9月20日

MITTAN    JK-39DC SNチャルカコットンブルゾン

color      濃藍

price      48400-(TAX IN)

SIZE      1    /    2    /    3

こんなにも秋晴れらしい秋晴れが続くとは。良い気候に誘われて心なしか人出も多く感じられます。
今日は岩手県高校野球 秋季大会の決勝戦と3位決定戦が行われていて、選手にとってもじんわり汗をかく
絶好の野球日和になるだろうなと思いながら、慌ただしく速報をチェックする連休最終日です。

MITTANの秋冬にオーダーした商品も勢いよく店頭に届いています。
毎シーズンリピートして色展開を変えながらセレクトしているアイテムと、新作とをまんべんなく偏らないように
取りたいなと思っているのですが、そんな中でブランドのイメージを一新するような攻撃的なブルゾン。
これを見た時に、今まで見てきたフライトジャケットやスウィングトップなどのフロントがZIP UPタイプの
スポーティーな印象はありつつも、頭の中にあるイメージが邪魔をしてどうにも違和感を感じる空気。
その理由は、春夏に新しくリリースされた新素材SNチャルカコットンの生地を2枚仕立てに使用しているという事。
コットンや化繊のフラットな生地を用いて機能性を追い求めることの多いブルゾンの常識を、撥水性などの機能を
持たないざっくりとどっしりとした手紬の生地を前面に押し出す事によって生まれる強烈な違和感。
仕立てを2枚にする事によってアウター要素としての機能性が成立しナチュラルな一面とデザインとして攻撃的な
攻めの姿勢との2つの異なる接点を、華麗に結び付けたような羽織物に仕上がっています。

素材は前述でも書きましたが、品種改良がされていない原種のコットンを家庭用のポータブル紡ぎ機を使って
ゆっくりと時間をかけながら糸として紡がれて、ランダムでムラのある糸を手織り機で生地に仕立てられています。
所々にネップのような凹凸のある素材感で、柔らかさと固さの2つの異なる特性を持ち合わせた生地と言えます。
特別な生地感という事で、色展開はrasikuではお馴染みになりつつある濃藍は外せないなと。
価格もその分はどうしても高価になってしまいますが、着用していくことの面白味と変化を味わうのには
最も適したカラーではないかと思っています。

肩のラインは前側がセットインスリーブ、後ろ側はラグランスリーブの仕様。
袖と裾はゴム入れて処理をしています。
フロントのZIPはダブルジップを用いる事で、着方に変化を付けられるのも良かったりします。
インナーの合わせですが、シャツであればフロンのジップを閉めずにカーディガンの様に。
ロンT位が丁度良さそうですが、サイズの合わせ方によっては中肉のスウェット位までは着用が出来そうです。

個人的にはインナーを薄手にしてブルゾンをミドルレイヤー代わりに、上からざっくりとしたコートを羽織る着方も
この素材であれば面白いのではないかと。生地に空気を多く含む素材なので軽さもポイントで、着こなしや着心地の面も
含めて新しい感覚と、丁度良い季節や気候を探る自分なりに探る楽しさも出てくる1枚になると思います。

MITTAN    JK-39C SNチャルカコットンブルゾン

color      胡桃

price      44000-(TAX IN)

SIZE      1    /    2    /    3 

もう1色はとても悩んだのですが、やや強気なデザインに対して柔らかい印象を持つベージュ(胡桃染め)を。
頭に浮かんだ着こなしとしてワンピースなどの長めの丈感のものにブルゾンの合わせ。
雑誌などでもレザーのダブルのライダースをワンピースなどに格好良く合わせている方を目にしますが
それよりも難易度が高くなく、じゃぶじゃぶと自宅で気軽に洗えるというのもコットン素材の特性かもしれません。

サイズは1・2・3の3サイズ展開。
1=レディースのM~L 2=メンズMサイズ位 3=メンズL位が大よその目安になると思います。
着用しているモデルはメンズはサイズ3 レディースはサイズ2を着ています。

MITTANの今まで展開をされてきたラインナップからすると、新しい風を吹き込んでくれるようなブルゾン。
私達が選択肢を幅広く出していきたいと思っている、気温の差が大きくて何を着ようか迷うタイミングに気兼ねなく
着用を出来る羽織物というのにもぴったりと当てはまりますし、天然素材の持つ機能美を肌で感じて頂きたいです。

PageTOP