12月15日

JUJUDHAU   P.O DRESS  

color     GRAY CHECK

price      35200-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

これまでの水分を含んだぼた雪とは明らかに違って、粒の細かい乾いた雪が朝からしきりに
降り続いています。これはとても気温が低いということですね。
昨日の定休日も、午前中はけっこう激しく雪が降っていたので、恒例の温泉は断念しまして
久しぶりにほぼ1日ゆっくり家で過ごしました。おかげで12月18・19日(日・月)に開催される
“合同フリーマーケット”の準備がはかどったので良かった。会場は紺屋町の6JUMBOPINSさんです!
お誘い合わせの上、掘り出し物を見つけにいらしてくださいね〜〜。

こんな雪の日はあたたかい毛のものを・・・と思いましたが、実はまだご紹介していない服や小物が
幾つかありまして今年のうちに出来るだけ、BLOGにアップしていきたいなーっと思っております。
という訳で、久しぶりにJUJUDHAUのワンピースを。

ウール50%×コットン50%のポコポコっとした表情と、カサっとドライな軽い質感がとても気になって
ボトム・ワンピース3型とコートと、今季一番多く選んだのがこのGRAY CHECKの生地です。
定番で展開されているものとは違って、そのシーズン毎にリリースされる生地でこれは良いなと思うと
どうしてもそっちに比重が偏ってしまうもので、現在このGRAY CHECKがズラーっと並んでいます。
その中から選んだP.O DRESSは今回初めて選んだかたち。
スタンドカラーなのか寝かせていいのか、どちらにしても良さそうで少し迷ってしまうような襟型と、
コートのような大きなボタンが一つぽんっと置かれた胸元。
実際に着たときの印象もコートの雰囲気にも近い感覚がありますが、前開きではなくバサッと被る仕様で
肩や袖のスッキリとしたシルエットに、最終的にはやっぱりワンピースなんだなと落ち着きます。
タイトな訳ではないですが、緩くなく微かにキリッと引き締まった気持ちになる、そんなワンピースです。

ドロップした肩線から袖先までは比較的細めの設定です。
このP.O DRESSに関しては、上半身の身頃から裾に向かってもまっすぐストンとしたかたちをしています。
薄手のインナーであれば中に重ねられるので、もう一枚!という場合はワンピースの上に暖かい羽織を
組み合わせるのが良さそうです。袖がすっきりしているのでカーディガンやジャケットにベストなど
上着の選択肢の幅は広く出せるので、何事もどちらにしても良し悪しというか、それぞれ感じることがあり
それがフィットする方が必ずいらっしゃるので、先ずは試していただけたら良いなと思います。

襟の様なもので首裏が覆われているので、これだけでも仄かに暖かく感じますし
薄手のタートルを中に着て、ざっくりのアルパカウールのカーディガンを羽織ったりでもすれば
これでもう冬でも完璧では無いでしょうか?あまり厚手のものをたくさん着たくないという方は
空気の層を作ったり素材の特性を活かしながら、軽やかさと暖かさで身を包んでみてくださいね。
あとは動いて血流を良くするなど、内側から温めもお忘れなく。

JUJUDHAU   BOX LONG DRESS  

color     GRAY CHECK

price      36300-(TAX IN)

SIZE      F

同じ素材で選んだもう一型のワンピース、BOX LONG DRESS。
こちらはもう季節問わずに何度も選んできた、とても好きなデザインのワンピース。
詰まった丸首に、首裏で留める小さな釦。フロントは、というか全体的にとてもシンプルで
特別にここのこれが良い!といのがある訳では無いのですが、のほほんとした穏やかな空気を
纏っている感じが良くて、ひとつ挙げるとすれば身頃と袖口の切り替えの位置がとても好きです。

きゅっと詰まったクルーネックには、タートルも合いますし短いマフラーも美しいスカーフも
ネックレスもブローチも合います。首元から胸元に釦やポケットなど装飾が一つも無いので
顔まわりがすっきり見えるのも良いのです。アクセントになるものを一つ二つ付けても良いですし
もちろんそのまま何もせず、シンプルに着るのもおすすめです。
また身頃もゆったりとしているので、着心地はとても気楽。袖先がこれまたキュッと絞った様な細さですが
着てみると意外と袖自体は窮屈でも無く、全体を通してリラックス感があります。
思ったよりも細い、思ったよりも楽が、着てみるまで分からないところもJUJUDHAUの面白さ。

お色はぐれーよいうよりはブラウンに近い細やかなチェックで、オフホワイトやベージュ系の色目とも
相性が良いですし、ベーシックなカラーでしたら悩まず着合わせられるお色だと思います。
冬はどうしても色目が重たくなりがちなので、ぜひバッグや巻物・靴下・アクセサリーなどなど
色を添えながら、気持ちが明るくなる様な装いをお楽しみいただけるといいなと思います。
またインナー・ボトムのトーンと素材を変えることで、秋・冬・春の3シーズン着ていただけます。
ウール×コットンで保温性と耐久性のバランスの取れた、ユニークな質感のチェック生地。
他のモデルと合わせて、ぜひ店頭でおためしあれ。

PageTOP