11月8日


SEA SALT     MANT

color       GREY

price       34000+tax

SIZE       2  

立冬。家の周りを囲う小さな庭も、カラフルな落ち葉の絨毯が敷き詰められ。
落ち葉をせっせと集めて土に混ぜておく事で、来年の家庭菜園のための土が良くなりますようにと願いつつ
がらんとした庭がちょっと寂しいなと思ったりしながら、冬支度をぽつぽつとはじめています。

神奈川県の葉山を拠点に展開している”SEA SALT”のお洋服。
凛とした気配を漂わせつつ、海が近くにある事で生まれる雄大で開放的な明るさを併せ持った服。
デザイナー自身がマーガレットハウエルに所属していた事もあって、インポートの良質な生地を用いる事が多いのも特徴。
オーダーをした”MANT”もイタリアで1950年代から続いているファブリックメーカーのモノで、自社で染色・紡績・紡織
全てを行える環境で、その中でも冬物に使われるオーバー生地は特に品質が高いと支持され続けています。
ポンチョ自体はそう珍しくないと思うのですが、着るとどうしても子供っぽくなってしまったり、素材が厚いニットで
作製されていたりで使い勝手がどうかのかな・・・と想像が難しく、あまり展開をしてきませんでした。
一番良いと思えた点はカーディガンの代わりにもなり得る生地の厚みと質、それとインナーとの干渉や肩や袖の可動域を
気にせずに着用が出来る事。ざっくりとしたコートを羽織ってしまえばミドルレイヤーとしても重宝する1枚に感じました。
凄くシンプルな構造ですが作り込みもしっかりとされているので、想像するよりも使い勝手の良い印象があります。


首回りは内側に釦を掛けてから外に出ている釦を留める構造。アシンメトリーな位置に釦が付くのもデザインとして〇
袖を出す部分にもアジャスターが付きますので、空いた穴から袖を出して着る仕様になります。
これがある事によって袖のバタつきが抑えられて、スタイリッシュな印象になります。
布を纏うような感覚はいつもと違った着心地や着こなしが楽しめると思いますし、インナーダウンなどと同じ使い方で
見え方が全く違うものになるので新鮮に映るのではないでしょうか。


切りっぱなしのようなデザインですが、ステッチをかけているのでほつれたりする心配はありません。
ワンピースの上からざっくりと着るのも良いでしょうし、シャツ1枚だけでは季節的にも物足りなくなってきましたので
丸首から襟だけ出して着る事によって、保温性がしっかりと確保出来て着回しの広がりが出てくると思います。


圧縮ウールは中肉でしっかりと目が詰まっていて軽い素材ですので、秋口と春先にはアウターとしても十分に使えますし
そこまで嵩張らないので重ね着にも向いていると思います。
カーディガンとベストの良い部分を足したような使い道の広さと、デザイン的な面白さを着こなしに取り入れて
頂きたいですし、少しマニアックな素材やブランドならではの空気感も感じて貰えたら嬉しいです。

SEA SALT     FULL SILHOUETTE COAT

color       NAVY

price       48000+tax

SIZE       2  

昨年も展開をしましたニットのジャケット的な役割を果たしてくれる”FULL SILHOUETTE COAT”
素晴らしいデザインと素材だったので、今シーズンも引き続きセレクトをしています。

羊の毛の世界的な産地でもあるオーストラリアのジロン地方で作製されているメリノウールは、品質が最も高いと
されていて肌触りはカシミアと間違えるくらいの柔らかでしっとりとしています。
「FULL SILHOUETTE COAT」に用いているウールは、生後6か月以内に採取した子羊の毛のみを使用。
“エクストラファインラムウール”と呼ばれていて、その中でも18.5~19MICのみを厳選して作製する事により
一切のチクチク感のない肌を包み込むようなタッチを実現しています。
実際に触れて頂ければ、品質の良さは他のウールとは明らかに違う事を実感して頂けると思っています。
様々なウールに触れてきましたが、ここまで質の高いものに出逢うのは滅多にありません。


フロントは釦などの付属品が一切ないミニマムな作りに落とし込まれています。
素材の持っている良さをダイレクトに表現したデザインで、ただ着ているだけで生地全体が柔らかく落ちていく感じが
写真からでも伝わるように思います。
しっかりとした肉感があるのですが、見た目程の重さは感じず、アウターニットとして活躍する1枚です。


肩線はドロップした位置に付ける事でストレスのない着心地を実現。
インナーの厚みを気にせずに着用が出来るので、ジャケットライクに着るのも良いでしょうし車移動がメインの方でしたら
コート代わりとしても十分な役割を果たしてくれると思います。


カラーはネイビー1色のみの展開。メーカー自体もこの色のみしか作っていません。
遠目からは単色に映りますが、良く見えると幾つかの色の糸が複雑に入っていて立体感のある美しい色。
ひらっと捲った先に目に留まるのは小さなコインポケット。
何を入れようかとにやりとしてしまう遊び心のあるディティールは実用性があっても無くてもワクワクします。


SEA SALTの服はこれみよがしに上質さを前面に押し出すわけでもなく、何気なく触れたり着てみた時に
“あ、すごく気持ちが良いな”とか”このギャザーの入れ方は細かくて綺麗だな”など気づくようなことが多く、
自分達自身も知れば知る程、素材やデザインの奥深さとそれを感じさせない悠々とした雰囲気の魅力に
染められていくような気持ちでいます。
秋冬はそこまで多くは展開していませんが、少し前にご紹介した”GARTER STITCHED CARDIGUN”も同様に
ウールの良質さと、さらりと気負わずに着られる万能さは確実に重宝する一枚になりますので、
お試しいただければと思います。

PageTOP