9月7日


STYLE CRAFT WARDROBE  SHIRTS♯6

color     OFF WHITE

price     25000+TAX

SIZE       Ⅰ    /        /     

外の空気はまだ湿気を多く含んでいて身体にじわりと纏わりつき、まだ心地の良い気候とまではいきませんが
それでも店内は少しずつ、秋冬らしい温かみのある素材の洋服が並び始めています。
rasikuでは毎シーズン提案をしている”STYLE CRAFT WARDROBE”のシャツ。
シーズン毎に展開するデザインを変えてきましたが、今シーズンは新たにリリースされたプルオーバータイプの
スタンドカラーをセレクト。プルオーバーなので前開きタイプよりもゆったりとしたシルエットですが、
それでもきりっとした表情で一切のストレスを感じない着心地の良さが光る1枚。
生地に選んだのは、スーピマコットンを微起毛させたコットンネルのナチュラルカラー。
どうしても色のトーンが落ち着く季節だからこそ、明るい色目は本格的な秋冬の洋服へ移行する時期に
ワードローブの隙間を埋めてくれる存在になるのではないでしょうか。


衿元は小さなスタンドカラーで、フロントの釦は全部で4つ付きます。
前開きよりも着易さであったり使い勝手の部分は多少落ちてしまいますが、たっぷりと身頃をとっているので
脱ぎ着のストレスが殆ど無く、被りのシャツにしか出せないテールの雰囲気が気に入っています。
もし重ね着をする際にはゆったりとしたシルエットのコートや、カーディガンなどを組み合わせると
プルオーバーの特徴を活かした着こなしが出来ると思います。


起毛させた素材はチェックのネルシャツを代表するようにカジュアルな印象が強くなりがちです。
デザイナーが厳選して選んだ生地は表面の毛足がとても短く、コットンの中では高級綿と位置付けされている
アメリカ原産のスーピマコットンを使う事で、超長綿ならではの光沢感があって品の良さを実感して頂けるはずです。
首元のスタンドカラーも、トップ釦を締める事できりっとした表情に見える点も好みなディティールです。


裾のラウンドした形状も特徴で、動いたり歩いたりすると振れが大きく出るのも”STYLE CRAFT WARDROBE”の
シャツに共通するディティールで、機能的なデザインがプラスされている事もついつい手に取って着てしまう理由。
日常着としての機能性と見た目のバランスの2つの落とし所が見事にマッチしていて、お洗濯もそこまで気を使わずに
洗ってを繰り返せる点も、僕自身のライフスタイルに溶け込む重要な要素だったりします。


年齢を重ねるにつれて、昔に着ていたような素材やデザインを着ようと思った時に無理に着ている感じであったり
今の着たいと思える雰囲気に合わなかったりする事が段々と増えるようになってきました。
年相応ではないですが、自分自身の生活のリズムやバランスに合うものを何気なく身に着けているとそれだけで
心地が良く感じますし、背伸びをし過ぎずに好きなものを自由に身に着ける事の楽しさや感覚を
“STYLE CRAFT WARDROBE”の洋服に袖を通す度に思います。
盛岡のような古い町並みと綺麗な川が流れる場所に、力みのない自然体でいられる装いはとてもマッチすると
思いますし、シャツに袖を通してただ川沿いなどを散歩するだけでも、なんと気持ちの良よいことか。
旬な食べ物と同様に”素材”でも”色”でも、少しずつ秋らしく感じるモノを取り入れながら過ごすのもお勧めです。
新しいシャツも素晴らしい仕上がりですので、是非店頭で袖を通して頂きたいです。

PageTOP