10月12日

FilMelange   LIPTON

color      mocha

price      42900-(TAX IN)

SIZE      1

雨が過ぎ去ってまた一気に秋が深まってきました。と同時に気温が急にぐんっと下がって
スウェットを一旦通り越してニットに包まれたくなるほど。さすがに早いのでは?と思うかもしれませんが、
体感的にはこのぐらいが丁度いいと感じてしまうくらい、この季節の変り目は体調を崩し易いので
念のため早めの防寒対策を自分にも、同じようにこの時期に不調になり易い方へ向けてご提案したいです。

重たいセーターはもう着れないかもしれない・・・と感じながら、やっぱりざっくりボリューム感のある
セーターというのは見た目から暖かさが伝わってきて、毛糸が醸し出す趣ある表情は魅力があります。
そして寒さが厳しくなるにつれ、心身を優しく包み込む暖かな存在には救われることも。
見た目・着心地・重量などなどセーターにはいろんな選ぶ基準がありますが、FilMelangeが作り出す
ニットにはその基準をバランス良く備えて、心から満足出来るクオリティのものが間違いなくありますし
毎シーズン、その時の気分でオーダーをしています。
今回心惹かれたのは、カシミヤとラムウールをブレンドした糸と、ローシルク100%のネップ糸を
表側に出すことでニットの奥行きのある表情と、優しい肌触りの両面がどちらも際立つように仕上げた
FilMelange特性ブレンドのレシピで編み立てたニットシリーズ。
同素材でレディス・メンズと数型選びましたので、ひとつずつご紹介していきたいとおもいます。

上半身をすべて覆ってしまうくらい、ゆったりとしたシルエットで仕上げた”LIPTON”は
口元まで隠れるほどのハイネックに、袖・裾のリブもしっかりと長めに設定されていて
とにかくこの一枚があれば、真冬も乗り越えられそうと期待に胸が膨らむこと間違いなしのニット。
見た目がここまで覆われていて、それでいて比較的しっかりとした厚みも感じられるのにも関わらず
着心地はとても柔らかく軽やかで、しっとりとした滑らかさもあって、そこまでの重さを感じません。
ヘヴィーなニットを着ているぐらいの見た目の包容力と、ニットそのもの自体の保温性を兼ね備えながら、
理想のゲージと度目を目指して配合された糸と、そして糸量によってここまで贅沢な着心地に仕上がるのかと
これは着てみないことには想像できないかもしれませんが、その素晴らしさに感動を覚えます。

襟や裾、そして袖先はあえてロックをかけずに、ロールした状態に。
ほんの些細なくるんとした見た目の変化が、ちょっとしたアクセントにもなっていますし
ニットというどこか手強そうなイメージも解してくれているような印象です。
ワンサイズなので小柄な方ですと腰まですっぽりと隠れる着丈になりそうですが、
適度に落ち感があるので、細身のデニムやスカートに合わせていただくとバランスが取り易いかと。
中にあまり着込まずに、ニット一枚で真冬は裏地のついた滑りの良いオーバーコートを羽織って
足元はローファー、スウェードの革靴など少しだけキリっとさせてシンプルに着ていただくと
素敵ではないでしょうか。

カシミアとラムウールの素材の特徴として、特有のぬめりと保湿性と吸湿性にも優れているため
たっぷりとした分量の割には重苦しい見た目になりませんし、そして蒸れにくいというのも
冬場の衣類においては重要なポイントになるかと思います。
天然素材だからこそ、汗をかいても蒸れずに匂いなどもあまり気にならないのもニットの良さですし
お洗濯なども個人的にそこまで頻繁にする必要も無いと思っていますし、ホームクリーニングでも
案外問題なかったりするので(不安な方には信頼できるクリーニング屋さんをお勧めしています)
何事も経験として試してみるのも一つ大事なことですし、上質なカシミヤやウールはきっと季節が
巡る度に取り出すのが楽しみな存在になると思うので、ぜひお気に入りの一着を手にしていただきたいです。

PageTOP