11月29日

SUSURI    レヴールジャケット

color     brown

price     66000-(TAX IN)

SIZE     4

朝の冷え込みに打ち勝つために、目が覚めてすぐに二か所のストーブを付けて一度布団に戻り
部屋を暖めてから活動開始。予定していた起床時間よりはやっぱり寝過ごしてしまいましたが、
ここ数日の中では好調な朝を迎えられたので、しばらくこのルーティンを試してみようと思います。
空気が乾燥しているので、くれぐれも火の元には注意しましょうね、自分。

冬支度もままならないままに、12月がもう目の前まで迫ってきています。
いよいよコートの素材も本格的に冬仕様のものが必要になってきましたので、BLOGにもまだご紹介
出来ていないコートのラインナップをコツコツ載せていこうと思います。
昨日のholkのover coatを真冬の基準とすると、SUSURIのレヴールジャケットは雪の気配が気になるけれど
まだ根雪にはならない、まさに今のこの時期がシーズンインの頃合いかもしれません。
車移動がメインであまり重くないロングコートよりもハーフコートが取り入れやすい方や、寒さが残る春先まで
着る見通しでカジュアルに羽織れるジャケットをお探しの方にお勧めしたい、コート寄りのワーク的なジャケット。
ゆったりとした着心地はholkのコートとも共通するようなところもあります。
インナーにストレスなくニットを挟む事も出来ますし、シャツにベストの上に羽織ったりも良いのでは。
サイズは4のみの展開になります。メンズ・レディス問わずにどうぞお試しください。

※着用スタッフ身長166cm

ぎゅっと詰まっているけれど表情は素朴で柔らかいウールとリネンの生地。
色目は濃いめのチャコールにも近いブラウンで、奥の方に潜む色がチラチラッと見え隠れして
奥行きと渋さのある穏やかな色合い。
裏側を丈夫な麻が支えている二重織の生地なので、一重の仕様ですが適度な厚みで安心感があります。
襟形状はラペルの状態から、スッと立ち襟にしてもOK。
首元が覆われるだけで体感温度は格段に上がるので、タートルネックのニットにスタンドカラーの羽織、
さらに上からぐるっとマフラーを巻けば、もう怖いものはありませんね。

やや前の方に振った袖は、腕に自然に沿うように。
クラシックな空気感や佇まいを綺麗に残しつつ、今の暮らしと気分にフィットする緩やかさや軽さを
丁度いい配分で溶かして混ぜ合わせた様な、SUSURIらしいパターンの良さが際立つジャケット。
身頃と同様に袖幅もゆとりを持たせたシルエットは、生地全体に身体が包み込まれている感覚になります。

パッチポケットは手がすっぽりと隠れてしまうので、ハンドウォーマー的な役割も担ってくれそうです。
バッグ要らずとは言いませんが、長財布まで余裕で入りそうな大きさ。
外した手袋などもしっかり納まりそうですが、せっかくなら雰囲気の良いコートには手ぶらで歩くよりは
気の利いたバッグを組み合わせたくなりませんか?
ナイロン系など異素材のトートなども良いですし、あえてラフなハンドルトートなども合いそうです。
バッグに限らず、靴や靴下・巻物など小物で色を足したり、柄を入れたりが楽しい季節です。

バックシルエットはスリットなども無く、センターシームでシンプルな見栄えに。
170cm前後の方でしたら、大体お尻に掛かるか腰あたりまで隠れるミドル丈をイメージしていただけたら。
腕の長い方、細身の方でしたらもう少し身長があっても、無理なく着て頂けると思いますので
肩肘張らずに着られるコート兼ジャケット的なスポットアイテムをお探しの方に、お選びいただけたら
とても嬉しく思います。

冬時間のお知らせ

寒さと灯油の消費量は増し、灯油の価格に震え、太陽の出ている時間も日に日に短くなり寂しさと忙しさに
さまざまな感情が一気に押し寄せてくる12月。
それでも足を運んで下さる方が居て、なんとか日々元気にお店を開け続けていきたいなと思います。

12月・1月・2月の3カ月間のみ冬時間として、通常より1時間短縮して17時閉店とさせて頂きます。
午前中の方が太陽の陽射しもあって、自然光の中でお買い物を楽しんでいただけると思っていますので
12月からの3カ月間は朝方の服屋としてご理解いただけますと幸いです。

11月28日

holk     over coat

color     mushroom

price     77000-

SIZE     1    /    2

エアコンを付けて寝ると、喉の調子が悪くなるのでエアコン無しで寝てみようと決意し就寝。
朝の4時過ぎに自分の鼻の先の冷たさで起床。こんな事を10年間繰り返しながら岩手の冬を過ごしています。
それでも朝のきりっとした空気はこの季節ならではで、猫が太陽をおいかけて日向でポカポカを溜めている姿に
癒され、そのポカポカを少しだけお裾分けして貰うのが楽しみだったりします。

寒さから身を守ってくれるコート。その中でもholkが作り出すコートは北東北の真冬にも耐えうるだけの
暖かみと軽さの2つを実現してくれて、とても頼もしい存在。
そして何よりもコートらしいクラシックな佇まいは、余程のタイミングが無い限り着続けていこうと思える
先行投資する位の気持ちで手にしても良いかなと感じる1枚。
商品名にも書かれている通り”over coat”というのが大切で、インナーにジャケットや厚地のセーター類を
着た上からでもストレスなく着用出来るかどうかがポイント。
真冬のコートを選ぶ選択肢としてダウンも機能的で間違いないのですが、僕はどちらかと言えば機能性よりも風情を
大切にしたいと思ってしまう性格なので、ウールのロングコートがやっぱり格好良いなと。
昨日紹介したようなカシミアのストールをぐるぐる巻きにして、颯爽と盛岡の街を歩いたら素敵ではないでしょうか。

holkで使われるウールは全てオリジナルファブリック。
ウール100%でしっかりと目が詰まった生地で柔らかくて頼りがいのある手触り。
温かく柔らかなウール素材に身体全体を包み込まれれる感覚。
冬の寒さがより一層厳しくなるタイミングで、こういう力強さと袖を通しやすいコートがあると外へ出掛けよういう
意欲が湧き出るなぁと自分自身のワードローブを眺めながら、この季節はより一層強く感じます。
勿論機能性を重視したコート類も持ち合わせていますが、それとは別にスペシャルではないですがその人自身の生き方や
モノを選ぶ基準であったりスタイルを醸し出せるコートは最低でも1枚は持っていたいものです。

今季の気分で白や生成系の色目のコートが着たいと思っていて、袖を通すとそれまでの空気が一変するような
どこか前向きに明るい気持ちになるのも生地の分量があるコートだからこそだと思います。
肩線はドロップショルダー。袖が長めなのはとても嬉しい。
生地が固いのですっきりとした印象に映りますが、身頃もしっかりとゆとりを持たせているのでウールが
柔らかさ帯びた頃には、全体に落ち感が出て雰囲気の良さもさらに増して見えてくるはずです。
整い過ぎない一見するとアンバランスに感じるバランス感がholkの洋服の面白さでもあり、何年後か先に
本当の意味での洋服としての価値が見出して頂けるはずです。

裏地は総キュプラの二枚仕立て。
袖抜けにストレスがないのは、コートを羽織る意欲にも繋がります。
バックスタイルはベントやスリット無しで、流れるようにストンと落ちるシルエット。
尾州という地元に根付く産業を現代のプロダクトに落とし込み、地場の職人さん達と一体となって物作りを
進めるからこそ、これだけ高いクオリティで価格を抑えた設定に出来るのだと思います。

color     smoke gray

price     77000-

SIZE     1    /    2 

もう一色は落ち着いた色目の”smoke gray”
迷いなく袖を通す事が出来る安心感に、心と身体をどっぷりと預けてしまいそう。
もう既にどちらの色もお客様の手元に渡ってサイズ欠けしているのですが、袖を通した時の暖かみと
しっとりとした着心地の良さに、表情がほころぶ様子がこちらにも伝わってきます。
寒さが厳しい土地だからこそ、ウールという素材のありがたみをより一層感じられると思うので
メリット・デメリットが紙一重だというのに気づかされる瞬間でもあります。

今季セレクトをしたコートの中で最も保温性に優れ、着回しと汎用性の高さは抜群だと思います。
ちょっとした煩わしさや、着たり脱いだりなどのいちいちをマイナスに変換するのではなく出来るだけ
楽しい方向で考え始めると洋服に袖を通す毎日がより一層心地良いものへと変わりますし、やっぱり何よりも
天然素材の持ち味と、美しい仕上がりも含めこういったもの作りの素晴らしさに触れて頂ければ嬉しいです。
これで真冬の寒い日の心のダメージも3割位は減るのではないでしょうか(笑)
holkのコート。毎年言っていますが素晴らしいですよ。

11月27日

STYLE CRAFT WARDROBE  STOLE♯6

color      TOP GRAY

price      35200-(TAX IN)

SIZE      80×200 SOLD

表面がやや微起毛した大判のカシミアストール。
空気をたっぷりと含んだ素材の、巻いた際のボリューム感と暖かみに自然と笑みがこぼれてしまいます。
首にただ掛けるだけでもサマになりますし、1枚良い素材で安心感のあるものを手にして間違いはありません。
特にコットンやナイロン系のコートやジャケットとウールを組み合わせた際の素材のグラデーションは冬ならでは。
色を使ったコーディネートも良いのですが、異素材を組み合わせるのも同じくらいにお勧めです。

セーターと同じ配色で”TOP GRAY”と”NAVY”の2色展開。
巻いた際のボリュームも適度なバランスで心地が良く、頼りがいのあるストールになってくれるはずです。
カシミアという素材に興味があるけれどセーターは難しいなと思う方には、最初にストールで着心地などを
試してみるというのも良いのかもしれません。

color      NAVY

今シーズンから新しく加わったSTYLE CRAFT WARDROBEが提案するカシミアシリーズ。
丁度カシミアという素材に自分自身も興味を持ち始めて間もない頃でしたので、こうしてお店に並べて提案出来るのが
とても嬉しいですし、少しずつでも素材に対する興味であったり心地良さを実感して頂ければ嬉しいです。

11月27日

STYLE CRAFT WARDROBE  CASHMERE-T

color      TOP GRAY

price      52800-(TAX IN)

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

STYLE CRAFT WARDROBE  NECK ROLL

color      TOP GRAY

price      13200-(TAX IN)

SIZE      F

ブログの更新が滞っているうちに、街にも雪が降り完全に季節が入れ替わりました。
寝る時のお布団も昨日から毛布を一枚足して、ついこの数日前まで何故あんなに薄い布団を身体に巻き付けて
歯を食いしばって寝ていたのかとても悔いました。。。僕はいよいよ冬眠モードに突入しますが、寒さがあるからこそ
セーターは身も心も温かくしてくれる道具でもあり、その偉大さとありがたみに気付けるのかもしれませんね。

STYLE CRAFT WARDROBEの新作でリリースされたカシミア100%を用いたクルーネックセーターと首周りをしっかりと
覆ってくれるネックロール。岩手の寒さを考えると、2つの組み合わせがあると安心というか間違いなく重宝すると思い
コンビネーションでセレクトしました。タートルネックは確かに暖かいのですが、温度調整がし難いという唯一の欠点が
あるので、そのストレスを解消してくれる本体と首元がセパレートになった優れもの。
カシミア素材なので肌への負担がなく、それでいて軽いというのもセーターを着る際に気になる部分ですが
何も言う事がない位に優しさと軽さに包まれる感覚は、この素材にしか出せない特権だと確信しました。
価格はそれ相応になるのは仕方ないなぁと割り切る、もしくは気合いを入れて頂くしかないのですが
一度着て貰えればそんな事が気にならなくなる位に、素晴らしい体験をして頂けると思っています。

デザインはSTYLE CRAFT WARDROBEが得意とする、洋服と身体との間に空間が生まれるシルエットで
カシミア素材になると、より落ち感が出て優雅な空気を放ちます。
肩線はドロップした位置に、裾・袖はリブではなく切り替えしの処理。
全く締め付け感のない長時間着用しても身体に負担の掛からない作りに思います。

色々とセーター類は着てきましたし、寒い地域に住めばこれからも様々な種類を着続けると思うのですが
自分なりの1つの結論としては、軽くて暖かく、そして肌当たりが良いというのが理想。
当たり前の事を書きましたが、案外これが簡単に見つかりそうでそうではないなぁと。
さらに当たり前の事を追加して言えば、価格というのも物を買う上では重要。
そうなるとより選択肢が狭まります。
前回ご紹介しましたAULICOが作るカシミアシリーズもそうですし、STYLE CRAFT WARDROBEが新しく提案する
カシミアセーターも一元的な価格で見たら高価だなぁと思う方が殆どではないかと。
それはそうだと思いますし、それで良いのだと思います。僕も決して安価だとは全く思いませんし
なかなかの決断力がないと手にしないアイテムだと割り切ってセレクトしているつもりでいます。

折角寒い地域にいるからこそ、セーターは夏で言えばTシャツ位に着る頻度が高くて、Tシャツとは違って直接肌に
あたる事やお洗濯する回数が多くないので、消耗品にはなり難いのも好きな部分。
良い素材になればなる程に虫にも食べられる確率が上がりますが・・・幸いな事にお直しして下さる方も
いらっしゃいますしアフターケアも含めてセーターの魅力の奥行きは素晴らしいなと思ってしまいます。

STYLE CRAFT WARDROBE  CASHMERE-T

color      NAVY

price      52800-(TAX IN)

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

STYLE CRAFT WARDROBE  NECK ROLL

color      NAVY

price      13200-(TAX IN)

SIZE      F

色はどちらも甲乙つけ難い”TOP GRAY”と”NAVY”の2色。
自分の髪の毛に白髪が入ってきたらグレーはより深みを増しそうですし、ネイビーはもういう事はありません。
私は今後の白髪に期待をしてグレーを選びましたが、この2色は間違いないと思うので直感で選んで頂ければと。

STYLE CRAFT WARDROBEの洋服は、ここ数年で女性の方にも選んで頂ける事が増えてきました。
セーターだとより手に取り易く感じて頂けると思いますし、飾り気のないすっとしたバランスをコーディネートに
組み合わせて頂けると、手持ちの洋服の感覚がまた新鮮に映る瞬間に出逢えると確信していますので
先入観で決め過ぎたり身構え過ぎずに選んで頂けると嬉しいです。

“NECK ROLL”に関しては、内側に折り返してくしゅっとカタチを整えて頂くのがお勧め。
単品使いも勿論良いでしょうし、セーターと組み合わせたら暖かさと心の満足度具合が更にアップするのではないかと。
無理にはお勧めしませんが、セットがやっぱりお勧めです(笑)
今日はストールもあるので、そちらに続きます・・・

PageTOP