7月27日

SUNSHINE+CLOUD   OPEN STANDA

color      PAPAYA

price      22000-(TAX IN)

SIZE      0    /    1    /    2    /    3    /     4

台風が近づいてきているせいか、暑さのせいか身体はずしりと重たく、眠気に襲われています。
あまり無い経路でゆっくり近づく台風。コロコロと天気予報が変わるのを気にしつつ、夜中の大雨予報が何事もなく
過ぎ去ってくれたら良いなと思いながら空を眺めています。
心配事ばかりではなくいい事も。恐らく台風接近のためだと思うのですが、昨夜はやや強い風が吹いていたので
何日かぶりにエアコンのスイッチをOFFにして布団に包まって寝ることが出来ました。
まだまだ夏モードですが、秋風に似たすっとした空気を肌で感じられたのは、ほっと一息つけたような気がして
人も動物にとっては良かったのではないかと思います。

真夏でも風が身体を抜けて気持ち良く袖を通す事の出来るシャツという事で、お取り扱いをスタートしてから
継続的にデザインと色を変えながら展開し続けているSUNSHINE+CLOUDのアイコンとも言える存在の
イタリアは名門ファブリックメーカー”CANCLINI社”のリネンを用いた1枚。
元々はシルクを生地にするのが得意だったメーカーだけに、細番手の糸を製品にする事に長けていて
毎シーズンリリースされるリネン100%の生地は、とにかく柔らかく肌当たりが抜群。
細番手の糸を使用しているので生地自体は薄手ですが、それでも耐久性にも優れ、着用を繰り返しても
リネンならではのデメリットでもある垂れるような風合いにはならずに、一定のラインでキープされるのもポイント。
余程の気温と湿度が高い日でなければ、薄い生地のタンクトップに合わせて釦を1つか2つ開ける事で
風がすっと抜けて、ストレスなく過ごして頂けるのではないかと思います。

今回選んだデザインは前開きのスタンドカラータイプ”OPEN STANDA”というモデル。
SUNSHINE+CLOUDには代表するシャツのモデルが4型存在するのですが、個人的には最も愛用をしているデザインで
羽織の様な着方も出来るという点で懐の深さと、首元の少しだけスタンドになっているディテールがお気に入り。
シルエットも癖がなく、着丈の長さを活かしたスタイリングがお勧め。
ショーツなども相性が良く、以前からきになっていた”PAPAYA”という発色の良い色目も着るだけで元気になりそう。
他ではあまり展開をしないカラーを定番色にしてしまうブランドならではの発想力と、そういった事が自然と
力まずに出来る土地の力、その場所に定着し独自の文化を提案し続けているからこそのシャツだと思います。

この素材は外だけでなく、冷房の効いた室内や車内などにも重宝する生地感。
旅先での温度調整をするのに1枚持っておくと便利で、プラスして車・飛行機・電車などに乗って長時間移動する際にも
冷房対策で体調を管理するのに間違いなく活躍します。カーディガン代わりとしてこのシャツを選ぶのも◎
プラスして機能的な部分を言えば自分自身が肌が強い方ではなく、夏の太陽の陽射しに肌を長時間当ててしまうと
直ぐに荒れてしまって大変な思いをしてしまうので、薄くて風の抜けが良く肌当たりが良い生地の長袖シャツは
夏のスタイルには欠かせません。そういった気候に対する対策としてもSUNSHINE+CLOUDのシャツはワードローブに
必要不可欠な存在となっています。

着ている本人だけではなく、周りの人も自然と巻き込んで元気にしてしまいそうな”PAPAYA”
ファッション性という要素もあるのですが、洋服と土地との付かず離れずな関係性から自然発生的に生まれている
感覚とエネルギーが、盛岡という街にも少しずつ定着していけば嬉しいなという気持ちで展開をし続けています。
それ位に、この街には自然の豊かさと魅力的な場所が沢山あり、肩肘張らずに着られる洋服がとても合う空気が
流れていると確信しながら、自分達がセレクトする基準にもしています。

SUNSHINE+CLOUD   OPEN STANDA

color      WHITE

price      22000-(TAX IN)

SIZE      0    /    1    /    2    /    3    /     4

せっかく豊富なカラーバリエーションがあるので、その中から毎シーズン”色”を選んできましたが、
ふと、色んな色があるからこそ白も際立つのかもしれないと思って、初めて”WHITE”も並べてみました。
もう一つ選んでこなかった理由は、CANCLINI社のリネン生地は抜群に涼しいだけあってとても薄手。
当然インナーが透けてしまうので、その辺りが自分達は良くてもお客様はどうだろうか・・・と
ちょっと気になってしまっていたのですが、昨年の夏で経験したのは暑いが勝って気にしていられない!
ということに(笑)同時にこういったシャツにとても合うインナーが届いたことも功を奏して、合わせて
選んで下さるお客様もいて、今まで気にされるのでは?と思っていたことが、一瞬にして消え去ったのです。
真っ新な白と、着はじめのシャリっとした生地感が、見た目にも着心地にも涼しさを届けてくれます。

サイズ展開は性別に関係なく0から4までのフルサイズでご用意しました。
レディースのMサイズからスタートして、一番大きいサイズ4は男性のXLサイズ位といった所でしょうか。
ぴったりのサイズ感よりも、身体と生地が離れる位の方が涼しさも増しますし、このシャツならではの
メリットを存分に感じて頂けると思います。
着用画像ではあえて1サイズアップで、サイズ2を着用してみました。通常はサイズ1を着ています。
好みにもよりますが、生地が馴染んでくったりとした大き目のシャツを羽織るようにして着るのもお勧めです。

この手のシャツは年々、気持ち良く着用出来る期間が伸びている印象があり岩手では9月末頃までは違和感なく
袖を通して頂けると思います。気温が低くなってきても湿度が高い日は風の抜けの良い素材が重宝しますし
毎シーズン変わらずに作り続けている完成度の高いシャツは、年数が経過しても飽き難いというのもポイントです。
どちらも今シーズン一押しのカラーでセレクトをしましたので、夏服をプラスしたい方や秋の入り口までを
想像しながら、SUNSHINE+CLOUDのアイコンとも言えるシャツに袖を通してみては如何でしょうか。

PageTOP