3月26日


nisica     ガンジーネックカットソー

color     ネイビー

price     10000+tax

SIZE     1     /     2      /     3     /     4 

color     ブルー

SIZE     1     /     2      /     3     /     4 

昨日は久しぶりにゆっくりとした休日を過ごしていました。
きっとお昼くらいに起きてだらだらと過ごしてしまうと思い、自分にムチを入れ早起きも兼ねて神子田の朝市へ買い出しに。
手作りのブルーベリーのジャム・ばっけ味噌・ゴボウ・サツマイモを買い込んで大満足。
朝はまだまだ寒い(マイナス1度)のですが、朝市の緩やかな活気は身も心も元気にさせてくれる素晴らしい場でした。
お昼くらいまでに細かな事務仕事やらを済ませて、午後は自宅に友人を呼んでお昼ご飯を食べたり、ゆっくりとコーヒーを
入れて飲んだり、雑誌を眺めたりしながら予定を詰め込み過ぎない1日を楽しみました。
少し体調を崩していたうさぎもリラックスしたのか、いびきをかきながら寝ていたりして・・・いい一日でした。

nisicaから長年に渡ってアイコンになっているガンジーネックカットソーとフェイクダブルのカーディガンが届きました。
イギリスのガンジー諸島で伝統的に作製されている、首元がせり上がったセーターを元にデザインされたカットソー。
シンプルながらもインパクトがあり、何処か力の抜けた雰囲気と癖のある感じがnisicaらしさだと思っています。
最初はデザインに抵抗があったとしても着ていくうちに徐々に馴染んでいく感覚が面白いです。
rasikuでもリピートして色違い・素材違いを購入して下さる方が多くいて、定番アイテムとしての地位を築いています。


昨シーズンから生地が今までよりも薄いものに変更をされていて、以前のSAINT JAMESのOUESSANTの様な厚地の
素材感からさらりとした天竺に生まれ変わっています。
好みは人それぞれにあると思いますが、春夏に関して言えばこれ位の生地感が肌馴染みも良く手に取り易いのではないかと
想像をしています。長年に渡り同じものを変わらずに作り続けているブランドだけに、その時の気分によって素材感を
変えるのは必然に感じますし、年齢を重ねるにつれて優しい素材に惹かれるてしまうのは私だけではないはずです(笑)
色は定番色のネイビーと春らしい色目が気になったので「ブルー」を選びました。
水色よりもターコイズブルーに近い色目は単品で見るよりもコーディネートして着てみると、案外すんなり馴染み
顔周りが明るくなるので、ぜひ挑戦して頂きたいです。


nisicaのガンジーネックカットソーを最初に手にしたのが、24歳とか25歳くらいだったはずなので
何だかんだもう10年以上前の話。その当時は今よりもかなり痩せていたのでサイズ3をゆったりと着ていましたが
現在はサイズ4で丁度良い感じ。同じアイテムを選んでも、体型というのか体つきが変化しているのでそれに合わせて
サイズや着方も変わらなそうで変わっている。そんな事も含めてnisicaのガンジーネックカットソーは思い入れがあります。
インナーにオックスのBDシャツやブロードのチェックシャツを合わせてセーターの様に着ていた時期もありましたが
今はシンプルに1枚で着るのが好みですね。


着ているだけで自然と目を惹くデザインで、決して奇をてらうような雰囲気で作製している訳ではありませんし
当たり前の日常着としてお洗濯も気を使わずにある程度タフに着る事が出来るのもnisicaらしさだと思います。
ユニフォームではないですが、色違いや素材違いを集めてローテーションを組んで着こなす事も同じものを
作り続けられているからこそ可能です。今季の新色でリリースされた「ブルー」は、袖を通しただけで気持ちが
前向きになりそうですし、春の柔らかな陽射しが似合う色目だと思います。
いつも穿いているデニムやチノパンなどに合わせて、足元はキャンバス素材のローテクスニーカーや
ビルケンシュトックなどのサンダルが気分的にもしっくりとくるのではないでしょうか。

nisica     ダブルボタンカットソー

color     ネイビー

price     15000+tax

SIZE     1     /     2      /     3     /     4 

胸についた2つのフェイクボタンと小振りな襟の形状、このユニークなカタチもnisicaの得意とするデザインの1つ。
選んだ生地はガンジーネックカットソーと同素材で、インナー使いも出来るのですが春のコートを脱げそうなタイミングで
丁度良い羽織物としても重宝しそうです。カットソーと比べると腕周りと身頃のシルエットは少し余裕を持たせているので
シャツ合わせで着るのもお勧めです。


アシンメトリーな位置に取り付けられた釦。大き目のパッチポケットが左右に付きます。
カーディガン・・・シャツジャケット・・・、捉えどころがなくて、はっきりと断言出来ないのもnisicaが作る洋服の
特徴になるのかもしれません。僕の中ではカーディガンジャケットという認識です。


布帛ではなくカットソー素材というのがポイントで、動きが制限されにくく着易さに繋がります。
汚れが気になったらお洗濯も用意ですし、気を使わずに着れる羽織物はワードローブの力強い1枚になってくれるはずです。
色目は汎用性の高さを重視してネイビーをセレクトしました。インナーは白や生成などの明るい色目が好相性で
rasikuで提案をしているohh!のカットソーと合わせると着心地も含めて、病みつきになるのは間違いありません。


着る人の個性を少し引き出すような感覚のnisicaの洋服。
分かりやすくお洒落に見えたりする訳ではなく、あくまでもさり気なく、けれども趣味の良い洋服だなと思わせてくれる
控え目に主張してくれる所が好きです。今日も私服でnisicaのベストを着ていますが、程よくアクセントを与えて
くれていて、普通だけれども引っ掛かりがあるというのか・・・
段々と渋いオーラが出てきているような方に、着て貰えたらとても似合うだろうし格好良いだろうと想像をしています。
どちらもフルサイズ(1~4)までご用意を致しましたので、是非お試し頂きたいです。

PageTOP