9月30日

PLOTOTYPE  CREW NECK

color      WHITE

price       55000-(TAX IN)

SIZE       S    /    M    /    L

はやいもので9月の最終日。
朝からなんだか身体が重く頭痛もなかなか酷いので、これは台風の仕業か?と曇り空を眺めています。
今日の様な日はハーブティを飲んだりしながら、1日を穏やかに過ごしたいと思います。
10月を前に店内の商品をまた少しだけ入れ替えたり、並べ替えたりしました。ゆっくりゆっくりと
生地の色や厚み、素材などを、気温や景色の移り変わりと同じように移行させていきます。
季節はいったりきたりしますので、何か気に留めるものがありましたら足をお運びくださいね。


ちょうど3年前くらいからでしょうか。カシミアという魅惑の素材に興味を抱くようになったのは。
それまで重くて硬くてしっかりとしたウールが最高だと自負して揺るがない自信をちらつかせていたのですが(笑)
軽くて暖かく、そして肌触りも柔らかというような魔法の素材に一度触れてしまうと、ちょっと前までの自分は
何だったのか・・・と思ってしまうくらいに急激過ぎる方向転換をしてしまう訳です。
未知なる素材を知ることの出来る楽しさや、価格はそれなりに高価ではあるけれど、その分喜びや機能的な一面を
感じてしまうと、価値観を大きく揺さぶられてお店でも少しずつでもお伝えしていければという気持ちにさせられます。
AULICOの新たなる試みで生まれた”PLOTOTYPE”の最初にリリースされたアイテムはカシミアという余韻のある響きや
一般的に頭に思い浮かべる概念を、良い意味で裏切るようなカシミア100%のセーター。

既に店頭に並べて数日が立ちましたが、接客をさせて頂いたお客様が皆一同に驚かれるのが素材感。
僕自身もこの製品が出来た時に風の噂は耳にはしていたのですが、実際に触れた時のカシミア!?
というような驚きの質感。
この素材の一番の特性として、ふんわりとした柔らかで如何にも高級感のあるウールというのを連想するのが一般的。
“PLOTOTYPE”のセーターは大胆にもカシミア糸をあえて強撚糸にして作製されたセーター。
強撚糸にするということは糸の分量もそれなりに使用しますし、普通に見るとコットンセーターだよなぁという様な
ずしっとした井出達。ですが正真正銘カシミア100%。
着ているうちに段々と強撚の糸が解れてきて表面が微起毛してくると、カシミアの顔が徐々浮かび上がるというモノ。
洋服好きの心をがっちりと鷲掴みにされたのは言うまでもなく、これから自分自身が着てみたいというセーターの
可能性とモノ作りの奥行を実感させてくれた、興味深く新しいアプローチの1枚です。

硬いからと言って、イメージする様なヘヴィ系のセーターとは全く異なるずっしり感と心地良さ。
この不思議な感覚は他にはありません。
ミドルゲージのクルーネックセーターで、デザインはコンサバティブな雰囲気に落とし込まれています。
ほっこりもしないですし、かと言ってファッショナブルでもなく、自分自身の着こなしと選ぶサイズにも
比重が置かれたモノと人とに良い距離感を求める方に適したセーターではないかと思っています。

サイズ展開はS・M・Lの3サイズ。決して大き目の作りではありません。
普遍的なアメリカ製のデニムにスウェットを着る所にあえてカシミアセーターなんて着てしまったら
それだけで粋なスタイルになるのではないでしょうか。心のゆとりではないですが、価格の部分も含めて
自身への探求心と素材の化学変化のような、経過観察も含めて永く付き合って頂きたいアイテムです。

color      BLACK

price       55000-(TAX IN)

SIZE       S    /    M    /    L 

色展開は2色で”BLACK”もまた魅力のある色目。
素材の特性で黒の印象がとても柔らかく見えるという点で、着こなしの幅が広がる気がします。
例えば足元に黒の革靴を持ってきたとしても、きりっとした空気になり過ぎずに何処か頼りなさそうな
隙が生まれるトーンや全体のバランスもきっと素敵なはず。

裾と袖のテンションも緩やかに窮屈な印象は全くありません。
カシミアを着ていて思う事は、僕のように肌が敏感な方でもセーターを躊躇なく着ていただけるという事。
つい最近は半袖のTシャツに合わせて着ていて、そんな着方も出来るのが素材の持つ特性でもあったりします。
起毛を殆どしないタッチであれば、岩手のように春がすこぶる寒い地域でも季節に囚われ過ぎずに着用が出来
機能性としてはシルクに近い感覚があって、着ていると勝手にというと語弊がありますが適温になるような感覚があり
天然素材の持つ魅力にもどっぷりと浸かってしまっています。
質の良いセーターは一度袖を通してしまうと、もう元には後戻りできない位に着心地の部分で雲泥の差があって
誰にでもという素材ではないですが、いつかは・・・と思っている方には是非お勧めしたい逸品です。

AULICOの製品にも共通する実験的であとからじわじわと押し寄せる納得感。
その場を見過ぎずに、遠すぎない未来を見越してのモノ作りをする姿勢とちょっとした遊び心とセンス。
ニットという編み物と組み合わさる事で、また違った可能性と面白味が後を追うようにやってきて
感覚の揺らぎを感じて頂ければと思ってセレクトをしました。
もう目の前に迫ってきたニット本番の季節。そろそろご自身のライフスタイルと興味心を擽るとっておきの
1枚を手にしてみては如何でしょうか。

定休日のお知らせ

明日29日(水曜日)は定休日となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

9月28日

MITTAN   JK-03 ガラ紡ロングジャケット

color     黒

price      56100-(TAX IN)

SIZE      3    /    4 

今日の朝は相当に冷え込んでいましたね。起きて直ぐにストーブを点火してしまうくらいに寒かった。
こうなってくると布団の温もりに打ち勝てるかが、これからの季節の一番の悩みになるかもしれません。
いよいよ本格的に保温効果のある秋の羽織物も視野に入るタイミングで、MITTANの優れものジャケットをご紹介。

ブランドが立ち上って間もない頃から定番で作り続けられているコットン×シルクを用いたガラ紡ジャケット。
季節の狭間にざっくりとしたイメージのカーディガンとして、もしくは冬に入るまでのコートの代用品としても
その機能を大きく果たしてくれるオールマイティな存在。
素材の持つ変幻自在な保温効果と、ある程度厚みのあるインナーを着用しても肩回りが窮屈になり難くく
先ずは長袖のカットソーあたりからスタートして、気温が徐々に低下するのに合わせて厚みのあるものへと
シフトして最終的には中肉のセーターまで合わせられる懐の深さと着合わせのし易さに心を奪われています。
タフな生地感も手伝って普段使いは勿論ですが、旅行や出張に行く際にも汚れなどを気にせずに着用出来るので
事ある毎に着て出掛けたりしているので、私達自身のライフスタイルにしっかりと溶け込んでいる頼りになる羽織物です。

今季選んだのはショートとロングがあるのですが、ロングジャケットのタイプで色は”黒”
黒は恐らく初めての展開になると思います。昨年の8月に行いましたMITTANのイベントの際に黒は
店頭に並んでいましたが実際にセレクトするのは恐らく初めて。
こうだからという明確な理由はないのですが、ここ数シーズンは濃藍を中心に展開をしてきたこともあって
その反動かどうか分かりませんが、きりっとした色目を打ち出してみたいなと思いました。
迫力のある生地に黒を落とし込むことで、捉え方によっては鋭い印象にも感じたり映ったりもしますが
僕はブランドの持つ印象をストレートに表現するよりも、ちょっと拍子抜けした着方に惹かれてしまいます。

リバーシブルで着用が可能で、片面に大きなハンドウォーマーポケットが付きます。
肩の作りはラグランスリーブを採用。
首元はショールカラーの様な襟の形状で保温効果を高める役割も果たします。
フロントに釦や紐などは一切付かずに、動きのあるジャケットですがパターンの特性で前が綺麗に閉じる
仕組みというのもMITTANが得意とする機能と美を両立したデザインに思います。

MITTANのCOLLECTIONの中では春夏・秋冬とどちらのシーズンにも登場するガラ紡シリーズ。
何度かBLOGでご紹介してきているので、いつかは着てみたいなと思わせるジャケットではないでしょうか。
これさえあれば良いというような洋服は存在しないと思うのですが、万能な素材のジャケットが1枚手元にあるだけで
移り変わる季節や気温の上下に対してのストレスが大きく軽減されるのは間違いありません。
昨年のイベントでガラ紡シリーズはとても人気で手にした方がお店に来て、その良さを語りつくして下さる姿を見ていて
純粋に嬉しかったですし、僕だけではなく万能な素材でありデザインというのを裏付けてくれたような気になりました。
目先に囚われ過ぎずに、着続けたいと思うジャケットやコートをお探しの方に是非一度袖を通して頂きたい
長年に渡って今現在もブランドを代表するアイテムの1つです。

9月27日

JUJUDHAU  STAND COLLAR SHIRTS

color     NAVY GINGHAM

price      22000-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

きのう帰り道の途中にある荒物屋さんの前を通ると、店頭にざるに入ったりんご・梨・栗が並んでいて
思わず目が釘付けに。梨を品種がちがうのを二種類と、栗も大きめの粒が美味しそうだったので勢いで
買ってしまいました。もう一人が少し前に栗を買って、もう握力がない~と叫びながら初めて渋皮煮を作り
おやつタイムがほくほくなので、今回は栗あんにしてみようかとおもっています。
思いがけず色々はじめての経験をもたらしてくれる実りに感謝しながら、食欲の秋を楽しみたいですね。

JUJUDHAUの今シーズン展開された生地の中から、先日はリネンコットンのストライプをご紹介しましたが
今回は起毛感のあるコットンネル素材を使用した、ネイビーのギンガムチェックでオーダーした3型を。
全て同素材なのでチェックが並びすぎてしましますが、形の違いをぜひご覧いただけたらと思います。

一型目は、新作の”STAND COLLAR SHIRTS”になります。
襟無しのきゅっと詰まった丸首で、あとはとてもベーシックでまとまりのあるシャツなので
これまでにも既にあったのではないかと思うくらいの慣れ親しんだ佇まいですが、間違いなく新型。
肩幅・身幅共にゆったりとしたサイズ感で、袖だけは普通というかすっきりとさせたシルエットは
JUJUDHAUならではの何とも言えない素朴さと、身体をうまく包み込んで柔らかな表情を作ると同時に
どこかメリハリもしっかりと感じさせる形。という印象を強く持っています。
形についてはそう思っていますが、選ぶ生地によってそこからまた見た目の雰囲気は違ってくるので
その決まった枠に納まらない点と、着るとなんだか感じが良いなというところを知っていただけたら
嬉しく思います。

肩は落してありますがカフスやヨークなどなどその他のディテールはシャツの作りになっていて、
比較的ゆったり目のスタンドカラーシャツというイメージ。
着合わせもそこまで難しくなくチノパンやデニムなどベーシックなスタイルが似合うと思います。

前開きなので羽織っても良いのですが、所謂のシャツ地ではなくネル素材なのでインナーとの
生地の相性によっては、若干滑りが悪い場合もあるかもしれません。薄手のカットソーぐらい
でしたら気にせずパッと羽織って着ることも出来ると思いますが、重ね着をする際にはシャツの上に
ゆったりとしたカーディガンやベスト、ジャケットコートなどを羽織るのがベスト。
今まで在りそうで無かったシンプルな形のシャツを、JUJUDHAUらしいなと思う生地で選びましたので
いつもの包容力たっぷりなワンピースなどとはまた少し違って、ややすっきり気分な形をお求めの方に
お勧めしたい一着です。

JUJUDHAU  FLY FRONT LONG

color     NAVY GINGHAM

price      27500-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

こちらは前回のストライプ生地から続いて、同型でオーダーしましたFLY FRONT LONG。
それこそ軽くコート感覚で羽織っていただける、ミドル丈の前開きロングシャツですので
夕暮れ時には涼しいから、すこし肌寒さを感じるような気候になってきた今日この頃には
すぐにでも出番が訪れそうです。
もう少し気温がさがるとさらに薄手の上着が必要になったり、大判のストールを肩にかけたりと
これから先、冬の長い時間を防寒スタイルで過ごす事を思うと、色んな素材を着合わせで楽しんだり
薄いインナーに少し暖かい素材を重ねたりという、自分だけにしか分からないような味わいを
この短い良い時期にいろいろ試したいなと、そんな事ばかり考えてしまいます。

フロントが比翼になる事で、デザインとしての面白さが生まれると思います。
いつでも着たいと思わせる生地感でもあり、ハンガーラックに掛かっていたら服装をあれこれと考え過ぎずに
着られるのがJUJUDHAUの洋服の一番の魅力でもあり、自分自身の日常に欠かすことの出来ない存在にもなっています。
今回選んだコットンのフランネルは肌当たりも良く、チェックの色目・柄の大きさどちらも癖がないので
さらりと羽織るだけでも納まり良く感じていただけるはずです。

JUJUDHAU  FLY FRONT SHIRTS

color     NAVY GINGHAM

price      20900-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

最後はrasikuではお馴染みのデザイン”FLY FRONT SHIRTS”も迷わずにオーダー。
何度もBLOGで紹介してきましたが、それだけ好きなカタチの1つ。
生地が変わると雰囲気が違って見えて、NAVY GINGHAMもきっと万能なシャツになると思いオーダー。
身頃のゆったりとした雰囲気に対して、さっぱりとした丈感が癖になります。
所謂ボックス型と言われるシルエットですが、腕周りを細く設定する事によりメリハリのある表情が特徴的。
何を着ようか迷った際に、主役と脇役のどちらにも振り幅のある着こなしを楽しんで頂けると思います。

前の丈よりも後ろのテールがやや長めに設定し、お尻がしっかりと隠れるのも絶妙な塩梅に感じます。
1つ1つのディテールがわざとらしくなり過ぎないのも、現地の方がパターンを引き・縫製まで全ての工程を
ネパールで一貫して行うからこそ、自然発生的に生まれるモノ作りの妙があるのではないかと思うのです。

今回ご紹介しました”NAVY GINGHAM”以外にも、しっかりとしたウール素材のアイテムなども届き始めております。
先ずは即戦力になる1枚を頭に思い浮かべている方にご紹介した3型はどれも甲乙つけ難くお勧めです。
形が同じでも素材が変われば、全く似て非なるものとなるJUJUDHAUの魅力に是非触れてみては如何でしょうか。

9月26日

holk      smock dress

color      Ink

price      42900-(TAX IN)

SIZE      0 SOLD

秋のお洋服を日々ご紹介していながらも、天気の良い日は日中の気温がまあまあ高くなるので
まだ少し暑くて着られないかなぁと、手を伸ばしかけては断念する服たちが待機する中で
今日は気温差もあまり大きくないので、よし!!と思って、いそいそと秋服に袖を通しています。
最高気温20~23℃が、なんとなく自分たちの中での服装・体調におけるバロメーターになっていて、
すこし冷やっとする風を感じる中スウェットだけでも良いし、薄手カットソー・シャツにプラス一枚
羽織って飲み物は温かいものを。そんな装いと過ごし方が無理なく気温とマッチするいい日です。

holkから届いたsmock dress。
どちらかと言えばユニセックスアイテムの展開が多くなってしまうholkですが、ワンピースをはじめ
ジャケットとスカートのセットアップなどなど、レディスアイテムにもとても格好良くて魅力的な服が多く、
毎シーズンオーダーを決める際もどこを切り取ろうか・・・と足したり引いたりがとても悩ましいブランド。
その中でも秋冬にリリースされると、迷いなく選んでしまうのがこのスモッグ型のワンピースです。

昨年はポリエステルの強撚糸を度詰めで織り上げ、見た目はほぼコットンに近い風合いの生地を使用し
独特な質感と程よい光沢が美しいオリーブ色のスモックドレスだったのが、とても印象に残っています。
今回はまたがらっとタッチを変えて、ムラ感と僅かに毛羽立ちも感じられるコットン100%のツイル生地。
こちらもとても高密度でカサっとドライな質感ではあるのですが、不思議と肌当たりや着心地は優しくて
見た目や触った時の存在感からのギャップを感じますし、いつもながらの強気な生地に惚れ惚れします。
真っ黒ではなくじわっと滲んだ様な雰囲気の良い墨黒が、生地の風合いもそうですしワンピースのデザインにも
よく合っていて、着込んでいった先がとても楽しみになる一着ではないかなと思って眺めています。

バサッと羽織ればまさにコートの様な井出達で、ずらりと並んだ釦をぴちっと留めればスモックに。
前開きのワンピースの着回しの良さは永遠とここに書き続けていますし、実際そこはお客様とも共通認識と
実感するくらい、さっと羽織にもなるデザインは季節問わずお選びいただくポイントになっていると思います。
クラシックな趣を丁寧に残しつつ、デザインと生地のバランスの良いところを見極めて落とし込んでいるので
見え方が重厚になり過ぎず、上品さと小気味好い空気を持っているのがholkのどの服にも共通する印象。
だからこそ着こなしの幅も広く、カジュアルにも綺麗目にも着ていただける遊びがあるのだとおもいます。

ノーカラーでやや立ち襟の首元と、襟から前後たっぷりに寄せられたギャザーによって作られる表情。
着丈も後ろが大よそ117cmと長いので生地に覆われてる感はありますが、裾の両サイドにスリットが入り
釦も上から三分の一ぐらいまでなので、スモックならではの機能的な要素も含まれていて動き易いです。
中肉ながら生地がしっかりしていることもあって、上にさらにコートを重ねることも出来なくも無いですが
スモックドレスをメインにプラス小物で変化を楽しむというような感じが、一番しっくりくるように思います。
チェック柄のボトムなども似合いそうですし、お馴染みLOCALLYの大判ストールなどをアウター変わりに肩に
纏ったりして、この時期にしか出来ない装いをぜひお楽しみいただけたら。

PageTOP