11月2日


MITTAN  ウールニットロング羽織

color    黒灰

price    33000+tax

SIZE    2 


今日は気温は低かったのですが、カラッとした太陽はと青空に絶好のお出掛け日和となりました。
月曜日は文化の日の振り替え休日で3連休。
これだけ気候が良いと日差しを浴びに自然と外に出たくなってしまいますね。
街中でもイベントが開催されていますので冬になる前の良い休日を過ごして頂けたらと思います。

rasikuにも今シーズンの秋冬の最終便でオーダーをしていたコートやニット類が届き始めました。
その中からMITTANの新作でリリースされた”ウールニットロング羽織”は、繊細で上質な糸を用いる事でウール特有の
ざら感の一切ない羽織に仕上げています。ウズベキスタンの民族衣装「チャパン」などからデザインのイメージを
起こし、身体のラインに沿って流れる様に美しいシルエットを表現しています。
中肉の素材感ですのでアウターとしてもインナーとしてもどちらにも対応出来る万能な1枚になってくれると思います。


素材は繊維の細い上質なウール糸と強撚したウール糸2本とを撚り合わせた3本撚りの糸を使用。
袖を通してみるとストレッチが入っているかの様なキックバックがしっかり感じて頂けると思います。
生地が伸びたり垂れるのを最小限に防ぎ、大きな型崩れが出ないような役割をこの良質な素材が果たしてくれます。
編地はしっかりと目が詰まっているのに触り心地はとろりと柔らかく、このテンションでこの生地感は新感覚。
柔らかなニット素材のロングカーディガンは、着用を繰り返した際に縦伸びしてしまい見栄えが崩れてしまう事が
どうしても気になってしまい中々セレクトできませんでしたが、このニットに触れた時の強さとしなやかさに
驚かされ素晴らしい素材である事を確信しオーダーを決めました。


前立て・袖口・裾は切り替えを入れたデザイン。手を下ろすと丁度良い位置に切り込み式のポケットを完備。
肩は程よくドロップした位置に付ける事により、動きを制限せずにストレスフリーな着心地を実現しています。
アームも程よく太く設定をしているので、シャツなどを合わせた際にも引っ掛かりは感じずにスムーズに着用が可能。
シャツにさらりと合わせるのがベターで、中肉くらいのカットソーと組み合わせるのも好相性に思います。
お尻がすっぽりと隠れる長さは安心感がありますし、薄手のコートの様な役割も果たしてくれるはずです。


様々な素材を独自の発想からより良い物へとアプローチするデザイナーの姿勢は、着用を繰り返す程にじわじわと
実感して頂けるとはずです。今回のニットが出来上がったのも生地開発に携わっている工場の方が
普段からMITTANの洋服を好んで着ていて、デザイナーと工場側の双方が出来る事を最大限に引き出し合い
更に良い物を作り上げたいという気持ちがあるからこそだと思います。
ハンガーに吊るしてある状態ですと何となく通り過ぎてしまうそうなプレーンな表情ですが、これだけ品質の高くて
着心地の良いニットロングカーディガンは、他にはそう見つからないと思います。

color    濃紺

SIZE    2 SOLD 


女性の方が着慣れているイメージが強いロングカーディガン。
ワンピースなどの丈の長いものと合わせると、納まり具合は抜群に良く重宝するのではないでしょうか。
サイズは2のみの展開で、生地のドレープが綺麗に見えるゆったり目のバランスで合わせる事でニットの柔らかさが
より引き出されるので、身長などはあまり気にせずに袖を通して頂きたいです。


MITTANは現代の民族服をテーマに物作りをしていますが、一見すると独自の世界観が強く出ているように
映るかもしれません。僕自身は普段着ているようななんて事のないカジュアルな日常着に、アクセントとして
取り入れるのが好みで、全身でブランドのイメージやらしさを表現する事は殆どありません。
1枚の布を羽織っている様な感覚が面白く、他には出せない個性がきらりと光るものを如何にして自分なりの着方と解釈で
落とし込んでいけるのか・・・という人と洋服との距離が少しずつ近くなってくる時間がとても楽しいと思っています。
最初は似合わなかったりイメージと違っていたとしても、それがいつの間にか慣れてきて欠かせないものになってくる
その過程と経験が大切ではないかと考えています。
似合うか似合わないのかも勿論重要ですが、それ以上に着てみたいかどうかを大切にして選んで頂ければ、
今までと違った景色や感覚が手に入れられると思っています。
MITTANが作るロングニットカーディガン。着てみたいと思っていただけたら嬉しいです。

PageTOP