5月20日

ASEEDONCLOUD   HW WIDE TROUSERS

color     INDIGO

price     26400-

SIZE     XS    /    S    /    M    /    L SOLD

定休日の昨日。ぐんぐん早まる日の出前からグッドコンディションのグランドで良い汗をかき、
午後は今年の畑に植えるサツマイモの苗を買いに産直まで。
狙っていた産直は既に完売と聞いて、心配していましたが無事に別の場所で手にすることが出来ました。
まだ植える前ですが、既に秋への期待が膨らみますね。
更に今年は里芋にも挑戦しようと意気込んで種芋を沢山購入しましたが、ちらっと調べるとサツマイモとは
特性が異なり日陰と水分を好むとのことで、畑のプラン修正を余儀なくされている状況です。
毎年少しずつですが畑をやるようになって分かったのは、はじめから上手くいくことのほうが珍しですし、
今年良くても次の年はあれ?っていうことも多いので、初めて育てる物は先ずはチャレンジという気持ちで
やってみようと思います。こちらも秋に自作の芋の子汁が出来るか楽しみです。

ASEEDONCLÖUDから春先にもご紹介しました”HW WIDE TROUSERS”ですが、サイズ欠けしていた分が再入荷し
さらに同素材で新作のショートパンツが加わりました。
着用の写真は私物のモノで、約2カ月位経過したもの。穿いたら毎日洗濯をしたい方なので結構洗っていますが
だいぶ青味が強くなってきているように思います。納品は未洗いの状態で糊が付いていますのでぱりっとした質感で
それもまた良いのですが、洗って生地が柔らかく肌当たりが良くなってくるのがデニムの醍醐味の1つ。
素材はコットン70%・リネン30%の混紡生地を使用し、ライトオンスで夏場でも風が抜けて心地好く穿いて頂けると
思いますし、通常のデニムと比べると随分とゆったりとしたシルエットなので、生地が肌に纏わりつきにくく
ストレスにならずに暑い季節でも進んで手に取って頂けると思います。

自店のワイドパンツの中でも1番か2番か位に太いシルエットですが、フロントにタックを入れたりお尻回りは
フラットに作製する事で、作り込まれたワイドシルエットを構築。横幅にはそれなりに迫力を持たせていますが
後ろから見た際には洗練されたバランスに仕上がっていて、足し引きの上手さと落し所の妙を感じるパンツ。
毎シーズン、岡山で織られている備前壱号(生成・濃紺)の帆布素材は定番で、その他にシーズン素材として
毎回異なる生地での展開を続けています。
今回のリネンデニムは春夏らしい軽快な素材感で、様々な装いに違和感なく溶け込んでくれそうです。
初回分は、今までワイドシルエットをあまり穿かないという方にも手にして頂けたり、挑戦してみたいという方が
多くいらっしゃって、自分にとってはとても嬉しい反応でした。
トップスのバランスが自然と軽くなる季節に移行してきましたので、逆にパンツにボリュームを持たせた着こなしが
スムーズに出来るのも、これからの時期ならではかもしれません。

水を通すと着丈が3~4CM位は短くなりますので、その分を考慮して丈詰めはされる方が確実。
裾口のボリュームもかなりのもので、着丈の長さによっては重さが気にかかる際にはすっきりとした長さに
カットをして穿くのがお勧め。
ちなみに身長178cm、着用サイズMでギリギリカットしなくても履けるというイメージ。
カットするか迷いましたが・・・小さな違いが大きな見え方の差になってくるのも洋服の面白さでもあります。
季節的にもサンダルなどの足元も視野に入るタイミングで、心地良いバランスを見つけて頂けると
欠かすことの出来ない1本になり、夏用デニムとしてワードローブに定着する存在になってくれるはずです。

“HW WIDE TROUSERS”は性別に関係なく、選んで頂いている印象があります。
店頭に穿いてきてくださるお客様の確率が高いパンツで、中には素材違いで購入される方も何人かいて
きっと普段から穿き込んでいて出番も多いのかなと想像すると、何だかとても嬉しい気持ちになります。
各サイズ1本ずつのストックになりますので、以前から気になっていた方や夏用のパンツをお探しの方に
手に取っていただけたらと思います。

ASEEDONCLOUD   HW SHORTS

color     INDIGO

price     20900-

SIZE     S    /    M    

そして、何年ぶりかに展開するショートパンツ。
ここ最近は全くショーツのセレクトをしていなかったのですが、太さと長さに惹かれてオーダー。
着用写真が肌が真っ白でイメージが湧き難いかもしれませんが(笑)長袖にショーツは贅沢な着合わせです。
寒いんだか暑いんだかという6月初旬頃までの2週間位はマッチする服装ですが、よくこのスタイルをして
高確率で風邪を引いて怒られるというパターンを繰り返した為、封印していました。
こうして改めて見ると、何だか良い感じがしますね。
素材はHW WIDE TROUSERSと同素材ですので夏場にピタっと当てはまり、ショーツも同様に作り込まれた
デザインからなのか、ショーツ特有の少年っぽさを感じさせないのがセレクトした理由でもあります。

大きくデザインを変えている訳ではないのですが、ウエストの両サイドにゴムを入れて伸縮性を持たせて
よりリラックスした穿き心地に。ベルトで調整するも良いでしょうし、ジャストサイズで煩わしさを無くすのも
夏ならではかもしれませんね。完全な夏仕様というショーツではなく、シャツを合わせたて革靴を履いたり
スタイルの幅が出せるのもこのショーツの特徴になるかもしれません。

長さに関しては、しっかりと膝が隠れる位の大人が照れずに穿ける設定。
海や川へ・・・という様なアクティブな意気込みではなく、どちらかと言えば普段着としてお洒落をして街を歩いて
喫茶店でコーヒーを飲んだり、美術館に行ったりして、その際には白いリネンやブロードの長袖のシャツをぐるっと
捲って、頭には涼し気な素材の麦藁帽子を被ってというスタイルの方が似合いそうなショーツ。

僕自身も夏にショーツを穿くことは殆ど無かったので、もうセレクトする事はないだろうと勝手に決めつけて
おりましたが、そういった気持ちを軽く飛び越えてくるものに出逢えて、自分自身を反省するばかりです。
あとは中津川沿いの雑草が伸びすぎて、足のスネに当たるのが嫌で穿かないというのも理由の1つではありますが
そんな小さな理由ばかり並べず気にせず、夏らしく大胆かつ爽快に穿いて頂ければ嬉しいです。
フルレングス・ショーツ共に夏の装いを彩るワードローブに是非加えてみては如何でしょうか。

PageTOP