定休日のお知らせ


明日、5月1日(水曜日)は定休日となっております。
また木曜日から通常営業となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

4月30日


MITTAN   大麻シャツ

color     濃紺

price     19000+TAX

SIZE     1   /   2   /   3   /   4 

color     ベンカラ 白

price     24000+TAX

SIZE     1   /   2   /   3  /   4 


ゴールデンウィークが始まって4日目。
昨日は県外から盛岡に帰省やご旅行でいらしたお客様に足を運んでいただきました。
桜は舞い落ちて子葉が日に日に木々を緑色で縁取り、川は柔らかく流れ、そんな盛岡らしい景色が
あちらこちらに広がっているので、街歩きを楽しんでいただきたいなと思っています。
昨日は20℃くらいまで気温があがり、そのくらいだと気持ちよく着られそうな、rasikuでは初めて展開する
素材に大麻を使ったバンドカラーシャツと、毎シーズン定番で展開している麻綿素材のイージーパンツ。
素材自体に冷たさを感じる大麻シャツは、夏をより気持ちよく過ごすために作られたシャツで
シルエット自体も今まで展開していたカディコットンのシャツよりも、気持ちゆったりとしたバランスに
仕上げる事で、生地と身体に程よい空間が生まれてベタつきを抑えて風がより抜けるようになりました。
ここ数年は初夏から夏場の暑い季節はカディコットンのシャツを色違いで愛用していましたが
それに勝るとも劣らない天然素材ならではの心地良さを実感して頂けると思っています。
今季新たにMITTANが提案している″ベンガラ染め″の白と化学染料で染めた濃紺の2色をご用意しました。
※ベンガラ白はサイズ1は完売しております。


ベンガラ染めは土から採れる成分(酸化鉄)を使って染めを施す方法で、元々はインドのベンガル地方から
伝わったとされていて、藍染めや草木染めともまた違った独特な色合いを表現しています。
rasikuで選んだ色は白で、生成と白とのちょうど間をとったような言葉では言い表すことが難しい色目。
濃い色のパンツとの相性は言うまでもなく、あえて白系のパンツに合わせて涼し気な印象を与える
組み合わせも、この乳白色のシャツだからこそいい雰囲気になりそうだなと思います。


フロントにはポケットなどは一切付かないシンプルな作り。
裾にスリットを入れて、テールの処理をラウンドさせずに直線的なパターンにする事で視覚的な
野暮ったさを出しつつも、前丈と後丈の長さに差をつけるているので着た時の納まりの良さを感じます。
良い意味での癖はありますが、全体のバランスを崩し過ぎずに日常着として気兼ねなく袖を通すことが
出来る点がMITTANの洋服の良さであり、気に入ると色違いで買い足してしまうくらい魅力があります。


もう一色の濃紺は、夏場になると自然と涼しさを求めてなのか紺色の洋服を着たくなるので
1枚で存在感があるものをという理由で選びました。ベーシックなパンツは基本的に何でも合わせ易いですし
それにプラスして、今年は涼し気なシャツに頭に麦わら帽子を合わせるスタイルをしたいと思い
ツバの大きいタイプとハット型の麦わら帽子をセレクトしています。まだ少し先の話になりますが梅雨が
明けたくらいからMITTANのシャツに合わせて貰ったら涼し気で格好良いなと思っています。

MITTAN   麻綿ロング

color     深緑               /             紺

price     24000+TAX

SIZE     1   /   2   /   3         1   /   2   /   3


毎シーズン展開している静岡県浜松市で作られる張りとコシがしっかりと感じられる麻綿素材
(麻55%・綿45%)をイージーパンツに仕立てていますが、ラフで簡素な縫製ではなくインシーム
アウトシームを巻き縫いにして一手間かける事で立体的な表情を生み出し、フロントにもジップを付けるなど
この手のパンツにはあまり見られない作り込まれたイージーパンツです。


バックポケットはパッチポケットが2つ。お尻回りもダーツを入れてシルエットを調整。
ポケットの生地にはインドのプリント生地を張り合わせるなど、表からは見えない所にも工夫がされています。


シルエットはワイドでボリュームがありますが、裾にかけて綺麗にテーパードしています。
個人的には太いシルエットに抵抗がないので、サイズアップをしてゆったりと穿くのが好みですが
ウエストはゴム+アジャスターなので、ジャストサイズで合わせるのも良いですし、肌に纏わりつかない
ゆったりとしたボリュームのあるシルエットを楽しむのも、どちらもお勧めです。
パンツを選ぶ際にウエストの大きさも大切ですが、お尻回りとワタリ幅をどれくらい欲しいかで
いつもとは違うサイズを選んでみると、洋服の見え方が大きく変わるので無理のない範囲内で
挑戦して頂ければと思います。


カラーは今まで展開をしてきました″紺″と新色で追加された″深緑″の2色を選択。
深緑は黒に近いのですが、太陽光で見ると綺麗な深みのある緑色に見えます。
どちらも汎用性の高さを考えて選んだ色目で、これから夏場にかけてリラックスした気持ちで
穿くパンツをお探しの方に是非お試し頂きたいです。
僕は暖かい時期に行く出張や旅行には必ず持っていくパンツで、涼しさと穿き易さシルエットの良さは
勿論ですが、旅先でちょっとした食事の際にジャケットなどを組み合わせても十分サマになります。
綿麻素材なので洗濯しても乾きが早く、旅先に荷物を増やしたくない方にも重宝するパンツだと思います。
今日ご紹介したシャツとパンツ、どちらも天然素材ならではの着心地の良さと着れば着る程に増す風合い
季節が巡ると共にきっと無くてはならない存在になってくれるはずです。
是非お試しください。

4月29日


CALICO   カディラジャスタンワンピース

color     ネイビー

price      25000+TAX

SIZE      M SOLD
※同じカラーなのですが若干の色ブレが出ています。Mサイズが濃いネイビーで
 Lサイズはブルーに近い色合いになります。

color      ネイビー

SIZE       L


今シーズンからお取り扱いを始めた”CALICO”のお洋服ですが、手紬・手織りの生地が醸し出す柔らかさと
強さの両面を併せ持った素材を、オリジナルのデザインや民族衣装などからインスピレーションを沸かせて
現代服として着易さであったり機能性をプラスした洋服を作製しています。
インドの北西部に位置するラジャスタン地方にある民族衣装をモチーフに作られたカシュクールタイプの
ワンピースは、紐の使い方を工夫する事で今時期のライトアウターとして着る事も可能。
昨日くらいからようやく1枚仕立ての羽織物が活躍する気候になってきたタイミングで
Vゾーンを活かしてノースリーブや半袖のカットソーにさらりと羽織って、直接肌に当たるのが
気持ち良いとなると手放せなくなる存在になるはずです。


MサイズとLサイズの違いとして身頃は然程変わりはないのですが、着丈が訳20CMくらいの差があります。
身長によって選び方は変わると思いますが、着丈の長いワンピースを足首くらいのギリギリの丈で合わせて
着るのも素敵だと思います。多少の足さばきが必要になるかもしれませんが、そういった事も楽しめる様な
洋服の付き合い方をすると、着こなしの幅も広がって自分の服の選び方も自由度が増すように思います。
足元はフラットなシューズでもヒールがあってもどちらも好相性に感じます。
※身長166CM 着用サイズL


フロントのピンタックは手仕事を得意とするインドならではのデザインで美しさを感じる部分。
肩の作りは可動域を広げる独特のパターンで、インナーは薄手のニットくらいまでが袖通りも良く
着ていてストレスを感じないと思います。


内側に付いている紐を結んだ後に、外側の紐を結ぶことでVゾーンがより綺麗に収まります。
暖かな季節は首元の開いたカットソーを合わせて、小振りなネックスレスをする事で女性らしさが増して
ピンタックの存在感が際立つのではないでしょうか。


袖を通すだけで足取りも気分もウキウキと舞い上がるような柔らかで心地の良いCALICOの服は
新緑が瑞々しく力をみなぎらせる街の景色の中で、颯爽と着て歩くのにも相応しいような涼やかさ。
少し暑くなってきた頃には、ノースリーブのワンピースやタンクトップなどに重ねて、
直接肌でその布の気持ち良さと、細やかに紡がた手仕事の美しさを体感していただけたらと思います。
maku textilesのご紹介がまだでしたが、店頭にも新たに入荷したこちらもピンタックがかなり素敵!
なワンピースが並んでいますので、ぜひご覧いただけたら。

4月28日


SAINT JAMES   OUESSANT

color       ECRU×MARINE

price       10800+TAX

SIZE       0   /   1   /    3   /   4   /   5   /   6

color       NEIGE×GITANE

SIZE       1   /   3   /   4   /   5   /   6

color       NEIGE×MARINE

SIZE       1   /   3  /   4   /   5   /   6

color       NEIGE×GRIS CLAIR

SIZE       1   /   3  /   4   /   5   /   6

color       MARINE×CIEL

SIZE       1   /   3  /   4   /   5   /   6

color       LICHEN×ECRU

SIZE       1   /   3  /   4   /   5   /   6

昨日の寒波!?の天候から打って変わって、太陽の日差しが差し込んで寒すぎた空気を一新するような
気持ちの良い天気になった日曜日。家もお店も朝から窓を全開にして、いつも以上に丹念に掃除をしたので
とても清々しい気持ちになりました。場所によってですが、今日は桜がぎりぎり楽しめるのではないでしょうか。
rasikuはいつも通りのんびり営業中。冬物をしまい始めて、新しい洋服に袖を通したいと思う方に
ふらりとお立ち寄り頂ければ嬉しいです。気温の変動が大きいこの時期に必ず着たくなるアイテムが
フランスの老舗カットソーブランド″SAINT JAMES″が変わらずに作り続けている長袖Tシャツ″OUESSANT″
空紡糸と呼ばれる肉厚の糸を使い型崩れの少ないガシッとした生地に首元のボートネックが大きな特徴。
rasikuでもお取り扱いをしてから春夏・秋冬と欠かさずに並べ続けていて、時代の変化に関係なく
同じ製品を変わらずに作り続けている事の良さや凄味を実感させてくれます。
毎シーズン入荷する度に季節が移り変わった事を実感し、同じ商品だと分かっているのに箱から空ける瞬間は
心が躍ってしまうこのブランドならではの不思議な魅力があります。


店頭で接客をしていてシーズン毎にリリースされる限定カラーを買い足す人も多いですが、
最近は色もそうですが今まで着ていたサイズを変更して買い足す方も増えているように感じます。
年齢の変化と共に洋服の着方が変わる方も多くいらして、20代の頃に購入してサイズが気持ち小さく
感じるという事を良く聞きます。未洗いで納品されるので洗うと縮むというのも要素としてあるのですが
身頃と袖周りをゆったりとさせて、身体のラインに沿うようなバランスではなくリラックスした気持ちで
袖を通したいというのが大き目のサイズを選ぶ理由だと思います。
僕自身も数年前まではT5サイズを愛用していましたが、ここ数年でT6を買い足すようになってきました。
だからと言って小さい方のサイズを全く着ないという訳ではなく、どちらのサイズにも良さがあるので
今まで着ていたサイズと大き目のサイズとを気分や着こなしに応じて使い分けるのがお勧めです。


個人的にOUESSANTの好きな着方として、軍物のファティーグジャケットやヨーロッパのワークジャケットと
合わせるとボーダーの爽やかさと土臭さが程よく組み合わせがしっくりときます。
足元はキャンバスのスニーカーとBIRKENSTOCKのサンダルを履くのが定番のスタイルです。
汚れなどもあまり気にせずに着れて、お洗濯もガシガシ洗えるので日常着としての条件を満たしてくれる存在で
生地は厚みがあって透け感もなく、カットソーで1枚で着ただけでサマになるのは多くはないので
仕事がお休みの日などにさらりと1枚で着て過ごすのもお勧めです。
直線的なパターンを用いたボックス型のシルエットは体型を選ばずに着れますし、良い意味で昔ながらの
大雑把で整い過ぎていない事がインポートらしい部分だと捉えています。
定番品と位置付けられている製品の共通事項が完璧になり過ぎずにどこかに余白があるという事、
10年以上も飽きずに着続けられている理由だと思います。


今回は白・生成・ブルー・ネイビーと言った、定番色の組み合わせを多めにサイズを揃えました。
普遍的な色合わせなのでいつでも買えると思ってしまい、ずっと手にしていないという方も
案外多いのではないでしょうか。個人的には″ECRU×MARINE″や″NEIGE×GITANE″は着てきた色なのですが
1周して、サイズ感を変えてまた着てみたいという気持ちになってきました。
なんて事のない服装をしているのに格好良く着れるのが僕の理想で、選ぶサイズや色の組み合わせ方を
少しずつ広げる事でベーシックなアイテムの着方が上手くなってくるはずです。
そろそろ長袖のカットソー1枚で街を歩ける気候になりそうなので、新しい洋服に袖を通して新鮮な気持ちになって
時間を過ごしてみるのも良いのではないでしょうか。
もう既に何枚も色違いをお持ちの方も、初めの方にもどちらにもお勧めです。

4月26日


HATSKI   2TACK TROUSER

color     ベージュ

price     19000+tax

SIZE     0    /     1     /     2     /     3


明日27日(土曜日)から10連休の方も、いつも通りお仕事の方もいらっしゃると思いますが、
いずれにせよ、平成という元号の中では最後の週末になるんですね。
ぽつぽつと冷たい雨が降り「花冷え」という言葉もぴったりな週末になりそうですが、くれぐれも
体調など崩さないよう、十分暖かくして良い休日を過ごしていただけたらと思います。
店内は今着たいと思える汎用性の高い長袖の羽織物から、初夏を感じさせる涼し気な素材のものまで
この時期ならではの見応えのある品揃えだと思います。
直近の天気予報を見てみると雪も曇りも、雨も晴れもあって厚手の羽織物から半袖のTシャツまで
様々なバリエーションの服が必要になりそうな、ゴールデンウィークになりそうですね。


HATSKIから個人的にもとても楽しみにしていたチノ素材を用いたワークパンツが届きました。
展示会でふと目に留まったグルカタイプのショートパンツに使用されていたチノ素材。
気に入った点の1つとして色目がベージュよりのベージュではなくカーキよりのベージュだった事。
ベージュと一言で言っても幅広くあり、僕が理想とする色目にぴったりと当てはまった点。
生地はそれほどまでに厚くはないのですが、洗いこまれているのに関わらず張りとコシが
しっかりと残っていた事。フラットな表情で良い意味で癖がなかった点。
僕自身はコーディネートする際に、パンツは名脇役ではないですが主役を引き立てる位の存在感が
心地良いと思っています。ここ数シーズンはチノ素材で納得出来るものに出逢えずにいました。
直感的に良いと感じたのですが、展示会で見たショーツだと穿く人を限定してしまうので、
フルレングスで作製して貰えないかと相談し、今回は特別に2タック入りのワークチノを作製して頂きました。


フロントに2タック、後ろ側にダーツを入れる事でワイドなシルエットながらもウエストの納まりが良く
裾にかけてストンと落ちるワークパンツらしい野暮ったさはきちんと残しています。
インシーム・アウトシームのどちらも巻き縫いをして立体感をアップ。後ろポケットは右のみ1つで
バックシルエットはすっきりとした見え方になります。


良い意味で何か大きな特徴があるという訳ではなく、1年を通して様々なコーディネートに合う汎用性の
高いパンツを作製したかったので、イメージ通りの仕上がりになったと思っています。
これからの季節はリネン素材のシャツであったり、ボーダーのカットソーで合わせたり、濃い色目でも
薄い色目でもどちらにも対応出来るパンツで、ワードローブの中心の役割を果たしてくれるはずです。


わたりから裾にかけて殆どテーパードはしないシルエットで、裾に重たさが残る感じが好みだったりします。
個人用に丈詰めしてあるので、実際はもう少し重たさが出ると思います。
丈感で見え方が大きく変わりますので、あえてそのまま重たさを出して穿くのもありだと思いますし
すっきりとカットするのもどちらもお勧めです。スタイルに合わせてお選び頂きたいです。


僕自身は軍物やワーク系の古着などに良く見られる直線的なパターンのパンツを好んで穿くので
綺麗に立体的なシルエットを構築しているよりも、ざっくりとしている方が心地よく感じてしまいます。
HATSKIの2TACK TROUSERは理想とするイメージにとても近く、下手にいじくったりせずに潔さがあって
こういったシルエットのパンツは時間の経過と共に着方が見えてきて、気付いたらワードローブに
欠かせない存在になっているだろうと思います。


春になるとベージュのパンツが気分的に穿きたくなってしまいます。
白やブルーのシャツに、足元は黒のプレーンな革靴もしくはローテクスニーカー。
その日の気分によって靴は使い分けながら、洋服の基本となる着こなしを楽しんで頂けたら嬉しいです。
男性・女性問わずとてもお勧めですので、是非店頭でお試し頂ければと思います。

PageTOP