11月26日


STYLE CRAFT WARDROBE    COAT♯17

color       BEIGE

price       65000+TAX  

SIZE           /        /    Ⅲ 


3連休、お越しいただきありがとうございました!
初日と中日は遠方からのお客様が多い一日になりましたが、最終日は普段の静けさを取り戻しつつもあり
街の方にふらっと立ち寄っていただたりと、本当にありがたい事だなと思います。
毎シーズン欠かさずオーダーをしているSTYLE CRAFT WARDROBEが作るステンカラーコート。
コート自体はシンプルなデザインながらも、1つ1つのディティールにちょっとした捻りを利かせる事によって
独自の世界観を感じさせる作りになっていると思います。
オンとオフのどちらのスタイルにも兼用できるデザイン。ジャケットの上からでもゆったり着る事が出来てストレスを
感じさせない作りとパターンはコートを選ぶ際に最も重視する点です。少し野暮ったさがあるくらいが心地が良く
年齢を重ねる毎にサマになってくる様な1枚だと思います。
ベージュもしくはネイビーのステンカラーコートは、言ってしまえば鉄板スタイルを問わない汎用性という部分において
男性のワードローブには1枚は持っていて良いアイテムだと思いますので、選択肢の1つとしてお勧めです。


素材にはベンタイルコットン100%の生地を使用。超高密度に織られたしっかりと張りのある平織りの生地は
程良い肉感とベージュの色目もちょっとくすんだ落ち着きのある色でスーツなどにも合わせ易いと思います。
フロントはジップアップと釦の2つのアプローチで開け閉めが可能。
釦はアシンメトリーな位置に配していて、ちょっとしたバランスのズレがデザインとして気持ち良く納まっている
というところも、ぐっと心を掴まれてしまう理由かなと思います。
肩のラインはスプリットラグランスリーブを採用。前側には肩線が付いていますが後側はラグランスリーブになるので
可動域をしっかりと確保した作りになっています。


首元はドッグイヤーをイメージした襟形状で、スタンドにして着るのが僕自身は好きです。
袖口はリブを付ける事で冬の冷たい風をシャットアウトしてくれます。
肩から袖口にかけて緩やかにテーパードをさせているのですが、袖はぎゅっと細く設定されているのも
このコートの特徴です。余裕のある部分からすっきりさせる所とをバランス良く組み立てる事で、
STYLE CRAFT WARDROBEならではの独特のシルエットが構築されています。
初めて袖を通した時よりも時間の経過と共にじわじわと浸透してくる洋服なので、袖を通して直ぐの印象よりも、
その先にある面白さを感じて頂きたいです。


ジップはダブルジップの仕様で、裏地は滑りの良いブラックウォッチの生地が総裏で貼られています。
袖通りの良さもコートを選ぶ上では重要なポイントになりますね。せっかく選んだコートでも着たい服に
羽織れないというのは残念だったりもしますが、インナーを気にせずにさらりと着られるコートが1着あると
出掛ける前の考え事がひとつ減りますね。その分手に取る頻度も上がり、ついこればっかりになってしまうのも
ある意味悩ましいのですが・・・。
個人差はあると思いますが、僕自身は11月初旬の冬の入り口から春の冷たい風が吹く4月末頃までの約6カ月間
手放せないコートの1つで、出張に行く際にもインナーの温度調整がし易いので本当に重宝しています。


ステンカラーコートはクラシックなデザインのものからカジュアルに特化したものまで、様々な選択肢がある中で
オンスタイルからカジュアルまで着れる振り幅のあるものを探すとなると、条件に合致するコートを見つけるのは
なかなか難しいですし、やはりどちらかに寄った物が多いと思います。
デザイン・価格・機能性などを含めて、袖を通して頂ければ満足して頂けるクオリティがこのコートにはあると
確信しています。今季で3シーズン続けて同じコートを提案していますが、それくらい今の自分でも着ていて
素晴らしいなと思っているコートです。

PageTOP