11月22日

IMG_2216
Universal Works
デザイナー David Keyteが2009年にスタートしたメンズコレクションブランド。
12年間在籍したPaul Smithをはじめ、Margaret Howell・Maharishiなど、
多くのコレクションブランドにて生産から商品企画に至るまで幅広い経験を積んだデザイナーDavid Keyte
そんなデザイナーが手掛けるコレクションは、英国の伝統的な生地やオーガニックな素材を用いる一方で、
無骨なワークウェア・アウトドアウェアの素材なども取り入れています。
現代的なカットや肌触りを特徴としながらも、年代物を髣髴とさせるワークウェア・アウトドアなどからの
インスピレーションも含まれる魅力的な洋服達は、大量生産される服とは違い、本物の「ハンドメイド」を
追求するために、厳選された小さな工場のみで製作されています。
デザイナー自身が長年の経験で築いた工場との信頼関係によって支えられるコレクション。
UNIVERSAL WORKSが目的とするのは、より良いデザインを、より良い縫製工場で着心地の良い服を作り続け
より良い価格でコレクションを展開することです。
※展示会資料引用
IMG_2080
Universal Works     BARNA JACKET  

color             BLACK

price             39000+TAX

SIZE             S   /   M SOLD
IMG_2091

IMG_2097
胸に付いた4つのパッチポケットが印象的な″BARNA JACKET″
前開きの釦はトップボタンを含めて全部で4つ。素材には一見がしっと固そうですが
いざ袖を通すと柔らかでコシのあるブラックのコーディロイ生地を使用しています。
見た目はワークウェアのような無骨な印象を受けますが、その反面組み合わせ方次第では力強くもどこか
上品でしなやかな着こなしが出来、素材とデザインのバランスの良さを感じさせる振り幅のあるジャケットだと思います。
冬のジャケット素材と言えばツィードが真っ先に思い浮かびますが、コーディロイも負けず劣らず
保温性があり、この生地特有のクラシックな雰囲気も凄く好みで、つい選んでしまう素材です。
IMG_2101

IMG_2103

IMG_2107
ジャケットの表情を作る″ラペル″ですが、折り返し線などはつけていないので写真の様にスタンドカラーにして
着用するのも良いですし、自分でラペルを作って折り返して着る事も可能。2通りの表情で着れるジャケットは
カジュアルに見えるのは確かですが、メリットとしてコーディネートのし易さや汎用性の高さは断然あると思っています。
個人的にもう一つ好きなディティールが背中からウエストにかけて絞りを殆どいれていないボックス型のシルエット。
身頃がゆったりとした作りになるので薄手のニット類インナーにある程度着込む事が出来ます。
こういったジャケットは着ていてストレスがないので、ちょっとした所に出掛けるのにもすっと手が伸びやすく
″ブラック″という色味も相まって手にしてみると想像していた以上に様々なシチュエーションで重宝すると思います。
IMG_2126

IMG_2113
袖口は一切の宝飾はなく筒袖のシンプルな作りです。
IMG_2121

IMG_2142
前・後ろ身頃には同系色のコットンの生地が張り付けられています。
袖も滑りの良いナイロン生地が付いているのでニットなどを着用してもストレスがありませんし、袖周りもゆったりとした
作りなのでインナーがごわつく心配もありません。
IMG_2130
バックスタイルはセンターベントを採用。
ジャケットを着るとなると、ある程度の体型も維持しなければならない。というのは確かにそうだな
とも思うのですが、決してそこで諦めたり断念するのではなく、自分に合うジャケットを探してみて
頂きたいと思います。身頃がきゅっと絞ったジャケットは体型を選びますが、体型を上手くカバーする
ジャケットも存在します。BARNA JACKETは体型をすっと見せるというよりは気兼ねなく着れて
それでいてバランス良く見せてくれる1枚だと思いますので、是非挑戦して貰えたらという気持ちです。
やはり一枚でもきちんと着れるジャケットがあるといざという時にも便利ですし、
単純に男性のジャケットスタイルは格好良いと思いますし、特に味のあるジャケットを着こなしている方に
出逢うとウキウキしてしまいます。
僕もジャケットを着た日は、背筋が伸びて清々しい気持ちになるので不思議なものです。
似合っているかどうかは別にして、これからこういった洋服が似合う自分でいたいというイメージがあれば
自然と板についてくるような気がしています。ツィードのジャケットなども同様ですが着る程に生地の風合いであったり
あたりが出て″着られてる感じ″から着こなすカタチに変化していくと思います。
僕も″ブラック″のジャケットは持っていなかったので早速これが似合う男性になろうと着ていますが、まだまだだなと
実感しながら着ている最中です(笑)
それが洋服の楽しさであって、そんな洋服がクローゼットにあるのも良いもんだなと思ったりしています。
IMG_2195
Universal Works     ASTON PANT  

color             BLACK

price             22000+TAX

SIZE             30 SOLD
IMG_2198

IMG_2204

IMG_2209
同素材を用いたトラウザータイプのパンツ。
ウエストはジップフライで股上は浅目に設定されています。サイズ表記よりもだいぶウエストは大きいです。
ワタリはゆったりしていますが膝から下にかけてきつくテーパードしています。
独特のバランス感とシルエットでコーディネートに変化を入れたいと思う時などに良いのではないでしょうか。
黒の革靴で合わせたので少し重たい印象ですが、イメージ的にはクラークスのデザートブーツあたりがしっくりくる
印象を受けました。ジャケットはあえて土っぽいイメージでミリタリー系の古着で合わせるのもお勧めです。
気合を入れて着たいと思う方はセットアップでの着用も出来ますので是非挑戦してみて下さい。
IMG_2146

IMG_2160

IMG_2164

IMG_2167

IMG_2171

IMG_2173

IMG_2186

IMG_2188
今日ご紹介した商品以外にも英国のニットブランド″JHON SMEDREY″に別注をかけたニットが入荷しています。
こちらは打って変わって上質な肌触りと色の組み合わせが何とも言えない逸品です。
ワーク・ミリタリー・アウトドアなどのデイリーに着れる洋服から上質なニットまでジャンルレスな商品構成をする如何にも
″Universal Works″らしい世界観がしっかりと表現されているように思います。
僕自身がそうだったように頭であれこれと考えるよりも、直感的に着てみたいと思って選んで貰えたら
とても嬉しいです。
rasiku  sasaki

11月21日

IMG_2074
ANDERSEN-ANDERSEN  SEAMAN  

color       OFF WHITE

price       35000+TAX

SIZE       XXS   /   XS SOLD

IMG_2078
color       BLUE

price       35000+TAX

SIZE       XXS   /   XS

IMG_1945
伝統あるデンマークのニット文化を次世代へと継承したい。
そんな想いから2009年に生まれたニットブランド ″Andersen-Andersen″
少し前にもBLOGにてメンズのCREW NECKをご紹介しましたが、今季レディスでは新たに加わった
″SEAMAN″と″SAILOR SWEATER″というモデル二型を展開しています。
そのうちの一つ SEAMAN は通常のCREW NECKタイプよりネックが横に広くなり、厚さもやや薄手で
重ね着をしてもゴワゴワとし過ぎない7ゲージのニット。
重さに関しても個々によって感覚の違いもあるとは思いますが、そこまでの重さではありません。
メンズのクルーネックとぜひ店頭で比較して頂ければ、随分と軽く感じて頂けると思います。
個人的に、程よい重みがある事で「ニットを着ている」という安心感もあるので、
ただ重いからというだけでは判断できない良さがそこにはあると思うのですが
そういった面も含めて、厳しい冬を一緒に耐え忍ぶ相棒としてぜひご覧頂けたらと思います。
IMG_1952

IMG_1972

IMG_1975
ここ数年は、冬の間は特にニットを着るという事がとにかく当たり前な生活になりつつあって
今やワードローブに無くてはならない存在。今までこんなに本気でニットを着た事があるだろうかと
思うくらいニットを本気で着ています。昨年このAndersen-Andersenのニットを手にしてからは、
このニットを着た日は無敵!と思える程、寒さから身を守ってくれたのは言うまでもありません。
レディスブランドでニットを探そうとすると、恐らくハイゲージでつるっと着心地重視のものであったり
ざっくりとしたアラン系のニットであったり、あとはシェットランドなどなど・・・無骨で耐久性に優れた
ニットというのはなかなか見当たらない気がします。
ニットと一言でいってもそれは幅広く選択肢も様々ですが、考え方として消耗品ではなく、
投資するもの。という目線で探すのであれば、このニットはきっと永く大切に着たいと思える
一着となってくれると断言できます。そんな本気のニットです。
IMG_1960

IMG_1988

IMG_1963

IMG_1970

IMG_1966

IMG_1978

IMG_1986
シルエットは縦長で身頃は窮屈な訳では無いのですが見た目はとてもすっきりとしています。
ネックの形はとても大人な印象で、指ぬきのある特徴的な袖リブや裾リブの長さも好みで
程良くきゅっと強めのテンションもボトムに合わせて着丈を調節出来るので嬉しい。
全体的にとても格好良くて美しいシルエット。
シンプルであるからこそ、一着に込められた想いの強さがひしひしと伝わってきます。
旧き良きセーラーセーターの伝統をしっかりと受け継ぎつつも、ただ昔ながらに無骨でタフな
古典的なモデルを再現するのではなく、ウールの紡績から染色、ニッティング技術といった
現代の新たな技術やエッセンスを注ぎ込む事で、時代を繋ぐセーラーセーターとして浸透しつつある
Andersen-Andersenのニットは、間違いなくこの先も人々の身を包み続けるニットだと思います。
実際に肌で感じて頂けたらと思います。
IMG_2056
ANDERSEN-ANDERSEN  SAILOR SWEATER  

color       BLUE

price       39000+TAX

SIZE       XXS   /   XS SOLD

IMG_2066
color       OFF WHITE

price       39000+TAX

SIZE       XXS   /   XS SOLD

IMG_2003
そしてもう一型の″SAILOR SWEATER″こちらも新型。
昨年展開したのもタートルネックだったのですが、その通常モデルと比べてこのSAILOR SWEATERも
やや薄手となり上でご紹介したSEAMAN同様、コートやジャケットの重ね着がし易くなりました。
素材は他のモデルと変わらずに、とてもしっかりと目の詰まった頼もしい質感でありながら
メンズっぽくなり過ぎないすっきりとしたシルエットは、女性の方が着ても違和感無く、
むしろスカートやブーツといったレディライクなアイテムが、なんだかしっくりと良く似合います。
IMG_2012

IMG_2016
タートルネックは立てたままでも良いですし、細く折り返しても良いと思います。
もう既にタートルネック着用率が高い私は、おそらく立てたままでいる事が多くなりそう。
またサイズに関しても、今年は少しゆったりめにとサイズアップで選ばれる方が多いのですが
もちろんジャストサイズで選んで頂いて問題ありません。
IMG_2019

IMG_2025

IMG_2031

IMG_2035
既にサイズが欠けてはいるのですが、気になった方は先ず袖を通してみて下さい。
身体をそっと包み込み、滑らかでいてとても逞しい、そして美しいとも思うニット。
まるで自分に与えられた役割を分かっているかのように
静かにじっと出番を待っている様にも映るAndersen-Andersenのニット。
だから、もう冬が来ても大丈夫!と思えるのかもしれません。
そんなニットをお探しの方にお勧めいたします。

rasiku sasaki

11月19日

IMG_1913
STYLE CRAFT WARDROBE   T-SWEATER

color       GRAY           /         NAVY

price      18000+tax

SIZE        /    /             /    /  
IMG_1875
STYLE CRAFT WARDROBEからカットソーの様な感覚で着れるクルーネックニット″T-SWEATER″
しっかりと目の詰まったウール100%の生地ですが、軽い着心地と落ち感のある絶妙なシルエットが癖になる1枚。
身頃がゆったりとしているのに対して着丈はすっきりとした長さに設定をされているので、一見すると
アンバランスにも映りますが、着ていく度にこの独特なパターンに納得をさせられてしまいます。
袖・裾にリブが付いているので全体がだらしなく見えないですし、スウェット類のルーズな見え方にあまり手が
伸びない方や軽めのデイリーに着れるニットをお探しの方にもお勧めです。
見るよりも実際に着てみて絶妙なバランス感を楽しんで頂きたい1枚です。
※178CM 体重62キロ   着用サイズⅢ
IMG_1899

IMG_1885
首元は詰まり過ぎていないクルーネックで着用写真のようにシンプルにカットソーなどを合わせても良いですし
インナーにシャツを合わせる場合は、バリッとしたオックスフォードなどの素材感よりはギンガムやストライプといった
ブロード系の表情に柔らかさのあるシャツの方がT-SWEATERとの組み合わせがしっくりくると思います。
IMG_1888

IMG_1889
肩のラインがドロップするように作られたデザインですので、全体が落ちるようなバランス感になります。
サイズ選びもジャストサイズも良いですがあえてワンサイズ上げて着るのもお勧めで、STYLE CRAFT WARDROBEの
洋服はサイズによって着方を変えられる面白さがあるので、ジャストサイズで着なければならないと言った
固定概念を大きく変えてくれる洋服だと思います。モノは試しではないのですが、いつも選ぶサイスとは違った
大きめのサイズ感でも試して頂きたいです。僕自身もそうでしたが何かきっと新しい発見があるはずです。
IMG_1886

IMG_1893

IMG_1897

IMG_1891
ハンガーにかけても畳んで置いても見た目のインパクトが然程ないので、接客などで良い点を伝えない限りは
中々手が伸びないニットの部類に入ると思います。生地の程良い厚さやさらりとした見た目の上質な
雰囲気から秋口から春先まで長い期間で着れるニットになるので1枚あると重宝すると思います。
感覚的にはシェットランドセーターと同じくらいの汎用性があるのではないでしょうか。
こういったアイテムをさらりと古着のリーバイスや軍パンなど普遍的なアイテムと合わせて着ていたり、作り込みを
し過ぎない感覚で合わせていたら何だか嬉しくなりますし、背景や作り込みなどの薀蓄ではない部分の
ただ単純に好きという判断基準で選んで着て頂けたらとても格好良く映ると僕は思っています。
きっとジャンルを問わない幅広い着こなしが出来るアイテムの1つなるのではないでしょうか。
IMG_1920
STYLE CRAFT WARDROBE   5POCKET PANTS

color       16OZ DENIM

price       23000+tax

SIZE         /      /    SOLD
IMG_1921
昨シーズンにも展開をしました″5POCKET PANTS”
デザイナーの南埜さんが気に入って穿いていたというリーバイス606をベースに作製されています。
何と言っても特筆すべきはその生地感。デニムの場合、最近は穿きやすさを重視する傾向があり12OZから
厚くても14OZくらいまでが通常良く使われていますが、このパンツに使用されているのは16OZの
触っただけで生地の違いが分かる厚みと打ち込みの良いデニム生地。お世辞にも穿きやすいとは言えない
「ゴワッ」とした生地ですが、それが逆に良い意味で癖になる1本です。
IMG_1925

IMG_1937
フロントはZIPフライの仕様で股上は深く設定されています。
デザインに用いられているリーバイス「606」はスリムデニムで、デザイン的に膝から下にかけてきつくテーパードが
効いているのですが″5POCKET PANTS”も同様に膝から裾にかけてきつくテーパードしています。
ウエストは通常よりもオーバーサイズで作られていますので、ベルトで「ぎゅっ」と絞って穿くイメージになります。
女性がサイズ″Ⅰ″を穿くのもお勧めです。
IMG_1940

IMG_1931
ベルトループは通常パンツの場合5本のものが多いのですが、このデニムに関しては7本付きます。
ウエストをわざと大きめに設定しているので、絞って穿く事を想定した生地のよれを防ぐ為に
多く付いた2本のループがその役目を果たしてくれます。
両脇の始末を脇割ではなく巻き縫いを採用することでセルヴィッチはあえて無くしています。
巻き縫いにした事によって色落ちの仕方も変わってきますので、その辺りも楽しみの
1つとして捉えて頂ければ嬉しいです。
IMG_1848

IMG_1849

IMG_1854

IMG_1856

IMG_1861

IMG_1868
先月STYLE CRAFTの展示会で南埜さんが1年半穿きこんだ″5POCKET PANTS″のデニムを試着させて
頂きましたが、正直全くの別物かと思うくらい柔らかくて色落ちも素晴らしく衝撃を受けました。
昨シーズンも購入していたんですが、あまりの格好良さに2本目をと思い今回はサイズを大き目のものを
選んで穿きはじめています。まだまだ生地が固くストレスに感じる時もありますが、お洒落は我慢!!
と言い聞かせながら毎日のように穿いています(笑)
商品の見た目と実際に着た時の良い意味でのギャップが″STYLE CRAFT WARDROBE″の洋服の面白さであり
着ることの楽しさや今までの着こなしの感覚を変えてくれるアイテムが沢山あると思います。
先ずは店頭で是非袖を通しにいらして下さい。
rasiku  sasaki

定休日のお知らせ

IMG_1836
明日18日(水曜日)は、定休日となっております。
どうぞ、宜しくお願い致します。

11月17日

展示会場で並ぶ洋服をゆっくりと見て回る中、その空間の一部だけ空気が
変わる様な、他とは異なるオーラを放つ服が在ったんだよ。と店主が話す。
それが、このVESTだという。
とにかく見れば分かるから!と聞いては、楽しみで仕方ない。
いざそのVESTが届き取り出してみれば、それはもう確かに・・・と
頷かずにはいられない、何故だか、ごくり。となってしまう様な佇まい。
IMG_1769
COMMONO reproducts  Hand Made Knit Vest       

color        Black     

price        58000+tax              

SIZE        c0 SOLD
IMG_1776
ベスト好きは加速する一方で、店内には様々なベストがぞろぞろと集まっています。
このニットベストも、そんな集結した中のひとつではあるのですが
やはり一際目を惹くのは確かで、男性女性問わず世代も関係なく、色んな方が
其々の感じ方・捉え方で見て下さっている様に思います。
手掛ける製品の90%を愛知県は尾州にて希少となりつつある地場産業を活かし、
そこに携わる人と共に作り上げる″COMMONO reproducts″ 
このニットベストも同様にたった一人の編み手の方がじっくりと時間を掛け制作して下さったものです。
ざっくりとした優しい手触り。持つとそこから温もりが伝わってくるどこか懐かしい編地のベスト。
それでいて黒と言う色が表現するのか、強く固い意志の様なものも感じたり。
ただハンドメイドだから良い。という事では無く、その根本には物と人との在り方に目を向け
作り手と買い手が相互に満足し、良い影響を与え合うような様な製品を継続して作り上げていく。
という信念がひしひしと感じられる、逸品だと思いました。
IMG_1793
真ん中より少し上の胸下辺りまでのみに柄模様の編み目を施し、
そこより下はくっきりとシンプルな編地。大胆かつ独特な切替の様にも感じますが
黒一色であるからこそ、大袈裟でも派手でもなく全体でみるととてもシンプルな印象。
IMG_1798
首元はほんの気もち程度に高さがあります。
このネックも凄く良いなと思う部分であり、一見するとどことなく真面目な印象も受けますが
何とも言えぬ恰好付き過ぎない良さがあるなと思います。
シャツとの相性も抜群ですし、なにより苦しくなくそして温かい。
IMG_1803

IMG_1805

IMG_1806

IMG_1809
ご試着頂いた方も季節が少し前だったのもありますが、着て暫くして暑いと仰る方もいるぐらい
保温性は確実にしっかりとあります。今時期でやっと丁度良い暖かさになったのではないかと。
実際に着てみると、やはり編地が膨らんで多少ボリュームは感じるのですが、
袖の作りが肩のやや内側に入っていたり、脇下にも余裕があって窮屈感も無く
腕の可動がスムーズだったりと、見た目に関しても着心地に関しても、
デザインで巧く全体のバランスを調和している様に感じます。
IMG_1812

IMG_1816

IMG_1819

IMG_1821

IMG_1825
心擽る極め付けは、首裏についたタグ。
素敵な刺繍で。
『COMMONO reproducts
 100% WOOL CO
 HandMade in japan』

自分達にとっても、いつも選ぶものとは多少違う視点でのオーダーとなったかもしれない・・
そんな一着ではあるのですが、あれこれ理由を述べるというよりは
ただ素直に心動かされるモノであることは、店に並ぶ他の洋服と変わりはありません。
ぜひ見て頂きたいですし、これを着てみたい!と思う方に出逢ってもらいたいと思います。
とてもとても温かく、気持ちまで温かいニットベストです。

rasiku sasaki

PageTOP