2月13日

JUJUDHAU  EAZY COAT

color     CHINO BEIGE

price     31900-(TAX IN)

SIZE     FREE SOLD

気合いを入れずに穏やかな気持ちで外へ出られるというしあわせ・・・
そんな事を思ってしまいたくなる位に、暖かく柔らかな日差しを感じる週末の土曜日。
決して寒くない訳ではないのですが、ホッと出来る時間があるだけで身心が救われる気持ちになります。
ここからまた寒い日・暖かな日を交互に繰り返しながら、待ちにまった春の訪れとなる北東北。
もうあとひと・・ふた踏ん張りといったところでしょうか。

こんな気候ですと外との気候にギャップを感じずに意気揚々と春物のご紹介が出来ます。
JUJUDHAUから、このようなまだ安定しない状況下ですが無事に春夏便が届いております。
定番アイテムとして展開をし続けている、1枚仕立ての気軽に羽織れるコートとジャケット。
rasikuでは今までどちらも相当な枚数を販売してきましたが、お客様がお店に来店される際に着用している方が
多くいらして、そんな姿を見かけてしまうと、日常着として着易く申し分のない作りだなと改めて思います。
やっぱり良いものは良いんだよなぁ・・・という気持ちで色と素材を厳選してセレクト。
シーズン毎に生地の変更はありますし、同じ製品だとしても春夏・秋冬でリリースされる生地感や色目の変化で
着方や使い勝手の印象も変わりますので、素材違いや色違いで着まわしてみるのもお勧めです。

合理的に一切の装飾や飾り気のない削ぎ落された印象を持つ”EAZY COAT”
個人的にはステンカラーコートとカーディガンを組み合わせて出来た様な印象を持っていて、生地の落ち感などを見ると
格好良さをしっかりと持ち合わせた摩訶不思議なコート。この手のコートはどちらかと言うともう少しナチュラルな
空気感が強く出ているのを見る機会が多く、そのちょっとした違いを上手く説明出来ないのですが・・・
ラフな着心地ながら、すっと背筋が伸びる様なコートらしい一面を感じるのは変に着易くとか可愛さという事を
考え過ぎずに作られているからかもしれません。ネパールの職人がパターンを引き、縫製まで全ての工程を
現地で行う事によって生じる他にない空気を醸し出す服は、やっぱり不思議という表現に落ち着いてしまうのです。

首元はスタンドカラーの様な井出達で、肩線はドロップした位置に付きます。
インナーに合わせるとすれば中肉のカットソー位までになると思います。
ポケットはスラッシュの形状で表側に一切何も付かないというのがポイント。
このコートを羽織る時期はまだ風が冷たいはずですので、ウール素材の大判のストールなどを組み合わせながら
季節の狭間の装いを楽しんで頂きたいです。

JUJUDHAUの選ぶチノ素材は、中肉でしっかりとした厚みと張りがあって仕立ては1枚ですが安心感が持てると思います。
きちんとした作りのコートを既にお持ちの方や、メインではなく気分に応じて着れる1枚をお探しの方に特にお勧め。
気兼ねなく汚れたらお洗濯をしてといった具合に、日常着として思う存分着れるのが一番の良さではないかと。
こういった羽織物は何枚ワードローブにあっても困らないですし、選んだベージュは着回しが最も効く色目でもあり
きちんとした印象も与える事が出来ますので、何処に行くにも困らず手に取れるコートではないでしょうか。

JUJUDHAU  POCKET JACKET

color     CHINO BEIGE

price     35200-(TAX IN)

SIZE     FREE

同素材で選んだ、こちらもロングセラーの1つ”POCKET JACKET”
フロントに叩きつけれた大きなポケットが特徴の羽織物。
ミドル丈のジャケットですが、所謂のジャケットではなく、インナーの相性をそこまで考え過ぎずにさらりと
羽織るだけで良いのが、この”POCKET JACKET”の懐の深さでもあり人気の理由だと思います。
カーディガンを着るイメージでも良いですし、ジャケットを羽織る感じでも、どちらの感覚にも当てはまる
他には代えが効かないアイテムになるのではないでしょうか。

肩のラインは”EAZY COAT”と同様に下がった位置に付きます。
袖は身長166cm普通体型で心なしか短く感じる丈感。写真の様にインナーの袖が覗いていても違和感なく
暖かくなってきたら七分袖などのカットソーやワンピースなどに合わせても良いと思います。
この辺りは身長などもあまり気にならない部分だと思います。

洋服には様々な役割や着こなしがあると思うのですが、勿論張り切って服を着る日も無くはないものの
今の日常を大事にすると考えた際に、重要視するのは自分自身が心地好いと思えるかどうか。ここ数年は
そんなイメージを軸にセレクトをするようになりました。
JUJUDHAUの今日ご紹介した2型はそれにぴたりと当てはまる万能さを兼ね備えた洋服で、誰に逢うにも
何処に行くにもリラックス出来、それでいて心が軽く弾むような要素がある服。というのを実現しています。
困った時の1枚ではないですが、頼りになる羽織物でありワードローブを見てもなんだか選べず悩ましい時など
そんな隙間を埋めてくれるのは間違いありません。

EAZY COATもPOCKET JACKETも、自分達も好きで選び続けて実際に着ていて良いなと思えるまさに
「定番」でありお客様からも購入後に万能さを共感していただく機会も本当に多いので、これは満場一致で
「好い服」だと言いきれるなと思っています。
そのシーズンによって選ぶ生地・色も変わりますので、もしどこかのタイミングで気になっていた方だったり
今この瞬間に気になられた方がいらっしゃいましたら、ぜひ足をお運びいただけたら嬉しいです。

PageTOP