6月8日


HATSKI     2TUCK DENIM TROUSER

color      ネイビー

price      21000+TAX

SIZE      0    /    1   /     2    /    3

今日の盛岡は、初夏の名物チャグチャグ馬コが滝沢市の鬼越蒼前神社からスタートし盛岡八幡宮まで約14キロを
ゆっくりと歩いてまわるイベントが行われます。このイベントが毎年くる度に梅雨入りが近づいてる事を肌でも
実感して、自分達が岩手の文化や風習にも大分馴染んできたなとしみじみと思いながらお店を開けています。
生憎の空模様ですが、時間があったら見に行ってみうようと思います。
少し前にもご紹介しましたHATSKIに別注をして作製して頂いた”2TUCK TROUSER”
チノ素材の他に夏に涼しく穿けるパンツを提案したいと思っていたので、リネンデニムでも作製して頂きました。
昨年リリースされたリネン100%のデニム素材。生地の雰囲気が抜群で、暑くなるとどうしてもコットンのデニムに
手が伸びにくくなるのですが、そういった事を払拭してくれる涼しさと格好良さに加えて耐久性にも優れた素材で
デニムのスタイルを躊躇なく楽しんで頂きたいです。


商品名にある通りフロントに2タック入ったシンプルなトラウザー。
お尻回りはすっきりとしたバランスで、ワタリから裾にかけて分からないくらい緩くテーパードをしていますが
ズトンと迫力のあるシルエットを構築しています。リネンデニムはチノと比較すると生地の落ち感が強いので
ワイドシルエットがより一層引き立ち、太いパンツが好きな方には堪らないシルエットに映ると思います。


フロントはボタンフライを採用し、両脇の始末は巻き縫いにしてワークパンツならではの強さを出しています。
バックポケットは1つで、お尻回りを立体的に膨らませているので男性・女性に関係なくお試し頂きたいです。
僕がHATSKIのパンツを好きになった一番の理由として、全体的に股上が深くお尻回が窮屈になり過ぎずに
リラックスした気持ちで穿ける点。ディテールや蘊蓄に縛られない柔軟な発想での物作りにもとても惹かれています。
気合を入れてお洒落をするイメージよりも、毎日でも穿きたくなるくらいの普段着として当たり前にある事の
良さを実感しますし、手にしたパンツは全てワードローブには無くてはならない存在になっています。
パンツを専門に作っているという事も、餅は餅屋的な発想に当てはまっていて1つ1つの製品に対しての作り込みで
あったり完成度の高さに繋がっているのだろうと想像しています。


癖のない裾にかけてストンと落ちるシルエット。
丈詰めをしていないものを着用したので靴とのバランスに若干の重たさを感じますが、短く合わせる事で
よりパンツの良さが引き立てられると思います。これから夏にかけて出番が増えると思いますので
足元にボリュームのあるサンダルを合わせたり、半袖Tシャツに麦藁帽子など、軽さを感じさせる組み合わせがお勧めです。


これから夏にかけて穿くパンツは、普段穿いている様なデイリーに合わせられるものと清涼感を感じるものとを
組み合わせながら過ごすのがお勧めです。食べ物にも旬があるように、少しでも暑さを和らげる効果のあるものを纏う事は
その季節を楽しむ事にも繋がりますし、普段とはまた違う心地良さを実感出来ると思います。
服装によっても出掛ける際の気持ちや感じ方は大きく変わると思いますので、天然素材ならではの機能性を実感して
頂けたら嬉しいです。是非店頭でお試しください。

PageTOP