょっと可愛く見えすぎるかなと思って
なんとなく躊躇する気持ちもあったのですが、それもトップスだったり、靴だったりその他の小物との
組み合わせ方次第だなぁと思ってからは、そういった思いはどこかへ吹き飛んでしまいました。
黒や白のフリルブラウスだったり、メンズライクなブーツだったり着こなしの妄想が膨らみます。


生地の色もかなり悩みましたが、今回はベーシックなインディゴと渋くて素敵なブラックシャンブレーの
二色で展開しています。サイズもM・Lとありますが、ウエストがゴムですしその人に合うサイズというよりは
好きな穿き方によって選ぶのがお勧めです。
自分たちにとっても、まだまだ知るべきことがあると痛感させられるブランドとの出逢いでした。
maku textilesの商品はまた後日紹介しますので、そちらも是非楽しみにしていて下さい。

PageTOP