2月8日

SUSURI    ヘムレンシャツ

color     predawn blue

price     25000+TAX

SIZE     1   /   4 

晴れているのに今日の気温は一日ずっと氷点下・・・。室内もなかなか暖まりません。
なぜ?と聞きたくなってしまいますが、それが岩手・盛岡なのです。。。
それでも店内には光が入り明るいので、シャツをご紹介したいなと思いました。
昨秋にも展開させて頂き大変ご好評いた、SUSURIが変わらずに作り続けているヘムレンシャツ。
自分達も一着を共有して着ていたのですが、個人的にはサイズが大きくゆったりなこともあって
こんなに身体が楽に動けて心地好いシャツは久しぶりというか、はじめての感覚で驚きました。
片やもう一人は、いつもとは少し纏う雰囲気が変わるのかお客様からの反応が良かったり。
サイズ1とサイズ4の全く異なる2つのサイズ感ですが、あえて大きいサイズを選んで着てもオーバーな
雰囲気になり難い点で、このシャツの秘めているポテンシャルの高さを感じて頂きたいです。

ヘムレンシャツを語る上でポイントになるのは、表面にステッチが殆ど出ていない点。
両脇部分やカフスなどほんの僅かにステッチが走る以外は、織り伏せ縫いを多用し高級なドレスシャツに
匹敵する縫製技術を駆使しながらも、生地の選び方と染色で程良く肩の力を抜いた雰囲気に落とし込んでいます。
今シーズン選んだ”predawn blue”は、ネイビーとパープルを混ぜ合わせたかのようなオリジナルカラー。
少しずつ日の出時間も早まってきてはいますが、6時でもまだ外は暗く。そんな夜明け前の静寂な青さを
イメージした色は、太陽の陽射しが気持ち良く感じられる季節には自然光でより深みが映えるように思います。

もう一つ大きな特徴として、背中にかけて膨らみのある立体的なシルエットを構築している点。
背中の曲がったおじいさんをイメージして意図的に作られていて、実際に着用をするとより膨らみを感じて頂けるはずです。
生地の分量を多く使ったシャツですが、足し引きがとても上手で決してオーバーサイズで作られている訳ではありません。
ワークウェアなどに見られるような作る工程を単純化する為にざっくりと生地を使った洋服と、ミリ単位で緻密に計算され
着地をイメージしながら生まれる洋服、どちらも其々に良さがありますがヘムレンシャツは生地を贅沢に使用しながらも
何処か洗練されていて、且つ着る人の気持ちを軽やかにしてくれる作用をプラスするシャツだと思っています。

ヨークには細かく寄せられたギャザーとブランドのアイコンにもなっているループ。
日常使いの中でも、気持ちを上げていきたい時や特別な時間を過ごしたい時などにドレスアップしなくても
気分を高めてくれる存在になるのは間違いありません。私たちがSUSURIの洋服をお勧めするのには
そういった理由もあって、心のメリハリをご自身で付けられるのも良さだと感じています。

着用サイズは4になります。背が高かったり体格の大きい方でも着用して頂けます。
イメージはメンズのM/Lサイズぐらいでしょうか。サイズ1を着ると着丈がすっきり見えてジャストよりも
ややコンパクトな着心地に感じるのでレディスのM/Lになります。前回もBLOGに記載しましたが
サイズ1を小柄な方が着ると、着用画像のようなお尻に掛かるぐらいの着丈・袖の余り感になります。
どんなシーンで着るかにもよりますが、肩や袖がぴったりと合うシャツとはまた別に、その時の自分の気分に
しっくりと来るようなシルエットやサイズ感のシャツの良さというのもあるので、春に向けてシャツの新調を
考えている方にぜひお試しいただけたら嬉しいです。

PageTOP