INFO

昨日もBLOGでお伝えした通り、明日12日(水曜日)から5日間お休みを頂きます。
リフレッシュして、17日(月曜日)から通常営業でスタートしますので、お間違いのないよう宜しくお願い致します。

5月12日(水曜日) 定休日
  13日(木曜日) 臨時休業
  14日(金曜日) 臨時休業
  15日(土曜日) 臨時休業
  16日(日曜日) 臨時休業
  17日(月曜日) 通常営業 10時30分~18時迄

5月11日

homspun    リネンバイオ ギャザーSK

color      ライトパープル

price      31900-(TAX IN)

SIZE      S    /    M

思いがけず?気候の良い日が続いている盛岡です。が。
朝と夜に関しては、まだ涼しいというよりはぶるっと肌寒く感じて、悩んだ末に灯油を買いました。
お湯を湧かしたり、洗濯物を乾かしたり、煮炊きをしたりと家でも店でもフル稼働で大活躍のストーブ。
暖かいというだけでどれだけ心救われたことか・・・本当にお世話になりっぱなしです。
室内では未だそんな様子ですが、一歩外へ出てみれば草木はぐんぐん伸びていて、もうすぐ膝上に達しそう。
今朝は遊歩道に虫もたくさん出てきていましたし、夏の気配はそこかしこに感じられるのですね。

そんな爽やかな気候に誘われて、homspunから毎年リリースされるリネン素材のアイテムをご紹介します。
いつもはワンピースで選ぶことが多かった生地ですが、今回はシルエットの良いスカートに心惹かれて
意外と自分が思い描くスカートとの出逢いは貴重だったりするので、これは!と思いセレクトしました。
色は2色で、サイズは長さの異なるSとMの2サイズから。
(画像ではMサイズを着用)
涼しいのはもちろんの事、この生地ははじめはパリッとしたリネン特有の張りが感じられるのですが
着用を繰り返すことでしっとりとした柔らかさを帯び、それでいて生地の強さは増したような風合いへと
変化していくのです。相反する質感を兼ね備えた上質な生地で仕上げた、大人な夏のスカートです。

ウエストの仕様は総ゴムで、気負わず穿けるシンプルなギャザースカート。
ちょっと中心に寄ったユニークな位置のポケットには、密かに美しいフリルが施されています。
ギャザースカートにフリルのポケットと、言葉の並びとしては可愛らしいスカートを想像しますが
homspunが作り出す可愛いさは一味違うというか、とてもチャーミングでありながらピリッと引き締まる
要素がしっかりと含まれている様に感じます。
ギャザースカートの場合は出来ればあまり広がらない方が好みで、ウエスト位置によって着丈の調整が
多少出来るようにウエストは適度な強さの総ゴムで、動き易さも重視して膝下から少し長めだと嬉しい。
まさにそんな理想を叶えてくれるスカートが、今まではワンサイズだったのですが2サイズ展開になった事で
自分をはじめ、より色んな方のイメージに合うスカートの着こなしを楽しんで頂けるのではないかと思うと
それだけで心躍りますね。普段からスカートを穿かれる方も、今まで中々手を伸ばせなかった方も、
夏は特にスカートの良さを実感出来る季節だと思うので、ぜひ手にしてみてください。

ベーシックな色も展開されていて悩みましたが、最近は今まで着たことが無かった色目にも挑戦したいという
気持ちがあってライトパープルを選びました。トップスにブラックなどのシックな色で纏めるとより大人っぽい
印象に映りますし、単品で見るよりも実際に着ると変幻自在だったりするのも面白いですね。
柔らかな質感のパンツやスカートを合わせた際には、足元をスニーカーではなく革靴で纏めると全体の納まりが良く
homspunのデザイナーやスタッフの方も良くtrippenのシューズを合わせている姿がとても可愛く格好良いなと。
何事にも言える事ですがバランスが肝心で、一辺倒にならずに柔軟な発想でメリハリを効かせて頂くのがお勧めです。

color      ブラック

price      31900-(TAX IN)

SIZE      S    /    M

こちらは着合わせ易さ、取り入れ易さに関しては言わずもがなのカラー”ブラック”
トップスがカットソーなどどれだけラフになっても、それとなくサマになってしまうのも善い。
仄かに光沢があって、最近は夏の”ブラック”に凄く惹かれてしまうのは、それなりに年齢を重ねてきたからというのも
あるのかもしれませんが、色目の重たさを軽やかな素材感で中和してくれるのがリネンの素材の良さなのかもしれません。

足元ももう少し気温が上がってくればサンダルが視野に入ってくる頃。
素足履きでも良いですし、透ける位の生地感で柄物やビビっドなカラーのソックスなどを合わせてみると
装いの中に動きが生まれ、遊び心が感じられて良いですね。
イエローやブルー、パープルなどの楽し気なソックスも並んでいますので、ぜひ足元のイメージを膨らませて
お楽しみください。

夏の暑さを考えた時に、トップスはある程度お手持ちのもので対応が出来そうだと思っているのですが
パンツやスカート類で、気持ち良く穿けて涼しさと耐久性を持ち合わせているというのにはそう多くは出逢えないはず。
私達もセレクトする際に上記の条件を満たしてくれる生地感、そして最も大切な部分でもあるデザインとのバランスが
納得出来るものを厳選してお店に並べています。うだるような暑さでも、気分を上げて出掛けたくなるような洋服。
少しでもそんな風に心軽やかに過ごせる服に触れて頂けたら嬉しいです。

INFO

今週の営業日程についてお知らせです。
春休み(いい響き)として11日(水)~16日(日)まで5日間のお休みをいただきます。
ご来店を予定されていたお客様にはご迷惑お掛け致しますが、ご確認をよろしくお願い致します。
読み途中だったり積読になっていた本をゆっくり読んだり、畑を耕したり、温泉に浸るなどなど
したい事は山の様にありますが、先ずは心身ともにリフレッシュ!をして、また17日(月)から
元気にお店を開けたいなと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

5月11日(火曜日) 通常営業 10時30分~18時迄
  12日(水曜日) 定休日
  13日(木曜日) 臨時休業
  14日(金曜日) 臨時休業
  15日(土曜日) 臨時休業
  16日(日曜日) 臨時休業
  17日(月曜日) 通常営業 10時30分~18時迄

5月9日

SUNSHINE+CLOUD   KEY WEST

color      BROWN

price      26400-(TAX IN)

SIZE      0    /    1    /    2    /    3    /    4 

昨日は寒くもなく暑くもない絶妙な気温と陽気で、気持ち良さそうに街歩きをしている人の姿や
早くも中津川に入って遊んでいる子どもの姿など、盛岡ならではの良い景色が広がる素晴らしい1日でした。
仕事が終わってから見たかった展示に駆け足で行き、数ある作品の中から感覚で良いと思ったものを選び
その後はいつも刺激とパワーを頂ける食事を提供して下さるお店の、こんな気候の日には!と決めている
お気に入りテラス席で美味しい夕食を食べて家路に着きました。
気分と体調の浮き沈みが大きい季節なので、ちょっとでも自分の心と身体が喜んだり感性が豊かになるものを
出来る限り取り入れていきたいものですね。

SUNSHINE+CLOUDから初めてセレクトしたオープンカラーのチェックシャツ”KEY WEST”
年々夏の気候が大きく様変わりする中で、より開放感のあるシャツも良いのではないかと思って選んだ1枚。
見た目が緩い感じになりますが、それが良さでもありますし年齢を重ねてこその首のシワであったり
陽射しの強い日には麦藁帽子などの小物類を付け足すと更に雰囲気が増すであろうシャツ。
何処に格好良さを求めるかだと思うのですが、このシャツを普通に着ただけではきっと物足りなく感じたり
あまりの歪さにイメージが沸きにくいのではないかなと思います。
ちょっと前の自分であれば、そんな風に感じてこういったアイテムを取り入れる事は殆どなかったのですが
最近の感覚としては分からないなりに考えて、想像力を膨らませて時間を掛けて似合うようになれば良いな
というのを不思議と意識するようになってきました。
無理矢理取り入れる必要性はありませんが、した事のない経験を積み重ねることが巡り巡って服装にも
深みだったり、自然体で着られる良い空気感を与えてくれるであろうと今は考えたりしています。

オープンカラーの特徴的なディテールとして台襟のないフラットな衿元が挙げられると思います。
首の開き具合はそこまで大きく開かないので、今から慌てて身体を急に鍛えなおす必要もありません。(笑)
SUNSHINE+CLOUDらしく身頃がゆったりと設定されていますので、風が心地良く通り抜けていく感覚を
味わって頂きたいです。その風が感じられるのも、イタリアの老舗”CANCLINI社”が作製したリネン100%の
繊細且つタフな生地を使用しているからこそなので、ぜひ抜群の肌触りも同時に感じて頂けたらと思います。

ポケットが左右に付くデザインで、釦を全て閉じて着るのも◎
盛岡はまだ真夏の日差しとまではいかないので、自分も含めて着るイメージはこれから湧いてくるかと。
渋いブラウンベースのチッェク生地に明るめのブルーや赤のラインが良いアクセントになっていて
オープンカラーシャツの何処か可愛げのある表情とブラウンチェックの渋みが絶妙にマッチ。
いつまでも少年の心を忘れずに清々しくお茶目でありたいと思う方にぴったりの柄だと勝手に想像しています(笑)
普段は柄物を取り入れないという方にも案外ハマりそうな気がしていて、着こなしが単調になりがちな
夏の装いに、気持ちの入れ替えをしてくれるような存在になりそうです。

シルエットは所謂ボックス型。着丈の処理はスクエアですっきりとした印象を持ちます。
夏場に半袖のTシャツにカーディガン代わりではないですが、冷房の効きすぎた場所で着るのも良いでしょうし
最も涼しい着方はインナーにタンクトップを合わせて、ざっくりとしたサイズ感で着るのがベスト。
今年の夏がどれ位暑くなるか想像が全くつきませんが、確実に暑さと期間は長くなっているのは間違いありませんので
服装で自分なりの涼をとる工夫をするのは必要不可欠になっていますね。

SUNSHINE+CLOUDのシャツは他にもSLIP ONやOPEN STANDAなど、ブランドが得意とする綺麗な発色のものから
絶妙なニュアンスの落ち着いたカラーまで幅広くセレクトをしています。夏のイメージが強く、というよりも葉山や
奄美大島といった自然が多く海が近く温暖な地域で物作りをするからこそ生まれる空気感を纏って頂ければ嬉しいです。
盛岡には海はないものの綺麗な川が幾つも流れる街なので、川を海に見立てて(笑)川沿いや街中を風を感じながら
歩いて頂くのも良いかもしれません。

5月8日

AULICO     ONE PIECE 2

color      NAVY

price      23100-(TAX IN)

SIZE      F

color       BEIGE

price       23100-(TAX IN)

SIZE        F

来店して下さるお客様の服装を見て、数日前とはがらりと変わった事を実感した土曜日。
そう言いながらも、私達は寒がりというのか建物の中は冷えるのが気がかりになってしまい、
カシミアのカーディガンを羽織ったり、中に着込んだりしていますが・・・(笑)
更に言えば午前中はストーブも点けていましたが、流石にお昼過ぎに消して何も無かったかのように
過ごしております。まだ気温差になかなか身体がマッチしないところもあるので体調管理には十分に
気をつけて、よい週末お過ごしくださいね。

AULICOの製品の展開をスタートして、お店に馴染むまでにはそれなりに時間が必要だと今までの経験からも
どっしり構えていたのですが、予想以上の反響と以前から知っていて通信販売などで購入されていたなど・・・
自分達が思っていた以上に嬉しいお話と、良い反応を頂けていて、ついつい調子に乗って3回目のオーダーを
先日お願いしてしまいました・・・(笑)
大袈裟かもしれませんが、宮崎県と岩手県を結ぶ一つのきっかけになれたらこれ以上の喜びはないですし、
お互いの文化や場所を知るということだけでも十分だと思ったりしています。
花巻空港から福岡便が一日一便(現在は減便対象)出ているので、遠いようで案外近い九州ですからね(笑)
前回のBLOGでもご紹介をさせて頂きましたがAULICOのラインラップは一切のカテゴリーが無く、フラットな目線で
平原さんが作製したいと思う製品を出来たタイミングで1つ1つ紹介していくスタイル。レディースのワンピースは
可愛らしさと格好良さの2つが見事に組み合わさっている印象。ぱりっとしたブロードだと思うのですが
この生地の特性を最大限活かして、気持ち良く落ち感のあるシルエットで作製されています。

僕らが最初にAULICOを知った時には、展開しているのはシャツが数型ぐらいだったと記憶しています。
そこからジャンプスーツを見たり、なかなか玄人好みなものを作製しているんだなぁと思っていたのですが
ショップを訪れた際にラックに掛かっていた鮮やかな色目のワンピースがとても印象的でした。
その時にはどうしても他に欲しいアイテムが幾つもあって吟味した結果、ワンピースまで届かず。。
こうしてお店に並べる事が出来たのはとても嬉しいですし、もう既に何人かのお客様にも選んで頂けていて
季節的にも張りのあるコットンの生地は、暑すぎず・涼し過ぎずで丁度良く感じて頂けるのではないでしょうか。

生地の分量を贅沢に使用している分、その独特な落ち感と重たく見え過ぎないようにサイドに深くスリットを。
深くスリットが入る分、生地が纏わりつくこと無く綺麗に前後に流れて動きもスムーズになるのがポイント。
袖は6分~7分丈位でしょうか。肩線を大きくドロップさせた位置に設定する事でこの位置まで隠れます。
この手のワンピースを着用した際に、身体と生地とがぺったりとくっついてしまう場合があるのですが
それを防ぐ為のインナー用に作製されたノースリーブもAULICOで2種類の素材でご用意をしていますので
セットでの着用もとてもお勧めです。

マットな光沢感と、気持の良い生地の張り。見た目は人を寄せ付けなさそうな緊張感を漂わせていますが、
実際には服と体の間に余白がたっぷりとあって、着る人の体型によって袖や着丈のバランスも変わるので、
ワンピースの表情も袖を通した方が持つ空気に寄っていくような印象。
ご紹介の前に小柄な方にお選びいただきましたが、一枚でも着ていただけますしインナーパンツや
スカートをちらっと裾から覗かせて。という着こなしも素敵だなと思いました。
ワイドな形の絶妙な落ち感と、着ていくほどにしっとりさが増す、風合いの変化もお楽しみいただけたら。

PageTOP