5月29日


FUJITO    PANAMA HAT

color     NATURAL

price     25000+TAX

SIZE     FREE(約58CM)    


初夏を思わせる太陽の陽射しがからっと照り付ける日が、数日続いています。
早起きすると何かとやる事が次から次に見つかって、今日は冬物のコートとウール素材のストールと
マフラーを洗って風通しの良い場所にばしっと干してきました。それだけで何だか得をした気分。
あまりに暑くなり過ぎるのは苦手ですが、程好い湿度のある晴れた日というのは、どうしてこんなにも
嬉しさが心身に沸き上がるのでしょう。何にも変えられないからでしょうか。

夏の陽射しを防ぐために必要なアイテムの1つが帽子。
歩いてお店に出勤する僕らにとって、夏の帽子は必須アイテム。
ファッションで身に着けているという意味合いよりも、完全に陽射しを防ぐ道具として身に着けている感覚。
3年か4年前位に一度だけセレクトをしたFUJITOが作るパナマハット。これがとても優秀。
毎年来る夏に無くてはならない物になりました。
夏の季節の出張や旅行にも必ず持って行くアイテムで、クラッシュをしてバッグに収納が出来るのも嬉しいポイント。
今シーズンは、以前のデザインをマイナーチェンジをして新たにリリースをされました。
男性・女性どちらにも被り易く癖の無いカタチですので、是非お試し頂きたいです。


素材はパナマ草100%を使用し、見るからに高級感が漂う作りで編目もしっかりと綺麗に編まれています。
内側には汗留めの生地が貼られているだけのシンプルで削ぎ落されたデザイン。
ブリムは狭すぎず広すぎずの設定(約8CM)で、カタチは曲げたり自由に変える事が可能。
夏の陽射しは年々強くなる一方で、それ故帽子の必要度は高まるばかりに感じています。
直射日光から頭を守るだけでなく、熱中症対策にも繋がったりもするので天然素材で通気性の良い帽子は
1つでも気に入ったものを持っていると、何処に出掛けるにせよ安心に繋がるのかもしれません。
帽子に関しては何度もBLOGで書いてきた事の繰り返しになってしまうのですが、似合う似合わないはあると思います。
それよりも大切な事は被り慣れるかどうか・・・僕自身も帽子が似合わないと思って被っていなかった長い期間が
ありますので、気持ちというのか捉え方というのは自分なりの経験として理解しているつもりです。
最初は70点位のイメージであれば時間の経過と共に板についてくるはずですし、被り慣れていない方は
「照れない事」が何よりも重要!!
更に確信めいたことを言うと、自分が想像しているよりも案外誰もそんなに他人の事を気にしていませんから(笑)
この心の割り切りも帽子を被り易くなる理由になるのではないでしょうか。


しっかりとした素材ではありますが、復元性があって2つ折り3つ折りで畳んで持ち歩ける点も
車内や室内に入ったりする際には便利な機能性に感じて頂けるのではないでしょうか。
クラッシュした状態で長時間放置をしたりわざとクラッシュさせ過ぎるのは、素材にとってあまり良い事では
ないのですが、多少雑多に扱ったとしても元に戻ろうとする力がしっかりとあるのは素材の良さだと感じています。
僕自身も歩いて移動する以外の場所、室内やお店の中、新幹線や飛行機に乗っている最中は必ず脱いで小さく折り畳み
バッグに忍ばせています。大きなハットを手で持つ必要がなく大袈裟に見えない点も魅力的です。


リネンなどの薄手の素材に、パナマハットは雰囲気が好相性。
涼し気な印象がプラスされますし、自然と溶け込んでいくような気がしています。
あとはラフに半袖カットソーを着た際に、帽子はちょっとしたアクセントになりますので着合わせとして
取り入れるのも良いのではないでしょうか。足元はサンダルもしくはスニーカーが◎


サイズはワンサイズのみの展開。ぐるりで測って58CMですので標準的なサイズ感といった所でしょうか。
僕は普段59CMの帽子を被る事が多いのですが、頭を締め付け過ぎない丁度良いフィッティング。
感覚的には57~59CM位の方は許容範囲に感じて頂けるのではないかと思います。
保管方法は風通しの良い湿度の低い場所に置いておくだけで、特に難しくありません。
個人的にはとても気に入って使い続けているので、毎シーズンセレクトをしたいと思っているのですが
こればっかりはブランドの意向次第になってしまいそうです。
探してみると在りそうでなかなか見つからない、丈夫で格好良い夏の帽子をお探しの方がいましたら
選択肢の1つとしてFUJITOが作るパナマハットはお勧めです。

PageTOP