3月23日


TEMBEA   POCHETTE

color     NEW CAT

price     7500+tax

SIZE     16×14×8  


color     スイカ


color     PENGUIN


今日は早起きに成功したので、いつもより1時間以上早く家を出て中津川沿いを歩きました。
通勤中の人に中に混ざって、通ったことのない路地など、わざと遠回りをして途中パン屋さんで朝ごはんを調達。
お店について珈琲を入れてゆっくりと落ち着いて朝食をいただきました。
冬の間はまるっと早起きする事を忘れていましたが、心身にとっても良い時間だということを再認識。
いつもと少し行動を変えるだけでも、あたり前のように見ていた日常の景色に変化や発見があったりして、
朝の冷え込みはまだ強いですが、暖かな日差しを感じられる気候になってきましたので、この早起きは続けて
朝の時間をたっぷり使えるようにしたいです。

TEMBEAから、個人的にとても気になっていたアイテムが届きました。
毎シーズン人気の高い中くらいの大きさのポーチ”TOILETRY BAG MEDIUM”に細い紐を付けて、ミニショルダーに
仕立てたバッグは、コンパクトなお財布とスマートフォンなど最小限の荷物を入れて持ち歩くのに最適なサイズ感。
長財布は入らないのですが、3つ折りのお財布であれば収納が可能。
これから気温が高くなってきて、薄くてシンプルな装いになってきますので、バッグで色や柄を取り入れて
アクセントを与えるのにぴったりなアイテム。TEMBEAらしい可愛くも気の抜けたようなプリント柄3種をご用意しました。
今シーズンの新しい柄としてペンギン柄が登場。よちよちと集団で歩く姿を眺めているだけで幸せな気分になります。
そして定番として毎回rasikuでも好評なねこ柄は”NEW CAT”として柄がリニューアルしました。
ねこ達の仕草やポーズが、より一層グッと愛くるしい姿に描かれていますので、こちらも必見です。
ソリッドタイプは洋服に合わせる事をイメージして、差し色になる色目中心に選びました。


内ポケットなどは一切ないシンプルかつミニマムな作り。
持ち手付きのZIPがつくので、荷物の出し入れはストレスなくスムーズに出来ると思います。
ストラップの長さに関しては調整する事が出来ないのですが、長過ぎず・短すぎずの絶妙な長さに設定。
ジャケットやコート類を着ても斜め掛けは可能ですので、旅先での些細な外出時のサブバッグとして使うのも◎
こういったアイテムに関しては、ちょっとした遊び心を持つ事が大切かなと。
必要ないと割り切ってしまえば持つ事はないと思うのですが、心のゆとりだったり面白味を表現する・・・というと
少し大袈裟かもしれないですが、こういった所にその人のセンスが垣間見れると感じるのは僕だけでしょうか。
例えば、服装は男らしいアメカジの着こなしでスイカ・ペンギン・猫柄のポーチを持っているというギャップ!?
奥行というのか、守備範囲の広さと言えば良いのか、フラットな目線でモノを選んで頂けると嬉しいですね。

TEMBEA   POCHETTE

color     BEIGE×BLACK

price     6000+tax

SIZE     16×14×8  

color     GREY×LT YELLOW

color     BLUE×ARMY

color     NEW OLIVE×NATURAL

color     NAVY×SAX

color     GREY×LAVENDER SOLD

ソリッドカラーは、明るい差し色になるような色目を6色選びました。
なかなか色物を洋服などで取り入れるのは難しいという方にも、小さいショルダーバッグであれば抵抗が少なく
コーディネートにも溶け込み易い印象を持って頂けるのではないでしょうか。
個人的にラベンダーの色目は、洋服だと難易度が高く感じそうですがバッグで持つとなると抵抗なく
全体をまとめてくれる印象があります。服装に物足りなさを感じる日に持つのも良さそうです。


昨日に引き続きバッグのBLOGを書いてしまいました。
自分達が好きでセレクトをしているから仕方のない事なのですが、店内は比較的バッグ類は充実している方で
洋服よりも気軽に気分を変えられるアイテムとしてお勧めしたいです。
僕らも普段はプレーンな洋服を好んで着ているので、アクセントというか引っ掛かりが欲しくなる時が多々あります。
色物の洋服も、ここ数年でようやく手にする機会が増えてきましたが、それでもメインで着るのはベーシックな洋服。
小物でも良いですし、靴なんかもそうですが、明るい色目を取り入れると自然と気持ちが前向きになるのは
色や柄が持っている効果だと思っています。
特にTEMBEAの柄に選ぶモチーフと配色センスは間違いなく、ストンと突き刺さる方がいらっしゃると思うので
せひ、気楽にお洋服と合わせてみてください。

PageTOP