5月30日


SUNSHINE+CLOUD  NEW STANDA

color     SAGE

price     19000+TAX

SIZE     0    /    1    /    2    /    3    

今日も太陽の陽射しに朝早起きを促されるようにして起床。庭いじりをして、植物を植える面積を少しずつ
広げていて、一度やり始めると何処に何を植えるかなどレイアウトを考えたりするのも楽しかったりします。
大量に生えているドクダミも、今までは抜いては捨てていたのですがお茶にしてみようとざるに干してみたりと
何となく頭の中に描いていた事をコツコツと進めるのが日課となっています。
無理をしたり頑張り過ぎずに、自分がやれる範囲で続けて行こうと思っています。

ご紹介が遅くなってしまい、サイズ欠けがありますが夏の太陽の陽射しがとても似合うSUNSHINE+CLOUDのシャツ。
どのデザインをお店に並べるかを色々と悩んだ結果、初の展開となるプルオーバーの衿元がスタンドタイプになった
“NEW STANDA”をセレクト。
一番の特徴と言えるのは身頃・袖周りが他にはない位にゆったりとしたデザイン。それに対して着丈はすっきりと。
袖周りの太さに対して袖口のカフスが極端にテーパードさせたビックリする様なラインもオリジナリティを感じます。
最初に袖を通した際には戸惑いがあったり、感覚的にしっくりきていない方が殆どで・・・(笑)
その先にある心地良さを信じてご購入して頂いた方の反応が年々良い。という印象を勝手に持っています。
20年以上も前から、このシャツを販売をし続けてきたメーカーの姿勢と物との向き合い方に感銘を受けますし
僕自身が一番の虜になっていて、土地がもたらす恩恵や風土に感謝しながら逆らわずに、楽しみながら生きる。
そんなスタイルを見様見真似する一人になっています。
rasikuでもお取引をスタートしてから3年目になりますが、手に取って着て下さった方のリピート率がとても高く
素材・デザイン違いで買い足していきたくなってしまう、このシャツにしか表現出来ない奥深い魅力が詰まっています。


素材はイタリアの生地メーカー「CANCLINI」社が提供している極細番手のリネン100%。
元々はシルクを得意とした工場だけあって、繊細で細い糸の取り扱いに慣れているからこそ出来上がる素材。
表面はつるりとした質感で太陽光にかざすと透ける様な薄さですが、目がギュッと詰まっていて短い繊維を
取り除いているので、しっかりとした強さも併せ持っています。
僕自身が今まで触れてきたリネンの中で最も薄手で、且つ肌当たりの良さもトップクラス。
リネンにも色々と種類があるのですが、糸にフシが残っていると生地にした際にざらつきが残り着心地にも
響いてしまうのですが、そういった心配は皆無。
製品染めを施す事で肌の透け感を気にせず着用をして頂けるのではないでしょうか。


SUNSHINE+CLOUDが得意とするニュアンスカラー。
今シーズンは「SAGE」という色目が気になり、シャツの他にもプリントTシャツでもセレクト。
ブルーとグリーンを掛け合わせたような雰囲気で、落ち着いた中に明るさを持ち合わせた良いとこどりの色目に感じます。
普段ベーシックな色を好んで着ている方にも比較的取り入れ易く、いつもとは少し違った服装を楽しめるような
きっかけになって頂ければ嬉しいです。


サイズ感は元々ゆったりとした設定ですが、ジャストサイズよりも身頃に余裕が出来て脱ぎ着がし易い位がお勧め。
インナーには半袖のカットソーを合わせるも良いでしょうし、最も涼しい着方はタンクトップと組み合わせると
夏の温度と湿度のある気候でも汗が直ぐに乾いて、風の抜けも良く、夏を快適に過ごせる服装に近づけると思います。
個人的には半袖のTシャツでいるよりも、タンクトップ+SUNSHINE+CLOUDのシャツとの着方が暑さのストレスが少なく
肌当たりも心地良く感じています。日焼けが苦手な方は長袖をラフに捲って着るのが特にお勧めです。

SUNSHINE+CLOUD  NEW STANDA

color     DUST

price     19000+TAX

SIZE     0    /    1    /    2    /    3 SOLD   


「DUST」は昨シーズン前開きタイプで提案したのに続いて、今年も選んだシックなカラー。
夏に涼し気に着る「黒」が素敵だと感じて、色物と比べると全体的にすっきりとした印象を受けます。
釦を一番下だけ留めて、首元を開けて着ると涼しさがプラスされて格好良いのではないでしょうか。
sizeのご提案は「2」と「3」の2サイズで、普段M~L、L~XL位の方に丁度良く着ていただけると思います。


SUNSHINE+CLOUDというブランドを感じるにはアイコンとなるシャツに袖を通して頂くことで、
実際にお店のある葉山・代官山・そして奄美大島にショップにも足を運ぶきっかけにもなれば良いなと・・・
密かに思い続けています。
洋服は格好を付けたりお洒落をして人に見てもらう目的も勿論あるのですが、僕自身はその土地での
暮らしの中で等身大の服装をするという事を、このブランドから教わった気がしています。
盛岡という土地は自然が豊かで食べ物も美味しく、緑と川に囲まれた素晴らしい場所。そんな場所でお店を
続けることが出来ていますので、「服」と「土地」と「人」が無理なく気持ち良く交われるような提案を
これからも僕たちなりにしていきたいと思っています。
SUNSHINE+CLOUDが進化をしながらずっと作り続けているシャツ。是非一度袖を通して頂きたい逸品です。

5月29日


FUJITO    PANAMA HAT

color     NATURAL

price     25000+TAX

SIZE     FREE(約58CM)    


初夏を思わせる太陽の陽射しがからっと照り付ける日が、数日続いています。
早起きすると何かとやる事が次から次に見つかって、今日は冬物のコートとウール素材のストールと
マフラーを洗って風通しの良い場所にばしっと干してきました。それだけで何だか得をした気分。
あまりに暑くなり過ぎるのは苦手ですが、程好い湿度のある晴れた日というのは、どうしてこんなにも
嬉しさが心身に沸き上がるのでしょう。何にも変えられないからでしょうか。

夏の陽射しを防ぐために必要なアイテムの1つが帽子。
歩いてお店に出勤する僕らにとって、夏の帽子は必須アイテム。
ファッションで身に着けているという意味合いよりも、完全に陽射しを防ぐ道具として身に着けている感覚。
3年か4年前位に一度だけセレクトをしたFUJITOが作るパナマハット。これがとても優秀。
毎年来る夏に無くてはならない物になりました。
夏の季節の出張や旅行にも必ず持って行くアイテムで、クラッシュをしてバッグに収納が出来るのも嬉しいポイント。
今シーズンは、以前のデザインをマイナーチェンジをして新たにリリースをされました。
男性・女性どちらにも被り易く癖の無いカタチですので、是非お試し頂きたいです。


素材はパナマ草100%を使用し、見るからに高級感が漂う作りで編目もしっかりと綺麗に編まれています。
内側には汗留めの生地が貼られているだけのシンプルで削ぎ落されたデザイン。
ブリムは狭すぎず広すぎずの設定(約8CM)で、カタチは曲げたり自由に変える事が可能。
夏の陽射しは年々強くなる一方で、それ故帽子の必要度は高まるばかりに感じています。
直射日光から頭を守るだけでなく、熱中症対策にも繋がったりもするので天然素材で通気性の良い帽子は
1つでも気に入ったものを持っていると、何処に出掛けるにせよ安心に繋がるのかもしれません。
帽子に関しては何度もBLOGで書いてきた事の繰り返しになってしまうのですが、似合う似合わないはあると思います。
それよりも大切な事は被り慣れるかどうか・・・僕自身も帽子が似合わないと思って被っていなかった長い期間が
ありますので、気持ちというのか捉え方というのは自分なりの経験として理解しているつもりです。
最初は70点位のイメージであれば時間の経過と共に板についてくるはずですし、被り慣れていない方は
「照れない事」が何よりも重要!!
更に確信めいたことを言うと、自分が想像しているよりも案外誰もそんなに他人の事を気にしていませんから(笑)
この心の割り切りも帽子を被り易くなる理由になるのではないでしょうか。


しっかりとした素材ではありますが、復元性があって2つ折り3つ折りで畳んで持ち歩ける点も
車内や室内に入ったりする際には便利な機能性に感じて頂けるのではないでしょうか。
クラッシュした状態で長時間放置をしたりわざとクラッシュさせ過ぎるのは、素材にとってあまり良い事では
ないのですが、多少雑多に扱ったとしても元に戻ろうとする力がしっかりとあるのは素材の良さだと感じています。
僕自身も歩いて移動する以外の場所、室内やお店の中、新幹線や飛行機に乗っている最中は必ず脱いで小さく折り畳み
バッグに忍ばせています。大きなハットを手で持つ必要がなく大袈裟に見えない点も魅力的です。


リネンなどの薄手の素材に、パナマハットは雰囲気が好相性。
涼し気な印象がプラスされますし、自然と溶け込んでいくような気がしています。
あとはラフに半袖カットソーを着た際に、帽子はちょっとしたアクセントになりますので着合わせとして
取り入れるのも良いのではないでしょうか。足元はサンダルもしくはスニーカーが◎


サイズはワンサイズのみの展開。ぐるりで測って58CMですので標準的なサイズ感といった所でしょうか。
僕は普段59CMの帽子を被る事が多いのですが、頭を締め付け過ぎない丁度良いフィッティング。
感覚的には57~59CM位の方は許容範囲に感じて頂けるのではないかと思います。
保管方法は風通しの良い湿度の低い場所に置いておくだけで、特に難しくありません。
個人的にはとても気に入って使い続けているので、毎シーズンセレクトをしたいと思っているのですが
こればっかりはブランドの意向次第になってしまいそうです。
探してみると在りそうでなかなか見つからない、丈夫で格好良い夏の帽子をお探しの方がいましたら
選択肢の1つとしてFUJITOが作るパナマハットはお勧めです。

5月28日


ASEEDONCLOUD  seeding one-piece

color     Orange

price     30000+TAX

SIZE     FREE SOLD    


この一週間は雨の日や気温の低い日が多く、まるで梅雨の様だなぁ・・・なんて感じていたので
今日の五月晴れ感、スカッとしますね。最高ですね。
定休日の昨日は久しぶりの4時起きで岩手山を横目に爽快に汗をかき、襲い掛かる眠気に耐えながら
やっと自宅の洋服ラックを夏物を一斉に衣替え出来ました。
そのまま勢いでベッドリネンもまるっと総入れ替えして、今朝はあまりに涼しすぎて目が覚めましたが
身の回りがとても軽やかになって、何だか今年の6月はいつも以上にさっぱりとした気持ちで迎えられそう。

新緑の季節から、見渡す景色の中にたくさんの色が賑わい溢れる季節へと移ろいつつあります。
遊歩道の途中に、地域の方が手入れをしてくださって様々な植物が植えられている場所があり
そこは季節ごとに次から次へと色々な種類の花があちこちに咲くので毎日見ても飽きません。
ぱちぱちっと種がはじける可愛い音、紫やオレンジ、ピンクの驚くほどきれいな色に見惚れたり
白い花にも色んな白があったり。
そんな風に植物によって満たされたり、心躍るような感覚。今季のASEEDONCLOUDの服を着た時に
沸き起こる気持ちと、どこか似ているような気がしますよ。


20SS COLLECTIONの中でも特にデザインと色合いが気に入って選んだ”seeding one-piece”
コレクションの中で登場する主人公のふたりが、種蒔きをする時に着るワンピースをイメージした服です。
風がスーッと通り抜けるどこにも絞めつけの無いゆるやかな着心地と、くったりと品のあるリネン生地が相まって
見た目も実際の肌当たりも清涼感があり、何よりも夏らしい鮮やかな色に釘付けになってしまう一枚です。
デザインのポイントとなる左右に配された、大きなポケット。
手を差し込んでみると、深さもそれなりですが太腿を覆うように幅の広さに驚きますし、ポケットが弛まない様に
真ん中を釦で留める事が出来たり、更には中を覗くともう一つポケットが現われるという仕様の細やかさからは
ASEEDONCLOUDの世界観が色濃く感じられ、浸ってしまう部分では無いかと思います。
“種をたくさん入れることが出来ます”という、展示会でいただいた資料に記載されたデザインの説明にも
思わずにやりとしてしまったのでした。


どちらを前にしても着られる両A面パターンですので、その時の気分、インナーのコンディションによって
それぞれのお好みの着方を試していただけたらと思います。
背面に釦がくると、どことなくワンピースの可愛らしい雰囲気が引き立つように思います。
詰まった衿元に寄せられた細かなギャザーの波紋が、胸元や背中へと美しく広がる様子や、
独自の方法で優しく叩きほぐしたフレンチリネンのふっくらとした生地が身体の動きに沿って
気持ち良さそうにはためく様子も、うっとりしてしまう程に素敵なんですが、何より好きな点は
それら一つ一つのデザインが決して大袈裟になり過ぎずに、これを着て街を歩きたい!と思えるところ。
コレクションブランドの醍醐味でもあるデザインの美しさや華やかさは、どこか特別な場で着るという
印象の方が強いように思うのですが、ASEEDONCLOUDの服に関してはワークウェアをベースとしている
事もあり、自分の中では日常着として取り入れることが出来て、着ていて落ち着いて過ごせて、
それでいて高揚感もある服という、現実と非現実の2つの顔が見え隠れする部分に惹かれています。


ワンピースの両サイドにはベルトループがあり、今回はウエストを2周出来るくらい長めの腰紐も付属。
ぐるぐるっと巻いてお腹から少しだけふわっと引き抜いてブラウジング。腰の高い位置できゅっと絞って
生地を集めてすっきり着てみたりなどなど、やっぱり在ると無いとでは見え方も違うので時折でも変化を
お楽しみいただけたらなと思います。
南国のフルーツの様なオレンジカラーも、中々珍しい色ではありますが店内に並ぶとぐっと明るさが
増したように思います。綺麗な色は太陽光に照らされると、より輝きを増し着るだけで力が漲ってきます。
この夏は色を!と思っている方に、ぜひお勧めしたい一着です。

ASEEDONCLOUD  seeding one-piece

color     Blue

price     30000+TAX

SIZE     FREE SOLD   


もう1色のブルーは、オレンジと比べるとより取り入れやすい色目に感じて頂けるのではないでしょうか。
前開きでゆったりと羽織って頂ければ、温度差のある時期の薄手のコートの様な役割も担ってくれそうです。
袖のゆったりとしたシルエットを活かして、長袖・七分袖とインナーの選択肢は自由に広がります。


コレクションラインらしい仕掛けと驚きと喜びが詰まった、今春夏のテーマを代表するようなワンピース。
袖を通すだけで気持ちが上がり、色がもたらしてくれる不思議な趣を感じて頂ければと思っております。
オレンジ・ブルーの他に、別の形で同じ素材を用いたグリーンのシャツもご用意しています。
また以前ご紹介した総押し花プリントのワンピースや、ツユクサ刺繍のシャツなど、中津川沿いの遊歩道に
負けず劣らずの色鮮やかな店内ですので、良い季節をお楽しみいただけたら嬉しいです。
普段着ているシンプルな服装に、ちょっとしたアクセントと遊び心を取り入れてみては如何でしょうか。

定休日のお知らせ


明日27日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

5月26日


nisica   ガンジーネックカットソー7分袖

color   ブルー

price   10000+tax

SIZ    1    /    2    /    3    /    4

color   ブラック

SIZ    1    /    2    /    3    /    4

color   ネイビー

SIZ    1    /    2    /    3    /    4

中津川の遊歩道を囲うように、両側に生える雑草の高さがいよいよ僕の身長を越えました。
さらに上へ上へとグングンと背を伸ばしている姿は、エネルギーに満ちていて元気を貰える光景。
この生い茂った草が刈られると、ぶわっとみどりの良い匂いが立ち込めてくるのが堪らなく好きで、
草刈り部隊が出動してくれる日を今か今かと待ち侘びています。
1つでも2つでも自分の中で幸せに感じることや楽しみを見つけられると、それが日課になって
また新しい楽しい事に繋がっていくのではないかと思って過ごしています。

nisicaから、いつもと変わらない温度で作り続けられているガンジーネックタイプのカットソー。
春先に長袖をご紹介しましたが、使い勝手の良さから同じ色目で七分袖のタイプもセレクトをしました。
これから梅雨時期にかけて、あとは季節が入れ替わるタイミングであったり、七分袖のカットソーは1枚あると
何かと重宝するアイテム。生地はガシッとした素材から、さらりとした薄手の天竺に変更をされているのも
着易さに繋がっている点だと感じますし、掴みどころのない独特な空気がこのカットソーからは感じられます。
ブランドを象徴する立ち襟型のデザインは、シンプルではありますが一癖あって存在感とユーモアが詰まっていて
半信半疑ではないですが・・・恐る恐る手に取って下さった方のリピート率が高いアイテム(笑)
毎シーズン必ずリリースをされている事もあり、色違いや袖の長さを変えて選んで頂ける方もいて下さったり、
何を着て出掛けようかと迷った時の切り札として便利です。


素材は中肉よりもやや薄い天竺素材で、しっかりと目が詰まっているので型崩れなどもし難く、
日常着として着るのには申し分のない耐久性と安定感を感じて頂けると思います。
お休みの日にリラックスした服装で出掛けたい時などに気を使わずに手に取れる洋服で、合わせるパンツも
ほぼ悩まず着られると思います。僕自身は細身よりもゆったりとした合わせの方がしっくりきます。
nisicaのデザイナーさんも、展示会でお逢いする度に太い軍パンにニューバランスもしくはサンダルをラフに
穿いている姿が印象的で、肩の力を抜いて自分の好きなスタイルをするという方にお勧めです。


シルエットなどにはクセがなく、サイズ感も大き過ぎずの標準的な作りだと思います。
size1=レディースSもしくはM位、size2=レディースL メンズS位 size3=メンズM位 size4=メンズL位
インナーはクルーネックのカットソーなどを合わせても良いですが、首元から見えてしまうので
個人的にはタンクトップが相性が良いと思います。
洗いが掛かっている状態ですので、生地が大きく縮んだりすることはありません。
生地と身体に空間が生まれる位の、少しゆったりとしたサイズ感で着ると風が抜けて気持ちが良く
それに合わせてパンツもワイドなものを選ぶと、全体のバランスが納まり良く感じて頂けるのではないでしょうか。 


何てことの無いシンプルなカットソーを本当の意味で1枚で格好良く着れるようになるには、
それなりの時間をかけて、様々な洋服に袖を通してきた経験があってこそ見えてくる感覚や醸し出す空気が
あるのではないかと思います。自分自身(の好みやイメージ)に合うサイズ感とシルエット、パンツの丈感
ソックスと靴、身に着ける小物のセンスなど、トータルバランスで見た際に良さが滲み出てくるのではないでしょうか。
そんな風に考えるとカットソーはとても奥が深いですし、無数にある種類の中からお気に入りのデザインや素材を
探すのも案外難しい事だと感じています。僕の中でnisicaのガンジーネックカットソーは気が利いていて、
迷った時に考えずに袖を通してもきちんとした印象がそれとなく表現出来ますし、それこそ1枚で着て成立する
カットソーの選択肢は案外多くないのではと思います。

nisica   リップストップパンツ

color   ネイビー

price   17000+tax

SIZ    1    /    2    /    3    


nisicaはトップスの印象が強いアイテムが幾つかありますが、パンツも型数は多くありませんが潔いズドンとした
シルエットのものがリリースされていて、夏に穿ける素材と思って選んだのがネイビーのリップストップ生地。
リップストップ自体はアメリカ軍がベトナム戦争時に亜熱帯地域で戦う兵士の為に開発されたコットン生地で
表面は格子状になっていて破れにくく耐久性に優れていて、速乾性にも優れているというメリットがあります。
勿論リネンなどの素材と比較すれば涼しさは落ちますが、コットンという括りの中では機能素材としてとてもお勧め。
僕のようにパンツの膝が直ぐ出てしまう方は、柔らかい素材ですと直ぐにダメにしてしまう事が多々ありますので
ある程度の強度がある方が安心感にも繋がります。


股上が深くウエストは立体的に作られていて、合わせ方としてはしっかりとウエストの位置に引っ掛けて穿くのが理想。
その分、ウエストは小さ目に設定をされています。ワタリから裾口までズトンと迫力のあるシルエットを構築。
ここまで太いパンツを作られると、セレクトする側はとしてはとても好みで嬉しいのですが、普通に考えて
ウケが良いかというと、それはまた別問題。でもやっぱり好きですし僕が穿きたいと思うものを選びます。
裾の長さを調節して頂けると軽さも出せるので、着用写真程は野暮ったい見え方にはならないはずです。
夏はトップスが必然的に軽くなりますので、パンツでボリュームを出すと単純に合わせ易いと思います。


デザインはベイカーパンツをnisicaなりにアレンジして、バックポケットを片方のみにした仕様。
最初は張りの強い生地感ですが、馴染んできて表面の格子が見える位になると雰囲気も格段にアップします。
通年というよりは春夏に適したパンツで、デイリーに通年履けるパンツと差別化に繋がるのでお勧めです。


ここ数日も涼しい素材のパンツを探されている方が何人もいらっしゃいました。
薄い素材は涼しさで言えばメリットは大きいのですが、動きが大きく負荷が掛かりやすいという事を考慮すると
ある程度の耐久性さという側面も必要で、そういった様々な条件をクリアしたパンツになると思っています。
単純に太さがあると、生地と肌とが触れにくく空間の風の抜けも良く感じて頂けるのではないでしょうか。
sizeはフルサイズで1から3の3サイズ展開。
このパンツに関しては、シルエット自体がとてもワイドな設定ですので、ウエストのサイズ感がしっくりとくるもので
選んで頂くのが良いはず。新品の状態ですと、イメージ着難いかもしれませんが穿き込んで良さが増してくるので
その仕上がりまでの時間を楽しんで頂ければ嬉しいです。

PageTOP