9月5日


holk     STAND SHIRTS

color     WHITE

price     23000+TAX

SIZE      1    /    2    /    3

今日も早朝からご飯ですよ・・・という鳴き声に促されて、太陽が昇る前に起床。
自分達にとっては早起きの習慣が段々と身についてきて健康的な日々を過ごせるきっかけを与えてくれていて
毎日、毎日同じ事を繰り返しているのですが、少しずつ気持ちに余裕が出てきているのか慣れてきたのか
急にコロンとしてみたりして、それだけで大袈裟ですが涙が出そうな位に幸せを感じてしまっています・・・
朝早起きする事で、ある程度家のことも片付いて、さらに出勤時間も早まるなど良い事しかありません。

昨日に引き続きholkのアイテムをご紹介したいと思います。
裾の振れが大きいクラシックな一面を持ちつつも、現代の空気をバランスよく纏ったバンドカラータイプのシャツ。
全体的にゆったりとしたシルエットで身体とシャツに”間”が生まれる作り。
素材感から言えばきちんとした見え方にもなりますし、着こなしによってはリラックスしたムードにもなる
古着からモードまで精通したデザイナーだからこその懐の深い1枚に仕上げています。
前立てはステッチが表側に出ないフレンチフロントを採用。左胸に大き目のポケットと
とても潔くシンプルに仕上げているのですが、1枚で着た時の存在感を感じさせるシャツだと思います。


このシャツに関してデザイナーの最も拘りと表現をしたいと仰っていた部分として、染色していない白糸を
使うのではなく、製品染めではなくわざわざ先染めを施してややくすんだ絶妙な塩梅の白を作り出しています。
これは80年代の頃に一世を風靡したブランドのシャツをイメージソースにしていて、そのシャツの色目が
何とも言えないくすんだ感じの白だったという事です。
実際に袖を通して頂けると、普通の所謂真っ白とはまた違う合わせ易さを感じて頂けると思います。
タイプライターという素材自体は好きなのですが差別化や表情が出しにくく、見た目がとてもプレーンになりがち。
良いとなと思ってもセレクトするのをとても迷う素材の代表格でもあります。
それでもセレクトした理由として、平面的ではなく表情豊かに感じるのは間違いなく”色”が影響しているのではないかと。
例えばプレーンなチノパンに黒の革靴、holkのシャツを羽織ればちょっとした打合せや食事会などにも
胸を張っていけるでしょうし、気合を入れ過ぎずにきちんとした服装でリラックスした着心地というのは
ワードローブの隙間を埋めてくれる様な存在になってくれるのではないでしょうか。


僕自身も色々なシャツを着てきた中で、今現在のライフスタイルと住んでいる場所、気分も含めて自分自身が着たい
提案したいと思えるものが段々と明確になってきたように思います。
少し前までとは求めるものが大きく変わってきていて、強さとタフさを感じるワークシャツでもなく、繊細さや綺麗な
ドレスシャツでもなく、その丁度間と言えば良いのか、着る人によってニュアンスや捉え方が変化するようなものを
好んで手にするようになりました。
着る人の個性が引き立たせてくれるけれどニュートラルなバランス。
けれど作り手の考え方や色が見えてくるものが、着ていて心地良さと自分らしさが出ているのではないかと思います。
holkのシャツは初めての展開になりますが、ある程度シャツのバリエーションをお持ちの方や服装に
マンネリを感じている方にとっては、少し違った新しい感覚を手にして頂けるのではないでしょうか。


如何にもholkらしい前面に何かを押し出すような雰囲気はなく、表現したい事を深く掘り下げて物としての完成度を高める。
その姿勢は出来上がった製品に反映されていると思いますし、着れば着る程に洋服の持っている機能と作用の2つを側面を
ストレートに感じて頂けるのではないでしょうか。是非新しい1枚をワードローブに加えてみては如何でしょうか。
とても良いシャツですよ。

PageTOP