10月15日

MITTAN    PT-38 ウールコットンワイド

color      黒

price      29700-(TAX IN)

SIZE      1    /    2    /    3

いよいよ岩手にも冬という文字がちらつきそうな今週末。
お店の衣替えは大分進んでいるのですが、自分たちの洋服は冬モードへの切り替えがなかなか出来ず。。。
インナーを温かいものへ切り替えて何とか乗り切ろうと思っていたのですが、来週以降の最低気温を見て
戦々恐々としています。身体が寒さに慣れていないので、自分が想像するよりも暖かな服装で過ごす位で
きっと丁度良いのかなと思ったりしています。

MITTANから届いたパンツは、これからがベストシーズンになるウールコットン素材のイージーパンツ。
別のパンツに使われていた素材がとても気になってしまい、デザインを置き換えて頂いた別注企画。
太さがあるのにも関わらず何処か洗練された印象のある”亜麻苧麻ワイドパンツ”のシルエットに落とし込んで頂きました。
今回別注した理由として、生地の見え方がウールに寄り過ぎないことがとても気に入った点。
プラスしてこれから先にレギンスなどを穿いた際にも、ワイドシルエットはストレスなく合わせられて
冬の入り口から寒さの厳しい春先まで穿き回せる事をイメージしていたので、ウール×コットンというのは
自分の中では最も理に適った素材。
黒は表面がつるりとしているのに対して、紺は微起毛している点でも穿いた時の雰囲気と印象が全く異なるので
其々にライフスタイルとシチュエーションに合わせて、2色をお選びいただきたいと思っています。

先ずは黒の素材から。
ウール60%・コットン40%を使用し、経糸にウール・緯糸がコットンの斜めに走る畝がしっかりと表現された素材。
表面にうっすらと光沢が出ていて、品の良さが伺えるという点でも普段使いからトップスと靴の合わせ方によっては
お仕事用にしても大丈夫と言う方もいらっしゃるのではないか・・・という想像が膨らんで、守備範囲が広くて
多少背筋が伸びる様なきりっとした印象を持たせてくれます。

ウエストは総ゴム+アジャスターなので、完全なイージー仕様という点である事も、このパンツの穿き易さに繋がるのは
言うまでもありません。僕自身も岩手に長く住んでいるので、冬場の着こなしは出来る限りストレスが少なく
きちんとした保温性があって、プラスαとしてだらしなくなり過ぎないバランスというのが求める条件。
非の打ちどころが無いと言えば大袈裟な表現に感じるかもしれませんが、素材も打ち込みが強く見るからにタフな印象。
お洗濯なども気を使い過ぎずにご自宅で簡単に出来る点。
総合的に判断して万能さに長けたパンツに仕上がっているのではないかと思います。
冬らしいウール100%の保温効果の高いパンツも魅力的ですが、毎日でも穿きたくなる様な雰囲気を持ち合わせていて
デニムやチノなどのベーシックなパンツと同様に、秋冬~春先にかけてのメインに穿ける1本としてとてもお勧めです。

シルエットはお尻周りから太腿にかけてはゆったりとした設定。
裾にかけて緩やかなテーパードで全体を心地良いワイドシルエットに纏め上げます。
丈の設定もそこまで長くしていませんので、靴と合わせた時の印象も分かり易く革靴でもラフなスニーカーでも
相性良くマッチします。あれこれ考え過ぎずにぱっと穿けて、すんなりと腑に落ちる感覚があるのが素直に嬉しい。
サイズは1・2・3の3サイズ展開。ウエストは紐で縛られるので、ワタリ幅のバランスで決めるのが良いかもしれません。
身長178CM 体重64キロ 着用サイズ3。

MITTAN    PT-39  ウールデニムワイド

color      紺

price      29700-(TAX IN)

SIZE      1    /    2    /    3

同じデザインで、こちらの生地はコットン52%・ウール48%で経糸にコットン・緯糸にウールを用いて作製。
ウール混デニムというと分かり易い表現になると思います。
冬場にデニムを穿くのは寒さという敵を目の前にして進んで手に取るタイミングが難しくなるので
保温効果の高いデニムとなると、話はがらりと変わるのではないかと。
表面に少しだけ起毛感があって、奥行きのあるブルーと迫力のあるワイドシルエットはコーディネートの主役に
躍り出る位に存在感のある井出達。黒とは全く異なる印象で、カジュアルな装いに抜群の力を発揮してくれます。

肌当たりに関してですが、僕は極度の敏感肌なので何かを挟まないと肌に負担が掛かってしまいそうです。
これ位であれば全然大丈夫という方もいらっしゃると思いますので、この辺りの感覚は人其々で実際に触れて頂いて
判断して頂ければと思います。

まだ急激な寒さがそこまで来ていないので、ウールの気分になりそうでならない日々が続いていますが
今週末から一転して穿きたくなりそうな雰囲気。寒さは苦手というか身体に全く馴染んでこないのですが(笑)
ウールという響きは洋服屋である以上一番の盛り上がりになりますし、服装における選択肢の幅が大きく出せる事も
楽しさに繋がります。早く穿きたいというワクワクする気持ちと、寒さに身構える自分自身の心模様の複雑さもまた
冬の訪れの醍醐味なのかもしれませんね。
少しでも心躍る様な服装で日々を過ごしていければ、いくらか心持ちも変わるのではないでしょうか。

MITTANにお願いをして作製して頂いた冬を越して春まで届くイージーワイドパンツ。
頭の中に描いていたイメージするものがこうして目の前に出来上がると、季節を楽しめる要素が1つ積み上がって
今度はこういうのがあったら良いのではないか・・・と、住んでいる街との距離感を考えながらセレクトするのが
より具体的にリアリティになっていければ良いなと思っています。
黒と紺、どちらも甲乙つけがたい位に素晴らしい仕上がりになっていると思います。
是非冬のメインになるパンツを手にして頂ければ嬉しいです。

PageTOP