6月8日

FUJITO    B.B CAP

color     LIGHT BLUE

price     11550-(TAX IN)

SIZE     FREE SOLD

個人的に一年を通して素材違いで被り続けているFUJITOの8枚剥ぎのベースボールキャップが
今シーズンもカラーバリエーション豊富に届きました。
ブランドとしてもアイコンになりつつあるキャップですが、自分でも他にも色々と帽子を被る中で何でこんなにも
ストレスなく被り易く、更に見た目のバランスが良いのだろうと考えていました。
他との決定的な違いとしては、通常のCAPは大抵が6枚剥ぎが殆どですがFUJITOの作るキャップは
8枚剥ぎという点。細かく生地を繋ぎ合わせる事で、より頭に沿うようなシルエットになり被った際に何処にも
浮きがなくフィットする感覚を知ってしまうと、色違い・素材違いでどんどん集めたくなってしまいます。
プラスして内側にスレーキが貼り付けられていて、仕立てが2枚という点もポイント。
これは見た目にも大きく関わってくるのですが、生地と生地の間に空気が入る事でふんわりとした質感になり
エレガントでカジュアルに振り過ぎない仕上がりになります。

color     BROWN

price     11550-(TAX IN)

SIZE     FREE

color     SAX

price     11550-(TAX IN)

SIZE     FREE

このCAPに関して言えばファッション性という部分も勿論あるのですが、ツバの長さがあるので陽射し避け対策としても
効果を発揮してくれます。通年被れる素材感と、今季は涼し気なシアサッカーの3種の生地でご用意しました。
先ずはという方は通年素材がお勧めですし、2個目とか季節感が欲しいという方はシアサッカーはとてもお勧め。
特にこれからの季節はTシャツなどのさっぱりとした服装がメインになってきますので、CAPでアクセントを入れたり
コーディネートの寂しさを埋めるのにはとても便利なアイテム。
ここ数年の夏の暑さは身体への負荷が大きくかかるので、体調をコントロールする意味におていも帽子は必須。
そんな時に1つでもお気に入りのものがあればあれこれ考えたり悩んだりせずに、すっと出掛けられると思っています。

通年素材としてお勧めなのが”LIGHT BLUE”
コットン100%の中肉よりもやや薄手の素材感で、癖が少なく季節に関係なく被って頂けると思います。
白やグレーの何てことのないTシャツに合わせて頂けると、シンプルな着こなしに色がプラスされて
キャップが全体を上手く纏める役割を果たしてくれるので、個人的にとてもお勧めしたいスタイルです。

シアサッカーは夏に登場する涼し気な素材ですが、洋服となると取り入れるのが案外難しかったりします。
実際に僕もシアサッカーの洋服は持っていないので、帽子であれば取り入れやすいのではないかと。
当たり前ですが理に適った清涼感のある素材なので、被っていても蒸れにくく季節の表情を
出すのには打って付け。これは勝手なイメージですが、何となく心に余裕を感じる素材ですね(笑)

FUJITO    Panama Hat 

color     BLACK

price     27500-(TAX IN)

SIZE     FREE

昨年に引き続き、今シーズンは色目を”NATURAL”から変更し”BLACK”で登場の”Panama Hat”
より季節を感じる素材でもあり、パナマ草100%を用いる事での高級感と機能性は間違いありません。
そしてこのハットの一番の特徴でもあるクラッシュをして持ち歩く事が出来る点。
もう少し柔らかく細い繊維でペーパーハットと呼ばれるものはクラッシュがし易く持ち運びに便利なのは確かですが、
FUJITOが作るハットは、このボリューム感で折り畳みが可能という点が素晴らしい。
私も夏場に旅に出る際には必ず持って行くアイテムの1つで、B.B.CAPを被って、現地に着くとPANAMA HATで
過ごすというのが定番スタイルになっています。バッグに丸め込んで持ち歩けるのはとても心強くそして機能的。
天然素材が持っている特性を実感出来るのは間違いありません。

頭周りの大きさは大よそで58CM位でしょうか。素材の特性上、多少の伸びはあると思います。
カラーがBLACKになると、服装と合わせた際によりクラシックな印象が強く感じます。
1つ目というよりは、複数個持ちたいという方にお勧めしたいカラー。

洋服もそうですが、身に着ける帽子やバッグ、足元の靴もいよいよ夏らしいものの出番が増えてくるようになりました。
その日の気候に対して、服装や身に着けているものがマッチした時の快感と心地良さは何とも言えない喜びがあります。
帽子は被る被らないが分かれるアイテムではありますが、ここまで気候が変化して鬼気迫る状況になると話は別。
似合うかどうかも重要ですが、それで少しでも暑さから身を守る事が出来、身体の健康が保たれるのであればという
気持ちもありつつ。これなら多少値段が高くても被っても良いなと思って貰えるものを自分でも着用をして
セレクトしている自負はありますので、少しでも興味や被ってみたいという気持ちが湧いて頂ければ嬉しいです。

PageTOP