10月25日


SOWBOW  HANTEN

color     WHITE

price     35000+TAX

SIZE     FREE


いよいよ岩手山の頂上が白くなっていたと・・・冬の便りをお客様から頂きました。
家の洋服は衣替えが終わっておらず、毎日引っ張り出しながら気温と気候にマッチする洋服を模索する日々。
今はまだ素材もある程度自由に選べますし、あれこれと組み合わせるのも楽しく、防寒着一辺倒にならない日が
少しでも長く続いて欲しいと願うばかりです。

一癖あるアイテムでお客様を刺激し続けているSOWBOWから初のアウターがリリースされました。
たまたま吉村さんと一緒に訪れた九州の旅の最中に、この半纏の企画がスタートしていた時期で工場へとお邪魔して
色々な話や商品を見たのを今でも鮮明に思い出します。
福岡県筑後市に工場を構える「宮田織物」さんは創業が1913年と100年を超える老舗企業。
現在も半纏を中心に洋服全般を作っている工場で、半纏は今でも職人さんの手詰めによってムラが出ないように
丁寧に1点1点作製されていて、ある程度の工程は機械化が進んでいるのですが綿詰めだけは手作業じゃないと
出来ない作業と仰られていました。
今回はSOWBOWがオリジナルのパターンを持ち込んで、新しいプロダクトとして、そして九州の産業に拘り
挑戦的且つ日本古来の機能服の可能性を広げるような取り組みでもあり仕上がりになっていると感じました。


一番の特徴としてリバーシブルで着用出来る仕様という点。
表面に凹凸のあるYUZURIHAを表面に、裏面にさらりとしたコットンの素材を組み合わせていて
両A面ではないのですが、どちらで着てもクオリティが下がる事なく着れるのが大事なポイント。
個人的には裏面をメインに着てみたいなと思っていて、ポケットの仕様に関しても表面はスラッシュタイプで
裏面はパッチタイプとデザインにも一工夫入れているのも良かったりします。
色は汚れを気にし過ぎずに着て頂きたい白と、落ち着いた印象のある黒の2色展開。
特に白は洋服好きな方には、これだけの面積を覆う力強さをどう攻略していくのかが楽しみな部分でもあります。
表面(YUZURIHA)は真っ白で裏地のコットンはややベージュがかった白といった所です。


サイズはワンサイズのみの展開。
肩線も大胆に落とした位置ですし、アームの太さもびっくりする位にゆったりと設定。
体型を選ばずに幅広くカバー出来るパターンにしているあたりは流石の一言。
中綿にはコットン80%・ポリエステル20%を膨らみ過ぎない量を詰めています。
重たさも感じませんし、僕らが提案したいと思うダウンジャケットと言うイメージでセレクトをしています。


着丈の長さは膝が見えるか見えないか位のミドル丈。
正直シルエット自体はやや野暮ったさがありますが、着丈をすっきりと調整する事でバランスが整えられている印象で
見るよりも着る方が着こなしのイメージが少しずつ沸いてくる感覚があります。
僕自身も最初に宮田織物さんを訪れた際には、ファッションに落とし込むのは難しいかも・・・という印象でしたが
時間が経つにつれて、例えばですが古着のデニムなどに合わせたら格好良さそうだな・・・とか
アウトドアっぽい雰囲気でシェル代わりに使うのはどうかなとか、着こなしのアクセントになるのは間違いありません。


フロントの紐は前で結ぶだけの仕様で、内側などに結ぶ紐はありません。
本来あるべき半纏の姿を残しつつも、SOWBOWらしいエッジを効かせたデザインとカラーリング。
やや挑戦的なアイテムではありますが、最初にブルーのSOWBOWシャツを羽織った時と同じように
似合っているのかどうか分からない不安もありましたが、きっと時間が解決してくれるだろうと思います。

color     BLACK

price     35000+TAX

SIZE     FREE


色違いのブラックは、ハードルの高さで言えば白より手に取り易い色目に感じて頂けるのではないでしょうか。
九州に行った際に吉村さんから展開するカラーについての話を伺った時に、咄嗟に”黒”もあった方が良いかも・・・
いや絶対あった方が良い!!と言ったからかどうかは定かではありませんが、無事に黒もリリースされました(笑)
黒はよりモダンな印象で、見た目に恐れずに挑戦して頂きたいです。
サイズはワンサイズのみの展開ですが、女性が羽織っても案外良かったりしますのでご夫婦で兼用で着たりして
ある程度着用をしてくたびれた段階で部屋着にして、こたつに入りながらミカンを食べ、猫を抱き寄せて頂けると
優しさに包まれるのではないでしょうか。


コートの選択肢として、ある程度保温性や風をシャットアウト出来るものをお持ちの方にも斬新且つ着こなしを
楽しめる1枚に感じて頂けると思いますし、SOWBOWの物作りの面白さにも触れて頂けるのではないでしょうか。
いよいよ冬本番です。暖かな服装で街歩きをしながら景色の移り変わりを感じてみては如何でしょうか。
きっと外歩きがより楽しめる存在になるはずです。

10月23日


holk     tyrolean jacket

color     black

price     52000+TAX

SIZE      0 SOLD


雨の音の中ぼんやりと目覚める、いつもより少しだけあたたかな朝。
いまいち調子が整わず身体も頭も重く感じる日々だったので、これは動いたほうが良いのかもと
早朝散歩をはじめたばかりでしたが、今日は早々に断念。二度寝もより深くなってしまいました。
周りでも寝込んでいたという方もいて、今はそういう気が流れているのかもしれません。
あたたかくして、身体に優しいものを取り入れましょう。
季節の変り目、みなさまもどうぞご自愛ください。

こんな時なので、極上の暖かさと軽さのウールに身を包みたい方は必見のセットアップをご紹介します。
holk・LOCCALYの物作りの中でも特にウールの質の素晴らしさについては、今までもしつこいくらいに
お伝えしてきた様な気もしますが、本当に毎回のことながら、今回もうなる程に良いウールアイテムの数々。
その中から厳選して選び抜きました。
過去にもレディスのショート丈のジャケットは展開してきたのですがBLOGでご紹介する前に完売する事が多く
あまり目に触れることが少ないのも正直なところ。
これから冬用のコートやジャケットなどの上物をお探しになる方もいらっしゃると思うので、もしピンときた際には
お早めのご来店をお勧めいたします。


比較的コンパクトなシルエットのワンサイズ、でもふんわりと身体を包み込む”tyrolean jacket”
完全フォーマル以外で、女性が普段着としても気軽に着られるジャケットは先ず選択肢が少ないですし
さらに着心地やデザインまでじっくり選ぶと、なかなか着たい!と思うものに出逢う機会はそう多くなく。
日常着の延長で、シンプルにデニムやチノパンにも合わせられて、時々しゃきっとした装いがしたい時にも
シャツと組み合わせられるジャケットが、春夏と秋冬それぞれ一着ずつあったらもう、いつ何があっても
慌てることなく堂々と、その時を受け止められるだろうな。なんて思うのは私達だけでしょうか。
holkの秋冬のアウターは、まさにその”こんなのが欲しかった”のツボを的確に押し当てるので、
有難いというか、ラインナップに欲しいのがあり過ぎて困るという状況に度々陥っています(笑)


デザインに用いられているのはチロリアンジャケットという、オーストリアで伝統的に伝わるジャケットで
特徴として首元が丸首でフロントの釦が5~6つ並び、ポケットが付くというのが大まかなディティール。
本来はローデンウールという生地で仕立てているので、見た目はよりクラシックな印象に。
holkが仕立てる事により、女性らしい曲線美が柔らかなウールの良さをより引き立てているように思います。
表地は薬品などを使わずにウール本来の質感を追求したウール100%を使用し、裏地はキュプラの総裏の二枚仕立て。
滑りの良い生地ですので、脱ぎ着のストレスは一切ありません。
ゆっくりじっくり時間を掛けて織り上げたウールは空気を多く含み、見た目の暖かさだけではなく
実際に保温性にも優れていますし、何よりその軽さにも驚いてしまします。
二枚仕立てなので中にそこまで厚地のものを着こまずに、ハイゲージのニットやシャツ・ブラウスなどに
プラス巻物などで十分に冬でも過ごせますし、ジャケットですがカーディガン替わりに室内で羽織っていても
そこまで重々しくならないデザインなのでアウターとしてもインナーとしてもどちらの顔も持った1枚です。


袖や身頃など決してタイトでは無いのですが、見た目は何処かスッキリとした印象に映ります。
実際に着てみるとキュプラの裏地が滑らかに袖を通してくれるのでゴワツキも一切なく、動き難さも感じず
むしろほわほわと柔らかな生地が適度にキュッと身体を覆って、しあわせな気持ちにしてくれます。
フロントの釦がちょっと大き目なところや、両サイドに配された大き目なポケットもポイントながら
ブラックという色目がまた良い塩梅に、落ち着いた雰囲気をしっかりとキープしてくれるように感じます。
実際に触れていただくと、言葉で説明するよりも断然ウールの風合いや柔らかさ、暖かさに
心と身体が骨抜きにされると思いますよ。

holk     long skirt

color     black

price     45000+TAX

SIZE      1


同素材のスカートも合わせてオーダーしました。
冬のイベント事や、お仕事での集まりなどがあった時のための派手過ぎないセットアップ。
デザインがシンプルなので、セットアップに限らず単体としてもそれぞれに出番はあると思います。
ふたつ合わせればそれなりの価格にはなりますが、セットアップである事でそれ以上の活躍と満足感を
与えてくれるのは間違いありません。
ウエストは片側に釦とZIPで開け閉めします。ゴムでは無いのでフリーサイズという感じでは無いですが
紐が一周ぐるりと通っているのでぎゅっと絞っての調節は可能です。
裏地も付き、生地の厚みも程よくあるので、見た目も実際の体感もとても暖かなスカート。
丈の長さの割にボリューム感は出過ぎず、プリーツでふんわりと立体感を出しつつも、裾にかけては
蕾の様に窄まっていくという独特なシルエット。見れば見る程、不思議な形の可愛さに心をきゅっと掴まれます。


北東北の真冬でも外を歩いたりしても寒さに耐えれて、デザイン性にも優れたスカートを提案したいと
思っていました。足元は今時期は短靴を合わせたり、ミドルブーツなどの組み合わせもしっくりときます。
街歩きが出来る街だからこそ似合うと思っていますし、トップスをあえてアンバランスな組み合わせで
着崩すスタイルも、このしっかりとした作りのしっかりとしたスカートであれば◎です。


ポケットは右だけに付いていて、左はウエストを留める釦+ZIP+アジャスターでアシンメトリーなデザイン。
ウエストに付いている紐でウエストをマークする位置はある程度前後出来ますので、丈の長さはありますが
身長の高低にも幅広くカバー出来ると思いますし、綺麗な服装をしなければならない時などにもスカートだけでも
十分にそういった場に対応出来るのではないか・・・と感じてしまう位、オーラを放つスカートになると思います。


セットアップで着用するとクラシックなスタイルになりそうですが、格好良さを表現出来るのは勿論ですが
何処か柔らかさもあって、非日常的になり過ぎないバランスがholkの洋服の良さだと感じています。
突出した生地の良さと、洋服を纏う事の楽しさや気持ちを高ぶらせてくれるデザインとパターンの巧さは、
カジュアルで着易い服装とはまた一線を画すので、ぜひ違った角度で挑戦をして頂ければ嬉しいです。
この生地では他にもメンズのコートとジャケットが入荷をしていますので、そちらも是非ご覧頂ければと思います。

10月22日


MITTAN   半纏ロングコート

color     濃紺

price     49000+TAX

SIZE     2    /    3

color     銀鼠

price     49000+TAX

SIZE     2    /    3


今シーズンオーダーした商品の入荷も終盤に差し掛かってきました。
コート類やニット類などもお店に並べ始めて、週末には沢山の方にお選び頂き嬉しい限り。
自分達のペースで、また今日からコツコツと商品を紹介していきたいと思います。

MITTANというブランドを象徴するドレープしたラインが綺麗に出る、釦などのパーツが一切付かない半纏コート。
毎シーズン素材をアップデートしながらリリースされていて、今季はSUPER140という細い糸を超高密度に
織り上げた生地で表面に光沢があるのが特徴。カラーは定番色の”濃紺”と新色の”銀鼠”の2色をセレクト。
長さは膝が隠れる位のロングバージョンのみを展開しています。
僕ら自身も昨シーズンに手にして冬場はとても着用率が高かったコートで、ざっくりとしたシルエットと
質の良いウールに身体全体を包み込まれる感覚は贅沢に感じますし、岩手の寒い冬を越すのにとても重宝しました。
ずっしりとしたメルトンコートも好んで着ますが、軽くて暖かな素材は年齢を重ねる毎に自然と手が伸びる事が
増えていて、今シーズン使われている生地はより軽さと暖かさ、それに加えて上質さを追求した素晴らしい
ファブリックに感じました。サイズは2と3の2サイズで、大よそメンズのMサイズ・Lサイズ位といった所でしょうか。


暖かさを感じる部分のディティールとして首裏を覆うデザインと大きなハンドウォーマーポケットが挙げられます。
フロントは自然に前が閉じる様なパターンで作製されていて、ハンガーに掛けた時の佇まいも何とも言えない
オーラを放ちます。前開きが気になる場合には釦を付けて対応するのも良いでしょうし、ピンなどを用いて
アレンジするのもMITTANの半纏コートの場合にはありだと思っています。
僕らも大きなスナップ釦を1つだけ付けて保温性を優先した仕様にして着用していて、デザインを損ねずに
最低限の機能性を更に持たせる事によって、自分達の生活にマッチしたコートになり愛着もより一層湧きました。


素材はウール90%・ナイロン10%を掛け合わせた混紡素材を使用。
日本の中では毛織物の一大産地でもある尾州地区で染色・縮絨・仕上げを行っていて、餅は餅屋的な発想ではないですが
其々に得意とする分野があって、ウールという素材に関しては尾州という地域はクオリティの高いものを生み出す
土壌と卓越した職人が多くいらっしゃるのだろうと、この素材に触れているだけでもそう感じてしまいます。


肩のラインは程よくゆとりを持たせていて、インナーは中肉のスウェットやシェットランドセーター位までは
ストレスなく着こむことが可能。昨年はカシミアのセーターをインナーに着るか、スウェットに
インナーダウン用のベストを合わせて着るのが保温性と着心地の両面をカバー出来て心地良く過ごす事が出来ました。
北東北の真冬にも暖かさという部分では十分に対応出来るコートだと思いますので、ウール素材のロングコートを
お探しの方に候補の1つとして如何でしょうか。


毎シーズン変わらないようで進化を続けるMITTANの定番アイテム。
これ以上のものは出ないのではないか・・・と思って展示会に足を運ぶと、想像を超える生地であったり
思いつかないようなアイテムが並べられていて、感性を大いに揺さぶられて良い刺激を受け続けています。
進化する定番”半纏ロングコート”、今シーズンの生地も素晴らしいので、是非体感して頂きたいです。

MITTAN   三重織綿麻シャツ

color     黒がさね

price     21000+TAX

SIZE     1    /    2    /    3    /    4


こちらも新しい生地(三重織)の生地を用いたミニマムなスタンドカラーシャツ。
経糸にコットン・緯糸にコットンリネンを打ち込んだ生地なのですが、接結糸を水で溶かすと3枚に分離するという
化学の実験!?を思わせる様なMITTANのオリジナルファブリック。1つ1つの生地の間に空気の層が出来るので
保温効果に優れていて見た目だけではなく機能性に優れているというのもMITTANらしい点と言えます。
これから更に気温が低くなる季節に保温性という部分におていも重宝しそうなシャツ。
ガーゼの様な質感で肌当たりも抜群で生地自体も立体感があって1枚着としても雰囲気が良く、インナー・メインと
どちらにも対応出来る懐の深いシャツになるのは間違いありません。


シルエットは程よくゆとりを持たせたサイジングで、クセもなく着易い印象を持っています。
サイドはスリットを入れて、前丈と後丈で前後差を付けていて、唯一ギミックが入っている箇所。
カフスは統一して細目に設定をされていて、僕自身は細いカフスが腕まくりもし易く強調し過ぎずで好みで
釦は大き目のヤシの殻を用いた釦を使用し、生地に負けない存在感のあるパーツを組み合わせています。
※身長178CM 体重64キロ 着用サイズ 4


シャツらしいシャツとはまた違うアプローチで、僕自身の中ではフラットな作りの印象を持っています。
よそよそしくなり過ぎずに、けれどきちんとした雰囲気も纏えるMITTANのシャツは肩の力を抜いて着る日常着として
ワードローブの中心になるような1枚になるのかもしれません。
今シーズンオーダーしましたMITTANの洋服は全て店頭に届いていますので、これからどんどん気温が低くなる季節に
暖かな素材を身に纏って心と身体を暖めて過ごしてみては如何でしょうか。

INFO




いつもご来店いただき、またBLOGをご覧いただきましてありがとうございます。
来週の営業日程について、お知らせいたします。
10月19日(月曜日)と20日(火曜日)を、都合により臨時休業とさせていただきます。
また21日(水曜日)は定休日となりますので、三日間のおやすみをいただきます。

来週ご来店を予定されてたお客様には、大変ご迷惑をお掛けしてしまいますが
諸々のメンテナンスも含めて、また木曜日からしっかり営業したいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。


10月18日(日曜日)通常営業 10:30-18:00
10月19日(月曜日)臨時休業
10月20日(火曜日)臨時休業
10月21日(水曜日)定休日
10月22日(木曜日)通常営業 10:30-18:00

10月17日


FUJITO   FLEECE BLOUSON

color     BLACK

price     32000+TAX

SIZE     2    /    3 


基本的に寒さには滅法弱く、ここ数日の朝と日中との寒暖差に自律神経が乱れて諸々が崩壊寸前でしたが
何とか持ちこたえて、慌てて引っ張り出したアウトドアものの中綿ベストを着てお店に立っています。
軽くて暖かな洋服や服装が年齢を重ねる毎に好きになってきていて、かと言ってあまりにラフになり過ぎるのも
どうかなと思ったりして、その丁度良い匙加減を探して悶々と試行錯誤を続ける日々。

お店ではアウトドアブランドの展開は無いのですが、お取り扱いのあるブランドでスポーティーだったり
アウトドアにも使えそうな洋服は、気に入ったアイテムがあれば数は多くないですがセレクトします。
その中でFUJITOが提案するアクティブな服装は、動き易さや軽さといったギアとしての要素に加えて日常着として
違和感なく落とし込めるデザインが好みで、個人的には出張や旅に行く際にとても重宝をしています。
今シーズンはフリースが気になり、モコモコとした毛足の長いタイプと短いタイプの2種類をご用意しました。


先ずは毛足の長いブルゾンアウタータイプですが、あえて語る必要はないのではないか・・・という位に完成された
デザインでもあり、ミドルレイヤーとしても、今時期のアウターとしても着れる守備範囲の広さも支持をされ続ける理由。
インナーはシャツでもありですが、個人的にはクルーネックのスウェットもしくはロンTを合わせて着丈の納まりを
意識する方が見た目のバランスが取り易いと思っています。
首元はハイジップでタートルネックを着ている様な保温効果があり、この上からゆったりとしたステンカラーコートを
合わせたり、または冷たい風をシャットアウトするマウンテンパーカーを組み合わせると、王道ではありますが
保温性と快適さを併せ持った、凍てつく真冬でも乗り越えられる北東北仕様としても完璧。


FUJITOが作るフリースブルゾンの特徴として、滑りの良い裏地を重ねて2枚仕立てにしている点。
仕立てを2枚にする事で風を通しにくい作りになるのは勿論ですし、袖抜けが圧倒的に良くなります。
例えばですが、セーターなどを組み合わせて着る際にも袖が引っ掛からずにスムーズに脱ぎ着が出来るので
機能と美を併せ持った洋服を作り続けるブランドならではだと感じています。
アームもそこまで太く設定をしていませんので、この手のフリースの割にすっきりとしたシルエットで
コート類を重ね着をした際にもモコモコと着膨れし過ぎずに重ね着が出来るのも特徴として挙げられます。
裏地も毎シーズン改良を重ねていて、伸縮性のある生地を組み合わせていますので動き易さや脱ぎ着のし易さを
実感して頂けるはずです。この手のブルゾンはあれこれ考え過ぎずにぱっと着て出掛けたいので
困った時の・・・ではないですが出番の多くなる1枚になってくれると思っています。


カラーはブラックのみでサイズは2と3の2サイズをご用意しました。
身長178CM体重64キロでサイズ3で、中に中肉のスウェットを着て丁度良いサイズ感に感じます。
サイズ2=Mサイズもしくは細身の方、サイズ3=Lサイズと思って頂いて良いと思います。
フリース素材のジップブルゾンに関しては着合わせやスタイルを意識するよりも、ある程度の防寒性であったり
着易さという面を重視したアイテムとして選ばれることが多いかと思います。
その中でもこういったアイテムがワードローブにあると、所謂なアイテムともちょっとした違いがありますし
休日のリラックスしたい日や、近所に散歩に行きたい時などに間違いなく重宝するのではないでしょうか。

FUJITO   ZIP BLOUSON

color     BLACK

price     32000+TAX

SIZE     1    /    2    /    3


もう一型は毛足の短い2枚仕立てのシャツジャケットの様な雰囲気のブルゾン。
前立てはZIPですが裾のラウンドした形状や襟が付くデザインで、展示会で見た際にもFUJITOらしさがあって
面白い洋服だと感じた1枚。インナーにシャツを合わせた際にテールを気にせずに重ね着出来るのがポイントで
新鮮な着こなしが楽しめて、且つフリースならではの機能的な部分もしっかりと体感して頂けると思います。
個人的には普段店にいる事が多いので、意外と今時期室内の方が寒かったりする為、こういった軽めの羽織は
本当に何枚持っていても重宝しますし、ミドルレイヤーとしても役割もしっかりと果たしてくれるので、
寒暖差の激しい北東北の地ではうってつけの素材感かなと思います。
ピンポイントな提案になってしまいますが、私達と同様に個人でお店をやられている方で室内にいる際に
ちょっと肌寒い時にカーディガン感覚で着れる万能な羽織として便利ですので如何でしょうか・・・(笑)
勿論、外出用に着たいという方にもとてもお勧めです。


前の着丈に対してテールの長さに大きな差を付ける事で、デザイン的にもアクセントになります。
襟はそのままでも良いですしスタンドにして着るのも◎
ポケットも付いていますので、機能的な部分においても申し分のない作りだと思います。
丁度良い羽織を探されている・・・と言われる事が多々あるのですが、気温に対応する為にはある程度の枚数と
素材違いで最低でも3枚位を着回すのがベストだと思いますし、今時期のように日中と夜との温度差が
大きい季節であれば尚更の事。1つの選択肢としてフリース素材は軽くて保温性が高いという点においては
優れている機能素材なので、手元にあると気兼ねなく使える一着だと思います。


フロントはダブルジップの仕様で、着こなしに変化を付ける事が出来ます。
袖口は釦が付きで、スポーティーな側面を感じるかと思えばジャケットライクな一面が顔を出したりして
どう組み合わせて着こなすのが楽しみになるのではないでしょうか。


どちらも色は黒で統一しました。
すっきりとした表情で都会的な空気も纏ったフリースジャケット。
異素材を組み合わせてコーディネートするのが好みなので、化学繊維が入る事によっていつもとはまた違う
一癖ある着こなしが出来るのではないかと想像を膨らませていますし、個人的にぜひお勧めしたいのは
ZIP BLOUSONは先日ご紹介しました”B.B.CAP”も同素材でご用意をしていますので、CAPとブルゾンと
セットで着合わせるのが怪しげで良いなと思っています。(CAPのBLOGでも同じ事を書いた気がします。)
それぐらいお勧めですので、気になる方はぜひ見にいらしてください。

PageTOP