7月2日

MITTAN   kalaコットンパンツ PT-23

color     黒

price     19800(TAX IN)

SIZE     2    /    3

color     濃藍

price     28600(TAX IN)

SIZE     2    /    3

とにもかくにも暑い夏が迫ってきています。
涼しいパンツのリクエストが多い中で、一番リラックスしたムードで穿けるのではないかと思ってオーダーをした
今季のMITTANの新たな提案”kalaコットンパンツ”
柔らかで表情豊かな素材感とモンペやタッツケからイメージをして、しっかりと柔軟な動きに対応出来るように
運動量を確保したパターンを採用し、素材にはインドの品種改良がされていない原種のコットンを手織りされた生地。
しっとりした質感に触れただけで肌が喜びそうな、それ位に心地良さのある生地感。
休日のリラックスウェアとしても良さそうですし、普段着と家着との2つの境界線を行ったり来たりするのにもお勧め。
夏場で緊張感を持った服装をするのは、近年の気温の上昇を考えると無理をし過ぎなくても良いのではと思っていて
自分自身が心地良さを感じるものを身に着けて過ごすのが、健康的ですし素敵に見えるのではないかと。

ウエストは総ゴム+アジャスターが付く仕様。
股上は深く、ワタリから裾口にかけて急激にテーパードをさせる事でゆったりとスッキリの2面性を持たせた
面白さと攻略のし甲斐があるシルエット。
気になるのは丈感ですが、7分から8分丈位といった所でしょうか。
着用しているサイズは3で、ギリギリ8分丈位のイメージになります。
ウエストは紐でアジャスト可能なので、丈感とシルエットでサイズ選びをするのが良いかもしれません。

※着用しているモデルは身長178CMになります。

カラーは私の大好物でもあり、夏の装いによりマッチする”濃藍”と落ち着いたバランスで着用出来る”黒”の2色。
休日はこのパンツにSUNSHINE+CLOUDのロゴTシャツを着て、足元はビーチサンダルで麦藁帽子を被ったりして
真夏らしいスタイルを楽しんだり、そのままの服装で夕涼みをしながらお酒を飲んだら最高ではないかと
想像を膨らませてみたり。。。普段ショーツを殆ど穿かない自分にとっては、その代用ではないですが
近い感覚で穿ける1本になりそうです。

男性も良いですが、どちらかと言えばこの手のパンツは女性の方が穿き慣れている感じがあると思います。
身体を包み込むようなシルエットで、レングスの長さもソックスで楽しむ素足で開放感を感じるのもどちらも◎
張りのないとろんとした生地感なので、見た目の部分で好みは分かれそうですが日常着としてどう落とし込めるかを
勝手に問われている気もしますし、曖昧さと危うさのあるニュアンスを其々の解釈で導き出すのも洋服の醍醐味。
ブランドの持つ世界観をそのまま表現するも良いでしょうし、自分だけのオリジナルな組み合わせ方や着こなしで
予想もしなかったコーディネートに辿り着く可能性もこのパンツはあると思います。

ここ最近は気付くとMITTANの洋服に自然と手が伸びることが増えています。
今日も打合せなどは一切無しで、夫婦二人で同じ大麻シャツを着ていました。。。
亜熱帯地域化している気候に対しても、100%を服装でカバーするのは正直難しいですし限界があるのですが
天然素材の肌当たりの良さや身体を気持ち良く抜ける風を感じたりすると、少し気持ちが和みますし
機能と作用の2つのバランスをどちらにも寄せ過ぎずに作製された洋服は、時間が経つほどに其々の効果を実感して
より愛着が増してくると思っています。
しつこいようですが、今季は涼しい素材のパンツが充実していますので、是非快適に過ごせる1本を手にして頂きたいです。

PageTOP