10月31日


STYLE CRAFT WARDROBE   VEST♯2

color     BLACK

price     32000+TAX

SIZE     Ⅰ    /    Ⅱ    /    

10月もあっという間に最終日。明日から11月に突入です。
朝の冷え込みも一段増して、お店にいても寒さのあまりに身体の震えが止まらずに急遽自宅へ戻りストーブを。
いよいよストーブ&灯油ライフがスタートしました。灯油ストーブが一台あるだけでBLOGを書くスピードが
全然違うことにもびっくりしました。寒さは思考を停止させるなぁとは感じていたのですが・・・
暖を取っていると、なんでもっと早く出さなかったんだろう。。と思いますね。(笑)

STYLE CRAFT WARDROBEのベストは、ラインナップされている際には必ずセレクトをしているアイテムで
今シーズンは仕立てが前身頃のみを2枚仕立てにして、背中はアンライニングの仕様に変更をされています。
選んだ生地は質の良さを感じるウール100%のブラックの生地。
生地感は中肉で柔らかくて手に取り易い印象を受けます。
ジャケットやコートのインナーにベストを挟み込むだけで保温性はぐっと高まりますし、インナーにシャツを
合わせた際の着丈のバランスと納まりの良さが、このベストを選び続けている理由でもあります。
よそよそしくなり過ぎずにきちんとした服装を出来るので、お手持ちのシャツやカットソー類の着こなしの幅を
広げるのは間違いないですし、打ち合わせや食事の際などにもだらしなく見えないので重宝するはずです。


フロントの釦は全部で5つ。
Vゾーンの深さも浅めに設定をしているので、シャツを合わせた際は勿論ですがカットソーを組み合わせた際に
より効果を発揮する作りだと感じています。ジャケット程堅苦しく見えない点とベストの場合は腕周りの可動域が
広く取れるので、これから重たいアウター類を重ねる際にストレスにならずに着用出来るのもベストならではのメリット。
前丈に比べて後丈を長くする事でシャツのテールに沿った無理無駄のない納まりの良いデザインで
プラスαのアイテムではありますが、主役にもなるし脇役にもなれる2つの顔をこのベストは持っていると思います。
自分が良いと思えるベストにはなかなか巡り合うのが難しく、だからこそSTYLE CRAFT WARDROBEのベストは
毎シーズン欠かさずに展開をしているのかもしれません。
ベストに関してはサイズ感をそこまで大きく作っていませんので、メンズのS・M・L位と思って頂いて間違いありません。


フロントには箱ポケットが左右に付き、全体的には大きく主張するデザインではないですが存在感があって
室内でお仕事をされていたりする方にも好評で、特にrasikuではコーヒー業界の方に人気だったりします(笑)
こんなベストを着て珈琲を淹れている姿をみたら、美味しさがさらに増すのは間違いありませんね。
機能的な素材のものも良いですが、ウールが醸し出すクラシックな雰囲気のベストは見た目から先ず格好良さが
プラスされますし、時間が経過しても飽きがき難いのも良さだと感じています。


大きくデザインを変更したりすることはありませんが、毎シーズン少しずつ変化をさせながら完成したデザインを
目指すSTYLE CRAFT WARDROBEの洋服。時間が経っても色褪せないデザイン、素材選びは卓越したものを感じて
頂けると思いますし、大切に着続けたい1枚になって頂けるのではないでしょうか。

10月30日


nisica     切り替えカットソー

color     ブラック×グレー

price     18000+TAX

SIZE     1    /    2    /    3    /    4 


どうやら寒気が降りてきているようで、BLOGを書く手もかじかんできました。
アラジンストーブがメンテナンス中で、明日には復帰するとの連絡を受けたので、いよいよ灯油生活が
スタートしそうな気配・・・何か冬の楽しみというのか、冬にしか出来ない事を見つけて日々を過ごしたいなと。

nisicaからオーダーした秋冬の製品が届き始めています。
ゆっくりとマイペースに続けているブランドなので、納品のタイミングなども洋服業界の常識に囚われ過ぎずに
自分達の時間で動いているお二人が逆に良いなと僕自身は思っています。
少し前のシーズンから展開されていました、身頃に対して袖はシャツ地で切り替えして構成されているカットソー。
何処か先鋭的でモードな雰囲気も感じられる不思議なバランス感。
身頃はぎゅっと目の詰まったフェルトの様な生地感のウール100%に対して、袖はコットン100%のシャツ地。
シャツのディティールをそのまま組み合わせていますので、勿論袖口にはカフスが付きます。
自由度の高いアイテムなので着合わせは頭で考え過ぎず、そのうちに見えてくる・・・。
そんな事をこの切り替えカットソーに言われているような気がしています。
最近はこういった答えの無い想像力を要する洋服もやっぱり良いなと思い、自分ならどう着るだろうかと、
あれこれと想像を膨らませる時間が楽しかったりします。


サイズ感はややゆったりめの設定で、首元にZIPが付いているので脱ぎ着もスムーズに。
セーターよりも気軽で保温性も確保出来、袖がシャツ地というメリットを活かしてジャケット類を重ね着する際に
腕周りがストレスになり難く、1枚着としても羽織のインナーとしてもどちらにも対応出来る存在になりそうです。
店頭で接客をしていても特に男性でセーターが苦手という方がいらっしゃいますので、切り替えカットソーであれば
セーターを着ずに、ウール素材を取り入れられるので新しい感覚を手に入れられるかもしれません。


nisicaはプレーンなアイテムも存在するのは確かですが、イメージに反して?何処かに一癖あったりして
個人的にはそこが心地良く後を引くなと思っています。着る人の個性を引き立たせるとも言うのでしょうか。
何となく目に留まるというか、デザイン性が強調し過ぎずにけれどきちんと際立つという2つの相反する表現が
1つの洋服にバランス良く取り入れられているのが面白さでもあり、支持をされ続けている理由だとも思っています。
サイズは1~4までのフルサイズでご用意していますので、ご自身のイメージに合うサイズ感でお選び頂きたいです。


着る人と洋服とが適度な距離感を保ちながら、日常の生活に少しの彩りであったり楽しさを見出せるのが僕は好きで
何処か人間味であったり、その人のクセが現われる位が良いなと感じます。
洋服とファッションの関係性は切り離す事は出来ませんが、ファッションという意味合いよりも
その人らしさであったり、ライフスタイルにかけ離れ過ぎない自然体の服装をすることの方が
格好良さに繋がるのではないかと思っています。

nisica     カーゴパンツ

color     カーキ

price     17000+TAX

SIZE     2    /    3    


nisicaが作るパンツも毎シーズン、型数は少ないのですが表情が面白くセレクトをしています。
上目に着いたカーゴポケットが特徴的なその名も”カーゴパンツ”(笑)
ポケットはこの2つのみでバックポケットなどは付かない潔いバランス。
アメリカ軍のヴィンテージパンツを踏襲した様なデザインで、古着好きなデザイナーの意図がちらちらと
見え隠れするのもnisicaの洋服のアイデンティティを感じる部分だったりします。


素材は厚すぎず薄すぎずの中肉のダック地で、通年を通して穿き込める素材感。
所謂のワークウエアやハンティングジャケットなどに用いられる生地感よりもライトな印象。
穿き込んで味わい深くなるのは変わりないですし、デイリーな1本としてお勧めです。
シルエットも全体的には癖が少なく、お尻回りも立体的に膨らませているのである程度の体型をカバー出来る様な
パターンですし、裾にかけても綺麗にテーパードをさせていますので納まり良く感じて頂けるはずです。


フロントの仕様はZIP UPでバックルバックが付いているのでウエストの調整が少しですが可能。
オーソドックスなカーゴパンツとは違う雰囲気ですが、生地感やシルエットなどを含めて日常着として履くには
間違いなく重宝するパンツになると思います。
サイズは2(大よそ31インチ位)と3(33インチ位)の2サイズをご用意しました。
ミリタリー系のアイテムを土っぽい生地で作製すると、更に重たい面構えになると思っていたのですが
自分が想像をしていたよりも遥かに軽快な仕上がりになって、久し振りにこの手のパンツを穿きたくなりました。
作業着にも良さそうですし、何も気にせず穿けるパンツはワードローブに何本かあると心強いですよね。


今シーズンのnsiicaは新しいデザインが多くリリースされ、変わらないスタンスで進化を続けるブランドの
また違う一面を感じて頂けると思っています。この他にも中綿入りのフルジップアップパーカーやベスト
新型のコートなども入荷を予定していますので、そちらも楽しみにしてお待ちいただければ嬉しいです。

10月29日


TEMBEA    BOOK TOTE MEDIUM  

color     NEW-RED/RED

price     11000+TAX

SIZE     33×25×25 SOLD

とてもいい天気に恵まれた、昨日のお休み。
頂上がすっかり雪化粧された岩手山を横目に見ながら、ドライブを楽しみつつ花巻市にある”高村光太郎記念館”へ。
ここは、メーカーさんからも岩手に行ったらぜひ訪ねてみたい所だとお話は伺っていたのですが
先日、たまたま企画展のご案内をお客様から見せていただいたので、この機会にと思って足を運びました。
森閑としたその場所は、ちょうど紅葉も見頃で足元には落ち葉と栗やどんぐりがコロコロ転がっていて
少し冷たさを感じる風と、穏やかな陽の光が混ざり合って、自然の音がよく聞こえました。
見たかったホームスパンの毛布や、この場所へと移り住んで取り組んでいた事だったり、かつて花巻温泉郷の方まで
鉄道が走っていたことなど、また少しだけ岩手の文化に触れることが出来てとてもよかったです。

良い時間を過ごしてリフレッシュ出来たところですが、いよいよ10月もおわりだと思うと
一度頭の中も気分も年末モードになって、ソワソワしてしまうのは何故でしょうか。
秋冬のオーダー分の入荷も残すところあと僅かになってきて、洋服のボリュームも出てきていますが
同様に小物類も充実してきていますので、お部屋の収納にも見た目が良く、ギフトとしての購入率も高い
TEMBEAのBOOK TOTEと、新作のSLIPPERをご紹介したいと思います。

color     OLIVE/DEEP-GREEN


color     NEW-BEIGE/DK-KHAKI

定期的に追加しては無くなり、また追加してを繰り返していて、実はTEMBEAのラインナップの中でも
安定した人気で、いつでもそこに居てくれると安心するベテラン感すら漂うBOOK TOTE。
私達も店や家で使っていて、このMEDIUMのサイズ感が容量的にも丁度良く、サイズはSMALLとMEDIUMの
2サイズでリリースされていますが、当店では毎回MEDIUMのみをオーダーしています。
バッグとは違って店内にディスプレイしていても、何となく用途が分かり難いのか、もしくは馴染み過ぎて
商品に見えないのか、なかなか手に取っていただく機会が少ないので、気付かない方も多いかと。
自分達も良い見せ方が出来るように、色々と試しながら良いディスプレイ方法を模索中です。
ただ有難いことにBOOK TOTEに関しては、はじめからお探しで来てくださる方も多いです。
お客様の中には同色でふたつ・みっつと揃えたり、サイズ違いで同じ色をという方もいらっしゃるのですが
その時はメーカーへ在庫の問い合わせて取り寄せたりも致しますので、ぜひご相談いただければと思います。
今回はシーズンカラーの中から、自分達好みの同系色の配色のタイプと、ナチュラルベースのタイプは
一色のみですがご用意がありますので、ぜひお家の中や用途をイメージしてお選びいただけたらと思います。

color     NATURAL/BLACK SOLD


丁度雑誌が収まるサイズなので、家に溜まりがちな雑誌や本をすっきり気持ち良く収納してくれています。
雑誌だけに限らず、新聞紙を保管しておくのにもそのまま置いてあるよりは見た目も良いですし
その他にも、おもちゃや衣類など散らかってしまいがちなちょっとしたものを、ササっと片付けて
一端隅に寄せて置く・・・などなど、使い道は幾らでも広がりそうな、収納のためのトートバッグ。
寒くなってくると部屋でブランケットやホカホカ小物に身を包んで過ごす方もいるのではないでしょうか?
ソファーの横や下などに置いてあってもそこまで場所を取りませんし、移動もそのまま持ち手を掴んで運べて
汚れたらザブザブ洗えて、そんな気軽なところも気に入っています。
何人か新居のお祝いのギフトに選んで下さった方もいましたし、このシンプルさと何気なく気が利いていて
カラーバリエーションが楽しめて、どんな空間にもフィットする物作りがさすがTEMBEAだなぁと思います。
今ならお色も選べますので、ぜひ。

TEMBEA    SLIPPER  

color     NAVY/RED

price     7500+TAX

SIZE     11×28


今季リリースされたのが、まさかまさかのキャンバス地のスリッパ。
最初こそ驚きと言うか、面白さと意外性でぐるぐると頭の中をかき混ぜられる感じがしましたが、見れば見る程に
このホテルのスリッパのようなシンプルさに惹かれて、自分用に欲しくなっていました。
素材はキャンバスなので耐久性もありますし、インソールにはフェルトを使用しているのでクッションも適度にあり
履き心地もきちんと考慮されています。
大きさはワンサイズで、長さは28cmですが男性スタッフ(靴のsize・27cm)で丁度ぴったりだったので
大体の方が履けると思いますが、生地の伸縮性はそこまで無いので幅で合う・合わないは多少あるかもしれません。

color     BLACK/BLACK


自分達も見た目は所謂のスリッパで質の良い物。バブーシュやレザー、軍物などなど様々履いてみましたが
それぞれに良さがありましたし、毎日履けばどうしても消耗してしまうものなので、季節やその時の気分で
変えてみるのも良いのかもしれません。こちらもBOOK TOTE同様にギフトにも良さそうですし、来客の際に
センスが光るスリッパを用意してお迎えするのは如何でしょうか。
自宅でお仕事をしたり、家にいる時間が長くなったりする中で、少しでもお気に入りのアイテムを身に着けて
気分を上げて一日を過ごすのは、見えない部分こそ案外重要かもしれませんね。


BOOk TOTE・SLIPPERどちらも置いておくだけで何となく毎日嬉しいというか、視覚に入っても楽しいだろうなと
思いますし、自分達でも実際に使っていてどんな空間でも馴染み、そしてタフだという事を実感しています。
帆布という素材を使って、様々な可能性を模索しクリエーションするTEMBEA。
デザインに無駄がなく、デザイナーをはじめスタッフの方々の積み重ねてきた経験と知識と遊び心が絶妙に
組み合わされたプロダクト。
是非ご自宅に取り入れてみては如何でしょうか。

定休日のお知らせ


いつもとは逆のアングル、与の字橋側から見た中津川の景色。

明日28日(水曜日)は定休日となっております。
どうぞよろしくお願い致します。

10月27日


FilMelange  STAR

color     white melange

price     32000+TAX

SIZE     4    /    5


全部が全部という訳ではないのですが、最近僕達が着たいと思うセーターは多少値が張ってでも毛の品質が良くて
軽いという2つの要素はセレクトする際に重きを置くポイントとなっています。
岩手に住んでみてはじめてセーターの本来の役割も知りましたし、中途半端なセーターは通用しないということは
厳しい自然環境から学んだことでもあり、だからこそ、自分達が好きだと思える条件や機能性の部分がくっきりと
見えてきたように思います。

今シーズン見た中ではトップクラスの暖かさと軽さを持ち合わせたFilMelangeが作るセーター。
オリジナルのレシピで作られたスラブジロンニットは、ローゲージまではいかないミドルゲージとの丁度中間位と
言えば良いでしょうか。インナーで着てもモコモコとし過ぎずに、ミドルレイヤーとしても重宝する厚み。
ざっくりとした糸から生まれるスラブがかったワイルドな表情とは裏腹に、原毛は南オーストラリア、ジロン地方で
取れる繊細なエクストラファインウールを掛け合わせて作製をされています。
エクストラファインウール自体はカシミアに匹敵する位の品質の高さでウールの中でもトップクラスの肌触り。
展示会で見た際には正直少し重たそうなのかな・・・と思って手に取った時にその軽さに驚かされました。
デザイナー自身も、重たいセーターは散々着てきたので軽くて暖かいものを作りたかったと言葉通りで
年齢を重ねて無理をし過ぎずに服を着たいというシンプルな考えに基づいた仕上がりだと思っています。
北東北の極寒とも言える冬にも間違いなく重宝する1枚になるのではないでしょうか。


昔から理由はないのですがニットベストが好きで、腕周りがすっきりとするので重ね着がし易く体感を温めると
案外袖は気にならなかったりします。着こなしもシャツに合わせる事が多かったのですが、ここ数年はサーマルの
温かみを知ってしまってからは、着写の様な着こなしがメインになっています。
カットソー1枚だと物足りなさ(保温性と見た目)を感じる時や、着こなしに清潔感を出したい際にベストを
着ると割とサマになったりするので、良いアクセントを与えてくるのは間違いありません。
着る人と着ない人とがはっきりと分かれるアイテムではあるのですが、僕自身のワードローブには欠かせないので
納得出来るものが見つかれば提案をし続けていきたいと思っています。


首元、脇、裾のテンションはきつくなく、一切のストレスのない着心地。
サイズ感は今回はあえてサイズ4、サイズ5のサイズのみを選びました。
生地感的にも少しゆとりを持って着てもバランスは崩れないですし、ジャストサイズだけが洋服の着方ではないので
窮屈に考え過ぎずに挑戦して頂ければ嬉しいです。


カラーは幾つもの糸が複雑に降り合わさる事で奥行きのある白を表現。
トップスにネイビーやブラックなどのダークトーンが増える時期だからこそ、インナーは明るめの色目を持ってくると
コーディネートがマンネリし過ぎずに楽しんで頂けると思っています。

color     GUNGYO

price     32000+TAX

SIZE     4    /    5


もう一色は悩みに悩んだ末に紺系の色目”GUNJYO”を選びました。
もしニットベストを着たことがないという方には、先ずは着回しの効きやすいネイビー系の色目がお勧め。
首元の詰まりが程良いので、インナーにシャツを組わせてみましたが窮屈さは全くありませんでした。
GUNGYOも幾つもの色糸で構成されていますので、深みのある渋いネイビーに感じて頂けるはずです。


FilMelangeはカットソーも素晴らしいですが、セーターも毎シーズン試行錯誤して素晴らしいアイテムが並んでいて
素材から妥協をしない姿勢は製品にした際に佇まいとして現れるような気がしています。
毛玉なども出来るのですが、毛の質が良いとそれさえも何だか可愛らしく見えてしまうのは私だけではないはず(笑)
お客様でもチラホラとウール素材を着ている方を見かけるようになってきましたので、そろそろ冬支度の準備を
しても良いのではないでしょうか。ベスト以外にも長袖のタイプもレディース・メンズでご用意していますので
そちらも併せてご覧頂ければ幸いです。

PageTOP