4月30日


MITTAN   大麻シャツ

color     濃紺

price     19000+TAX

SIZE     1   /   2   /   3   /   4 

color     ベンカラ 白

price     24000+TAX

SIZE     1   /   2   /   3  /   4 SOLD


ゴールデンウィークが始まって4日目。
昨日は県外から盛岡に帰省やご旅行でいらしたお客様に足を運んでいただきました。
桜は舞い落ちて子葉が日に日に木々を緑色で縁取り、川は柔らかく流れ、そんな盛岡らしい景色が
あちらこちらに広がっているので、街歩きを楽しんでいただきたいなと思っています。
昨日は20℃くらいまで気温があがり、そのくらいだと気持ちよく着られそうな、rasikuでは初めて展開する
素材に大麻を使ったバンドカラーシャツと、毎シーズン定番で展開している麻綿素材のイージーパンツ。
素材自体に冷たさを感じる大麻シャツは、夏をより気持ちよく過ごすために作られたシャツで
シルエット自体も今まで展開していたカディコットンのシャツよりも、気持ちゆったりとしたバランスに
仕上げる事で、生地と身体に程よい空間が生まれてベタつきを抑えて風がより抜けるようになりました。
ここ数年は初夏から夏場の暑い季節はカディコットンのシャツを色違いで愛用していましたが
それに勝るとも劣らない天然素材ならではの心地良さを実感して頂けると思っています。
今季新たにMITTANが提案している″ベンガラ染め″の白と化学染料で染めた濃紺の2色をご用意しました。
※ベンガラ白はサイズ1は完売しております。


ベンガラ染めは土から採れる成分(酸化鉄)を使って染めを施す方法で、元々はインドのベンガル地方から
伝わったとされていて、藍染めや草木染めともまた違った独特な色合いを表現しています。
rasikuで選んだ色は白で、生成と白とのちょうど間をとったような言葉では言い表すことが難しい色目。
濃い色のパンツとの相性は言うまでもなく、あえて白系のパンツに合わせて涼し気な印象を与える
組み合わせも、この乳白色のシャツだからこそいい雰囲気になりそうだなと思います。


フロントにはポケットなどは一切付かないシンプルな作り。
裾にスリットを入れて、テールの処理をラウンドさせずに直線的なパターンにする事で視覚的な
野暮ったさを出しつつも、前丈と後丈の長さに差をつけるているので着た時の納まりの良さを感じます。
良い意味での癖はありますが、全体のバランスを崩し過ぎずに日常着として気兼ねなく袖を通すことが
出来る点がMITTANの洋服の良さであり、気に入ると色違いで買い足してしまうくらい魅力があります。


もう一色の濃紺は、夏場になると自然と涼しさを求めてなのか紺色の洋服を着たくなるので
1枚で存在感があるものをという理由で選びました。ベーシックなパンツは基本的に何でも合わせ易いですし
それにプラスして、今年は涼し気なシャツに頭に麦わら帽子を合わせるスタイルをしたいと思い
ツバの大きいタイプとハット型の麦わら帽子をセレクトしています。まだ少し先の話になりますが梅雨が
明けたくらいからMITTANのシャツに合わせて貰ったら涼し気で格好良いなと思っています。

MITTAN   麻綿ロング

color     深緑               /             紺

price     24000+TAX

SIZE     1   /   2   /   3         1   /   2   /   3


毎シーズン展開している静岡県浜松市で作られる張りとコシがしっかりと感じられる麻綿素材
(麻55%・綿45%)をイージーパンツに仕立てていますが、ラフで簡素な縫製ではなくインシーム
アウトシームを巻き縫いにして一手間かける事で立体的な表情を生み出し、フロントにもジップを付けるなど
この手のパンツにはあまり見られない作り込まれたイージーパンツです。


バックポケットはパッチポケットが2つ。お尻回りもダーツを入れてシルエットを調整。
ポケットの生地にはインドのプリント生地を張り合わせるなど、表からは見えない所にも工夫がされています。


シルエットはワイドでボリュームがありますが、裾にかけて綺麗にテーパードしています。
個人的には太いシルエットに抵抗がないので、サイズアップをしてゆったりと穿くのが好みですが
ウエストはゴム+アジャスターなので、ジャストサイズで合わせるのも良いですし、肌に纏わりつかない
ゆったりとしたボリュームのあるシルエットを楽しむのも、どちらもお勧めです。
パンツを選ぶ際にウエストの大きさも大切ですが、お尻回りとワタリ幅をどれくらい欲しいかで
いつもとは違うサイズを選んでみると、洋服の見え方が大きく変わるので無理のない範囲内で
挑戦して頂ければと思います。


カラーは今まで展開をしてきました″紺″と新色で追加された″深緑″の2色を選択。
深緑は黒に近いのですが、太陽光で見ると綺麗な深みのある緑色に見えます。
どちらも汎用性の高さを考えて選んだ色目で、これから夏場にかけてリラックスした気持ちで
穿くパンツをお探しの方に是非お試し頂きたいです。
僕は暖かい時期に行く出張や旅行には必ず持っていくパンツで、涼しさと穿き易さシルエットの良さは
勿論ですが、旅先でちょっとした食事の際にジャケットなどを組み合わせても十分サマになります。
綿麻素材なので洗濯しても乾きが早く、旅先に荷物を増やしたくない方にも重宝するパンツだと思います。
今日ご紹介したシャツとパンツ、どちらも天然素材ならではの着心地の良さと着れば着る程に増す風合い
季節が巡ると共にきっと無くてはならない存在になってくれるはずです。
是非お試しください。

PageTOP