6月11日


SEA SALT    FRILL&GATHER BLOUSE

color      WHITE

price      29000+TAX

SIZE      2

color      RED

SIZE      2

color      INDIGO

SIZE      2 HOLD

昨日のBLOGで告知させていただきましたが、今週末は由利本荘のみつばちさんへ出張SHOPのため
内丸大手先ビルの店舗はお休みとさせていただきます。
ご来店を予定されていたお客様には大変申し訳ございませんが、もしお時間ある方はぜひ由利本荘まで
下道と高速を使って片道2時間半のみちのりドライブはいかがでしょうか?
土曜日には、自分達もずっと色んな方からお勧めいただいて行きたい・食べたいと思っていた
樫食堂さんのごはんがみつばちさんのお庭でいただけますよー。やったー!
さらには樫食堂さんによる似顔絵デッサンとRelieR plantsさんによるディッキアやアガベなどの
個性的な多肉植物の販売もしていただけるとのことで多種多様で賑やかなイベントになりそうです。
海・山・川と自然に囲まれた由利本荘や周辺にはとても美味しいご飯屋さんもありますし、前回足を運んだ
「鳥海山 木のおもちゃ美術館」もまた行きたいと思う施設でしたし、1時間かからず秋田市にも行けるので
一日たっぷり遊べるのではないかなと思います。週末のご予定にぜひ。そして晴れますように!

そんな海のある街にも川の流れる街、どちらの景色にも似合うSEA SALTの服。
今回も夏に相応しい繊細で涼し気な素材、そして自然の色味にマッチするカラーをご用意いたしましたので、
30℃越えの日も晴れやかな気分で過ごせるような装いを楽しんでいただけたらと思います。


袖と首元の控え目なフリルと首元に寄せられたギャザー、そして華奢なリボン。
それがあると自分は(コロッと)弱いんだよなーという要素が大方揃ってしまっていて
どれか一つでも心擽られてしまうところなのに、それがふんだんにだなんてもう大変で素敵です。
とは言えそれが入っていれば何でも良いかと言うとそうではないのですが、自分がイメージする可愛いは
飾らずに自然体のままでもふわっと漂う柔らかなチャーミングさや、静かな空気を纏う真っすぐな美しさなど
そういったニュアンスを含むものと繋がっています。他にも違う可愛いと感じるものの引き出しもあるのですが、
SEA SALTの服はまさに自然体で仄かな甘さはあるけれど華美になり過ぎないのが良いなと思って見ています。


使用している生地はHAUSAMMANN+MOSSという1811年創業のスイスのファブリックメーカーのもの。
スイスコットンの織物の染めから紡績、紡織までをすべて自社の工場で行う一貫紡の工場で作られる織物は、
その生産過程においてもクオリティを落とさないために、部署同士の連携が常に綿密になされていることや
スイスの良質なお水が生地を作ることにとても良い影響をもたらしていたり、その土地と自社工場ならではの
特性を最大に活かした仕上がりになっています。
繊細で上質な生地に触れると、まるで着ていないかの様に肌当たりは軽やかで優しくて瞬く間に気分は高揚。
夏の暑さの中に加え湿度でジメジメしていたり汗をかいてても、薄手でさらりとした生地は不快感を与えず
むしろ汗をかいても気にならなくなるぐらいで、服を変えることで嫌だなと思う気持ちも良い方向へ転換
されることもあると思うと、装うことに対する捉え方や視野もまたひとつ広がったように感じます。


首元はリボンを結ばずに開けて着るとぐっと大人っぽさが増しますし、あまり肌を見せずに着たい方は
きゅうっとギャザーを寄せる事でフリルが微かに立襟のようになってくれますので、それもまた可愛いです。
カラーREDとINDIGOはそれぞれバラとログウッドを使用した天然染めによる美しい色合いが特徴の生地で、
やや肌が透けます。微かに透けるのがはじめは気になるかもしれませんが、暑い日差しの中で着ていると
むしろ涼し気で季節感を感じられますし、麦藁帽子やサンダルなど夏の小物ともよく似合います。
WHITEはとても薄手の生地なのでかなり透けますが、透ける事を利用してインナーには逆に色味のはっきりした
タンクトップやキャミソールを着たり、もしくは黒やチャコールなどモノトーンな色味でシックな印象に
まとめると、それはそれで大人で素敵な装いに映ります。
引くところは引いて、可愛さはそっと添えるぐらいの気持ちででも見れば確実にぐっと心を掴むディテールが
細部に詰まったブラウスです。
これから迎える夏の予定に合わせて、開放感のある服を取り入れてみてはいかがでしょうか。

PageTOP