3月14日

STYLE CRAFT WARDROBE   V-SHIRCKET

color     BLACK

price     31900-(TAX IN)

SIZE         /    Ⅱ    /    Ⅲ

今日は一日中くもり空の予報、時より雨粒が落ちてきて湿度を感じます。
春に向けて疾走しかけていた気持ちにブレーキがかかるようですが、一度小休憩ということでしょうかね。
少し前まで雪がちらついて震えながら過ごしていた事を考えると、雨でも前向きになるのは私だけでしょうか。
冬服を寒さに意識が向き過ぎて思い切り楽しむ事が出来なかったので、今になってニットやらウールパンツなどを
気持ち良く着合わせながら、日々を過ごしています。

STYLE CRAFT WARDROBEからrasikuでは初めて展開する”V-SHIRCKET”が届きました。
元々は”SHIRCKET”というシャツとジャケットを足して割ったような雰囲気のアイテムがあるのですが
首元をVネックに置き換える事により、カーディガンの様な使い方も出来る万能な仕上がりに。
インナーとしての要素も大きくなり着合わせに関しては、より守備範囲がより広がったイメージを持っています。
Vゾーンの設定が浅くインナーにシャツを組み合わせた際の品のある見え方がとても好みで、襟の高いシャツよりも
低くて小振りな襟型もしくは、バンドカラーなどを持ってくると全体に纏まりが出るのでお勧めです。
色は正真正銘の黒といった感じで、カジュアルな装いの中に主張し過ぎずに、けれどきちんとした服装というのが
自然と伝わるような雰囲気を持ち合わせています。

フロントは3つ釦+左胸にパッチポケットが1つ付きます。
それ以外に装飾は付かずに、STYLE CRAFT WARDROBEらしい無駄を無くしたシンプルな作り。
生地はコットン100%のとろみのある素材感で、例えるとすればサマーウールの様なドレープ感が出ると言えば
分かり易いでしょうか。繊細な一面を兼ね備えている素材で、デイリーウェアとしての顔は勿論持ち合わせていますが
カジュアルな服装で大切な人と会う場面で恥ずかしくない洋服・・・という、とても難しい難題もカバー出来る
1枚になるのではないでしょうか。
インナーをカットソーに変えてラフに羽織るのもサマになりますし、着る人によって捉え方が変わるという部分で
面白さがあると思っています。まだまだ先の季節ですが、室内で冷房避けに鞄に丸めて持ち歩くのも良いかもしれません。

肩はセットインスリーブ、アームはゆったりとした作りで袖通りは全くストレスなく脱ぎ着が可能。
前身頃のみ裏地が組み合わされており、身体と生地の間に空間が生まれる事でまた違った見え方に。
写真を見ると一目瞭然ですが、前丈に対して後ろのテールが綺麗にラウンドしながらお尻が隠れる位の長さに
設定する事でシャツのテールが綺麗に納まり、コーディネートした際にアンバランスにならずに済みます。
ハンガーに掛かっている状態では分からないのですが実際に袖を通してみると上半身を包み込んでくれるような
感覚があり、毎シーズンミリ単位で調整しながらアップデートして作られている洋服の心地好さや凄味を感じて
頂けるはずです。

羽織に関して言えば、生地の違いや薄さなど種類は何枚持っていても着るタイミングがあるのではないでしょうか。
カーディガンでも無くジャケットとも違った、説明と捉えどころの難しい羽織物ですがイメージを膨らませただけでも
頼りになるのは間違いありません。岩手の気候では、桜の蕾が芽吹く4月中旬頃から出番が増えそうな生地感。
どうしても今直ぐに着たい!!(笑)という方はコートの下にミドルレイヤーとして試運転しても良いかもしれません。
恐らくは着たことの無いデザインで、戸惑いがあるかもしれませんが試着して数分で見慣れてきてぐっとくると思いますよ。
サイズⅠはありがたい事に完売し、ご提案出来るサイズはⅡとⅢがございますので是非。

PageTOP