5月7日

STYLE CRAFT   WB-01

color       GOAT NUBUCK COCOA

price       107800-(TAX IN)

SIZE        36×33×15 SOLD

今日も昨日に引き続き爽やかな良い風が感じられる1日になりそうですね。
寒さに強張らず、それでいて暑すぎず言うこと無しの完璧な気候の日って年間でどれくらいあるのでしょうか。
まだ朝はほんの少しひんやりとしますが、それでも昨日と今日との2日間は完璧確定ですね。
室内では微妙に肌寒くてコットンニットのカーディガンを羽織っていますが、これはこれで何だか気持ち良くて
こんなにも外が気持ちいいと仕事に向き合うやる気が奪われてしまいそうですが、叶うなら昨日今日の様な日が
一日でも多くあって欲しいものです。

STYLE CRATから昨シーズンにリリースされたハンドルとショルダーが付いた2WAYタイプのバッグ。
見た目からも伝わる雰囲気抜群の革の質感と合理的で秀逸なデザイン性が際立つモデル。
カジュアルな装いに合わせて普段使いとして持つのも素敵ですし、僕がイメージするのは私服でお仕事される方が
ビジネス用のバッグとして持つのにも、しっくりと合いそうな佇まいと容量を持ち合わせています。
素材はブランドの中では最も安定感のあるGOAT(山羊革)の表面を薄く削ったNUBUCKを採用。
通常の表革と比較すると、ややぬめりのある感触が癖になりこれからどんどんと艶が増してくるのが特徴的です。
最近はお客様に購入して頂いたものをメンテナンスでお預かりし、軽くオイルを足したり汚れを落とす機会が
あったのですが数年間デイリーに使っている状態のバッグを見ると、どれも驚く位の変貌を遂げていて
格好良さも数段上がります。
きっとWB-01も革がこなれてきた頃には、きっと全然違う表情を見せてくれると思いますので革と過ごす時間も
一緒に楽しんで頂きたいですね。

WB-01の特徴的なディテールとして、メインポケット・サブポケットへのアクセスがとどちらも共に
ZIP付きポケットという点。どちらもという部分とさらには上からではなく両サイドからのアクセスというのも
STYLE CRAFTではあまり見かける事のなかった作りでとても面白い。
更に内側にもZIP付きポケットが存在しますので、全部でメイン・サブ・小物類と3カ所の仕分けが出来ます。
見た目以上に容量や使い勝手の面でも満足して頂ける作りとなっているのではないでしょうか。
内側にはお馴染みのネパールのワイルドヘンプの生地を組み合わせています。
レザーバッグの印象として重さが気にかかる点なのですが、STYLE CRAFTのバッグ全般に言える事なのですが
大きさの割に軽さが際立って、持ち歩く際にストレスになり難いのも大切な要素だったりします。

メインポケットは底のマチ部分と一体化していますので、嵩張る物などを収納したりするのにお勧め。
反対側にあるサブポケットはフラットなファイルやノートなどが気持ち良く納まると思います。
完全にセパレートしているのがポイントで、其々に異なる物を入れて持ち運ぶのに適したデザインでもあり
ビジネスでお考えの方には、使い勝手の面も含めてイメージが沸き易いのではないでしょうか。

持ち方としてはメインはショルダーを片方の肩にかけてというのが妥当ではないでしょうか。
まだ持ち手が馴染んでいませんので、写真では浮いてしまったような見え方になっていますが
レザーならではの落ち感というのか肌馴染みというのでしょうか。徐々に身体のラインに沿うように変化してきます。

STYLE CRAFTのバッグに共通する部分として、斜め掛けの長さはギリギリに設定をされている事が殆どです。
背負った際のフィット感と無駄のないデザイン的な側面を大切にしていて、真冬のアウターで厚地のものとなると
厳しいかもしれませんが、薄手のコート位まででしたら斜め掛けも可能です。
最初は感覚として違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、僕自身も徐々に短いショルダーに慣れて
今では完全に虜になってしまっています。革は使う程に柔らかさも出てきますので、タイミングで持ち方を
変えるのも良いかもしれません。機能性とデザインとがどちらも顔を出すギリギリ手前に落し所を見つけ、
1つのモノとして美しくただそこに在る。それ以上のことは使った人だけが分かるという様な物作りであったり
真っ当な姿勢も、自分達も含め人を魅了し続けている理由に繋がっていると思います。

color       GOAT NUBUCK BLACK

price       107800-(TAX IN)

同素材でもう1色はBLACKをセレクトしました。
表革と比べるとより黒の色目が深く、そして黒でありながらとても柔らかな印象を持ちます。
素材に関しては最後まで悩みましたが、あえてNUBUCKにする事で日常の服装と組み合わせた際により柔軟に
持ち歩けるのではないかと想像をしています。
性別に関係なく大きさも丁度良く感じて頂けると思いますし、デザイン的にも程よい緊張感があって馴染み易いのでは。

レザーバッグは持った時の高揚感であったり、日常を非日常に変えてくれる位のパワーを持ち合わせています。
ビジネスにおいても、そう多くはないと思いますが使うバッグを変えるだけでもしかるすと違った気の巡りが
生まれたり、何気ない話のきっかけなどにもなり得ますし、そんな事で何かしらの良いご縁が生まれたとしたら
それはとても最高なのではないかと勝手に妄想しています・・・(笑)
ブランドネームやロゴでそれと分かる事や物も大切ですが、純粋につくられた物が持っている雰囲気や纏うオーラ、
一元的な情報ではなく、数値化出来ない感覚に響く何かで、良い!と思って頂けたら嬉しいです。
今シーズンのSTYLE CRAFTのバッグはWB-01のみのセレクトですので、じっくり吟味をして頂きたいと思います。

PageTOP