3月25日

SUNSHINE+CLOUD  SLIP ON  

color     BLUE(海辺のギンガムチェック)

price     17600-(TAX IN)

SIZE     0    /    1    /    2    /    3    /    4   

昨日の定休日はポカポカ陽気で、家の近所を久しぶりに散歩。ちょっと歩くと汗ばむくらいでしたが
気持ち良すぎて歩き過ぎてしまい、足回りを中心にひどく筋肉痛に襲われています・・・
それでも気温の事を気にせずに外へ出掛けられるのは冬が厳しすぎた分、とても嬉しい。
次の休日も歩いて盛岡の街の知らない場所や景色を探して巡りたいと思います。

いよいよ薄手の服装も視野に入ってきたタイミングで、SUNSHINE+CLOUDのアイコンとも言える存在の
プルオーバータイプのシャツと、ゆったりとしたシルエットで無骨さ持つチノパンをご紹介したいと思います。
先ずは、如何にも春らしい爽やかなギンガムチェックのシャツから。
首元のボタンダウンに左胸のポケットに1つの釦が付いた、一見すると何処にでもありそうなディテールの
プルオーバータイプのシャツですが、僕自身が勝手に思い続けている完成度7割位というのが理想的で、
だからこそ長い年月を経ても温度が変わらずに人を魅了し続ける理由ではないかと。
ただ袖を通すだけでは格好良くなり過ぎない良い意味での野暮ったさというのがポイント。
シルエットを狙い過ぎるとオーバーサイズになるだけですし、ファッション性を意識し過ぎないベクトルと
ここにしかない空気感を維持し続けられるのは、葉山という山と海に囲まれた場所を拠点にしているからで、
そんな土地と暮らしにフィットするSLIP ONの様なシャツが愛されるのも自然なことと思います。

シルエットは身体のラインを拾わない、ストンと落ちるのが特徴。
バスト回りのゆったりとした広さがストレスのない着心地に繋がっていて、それに合わせるように袖周りも
身体と生地との間に大きな空間のある仕上がりに。SLIP ONに関して、アームの太さからも想像出来るように
何かを重ねて着るよりもシャツ1枚を潔く着るのがお勧めで、もし羽織るとすればオーバーコートなどの
ゆったりとした作りの羽織物がベスト。昨日のように20度前後まで気温が上がるこれからの季節に
ざっくりとしたサイズ感で風が身体を抜ける位のバランスで着て頂きたいです。

生地は海辺のチェックと名付けられた、如何にもSUNSHINE+CLOUDらしい細かなギンガムチェック。
厚すぎず薄すぎずのブロードで通年生地といった所。このチェックの特徴として、着るだけで想像を超える位に
爽やかな印象にがらりと変わり、清潔感と季節の風を感じさせてくれるのは間違いありません。

トップの釦は締めるとかなり窮屈な印象になりますので、2つ目を留めるか写真のようにラフに開けて着るのも◎
インナーをちらりと覗かせて着るのも良いですし、首の開きがあるTシャツやタンクトップを合わせて大人の余裕と
色気をプラスするのも、ある程度洋服を着こなした方向けになってしまいますがお勧め。
シチュエーション、気候、着こなしのバランスによって開放的なイメージで着るのも、このシャツに関しては
凄くハマる印象があるので、プルオーバーならではの特色を活かしてショーツなども選択肢に入ってくると思います。

僕自身もようやくというのか、SUNSHINE+CLOUDをお取り扱いをスタートして4年目になり1つ1つのアイテムの
着こなしが板についてきたのではないかと。最初は半信半疑で不安を感じながら着ていたものが、何度も葉山のお店に
足を運ぶ事でブランドのイメージや表現したい事が少しずつ理解出来るようになり、良い部分を持ち帰りながら
僕が暮らす盛岡という街でどう表現するかを考え、土地の持っている力を引き出せるような服装が提案出来ればという
気持ちで提案をし続けています。凄く着易いという洋服でもないですし、独特なバランスを埋めていく必要があって
段々と心地良さが増していくというのが、このシャツの最大の特徴になるのかもしれません。
SLIP ONの他にも3つのデザイン(前開きBD・前開きSTAND・プルオーバーSTAND)でシャツは展開していますので
自分が気に入って着れるものを見つけて頂ければと嬉しいです。

SUNSHINE+CLOUD  WIDE ARMY CHINO  

color     BEIGE

price     24200-(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3

ガツンとしたボリュームで迫力のあるシルエットが前面に押し出されている”WIDE ARMY CHINO”
もう一型定番で提案している”BIG CHINO”とは似て非なる印象で、こちらの方がよりワイルドさとミリタリー色の
強いチノパンと言った所。縫製などを見ても内・外共に巻き縫いを用いて表情のある仕上がりに。
フロントは2タック入り、ウエストからヒップ周りにかけては立体的なパターンで身体の凹凸に沿うようなシルエット。
ワタリから裾にかけて緩やかにテーパードさせて全体はゆったりとしていますが納まり良くバランスを整えています。
本格的なアメカジライクな側面とSUNSHINE+CLOUDらしい抜け感とが相まった1本だと感じています。
春になると無条件でチノパンを穿きたくなりますし、SAINT JAMESのボーダーTやmaillotのチェックシャツなど
普遍的なアイテムを今の気分に合わせてサイズ感や色などを調整しながら着て頂きたいです。

着始めからでもすぐに身体に馴染むように、かなり洗い込まれています。
新品の状態ですが古着の様なこなれた空気を穿き始めから纏っていて、新品から穿いてこの位の雰囲気まで辿り着くと
大抵は膝が出てしまっているので、それが無いのも良かったりします。

チノパンはワードローブの中心に欲しいパンツでオーソドックスなアイテムだけに、何処を基準にして選ぶか・・・
という部分でとても難しく、且つメーカーとして作り続けていて安定供給出来るどうかというのも提案する側として
重要になってきます。今の自分自身のライフスタイルと照らし合わせた時に”WIDE ARMY CHINO”はミリタリーライクな
部分をしっかりと持っていて太さにも嫌味がなく、穿き続ける事で見えてくるものがあるのではないかという気持ちで
これからゆっくりじっくりと時間を掛けて、お店に馴染んで当たり前に選んで頂ける存在になっていければ良いなと
思っているパンツの1つです。

チノパンは通年を通して穿くパンツだと思いますが、僕は何故だか理由は不明なのですがシャツ1枚に合わせる季節と
秋口に程よく寒いなと感じてセーター1枚に合わせるのが好みです。シャツの場合はキャンバスのスニーカー、
セーターの場合は革靴の方が納まり良く感じます。多分、他にも色々と穿きたいパンツがあるので、何となく自分で
決めつけているのだと思うのですが、春の季節を告げる存在になっているのは間違いありません。

プルオーバータイプのシャツ”SLIP ON”、ゆったりとしたシルエットの”WIDE ARMY CHINO”とブランドを代表する
アイテム2つをご紹介しましたが、どちらも共通項として着こなしの一部として直ぐには馴染みにくいという部分が
あると思っています。だからこそ、時間を掛けて自分なりの着こなしや心地よさを探す空白を埋めていく事が
後々に洋服の面白さや深みという部分に繋がってくるのだと、僕自身も時間は掛かりましたが少しだけ気付けたような
気がしています。 是非ライフスタイルの一部としてSUNSHINE+CLOUDの洋服を取り入れてみては如何でしょうか。

PageTOP