5月6日

FUJITO    BUSH HAT

color     NAVY

price      11000-(TAX IN)

SIZE      F

太陽が燦燦と照り付けて、慌てて仕舞いこんでいた麦藁帽子を被って中津川沿いを歩いてきました。
午前中は気持ち良い風が吹いていたのですが、午後からは完全に夏モード。
つい最近までウール素材のカーディガンを羽織っていたのですから、衣替えも全然追いつきません・・・(笑)

そんな天候を一度感じてしまうと、太陽の陽射しを遮る役割を果たす帽子の存在は欠かせないものになりそう。
例年以上にツバの広いハットをセレクトしていますが、ファッション性という概念も勿論含ませながらも
どちらかと言えば、直射日光の紫外線や暑さを凌ぐ為のツールとしての役割をより意識しています。
先ずはFUJITOの”BUSH HAT”からご紹介。
ブランドとしては定番アイテムとして作り続けているモデルですが、rasikuでは初めての展開。
デザインの特徴として挙げられるのがブリムの広さ。太陽の陽射しを防ぐ為の機能的なディテールで
奇麗なステッチがブランドのモノ作りに対する姿勢を物語っているように思います。
内側も綺麗にパイピングで処理をし、くしゃっとたためるので気兼ねなく持ち運ぶ事が出来ますし、
とてもユーティリティなハットに感じます。

サイズはワンサイズのみの展開で58cmで統一。
素材はHEATHER GREYがコットン100%の少し柔らかな質感の素材。
NAVY・OLIVEはパリッとしたこちらもコットン100%のリップストップで作製されています。
3色共に癖がないカラーリングで、服装にも気を使い過ぎずに違和感なくマッチすると思います。

color      OLIVE GREEN

price       11000-(TAX IN)

SIZE      F

ミリタリー色が濃い”OLIVE”は、ずばりの色目でアウトドアシーンなどにも活躍しそうな雰囲気。
これから服装が薄着になってコーディネートに物足りなさを感じるタイミングに、帽子の存在は程良い
味付けになるので、物は試しではないですが新しい感覚を手にする機会になるかもしれません。

color      HEATHER GRAY

price       11000-(TAX IN)

SIZE      F

こんなに日差しが強かったかな・・・と思う位に、毎年暑さに対して身を守る手段や方法を考えなければならない程に
深刻な状況になってきているのではないかと。頭を直射日光から守る為に日傘もしくは帽子は無くてはならない存在に
なったような気がしますし、頭全体をカバーしてくれるハットタイプは様々な場所へ行く際に役に立つと思います。
FUJITOが作るハットは普段の服装に合わせ易く、アウトドアなどのアクティブな場面にも気持ち良く馴染む感覚を
体感して頂ければ嬉しいです。

holk     daisy hat

color     prussian blue

price      8800-(TAX IN)

SIZE      0    /    1 

今日はもう1つholkが作るハットもご紹介致します。
rasikuでもお店に並べて3シーズン目になるでしょうか。内側にライニングが貼られていてリムの形状が曲線的で
被り心地がとても軽い”daisy hat”
少し前にご紹介しました”kang fu pants”と同じリネンコットン(リネン54%・コットン46%)の
夏向きな軽快な質感のハット。お店ではほとんど女性の方が購入されていて、そして色違いでリピートされる方が
多いのも特徴的で、デザイン性と被り心地の良さで選ばれている印象を持ちます。
今シーズンはサイズ展開を今までのワンサイズから0と1の2サイズでセレクト。
頭が小さい方にもサイズ0は良い大きさだと思っていますので、心地良いと感じるフィッティングのものを
選んで頂きたいです。

発色の良いprussian blueの色目は、パンツも好評いただいていますが、帽子もまた良しです。
軽やかな被り心地と、ユラユラと波打つようなリムのかたちにも心が躍ります。
ワンピースやブラウスにも合いますし、スポーティな服装に合わせても違和感なく馴染むので
自然と出番が多く家で気軽に洗えるので、もう一つあると良いな・・・となるのも頷けます。

color     light khaki

price      8800-(TAX IN)

SIZE      0    /    1

内側までお気に入りな帽子というのも、なかなか無いのではないでしょうか。
ライニングも毎シーズン異なる生地を貼り合わせていて、被り心地の良さだけに留まらず
ちょっとした細やかな気の利いた仕様にも、選んでしまう理由が詰まっているんだなと思います。
早朝の散歩、小さな山登り、庭の草とり、ちょっとそこまでのドライブなどなど、服装のポイントにも
日よけとしても大活躍の帽子あれこれ。
他のメーカーのキャップ・ハットも様々な色・形並んでいますので、いざ必要となりましたら
ぜひ探しにいらしてください。

5月2日

holk    kang fu pants

color    peal beige(COTTON100%)

price     30800-(TAX IN)

SIZE     3

holk    kang fu pants

color    prussian blue(COTTON54%・LINEN46%)

price     25300-(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3 

color    LIGHT KHAKI(COTTON54%・LINEN46%)

price     25300-(TAX IN)

SIZE     1    /    2   /    3 

昨日までのどんより雲とコートを羽織らないとどうにもならない気候からようやく抜け出して
今日の朝は久しぶりに太陽の日差しで気持ち良く目覚める事が出来ました。
太陽を浴びるだけで自然に体が能動的に動き、入念に家とお店の掃除をして気持ち良くお店を開けています。
明後日4日(水曜日)はいつも通り定休日となりますので、お間違いのないようにお願い致します。

holkからブランドとして定番という位置付けで素材を変えながら展開している、ウエストが総ゴム仕様の
適度なリラックスムードを丁度良いバランスに留めている印象を持つ”kang fu pants”
強撚糸のコットン100%のタイプと、より夏向きな素材として綿麻タイプの2つの素材でセレクトしました。
コットン100%の強撚糸度詰め素材は残りサイズ3のみとなりますが、真夏にいくまでの期間であれば
十分に対応出来る厚みと涼しさだと思います。
一方の麻綿はゴールデンウィーク位から夏に向けて湿度が高くじめっとした気候に合わせるのに、さらりとした質感で
心地良く、コットンの比率がそれなりに多く入るので生地がくったりとなり過ぎないというのも選んだ理由です。

フロントにZIPなどの付属品はつけずに、ミニマムに余計なものは無くしてすっきりと仕上げている印象を持ちます。
お尻周りからワタリにかけてゆったりと設定し、膝から裾にかけて無理のないテーパード。
裾口にも適度なボリュームがあり、ビルケンのサンダルやお店で扱っているオーロラシューズなど夏らしい靴との合わせが
パンツ自体の軽快な素材感とマッチするのは間違いありません。
どんどん季節が進むにつれて、パンツ素材と足元の軽やかさというのは服装の中で見た際に比重が高くなってくるので
トップス以上に、この辺りのバランスを気にすると夏の着こなしが一辺倒にならずに面白味が出てくると思います。

今季の春夏にリリースされたholkの色目がはっきりとしたカラーではなく、くすみながらも明るいニュアンスというものが
穿いてみるととても新鮮。ダークトーンのトップスの着合わせが特に心地良いリズムを生み出してくれると思います。

薄ければ薄いほどに涼しさはプラスされますが、それに伴う耐久性との落し所が夏素材の難しい所。
コットンは強度を増す分、涼しさという点で劣るのでholkのオリジナルで作製されるファブリックは毎シーズン
どの素材を見ても強さと涼しさの2つの機能性をしっかりと確保していて、ウールを得意とする産地ではありますが
春夏で用いられる素材も同様に高いクオリティで展開をされています。

“prussian blue”は後染めのインディゴの様な透明感のあるブルーが印象的な1本。
ブラックなどの落ち着いたトーンとの組み合わせが、どちらも引き立ててくれるような感覚を持ちます。
麻綿素材のサイズ展開は1・2・3の3サイズで、ウエストがイージー仕様なので許容できる範囲は広めではありますが
シルエットの出し方などを考慮すると30インチ・32インチ・34インチのざっくりとした感覚で間違いないと思います。

どうやら明日3日(火曜日)までは涼しい気候で、4日(水曜日)からは25℃近い予報。
目まぐるしく服装をとっかえひっかえしながら忙しい日々になりそうですが、薄手の生地感もそろそろ本格的に視野に
入るタイミングで、holkの気持ち良い素材のイージーパンツはとてもお勧めです。

3月29日

holk    2B JACKET

color    INK

price    46200-(TAX IN)

SIZE    1    /    3  SOLD

今朝の冷え込みを伝えるラジオに耳を傾ける朝。盛岡は-1℃で思っていたよりも寒かった。
因みにいつでも断トツに寒い薮川さんは-10℃。。。流石です。。
冷え込んだ分の反動で日中の暖かさが身に染みて、ビタミンDを補給しに中津川沿いをウロウロと。
川の水も雪代が混じって綺麗なブルーに変化をしてきました。
1日1日と何かしらの変化があるこの季節は、その景色を見ているだけで心が満たされる感覚があります。

前回ご紹介しました“deck pants”と同じ素材を使用したholkのテーラードジャケット。
この手のジャケットは昔ほどは展開しなくなりましたが、気兼ねなく羽織れるテーラードジャケットは
いざ時というタイミングで何かしら役に立つことがあるかなと思いセレクトするようにしています。
僕が選ぶテーラードジャケットは、身頃に絞りが殆どなくて、肩回りの動きが制限されにくいもの。
ですので、作りも見た目もあまりきりっとし過ぎずに何処かラフなムードがあって表現するのであれば
OFF寄りのONスタイルと言えば良いでしょうか。
何処となく掴み処が無くて、着方に関してもジャケットだからと縛り過ぎずに自由にあれこれを
組み合わせられるのが好みです。

パッチポケットが2つにラペル幅を大きくとったデザイン。
袖口は筒袖、バックスタイルはノーベントの飾り気の無さが個人的にはツボだったりします。
素材もコットン100%でシワなどを気にし過ぎずに羽織れるのも、テーラードジャケットのハードルを下げて
気合を入れ過ぎずに袖を通せるのではないかと。スウェットばかり着ている僕でも、この位にまで優しく落とし込んで
くれていると、日常着でジャケットも良いかなと思えてくる位の良い塩梅の作りです。

インナーにゆったり目のholkのシャツを着てもストレスのない着心地。
背抜きの仕様で首裏あたりにキュプラの生地が張られています。
普段の服装がカジュアルで、たまに打合せなどでジャケットを羽織るという方に丁度良いのではないでしょうか。
このニュアンスで探してみると案外難しいのがテーラードジャケットだと個人的には思っています。
お店の中で言えばholkとSTYLE CRAFT WARDROBEあたりが、その微妙なニュアンスを埋めてくれる存在。
数を多く出すことはないと断言出来ますが、毎シーズン1つずつ位はラフ過ぎない緊張感ある服装を
提案していければと。一応洋服屋なので・・・(笑)

サイズは1と3の2サイズ展開。
女性の方にもテーラードジャケットを探すのは難しいかなと思っているので、サイズ1を用意してみました。
同素材のイージーパンツも展開しているので、セットアップのスタイルにもする事が可能。
サイズ3は僕が着て丁度良いサイズなので、メンズのLサイズ位の方に丁度良いと思います。
こちらも同様にパンツもご用意がありますので、いつ訪れるかもわからないけれど案外急にやってくる
いざという時用にセットアップで揃えておくのも良いかなという方に、holkの上下はお勧めです。

holk    regular shirts

color    white

price    25300-(TAX IN)

SIZE    2    /    3 

レギュラカラーのシャツはholkの定番アイテムで作製しているアイテムの1つ。
白シャツですと真っ白を思い浮かべがちですが、ややくすんだ白を表現したいというデザイナーの思いから
先染めで糸を染めてから生地に仕立てています。分かるか分からないか位のニュアンスですが、頭の中にある色を
再現するために一手間いれているというのがとても面白い。

全体的なシルエットはゆったりとした設定。
首元はトップ釦を閉めても苦しくならないような大きさに、生地感も含めドレスシャツとカジュアルシャツの
丁度中間に位置するような存在になると思います。
前立て・ポケットなどの装飾は一切なくミニマムで、身体と生地との間に出来る空間に小さな揺らぎを感じるはずです。
僕は完全に身体を締め付けるような洋服をめっきり着なくなってしまったので、これ位に余裕があると
色々な意味でリラックスしていつも通りの自分でいられるような気がしています。

白いシャツはある程度の年数を着るとどうしたって襟元と袖口の汚れが出てきてしまうもの。
それでも白シャツには白シャツにしかだせない魅力があるんですよね。当たり前ですが・・・
季節が変わるタイミングで白に身を包むと、何だかフレッシュな気分になりますし、この清々しさは
他にはない感覚かもしれません。
holkのジャケットとシャツ。人と逢う事がメインとなるお仕事の方や、少しの緊張感が服装で欲しいという方に
この辺りのニュアンスはとてもお勧めです。

3月25日

holk    deck pants

color    ink

price     52800-(TAX IN)

size     1    /    3

今日は冬眠からようやく目覚めました。。。というお客様がチラホラいらして下さり、長かった冬のトンネルも
ようやく抜け出せたかのような暖かさ。肩の力をふっと抜きつつ、服装も軽めの羽織物に手が伸びるようになりました。
気が付けば3月も今日を含めて残り7日間。自分のペースを崩し過ぎずに、自然と能動的に動ける季節を
其々の価値観と感性で楽しめることを見つけながら過ごせると良いですね。

holkから数シーズン前に一度展開したことのあった”deck pants”ですが、久し振りに作られているのを見て
真っ先にオーダーを決めたアイテム。オーバーオールと位置付けされるパンツですが、いつも思う事は
自分がイメージする形や格好良いなと思えるものと出逢う事が、なかなか稀だということ。
当たり前ですが、先ずオーバーオール自体を作製するメーカーが限られるという点。
その中でも見た目が子供っぽくならずに、本気の作業着に近いきりっとした空気になるものとなると本当に難しい。
そういう視点で見るとholkの”deck pants”は理想としているオーバーオールと言っても過言ではない位に
デザイン性にプラスしてワークウエア本来の匂いを残しつつも、作り込み過ぎない軽快な一面も持ち合わせていて
とても嬉しい。初めて展開した時に購入して下さったお客様がリピートして欲しいと言ってくださったのも
何となく頷ける気がしました。今回は自分用に一枚オーダーしたので、ウキウキしてしまう気候と共に
先ずはスウェット合わせからスタートしたいと思っています。

オーバーオールと一言で言っても、当たり前ですが色々と種類がある訳です。
僕が好きなデザインは釣りをする際に着用するような”ウェダー”の様なニュアンスなんだと思います。
そのイメージを日常着として違和感なく着るというのは、素材選びやシルエットを含めて落しどころがとても重要。
古着を熟知したデザイナーだからこそ、服装として見た際に媚びた空気を纏わずにファッションとして気持ち良く
着られるというのは流石ですし、何事にも共通しますがバランス感覚はとても重要。

素材はコットン100%の強撚糸を用いたしっかりとしっとりとしたオリジナルファブリック。
軽さもあるのですが強さも兼ね備えていて、季節的にもようやくなのか、そろそろなのか手に取りたくなるような
気分になってきました。先ずはインナーにスウェットからスタートし、気候が更に上向いてくればシャツ合わせも
良いでしょうし、最後は半袖のTシャツに薄手のカーディガンなども着方としてお勧め。
今時期は丈の長いコート類を組み合わせて、同素材のジャケットも用意しましたのでパンツスタイルではない
セットアップというのも着方のバリエーションとの1つとして面白味があるのではないでしょうか。

胴回りが包まれていると何となく安心感があって、ポケットの位置も大きさも丁度良いバランス。
アジャスターは3段階で調整が可能で、お尻に負荷のない位置で留めるのがベストです。

color    peal beige

price     52800-(TAX IN)

size     1    /    3 

もう1色の”peal beige”はより季節を先行させてくれるような色目。
ネイビー系の色の組み合わせは言わずもがな。
真っ白という訳ではなくベージュがかった白系の洋服は、想像しているよりも汎用性があり
見ているのと着るのでは感覚が大きく変わる気がします。
主力的なパンツになるというのは難しいかもしれませんが、ベーシックなパンツに飽きがくるタイミングで
着るだけで全く違う服装になりますし、羽織物との着合わせも意外とすんなりといくのもオーバーオールの不思議な魅力。

ようやく服装にもメリハリがつけれそうなタイミングで、やや挑戦的なアイテムになりますが一度手にしてみると
今まで懸念していた何かが払拭されるきっかけになるかもしれませんし、そんなお手伝いが出来ればと思っています。
天気と気温を見ながら、僕もいつから着ようかと想いを馳せております。
4月1日とか、何となく気分が一新する感じで着てみようかな。。。

3月4日

LOCALLY   COTTON/LINEN CHECK STOLE

color     BEIGE×BLUEGRAY

price      29700-(TAX IN)

SIZE      110×190

冬の間には体が欲しなかった食べ物に何となしに手が伸びていたように、この服を着たら自分の中の春到来のサイン!
というのもあったりします。そんなサインがピコンピコンと幾つか鳴っているので、もう冬もラストスパートです。
昨日の吹雪も春に一歩ずつ近づくための儀式の様なものかもしれません。そんな訳で?この週末も雪予報ではありますが
どうぞ春を始める服や小物を探しにいらしてください。


LOCCALYの大判ストールも、今はまだ完全100%ウール素材のものをほぼ毎日欠かすことなく纏っていますが
それがある日急に違和感に思う日があって、コットンやコットンリネンの素材に切り替えたくなります。
その日はまだもう少しだけ先かなと思いますが、そろそろ準備しておいても良さそうです。
これまでは使い勝手の良さを重視してベーシックなお色を中心にセレクトしてきましたが、昨年あたりから
柄や色をポイントにしたいなという気持ちが優ってまして、今回も柄と色が決め手で選びました。
LOCALLYのストールは素材や色・柄違いでお選びくださる方がとても多いので、すでに巻物をお持ちの方にも
気分や服の印象がさり気なく変わる様な、そんな素敵な配色のものをご用意しています。

黄身色っぽいベージュ・薄いベージュ・オフ白の配色に、黒に近いブルーグレーの線を縦横に走らせた格子柄。
色の数は多いですが、どの色も発色がそれほど強く無いので、顔の近くにあっても肌に馴染む感じがします。
コットンリネンの良いところは、適度なハリ感と柔らかさ。使い初めからクッタリしっとりの素材の気持ちよさと
大判でも首に巻いた際に、そこまで盛りっとボリュームが出過ぎないところ。
広げて肩や膝にかければしっかり大判サイズなので、素材が変わってもこの一枚があるか無いかでは大きな差が。
まだまだ防寒対策が必要な場面が幾らでもありますし、アウターがいらなくなった頃にも急な気温の変化に対応できる
ストールはとても頼もしく万能です。
淡い色のシャツやワンピースなどトーンを合わせて纏うのも良いですし、ブラックやネイビーなどのベーシックカラーの
コートの上に羽織れば、たちまち春の匂いが漂います。

LOCALLY  YARN DYE COTTON/LINEN STOLE

color     KHAKI

price      29700-(TAX IN)

SIZE      110×190

結局グレーかネイビーが使うんだよね・・・となってしまう無地のストールも、今回は直感を重視してカーキを選択。
渋さと大人っぽさが絶妙に混ざり合った色味は、とことんクラシックなイメージに寄せて巻いていただきたいです。
差し色としても良いですが、グラデーションのようにベージュやカーキなどの、やや褪せた色味のコートなどに
首元にラフに垂らすのも素敵かなと思います。
雰囲気の良い落ち着いたカーキなので羽織る・巻くという使い道に限らずに、ソファやベッド付近に置いておくなど
室内で過ごす際に肩に纏ったり包まったりしても良さそうですし、目隠し様に吊ってみたり「布」の可能性は
どんどんと広がりを見せてくれます。思っていた使い方ではない使い方が見えた時に、モノとして一元的ではない
部分に魅力を感じた時にこそ愛着や機能美を感じるのではないでしょうか。

長さが190cmというのもポイントで、肩から掛けてもループにしてもなんとなく様になって扱いやすいのがこの長さ。
幅に関してはかなり広めの設定だとは思いますが、そこまで幅があるように感じさせないくらい生地感が軽やかで
柔らかいので、大判といえどもそこまで構えずにお使いいただけるのでは無いかと思います。

LOCALLY  COTTON/LINEN CHECK STOLE

color     DARKBROWN/NAVY

price      29700-(TAX IN)

SIZE      110×190 SOLD

薄手のコートやジャケットでは何となく物足りなさを感じる日に、大判のストールをぐるりと巻くだけで優しさに
溢れる1日を過ごせるのは間違いありません。首裏を防いで温めるだけで体感温度は大きく変わりますし、
バッグに忍ばせて、出したり出さなかったり、1つ1つの仕草も含めてストールの醍醐味だと思っています。
3色共に甲乙つけ難い格好良さ。男性女性問わずにお使いいただけますし、パートナーの方と阿吽の呼吸で
兼用するのにもとてもお勧めです。

PageTOP