6月14日


SOWBOW   REGULAR COLLAR A

color      LT INDIGO

price      25000+TAX

SIZE      0    /    1    /    2    /    3 

color      DK INDIGO

SIZE      0    /    1    /    2    /    3 

今朝の5時頃は曇り空が広がっていましたが、次第に日差しもつよくなり気温もあがってきました。
晴れた日に着たくなるSOWBOWのシャツは、マニアックな一面と普段着として気兼ねなく着れる部分とを
どちらかに振り過ぎる事なくバランス良く仕立てられていて、rasikuでも着実にファンを増やしています。
今シーズン選んだモデルはレギュラーカラーのタイプで、襟の大きさや両サイドに深く入ったスリットなど
洋服好きの心を揺さぶる大胆な仕様が施されています。クラシックなイメージでもなくトレンド感のあるものとも
一線を画す、様々なジャンルの洋服に幅広く携わってきたデザイナーだからこそのデザインだと思います。
ある意味個性的とも言えるシャツですが、選ばれる方の世代も性別も様々なので枠にとらわれずに、ただ純粋に
着てみたいと思わせる空気を纏うシャツだと思います。


素材に使用されている生地はコットン88%・シルク12%の混紡素材で、シルクが入る事で表面にうっすらと光沢があり
カジュアルな中に上品さをプラスした素材と言えます。インディゴ染料を用いて極力ムラが出ないようにしっかりと
製品染めを施して深い色合いに仕上げています。
インディゴは色落ちや移染がし易いイメージがありますが、逆に色落ちがしないように染め上げられている点もポイント。
九州という地域で物作りをしている職人が近くにいるからこそで、意思疎通と連携によって製品の完成度を高めています。
染物はどちらかと言えばクラフト感や手仕事などのイメージが強く押し出されがちですが、そういった事を良い意味で
感じさせない、プロダクトの冷たさを持った染め上がりになっていると思います。


レギュラーカラーの襟は大き目に設定。トップ釦を締めても窮屈にならないようにしています。
1枚で着た際の存在感が抜群で何かを重ねたりするよりも、シンプルにすっきりと着て頂くのがベストだと思います。
釦も生地の雰囲気に負けないように有田焼で作られた陶器の釦を組み合わせていて、釦自体もブランドのアイコンとして
大きな役割を果たしています。職人の手によって1つ1つ丁寧に作られて色付けされた釦は、ふと触れた瞬間だったり
何気なく目に留まった際に、ささやかですが気持ちがふわっと上がる気がします。


大胆に深く入ったスリットは、シャツに動きを与えて見た目の面白さを生み出しています。
インナーをちらりと覗かせるも良いですし、ゆったりとしたサイズ感を活かしてシャツの上からシャツを合わせるのも
SOWBOWのシャツであれば大いに在りだと思います。さらりとした生地なので、夏場の余程気温の高い日でなければ
着用が可能で、東北地方ならではの夕方に涼しい風が吹く日などはカーディガン替わりではないですが羽織物として
バッグに入れて持ち歩いておくのもお勧めです。


毎シーズン、着実に進化を続けているSOWBOWの物作り。
型数は多くないのですが選ぶ生地の面白さと独自の発想から生まれるパターンやシルエットは他では真似できない
オリジナルのエッセンスを強く感じていて、大きな刺激を受けているブランドの1つ。
沢山の人に向けてというよりも、どちらかと言えばマイノリティな洋服という認識でいますが袖を通すと伝わってくる
SOWBOWにしか出せない色というのか匂いであったりリズムがある洋服。
それは単純ではないことの面白さや、時間を掛けて自分のものにしていく感覚や小手先ではない着こなしの術を学べる
1枚になるとも思っています。ジャンルに囚われる事なく、自由な発想を持って着ていただきいです。
サイズも現在フルサイズで揃えていますので、ご自身のイメージに合わせて選んで頂ければ嬉しいです。


明日15日(土曜日)と16日(日曜日)の2日間、秋田県由利本荘市にあるみつばちさんで出張SHOPに
出掛けておりますので、店舗はお休みになりますのでお間違えの無いようにお願いいたします。
また17日(月曜日)はオープン時間を12時からとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

6月13日


AURORA SHOES   WEST INDIAN

color      BROWN

price      26000+TAX

SIZE      5H   /   6   /   6H   /   7   /   7H   /   8


rasikuでAURORA SHOESをお取り扱いを始めて2シーズン目に突入しましたが、男性・女性どちらにも
少しずつですが“ここにAURORA SHOESがある”ことが認知されてきているようで、フィッティングの機会が
増えてきたのが嬉しい今日この頃です。
通年履けるイメージの革靴ですが、東北の冬を想定するとやはり一番しっくりくるのはこれから夏にかけて。
僕達自身も靴下を穿いて合わせる時もありますが、サンダル感覚で素足で履くのが最も心地良いと感じていて
これから気温が上がるにつれて、より一層出番の多い靴になってきます。
フロントのTストラップが特徴の″WEST INDIAN”は、独特のカッティングが見た目にも涼し気な印象。
ソックスをちらりと覗かせるのも良いですし、裸足で素肌を見せて軽さを出す履き方もお勧めです。
今シーズンは小さいサイズからしっかりと揃えていますので、フィッティングをして自分に合った
サイズとカラーを選んで頂き、年齢を重ねても長く付きあっていける1足を手にして頂きたいです。

color      BLACK

price      26000+TAX

SIZE      5   /   5H   /   6   /   6H   /   7   /   7H   /   8


オイルをたっぷりと含ませて揉んだレザーは、とても滑らかで柔らかく足を包み込むようなフィッティングを実現。
1枚革で構成し踵に芯ははいらない仕様で、革靴を履いているのに革靴を履いている感覚が殆ど無く
どちらかと言えばスニーカーに近い感覚の靴だと思っています。
革が馴染んで伸びてくるといちいち金具を緩めたり締めたりする必要が無くなり、スリッポンと同様の履き方が可能。
夏場は脱ぎ履きが楽な靴をどうしても選びたくなるのですが、スニーカーだとラフ過ぎるイメージの時に
AURORA SHOESは引き締め役としても重宝しますし、長時間歩いても疲れにくい点も選んでしまう理由です。


ワイズ(横幅)はCウィズの設定ですが一部に空間のあるカッティングなので、細さや窮屈さをそこまで感じさせない
作りだと思います。厚手のソックスなどを合わせると窮屈な印象になってしまうので、薄手のソックスを合わせるくらいの
イメージで履いて頂くのがベスト。もし秋冬シーズンにかけて履きたいという場合は、ウールなどのタイツと組み合わせると
靴のカタチが崩れ過ぎずに可愛らしさをプラス。1足で全てを満たすのは難しいので、靴の作りやイメージに合わせた
履き方をする事で、物とより良く付き合っていけると思っています。汎用性や万能な事も大切な要素ですが、
一番大切にしている事は、その物自体に見合った使い方をする事で物自体の美しさや良さを最大限に活かせると
感じています。
先日も店頭で接客をしていて″WEST INDIAN″を履いたお客様にお逢いする事が出来ました。
10年前に愛知県で購入されたそうでソール交換とオイルでメンテナンスをしながら、今現在も現役で綺麗に
履かれている姿をみて単純に素敵だと感じましたし、好きで履き続けている事が靴を見て伝わってくるようでした。


足元が軽くなると洋服全体のイメージもすっきりとするので、合わせる靴によって見え方は全く変わってきます。
洋服も重要ではありますが、靴の選び方で良くも悪くもなると思っているので通年を通して履けるスニーカーと革靴
そして季節によって履くものとを、ある程度の選択肢は持っている方が着こなしの立体感や深みをより一層持たせて
くれると思います。


MADE IN USAの靴は年々減少し、今では希少な部類に入るくらい見かける事が少なくなってきました。
たまたまお客様がAURORA SHOESの特集をした雑誌を持ってて良かったらとお借りして読んでいましたが
「自分達が納得出来るものしか作らない事と、少数でも信頼のおける職人さんが作れるペースを守ることで
質を落とさない物作りをする。そして仕事と同じくらい働く人の日々の暮らしも大切。」
というデザイナーさんの言葉が、13年経った今でも同じものを作り続けられている理由だと感じました。
柔軟に変化受け入れる事も大切ですが、変わらずに淡々とやり続けている事も同じくらいの価値があると
思っていて、手にした方がゆっくりと時間をかけて自分のものにする過程を楽しんで頂けたらと嬉しいです。
年齢を重ねて、より一層良い靴だと感じさせてくれる1足です。

定休日のお知らせ


明日12日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

6月11日


SEA SALT    FRILL&GATHER BLOUSE

color      WHITE

price      29000+TAX

SIZE      2

color      RED

SIZE      2

color      INDIGO

SIZE      2 HOLD

昨日のBLOGで告知させていただきましたが、今週末は由利本荘のみつばちさんへ出張SHOPのため
内丸大手先ビルの店舗はお休みとさせていただきます。
ご来店を予定されていたお客様には大変申し訳ございませんが、もしお時間ある方はぜひ由利本荘まで
下道と高速を使って片道2時間半のみちのりドライブはいかがでしょうか?
土曜日には、自分達もずっと色んな方からお勧めいただいて行きたい・食べたいと思っていた
樫食堂さんのごはんがみつばちさんのお庭でいただけますよー。やったー!
さらには樫食堂さんによる似顔絵デッサンとRelieR plantsさんによるディッキアやアガベなどの
個性的な多肉植物の販売もしていただけるとのことで多種多様で賑やかなイベントになりそうです。
海・山・川と自然に囲まれた由利本荘や周辺にはとても美味しいご飯屋さんもありますし、前回足を運んだ
「鳥海山 木のおもちゃ美術館」もまた行きたいと思う施設でしたし、1時間かからず秋田市にも行けるので
一日たっぷり遊べるのではないかなと思います。週末のご予定にぜひ。そして晴れますように!

そんな海のある街にも川の流れる街、どちらの景色にも似合うSEA SALTの服。
今回も夏に相応しい繊細で涼し気な素材、そして自然の色味にマッチするカラーをご用意いたしましたので、
30℃越えの日も晴れやかな気分で過ごせるような装いを楽しんでいただけたらと思います。


袖と首元の控え目なフリルと首元に寄せられたギャザー、そして華奢なリボン。
それがあると自分は(コロッと)弱いんだよなーという要素が大方揃ってしまっていて
どれか一つでも心擽られてしまうところなのに、それがふんだんにだなんてもう大変で素敵です。
とは言えそれが入っていれば何でも良いかと言うとそうではないのですが、自分がイメージする可愛いは
飾らずに自然体のままでもふわっと漂う柔らかなチャーミングさや、静かな空気を纏う真っすぐな美しさなど
そういったニュアンスを含むものと繋がっています。他にも違う可愛いと感じるものの引き出しもあるのですが、
SEA SALTの服はまさに自然体で仄かな甘さはあるけれど華美になり過ぎないのが良いなと思って見ています。


使用している生地はHAUSAMMANN+MOSSという1811年創業のスイスのファブリックメーカーのもの。
スイスコットンの織物の染めから紡績、紡織までをすべて自社の工場で行う一貫紡の工場で作られる織物は、
その生産過程においてもクオリティを落とさないために、部署同士の連携が常に綿密になされていることや
スイスの良質なお水が生地を作ることにとても良い影響をもたらしていたり、その土地と自社工場ならではの
特性を最大に活かした仕上がりになっています。
繊細で上質な生地に触れると、まるで着ていないかの様に肌当たりは軽やかで優しくて瞬く間に気分は高揚。
夏の暑さの中に加え湿度でジメジメしていたり汗をかいてても、薄手でさらりとした生地は不快感を与えず
むしろ汗をかいても気にならなくなるぐらいで、服を変えることで嫌だなと思う気持ちも良い方向へ転換
されることもあると思うと、装うことに対する捉え方や視野もまたひとつ広がったように感じます。


首元はリボンを結ばずに開けて着るとぐっと大人っぽさが増しますし、あまり肌を見せずに着たい方は
きゅうっとギャザーを寄せる事でフリルが微かに立襟のようになってくれますので、それもまた可愛いです。
カラーREDとINDIGOはそれぞれバラとログウッドを使用した天然染めによる美しい色合いが特徴の生地で、
やや肌が透けます。微かに透けるのがはじめは気になるかもしれませんが、暑い日差しの中で着ていると
むしろ涼し気で季節感を感じられますし、麦藁帽子やサンダルなど夏の小物ともよく似合います。
WHITEはとても薄手の生地なのでかなり透けますが、透ける事を利用してインナーには逆に色味のはっきりした
タンクトップやキャミソールを着たり、もしくは黒やチャコールなどモノトーンな色味でシックな印象に
まとめると、それはそれで大人で素敵な装いに映ります。
引くところは引いて、可愛さはそっと添えるぐらいの気持ちででも見れば確実にぐっと心を掴むディテールが
細部に詰まったブラウスです。
これから迎える夏の予定に合わせて、開放感のある服を取り入れてみてはいかがでしょうか。

rasiku出張SHOP@みつばち+「樫食堂」・「RelieR plants」

先日はるばる※交流戦のために、秋田県の由利本荘市から盛岡へ出張SHOPに来てくださった″みつばち″さん。
イベント前から楽しみにしてくださっていたお客様や、前に買った紅茶が美味しかったからと
リピートしてくださるお客様。このイベントがきっかけで由利本荘のほうにも足を運んで下さった
お客様がいたりとお店同士の交流から派生して、いろんな形で物と人と街が交わっていくようで
とても良いなぁ嬉しいなと思える時間でした!
遅くなりましたが足をお運びくださったみなさま、みつばち店主猪股さん、ありがとうございました。


この流れからBLOGタイトルを見て、あれ?隔週でみつばちさんが?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
いいえ、次はrasiku「が」由利本荘のみつばちさんへ出張SHOPに参ります。
前回の※交流戦は秋に開催しました。
(交流戦の内容に関してはみちばちさんのBLOGで、とっても的確な表現で記してくださってますので、
ぜひこちらをご覧くださいませ。)

今回で行くのは4回目となり、行く度に自分たちはみつばちというお店と由利本荘の街と人と自然が
育む豊かさに魅せられて、ただただ楽しい時間を過ごさせていただいてるので、唯一できることで
みつばちさんに足をお運びくださった方に喜んでいただけるセレクトでお迎えしたいなと思います。
いつもレディスの服がメインですが、今回はユニセックスのブランドからサイズ展開を広くしたり
夏らしいシューズやバッグ、巻物などの小物類も種類豊富にご用意いたします。
さらに嬉しいのは、タイトルにもありますように今回はrasikuだけではなく、15日(土曜日)には
みつばちさんとお付き合いのあるお店の方々がご一緒してくださるとのこと!
大仙市太田の 樫食堂さんと、由利本荘の RelieR plants さんです。
私たちはお会いするのははじめてですが、樫食堂さんもRelieR plantsさんも盛岡のイベントにも
出店されたりしているのでお客様で知っている方がとても多いのではと思います。
美味しいご飯と似顔絵デッサン、植物にrasikuの洋服や小物。楽しい空間になりそうです!
ぜひお近くにお住まいの方も、岩手・盛岡からドライブがてらにでにも遊びにいらしてくださいね。

rasiku出張SHOP@みつばち 「樫食堂」+「RelieR plants」

6月15日(土曜日)・16日(日曜日) 10:30-17:30

※樫食堂さんとRelieR plantsさんの出店は15日(土)のみとなります
※駐車場には限りがありますので、ご近所さまにご迷惑が掛からぬように
 ご配慮いただきます様お願いいたします。

尚、6月15日と16日の二日間は店舗の方はお休みとなります。
6月17日(月曜日)は12:00からのオープンとさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

PageTOP