3月6日

ASEEDONCLOUD   HW WIDE TROUSERS

color     INDIGO

price     26400(TAX IN)

SIZE     XS    /    S    /    M    /    L

いよいよ盛岡も春宣言しても良いのではないかと思う位に、心と身体が強張らずにスムーズに動くのが嬉しい。
窓を開けていてると心地良い風が店内を流れて、開放的な気分になります。
試着をしたとしても今まではとは違って、実際に春や夏のイメージがふつふつと沸いてくるでしょうし
なんならもう直ぐにでも着たい!という気分になって頂けるのではないでしょうか。

ASEEDONCLOUDを代表するアイテムに成長した”HW WIDE TROUSERS”
rasikuでも毎シーズン生地を変えながら展開しているボリュームたっぷりとのワイドパンツ。
今シーズンはコットン70%・リネン30%を掛け合わせた夏向きのデニムを用いた”INDIGO”と
定番素材の備前壱号を用いた”ECRU”のどちらも汎用性の高い2色を選びました。
私達も2人揃ってかなりの頻度で素材違いの3本をローテーションさせていて、同じく購入されたお客様を
見ていてもかなり穿き込まれている印象。
独特のシルエットでありながら想像以上の履き心地の良さに思わず手が伸びてしまっているのではないかと。
ボリュームがあるのですが、シルエットの足し引きが絶妙で穿いているうちに気付くと虜になってしまう1本です。

フロントはワンタックでウエストは細目にぎゅっと絞られていますので、イメージはハイウエストの位置で
ベルトで締めて穿く方が、このWIDE TROUSERSの特徴を最大限に活かせると思います。
横への広がりよりも、前後にスッキリとシルエットが作られている事により、穿いた時の印象としては
ボリュームはありながらも、納まり良く綺麗に感じられるのが人気の理由。
最初はなかなかのワイドさに戸惑う方もいらっしゃいますが、そういう方の方が意外と後々ハマってしまう。
そんな傾向がありますので、先入観を持ち過ぎずにトライして頂きたいですね。
特にこれからの季節はトップスの比重が必然的に軽くなりますので、パンツでボリュームを保ちながら
全体をコーディネートすると簡素な感じにならずに、バランスも取り易いですし新鮮さも感じられると思います。

未洗いで納品なので、裾のレングスはぎっちりと縮みが出ます。
生地が全体的に立っている状態ですが、水通しする事により落ち感が出てくるので今の状態よりもボリュームは
抑えられます。バックポケットの大きさと形状も特徴的で、前から見るよりも後ろから見た際の格好良さが際立ち、
実際にバンダナやお財布の出し入れなどがし易く、とても機能的なポケットというのも魅力的です。

サイズ展開はXS~Lまでの4サイズ。
どちらかと言えば女性に人気のパンツですが、男性が穿いても男臭さが抜けたワイドシルエットのパンツと
言ったイメージで、着こなしの奥行きを出せるのは間違いありません。
気温が低いうちは足元にぴりっとした革靴で合わせるのも素敵でしょうし、気温が上がるタイミングでベタに
BIRKENSTOCKのサンダルにラフにTシャツという組み合わせも、何てことないですがお勧めです。
夏場でも十分に対応出来る生地感ですので、夏用のパンツとしてワードローブにプラスするのも良いのでは。

color     ECRU

price     26400(TAX IN)

SIZE     XS   /    S    /    M    /    L

もう一色のECRUはシーズン続けてオーダーしてしまうくらい、個人的にもお気に入りの一本。
お客様からのご要望の声も多く、今まで白系のボトムに対する反応とは全く違って驚きました。
真っ白ではない生成の色加減も絶妙で、いくらガシガシ穿いてもへこたれない帆布の生地感は、
穿き込んで多少汚れもあったほうが雰囲気が良い。となれば、当然気にせず穿きまくってしまいます。
同素材を色違いでここ二年ぐらい穿き続けていますが、どちらもまだまだしっかりと形状も整っていて
程よく柔らかさも出てきて、とにかく良い塩梅です。
そんな経年変化を見て、良いと思って選んで下さった方もいて嬉しい限り。

前からと、横からの見た目。
特に横からのシルエットに拘って作られたパンツだけあって、前後がすっきりしているので
大胆な太さを感じさせずに、お尻も野暮ったくならず綺麗なラインで穿けるところが魅力。
だからこそ、合わせるトップスやシューズの選択肢も広く、色んな着こなしが出来るというのも
出番が増える理由のひとつだと、改めてこのWIDE TROUSERSを穿く度に思います。
ワンピースから太い幅のボトムをちらっと見せるという着合わせも、個人的にお勧めです。

ここまでワイドシルエットでやや変形のパンツは中々出会わないと思いますし、それでいて何処かきちんと
生地によってはよりスラックスのような見え方にもなる面白さがこのパンツにはあると思います。
どちらの素材も其々に全く異なる特性がありますので、先ずは一本試して頂けると納得して頂けると思いますし
既にお持ちの方はきっと違う素材が頭の中を過る事まちがいなしですので、ソワソワした方のお待ちしております。

PageTOP