4月2日

FUJITO   2TUCK TOUSERS

color    BEIGE

price     26400-(TAX IN)

SIZE     32    /    34    /    36

color    INDIGO BLUE

price     26400-(TAX IN)

SIZE     32    /    34    /    36 

4月がスタートして、引っ越し業者の方が忙しそうに荷物の出し入れする姿を良く見かける様になりました。
独立してしまうと新入社員や人事異動や転勤といった流れが無くなるので、真っ新なスーツに身を包んだ方や
引っ越し作業を見て、はっとさせられる。そんな4月の始まりです。

季節の節目節目になると、新しい洋服に身を包みたいなと思うのは気分であったり自分自身の中で何か小さな事を
変えたいという気持ちが芽生えるからでしょうか。
特に通年で穿き回しが効くパンツ類、代表例で言えばデニムやチノあたりはこの時期に買い替える方が圧倒的に
多かったりします。FUJITOがデザインを少しずつ変えながら作製しているタック入りのトラウザーは
シルエットに癖がなく素材感も丁度良いバランスで、頻繁に穿くことを考えると頼りになる存在なのは確かです。
ウエストからワタリにかけてはゆったりとした設定で裾に向かって綺麗なテーパードを入れているので
太いシルエットが苦手という方にも、その意識をほんのり和らげてくれる1本になるではないかと思います。

股上が深くて身体を締め付けるような部分が一切なく、パンツと肌との間に心地良い空間が生まれることで
動きが制限されずに長時間穿いてもストレスになり難い1本ではないかと。
フロントに2タック入ることで全体のシルエットが奇麗に整えられ、カジュアルな中にも何処か凛とした空気が
垣間見れて、スーツやテーラードジャケットなどの綺麗な仕立てが得意なブランドらしい一面を感じさせます。
スウェットで合わせてしまいましたが、綺麗なブロード素材のシャツに足元は革靴を組み合わせるのもお勧めですし
振り幅のある服装を楽しんで頂けるのではないでしょうか。

2タック入る事で横に広がりが出過ぎずに縦方向へシルエットが出ることで、野暮ったい印象が軽減。
裾の広さもやり過ぎない程度に心地良く納まる位に設定されていて、今日の服装をどうしようかなと困った時の
助け舟になるような存在になってくれるはずです。張り切り過ぎずに自分らしく普段通りでリラックスして
過ごせる中にシルエットや丈の納まり具合、足元とのバランスといった小さな部分での拘りがあると
ベーシックなアイテムに個性がプラスされると思っています。普通の服装なのになんであんなに素敵なんだろうって
藤戸さんに逢う度に盗み見し、軽く、いやだいぶ嫉妬してしまいますね。。。(笑)

来週からはより一層春の気候が楽しめそうな予感。
何を着ても良いなと思える気候は、当たり前ですが洋服を一番楽しめて、それは短くて儚い時間だったりします。
そんな時に主軸に思えるパンツがワードローブに何本かあれば、着こなしをあれこれととっかえひっかえしながら
イメージするコーディネートで日々を過ごせるのではないかと思っています。
ベージュのチノ、インディゴのデニム、どちらも同じくらい使い勝手の良いパンツになると思いますので、是非。

PageTOP