3月2日


STYLE CRAFT WARDROBE   COAT♯21

color      INDIGO   

price      53000+tax 

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ   

STYLE CRAFT WARDROBEから今シーズン一押しの新型コートが届いています。
ダブルのコートを連想させる様なフロントは、アシンメトリーなバランスでシングル仕立て。
立てた時と開いた時の見え方の違いが印象的なラペルが付き、シルエットはボックス型の ″COAT♯21″
ゆったりとしながらもメリハリのあるパターンで作製されるのがSTYLE CRAFT WARDROBEらしさであり
一度袖を通すと今までの洋服の着方や合わせ方に、新たなスパイスが加わり深みや面白味が出てくると思います。
ただ着るだけで完成するデザインではなく、どう着るかを考えながら少しずつ距離を縮めていくようなコートで
時間の経過と共に雰囲気の良さと着方が洗練されて、着る人をしっかりと惹きたててくれるはずです。
初めて袖を通す方は少し難しくも感じるかもしれませんが、最初の印象に捉われすぎずに、挑戦して頂けると嬉しいです。
僕も展示会で最初に袖を通した時には、ラペルの使い方が何だか難しいなと感じましたが、時間が経つにつれて
その難しさも良く感じてきて、結局絞り切れずに″INDIGO”と″SAGE”の2色でのオーダーになりました。


″COAT♯21″のディティールで一番の特徴と言えるのは、ラペルの形状とその着方にあると思います。
ラペルをつけてシャツを組み合わせる事でジャケットの様な着方も出来ますし、スタンドにしてコートらしい
雰囲気で着るのも◎です。この絶妙なさじ加減とバランス感がSTYLE CRAFT WARDROBEの得意とする部分で、
着方を決めるけるのではなく、柔軟に自分なりの落とし込み方で着て頂きたいです。
素材は薄手ながらもしっかりと張りのある平織りの生地でコットン100%。
先染めのインディゴ生地で、光の当たり方ではパープルネイビーの様な色目に映ります。
インディゴならではの経年変化も楽しめる素材で、移染も然程心配ないと思いますので白いシャツやクルーネックや
モックネック類のカットソーとの組み合わせは、春の装いには欠かせないスタイルになるのではないでしょうか。


肩はスプリットラグランスリーブを採用。
肩線は付いていますが、後側はラグランになっているので可動域をしっかりと確保した作りになります。
アームもゆったりとしているので、肉厚のスウェットを着ても窮屈さやストレスはありません。
ポケットは叩き付けの大きなポケットが左右に付きます。

内側にも釦が1つ付きます。ダブルのジャケットやコートにある仕様と変わりありません。


バックスタイルはセンターにスリットが入ります。
着丈はお尻がしっかりと隠れるくらいの長すぎないバランスに仕上げています。
コートとジャケットを足して割った様なデザインで、力を抜いて着られる所に良さを感じています。
春コートやジャケットをある程度お持ちの方にも、案外この手の着丈のコートは無いんではないかな?とも
思いますので、お勧めしたい1枚です。

STYLE CRAFT WARDROBE   COAT♯21

color      SAGE   

price      46000+tax 

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /     

もう一色は深みのあるSAGE。
インディゴと比べるとより渋みが増すカラーで、より通好みな感じに映るのではないでしょうか。
オリーブですが、ミリタリー色が強く押し出されずにすっきりと着る事が出来ます。
ネイビーやグレー・ブラックなどがワードローブに多い方には、特に新鮮な見た目に映ると思います。


フロントを開けて着た際にも、広がり過ぎずにすっきりとした着方が出来ます。
春の暖かな日差しを浴びながら、桜の咲く季節にはラフに羽織って街歩きを楽しんでみては如何でしょうか。
シーズン毎に新しいコートを手にする必要はないですが、気持ちを高めてくれる洋服を手にしたり選ぶというのは
感性や感覚を豊かにする手段の1つですし、磨いていかなければ鈍感になっていく一方だと思います。
自分自身も、これは良いと思う服に出逢うとついそればっかりを手に取り着てしまう時もあるのですが、
ふと、しばらく着ていなかった物や、新調した服を着ると、何とも言えない気持ちが湧きあがります。
それぞれタイミングはあると思いますが、新しい感覚を自ら手にしてみる事も冒険ではないですが、
必要な事ではないのかなと、店頭で接客をしていて感じる事が増えた気がします。
PCやスマートフォンから流れてくる情報だけで頭をいっぱいにして頼りにし過ぎるよりも、目の前にある物を
自分の目で見て、向き合う人と出逢うと何だかほっとした気持ちになりますし、嬉しくもなります。
STYLE CRAFT WARDROBEの洋服だけに限らず、袖を通して色々と考えてみる事が洋服を着る楽しさであり
一見難しくも感じるかもしれませんが、少しずつでも自分らしいスタイルに変換をして頂ければ嬉しいです。


今日はまた冬へ逆戻りの一日でたが、明日からまた少しずつ暖かくなるようです。
モコモコのフリースでお店にいましたが、気持ちは徐々に春へと向かっていますし、並んでいる食材なども
少しずつ徐々に変わってきたように思います。rasikuの店内も見応え十分の内容だと思いますので、
是非、週末の2日間に足をお運び頂ければ幸いです。(来週は、5日~9日までお休みいただきます)

1月23日


STYLE CRAFT WARDROBE   COAT♯18

color      INDIGO KERSEY

price      62000+tax 

SIZE         /      /   Ⅲ


STYLE CRAFT WARDROBEから、個人的にも楽しみにしていたコートが入荷をしました。
ざっくりとしたシルエットに見えるのですが、直線と曲線とが交わり、ただただゆったりとさせている訳ではないと
感じさせてくれる不思議なバランスの″COAT♯18″
表地はインディゴで染められたコットン100%のガルゼ素材を使用。凹凸がしっかりとある斜めの畝が特徴の生地で
打ち込みも良く、しっかりとした質感を感じて頂けると思います。
裏地はポリエステルの総裏で、袖通りも良く、これから春に向けて2枚仕立てのコートはとても重宝すると思います。
身頃やアームホールなどもゆったりと設定されているので、厚みのあるセーターを着てもストレスにならないですし
春・秋・冬の3シーズンに対応出来る汎用性の高さもポイントだと思います。
首元がスタンドカラーなので、今時期はタートルネックなモックネックなどのインナーとも好相性で春の冷たい風の
季節はストールとの組み合わせもお勧めです。


フロントの釦は全部で4つ。ポケットは大きなパッチポケットが左右に付きます。
ポケットの形状・大きさ・位置が独特なバランスで、コート自体の表情の豊かさに繋がっています。
コートそのものに雰囲気がありますが、袖を通しただけでは格好良くなり過ぎず、じわじわと後をひくような
魅力がこのコートにはあるように思います。
少しずつ距離を埋めていくような、何度も着用し時間を重ねていく事で、インディゴの色合いもこなれてきて
きっとその時には全てがしっくりと馴染む、とっておきの1枚になっているはずです。


袖はスプリットラグランスリーブを採用。前から見ると肩線があるのですっきりとした見え方になりますが
後側はラグランになっているので、しっかりと可動域を確保しています。
肩周りなどはゆったりとしているのですが、袖口にいくにつれて、ぎゅっと細くなる″STYLE CRAFT WARDROBE″らしい
シルエットを構築しています。他ではあまり見ることのないシルエットなので、最初は少し難しく感じたりもするかも
しれませんが、着ていれば必ず慣れてくるので、そこに踏み込む最初の1歩が重要だと思っています。
店頭でも、STYLE CRAFT WARDROBEの洋服は、一度購入して下さった方がシーズン毎にシャツやジャケット
コートなどを一枚ずつ買い足して下さったり、ゆっくりと着実に好きになって下さる様子も嬉しく感じています。
着心地の良さ、動き易さ、素材感など理由は様々だと思いますが、また欲しいと思わせられる、言葉では表せない
独特な空気を纏う洋服だと僕自身も感じています。


バックスタイルはセンターに深くスリットが入ります。
真冬用の暖かいウール素材やダウンなどのコートも必要不可欠ですが、中に着込んでもストレス無く着れる2枚仕立ての
ある程度厚みがあるコートが、実は着る機会が一番あると思います。
春先は当たり前ですが仕立て1枚のコートが多く出回るので、盛岡のような春の気候が厳しい地域では機能性・デザイン
とがイメージに合致するのが見つからないという相談を受ける事が多くあります。
コート自体はシャツやカットソーなどと違って、瞬間的に出逢うものだと思っているので、その時に思いきって・・・
という覚悟と気持ちが少なからず必要になるのかもしれません。
勇気はいりますが、その分の気持ちの高鳴りや、モヤモヤが晴れるすっきりする感じは春が来る度に思って頂けるはずです。
店頭でイメージに合うものが見つかれば、是非袖を通して頂きたいと思っています。
このコートを着て桜を見たらきっと心と身体のどちらも気持ち良く楽しい時間になるだろうなと勝手に想像してしまいます・・・
春のコートをお探しの方はサイズも全て揃っていますのでお試しください。

1月6日


STYLE CRAFT WARDROBE   CARDIGAN♯4 

color       BEIGE

price       28000+tax 

SIZE       Ⅰ   /      /   

毎シーズンオーダーをしている″STYLE CRAFT WARDROBE″が作るカーディガン。
厚すぎず薄すぎずのウール100%に、大ぶりな釦がマッチしていて程よく力の抜けたリラックスした表情に映る1枚。
ディティールで言えばVゾーンが深過ぎない点が好みです。
今時期はインナーとしての着方がメインになりそうですが、春の冷たい風が吹く季節はアウター替わりに
着れると思いますので、肉感のあるカーディガンは春の寒さが厳しい地域では持っていて損はありません。
素材はウール100%ですが、表面は滑らかでやや光沢があるのが特徴。
季節がある程度進んでも、如何にもウール着ていますというようなアンマッチな着こなしになり難いのもポイントです。
カラーは茶系の色が混じった″BEIGE″のみをセレクトしています。


フロントの釦は全部で5つ。
身頃はゆったりとして着丈はすっきりとしたボックス型のシルエット。
今シーズンより、若干ですがシルエットの調整でより丸みを帯びた見え方に変更をしています。
ジャストサイズで着るのも良いですが、身体と洋服との間に空間が生まれる着方がお勧めです。
インナーはカットソー、シャツどちらの合わせも良いですが、個人的にはバンドカラーのシャツとの組み合わせが◎
首元のバランスが取り易い点とカーディガンならではの、きちんとした感じが出せると思います。
※身長178CM 体重64キロ  着用サイズⅢ


両サイドにポケットを完備。袖と裾のテンションはなく、着ていて裾が上に上がってきたりする事はありません。
肩はラグランスリーブを採用しているので、可動域が広く脱ぎ着もし易いです。
着易さは洋服を選ぶうえでは重要な要素の1つで、ワードローブに残り続けるものの共通点だと思っています。


前身頃のみにコットンのスレーキの生地が貼られています。
着用した際に型崩れがし難く、見た目もよりふんわりとした表情になります。
見えない部分への作り込みもしっかりとされている点も″STYLE CRAFT WARDROBE″らしさだと思います。


カーディガンは選択肢が案外少ないアイテムの1つで、シンプルなデザインだけに素材やパターンなどのごまかしが
効かないからだと思っています。春夏に着るコットン・秋冬のウールと其々に1枚、自分に気に入ったものがあれば
十分ですし、気温差が大きくなってきて体温調整が難しい時期などにより重宝すると思います。
毎シーズンお勧めをしていますが、何度見てもやっぱり良いと思わせてくれるカーディガンです。

STYLE CRAFT WARDROBE   T-SWEATER 

color       BEIGE

price       19000+tax 

SIZE          /      /   Ⅲ


同素材を用いたクルーネックタイプ。
カーディガンと同様に身頃はゆったりとして、着丈はすっきりとしたバランス。
カットソー感覚で着れる1枚で、独特のパターンなのでさらりと着ても存在感があります。
インナーにシャツを合わせるのも良いですが、あまり衿は大きくない方が自然な納まりで格好良いと思います。


リラックスした表情の中にある少しの緊張感。
ある程度年齢を重ねるとゆったりとしたシルエットを好んで着る様になってきましたが、決してルーズになり過ぎたり
だらしなく見えたり、トレンド感などを全く感じさせない点が僕自身の惹かれる理由だと思っています。
毎シーズン分からないくらいの変化をしながらリリースされ続けているT-SWEATERとCARDIGAN♯4。
サイズが欠けていますが、是非店頭で袖を通して頂ければと思います。

12月9日


STYLE CRAFT WARDROBE   COAT♯17

color        BEIGE

price        65000+tax 

SIZE           /      /    SOLD

color        DARK NAVY

price        68000+tax 

SIZE        Ⅰ   /      /   Ⅲ


今シーズンもSTYLE CRAFT WARDROBEのステンカラーコートが届いています。
3シーズン着用出来る2枚仕立ての機能美が備わったコート″COAT♯17″
毎シーズン展開しているベンタイルコットンのベージュに加えて、今シーズンは新素材として
イタリアの老舗生地メーカー″リモンタ社″のナイロンを用いたダークネイビーの2色を選びました。
コットンは変わらずにしっかりとした張りのある生地で、ナイロンタイプはマットで重厚感のある落ち着いた色目で
洗練された雰囲気が漂います。ジャケットや厚手のセーターを着た上からでもストレスなく着れるパターンとシルエット。
ただ単純にオーバーサイズに見せないバランスの妙が気に入っていて、自分自身も着用をして3シーズン目になりますが
冬から春の桜が咲く頃くらいまで着用出来る汎用性の高さから、なんだか結局、一番出番の多いアウターとなっています。
普段使いは勿論ですが、スーツの上からでも羽織れるサイズ感はビジネスシーンでも活躍すると思いますので、
如何にもといったビジネスコートとは、少し視点を変えたコートをお探しの方にもお勧めの1枚です。


首元はドックイヤーの様なイメージで、スタンドにすると左右が閉じて風の侵入を防ぐ役割を果たしてくれます。
フロントはZIPと釦の二重構造で、センターから少しだけずれたアシンメトリーな位置に釦が付きます。
コート自体の保温性は然程ありませんが、冷たい風はしっかりと防ぎ、ナイロン素材は雨や雪を弾いてくれますし
それぞれ素材の特性を発揮しますので、余程寒い日でなければ十分に冬を越せるコートだと思います。
内側に厚いセーターやインナーダウンなど暖かみのある素材感のものを着用して、その上からざっくりと着ると、
変に着膨れしたり、もたついたりなどもせず、すっきりとした雰囲気で着ていただけると思います。


肩はスプリットラグランを採用、前から見た時は肩線が入るので、どこかきちんとした印象に映ります。
反対に後ろはラグランなので、ややカジュアルで可動域をしっかりと確保した作りになっています。
内側にチェック柄の滑りの良いナイロン生地を張り合わせている点も袖通りがスムーズになり、
ついつい手が伸びてしまう理由かもしれません。


袖にはリブが付けられているので、冷たい風が入らないようにしています。
ハンドウォマーポケットのサイズも大きくて、長財布くらいまでの大きさのものは収納が可能です。


ZIPはダブルジップを採用。
左右の内側には大きめのポケットを完備しています。
機能的にも申し分ないと思いますし、裏地のチェックの生地も渋くて気に入っているポイントです。
折角選ぶのであればコートは少しでも長く着て頂きたいと思うので、小さな部分のパーツ使いやディティールも
より重要になってくると思います。


着る人にもよると思いますが、着丈は膝が少し出るくらいの長さに設定をしています。
外を歩いての移動が多い方ですと、ある程度長さがあったほうが暖かいですしコートを着た姿も様になります。
僕自身は普段は歩くことが多いですが、丈に関しては長すぎもせず、車の運転の際にも然程支障はないと感じます。
クラシックな雰囲気もありながら、ただそれだけではない独特のシルエットや細部にまで気配りされたデザイン。
恰好良さや重厚感が強く出過ぎるということもなく、それでいてコートらしさは失わずに、程良く包み込む感じが
STYLE CRAFT WARDROBEらしさでもあり、なぜか気になってしまう理由かもしれません。
何を基準にコートを選ぶかはその人次第ですが、飽きずに長く付き合えるものをお探しの方には、
是非一度袖を通して頂ければと思います。

11月10日


STYLE CRAFT WARDROBE   JACKET♯3

color      INDIGO KERSEY

price      46000+tax

SIZE         /      /    SOLD


STYLE CRAFT WARDROBEから素材を変えながらリリースされ続けているジャケットとパンツのセットアップ。
今シーズンは濃く染まったインディゴのカルゼを用いたものを選びました。
カルゼは聞きなれない生地だと思いますが、霜降り調で綾織の斜めの畝の組織というのが大まかな定義になります。
今回使われている生地は畝がはっきりとしたコットン100%のインディゴで、太畝のコーディロイのような厚みがあって
着心地も抜群に良いです。ジャケットには総裏地が付きますので、ふっくらとした表情になりインナーの合わせ方で
3シーズン対応可能だと思います。パンツも同素材でご用意していますので、セットアップでの着用もお勧めです。


身頃に一切の絞りのないジャケットはインナーのごろつきや干渉が少ないので、カバーオールの様な感覚で着る事が
出来ると思います。ラペルはスタンドで着ても良いと思いますし、写真の様に折り返して着るのも◎
自由度があるジャケットは着用の仕方一つ変えるだけでも、違った顔を見せられると思いますので、ジャケットだからと
着方に捉われすぎずに、自分なりの落としどころを見つけて着て貰えたらと思います。


ラペルは折り返しても小ぶりな大きさに設定、ポケットは左右にパッチポケットが1つずつになります。
袖には釦が1つでバックスタイルは両サイドにスリットが入ります。
硬くなり過ぎないけれども真直ぐな筋がしっかり通っていると感じられる表情が″STYLE CRAFT WARDROBE″の
良さであり支持されている部分だと感じています。
ある程度年齢を重ねて、落ち着いた服装をしたいという方にリラックスして着て貰えたら素敵だと思います。


カタチがしっかりとある洋服、そうではなく自分から洋服に合わせていく洋服。
どちらにも其々の良さがあって、折角であれば同じ目線でどちらも着れる方が洋服の広がりが出ると感じています。
僕自身は自分から合わせていくような洋服にどうしても目がいってしまうので、偏った品揃えになりがちなのですが
着合わせてみると、案外しっくりとくる事もあると思いますので是非挑戦して貰えたらと思っています。
新しい感覚を手に入れる経験というのは、自分の価値観を広げてくれるきっかけになる可能性もあるので
固執し過ぎないように、柔軟な姿勢でこれからも洋服を楽しんでいたいものです。
今シーズンの生地もとてもお勧めです。ジャケットはサイズ2(M~L)のみですが是非袖を通して頂ければと思います。

STYLE CRAFT WARDROBE   PANTS♯5

color      INDIGO KERSEY

price      26000+tax

SIZE        /   Ⅱ   /   


同素材を用いた″PANTS♯5″
ウエストからわたりにかけてはゆったりとした設定で、膝から裾にかけてきつくテーパードさせた独特のシルエット。
リーバイス606をデザインモチーフに、ウエストをぎゅっと絞る事で生れる絶妙なバランス感と面白さがあります。
ベルトループの位置が工夫されているので、シワの入り方が自然で変に生地が偏ったりする事はありません。
フロントはボタンフライで、バックスタイルはパッチポケットが左右に付きます。
ハンガーに掛かっている状態ですウエストの大きなパンツにしか見えないのですが、足を通すと想像とは違う膨らみや
シルエットに、今までにない感覚を覚えると思います。
ベーシックなパンツにマンネリをしてしまった方などには、是非お勧めしたい1本です。


パンツのシルエットに関しては、前側に大きく膨らむシルエットを作っていて後ろはフラットなカタチになります。
膝から下にかけては、かなりきついテーパードをしていますので裾が綺麗におさまります。
ルーズなバランスの中に、綺麗な部分を挿しこんでいるパンツだと思います。
ここまでのバランスのパンツは見る事が少ないと思いますので、是非挑戦をして頂ければと思っています。
僕自身もSTYLE CRAFT WARDROBEのパンツを穿きだしてからは、ウエストのサイズに対する概念が180度
がらりと変わりましたし、こういったパンツを穿けると、今までと全く違う洋服の着方も楽しめるはずです。
どうしても決まった着こなしが楽ですが、自分達が出来るちょっとした事で、いつもと違ってなんか良いって
思ってもらえる洋服の面白味を知ってもらえたら嬉しいです。


毎日袖を通す洋服。
どんな洋服に袖を通すかは自分次第ですし、ちょっとした気持ちの変化であったり、年齢的な部分や体型の変化など
その時々で起こる少しの変化に気付いて、受け入れてを楽しめるくらいの余裕があれば良いなと感じています。
もう何シーズンも同じ商品を展開していますが、いつも違う気持ちで見ている気がしますし、見ている角度や
その時の着方が変わるのが何と言っても洋服の楽しさ。
同じ物を長くコツコツ売り続けられるお店が良いお店だと、誰かが言っていたような気がします・・・
今なら、何となくその気持ちが分かる様な、まだまだだなぁという思いです。
STYLE CRAFT WARDROBEが作るセットアップ。今シーズンの物もとてもお勧めです。

PageTOP