9月25日

TEMBEA   BRANCH TOTE(CANVAS11)

color     ARMY

price     15400-

SIZE     34×36.5×15 

朝四時四十五分。
日の出の時間が日を追うごとに遅くなり、まだ暗い森から微かに虫の鳴き声だけが聞こえてくる中で
先ずグラウンドの土と芝の状態を確認。
若干の肌寒さに長袖の羽織を持ってこなかったことに後悔はしつつ、いざ身体を動かし始めると次第に
じんわりと汗が出てきて、1時間もわーーっと動けば心も身体もリフレッシュ完了。
今シーズンの朝の活動は残り1回かと思うと寂しくもあり、物足りなさを感じたりもしますが・・・
でもそのくらいが丁度良かったりもするので、最後まで怪我無く健やかに出来ればなと思います。
そんなことをしているうちに、気がつくと秋の気配がどんどん色濃くなっていくのです。

TEMBEAから11号帆布を用いたバッグ2種が届きました。
ここ数シーズン人気の高かった”BRANCH TOTE”を内側に撥水性を持たせた生地に載せ替えて登場。
BASICシリーズにもあるモデルですが、メインとなる素材の違いと気の利いた仕様の変更で
より機能的なショルダーバッグに。
またCANVAS11シリーズの特徴としては、上部に巾着が付く仕様となっています。
これで雨の日でも、これからやってくる雪にもあたふたせずに安心して持ち歩く事が可能。
自転車で行動されている方にとっても、中の荷物が飛び出すも心配なく背負えるバッグではないかと。
11号帆布の特徴でもある軽さと撥水性、巾着が付いた事で防犯面においても安心が違ってきます。
大きさはそれなりですので、性別に関係なく、それでも持った時のバランスとしては何となく男性に
似合うバッグではないかと思いながらセレクトをしました。

color     SMOKEY BLUE

TEMBEAのアイコンとも言える存在のBAGUETTE TOTEを、やや横長に伸ばしたしたようなデザイン。
アジャスト調整はきかないのですが、ぎりぎり斜め掛けが出来るショルダーストラップが付く事で
機能的な側面をプラス。どちらかと言えば沢山の荷物を入れて持ち運ぶのに適していて
普段荷物の多い方や出張や旅行などの1泊位であれば十分に対応が可能な容量だと思います。
分かり易く機能性のあるバッグとまではいかないのですが、人とモノとの距離感が付かず離れずの関係性で
そういったモノの方が飽きずに使い続けられたりするのが面白く、素直に関心してしまいます。

斜め掛けすると、背中と腰のちょうど間くらいにフィットする長さに設定。
モコモコする様なアウター類を着ると、ギリギリになってしまうかもしれませんが生地が馴染むので
余程のことがなければ襷掛けは可能ではないかと。これからの季節にはスウェットなどを着て持つと
服装にも馴染む感じがして、お互いの相乗効果で何とも言えない感じの良さを出せるような気がしています。

色展開は2色で”ARMY”とSMOKEY-BLUE”
どちらの色目もきりっとではなく、ニュアンス色なので服装の邪魔もしませんし溶け込む印象があります。
僕自身も最近はバッグ自体の重さが気になり始めてしまい、今の気分としては軽さというのが選ぶ1つの基準にも
なっています。勿論それが全てではないのですが、出張や旅行に行くと荷物を持って移動したり飛行機に乗る際の
バッグの重量を気にしたり、着いた先では歩き回らなければならいことが多いので出来る限り軽くしていたいという
気持ちを優先するようにました。実際に11号キャンバスのリュックを仕事用として使っていますが、ある程度生地が
馴染んできてもカタチが崩れない適度な張り感と撥水性を持ち合わせているので、とにかく万能で頼もしい。
普段6号のキャンバス素材をお使いの方にも、素材の違いで随分と印象が変わると思いますので何かのタイミングで
ご自身のスタイルに合うバッグに出逢って頂ければ嬉しいです。

TEMBEA   BH TOTE SMALL(CANVAS11)

color     SMOKEY-BLUE

price     13200-

SIZE     20×22.5×20 SOLD

こちらは初めて展開するバケツ型のハンドルトートバッグ。
丸みを帯びたシルエットとハンドルの細さがデザインのポイントになっていて、使い勝手とモノとしての完成度を
上げるために細かな所を突き詰めているのがTEMBEAらしい部分だなと思わせるバッグ。
お財布とスマートフォン、小さいポーチ位を入れて持ち運ぶのに丁度良い大きさだと思います。
普段車移動の多い方などは、この手の納まりの良い大きさは重宝するのではないでしょうか。

color     ARMY SOLD

BRANCH TOTEと同じく色は”ARMY”と”SMOKEY-BLUE”の2色をセレクト。
洋服よりも手軽に気分を変えてくれるのがバッグの魅力でもあり良さだと思っています。
その中でも小さいサイズのバッグは中の荷物を総入れ替えしたりせずに、気分を変える事が出来るので
服装と同じくバッグも一定のタイミングでリフレッシュしてみては如何でしょうか。

バケツ型はなんと言っても、このフォルムに一番の魅力が詰まっているように思います。
TEMBEAのきりりとしたキャンバス生地に、曲線使いのコンビネーション。
柔らかくも芯のあるモノ作りの姿勢がきちんと製品に感じられ、カジュアルなバッグな事は間違いないのですが
何処か凛とした空気を持ち合わせている点にも惹かれてしまいます。
近所の買い物からちょっとした遠出まで、気分の上がるバッグを持って出掛けてみては如何でしょうか。

PageTOP