12月13日

MITTAN   PT-36 ウールブランケットパンツ

color     灰

price      29700-(TAX IN)

SIZE     1    /    2

昨日の夜からニュースを見て覚悟していましたが、やっぱり寒かったですね。
目が覚めて早々に4台ある家のストーブに火を灯し、冷え切った身体にはお風呂が一番と思い湯に浸かり
ようやく正気を取り戻しました。これが盛岡が誇る冬の感覚です。間違いありません(笑)
今までが少し優し過ぎた!?訳ではないと思うのですが、この痺れる寒さ。暖かな服装を心掛けましょう。

こうなると服装も完全に真冬仕様。上も下もウールで固め、ホッカイロを背中に貼り、完全防備。
MITTANのウールパンツは今シーズンも続けてセレクトしています。
別注でお願いさせて頂いたウールコットンワイドも先週頃から急にお客様に手に取って貰う機会が増えて嬉しい限り。
素材感的には冬から春先(3月下旬4月頭頃)までで、今日ご紹介するウールブランケットパンツは今時期から
2月末頃までの真冬をメインにするイメージ。
インナーパンツ(スパッツ)を冬は毎日履くので、ウエストがイージー仕様で身体の締め付けがなく
ワイドシルエットのモノが何だかんだと一番手に取り易いのではないかと思っています。
そして、純粋にその製品自体が暖かいというのは無条件に嬉しい。MITTANが手掛けるウールパンツは間違いありません。

ウールブランケットパンツの一番の特性は、やはりこの独特なシルエット。
お尻周りからワタリにかけてのゆったりと設定されたバランスに対して、裾口にかけてのテーパード具合に
最初は驚かされます。ですが、時間の経過と共にこのシルエットが癖になってしまうのだから不思議なものです。
飛び込む勇気さえあれば、自分が想像するよりも遥かに穿き易いパンツになると思っています。
パンツの主張(素材感と切り返し)がそれなりに強いので、パンツをメインにコーディネートするのもお勧め。
トップスはスウェットなどラフなアイテムで合わせると、MITTANの独特な空気が程よく中和されて
無国籍な雰囲気に包まれるのではないかと。。。そのブランドらしさを表現するのも格好良いのですが
少しお茶目というのか隙がある方が、話しかけやすさが生まれるのではないかと思っています・・・が
どっちに振っても面白いので、見た目以上に振り幅のあるパンツに感じて頂けるのではないでしょうか。

素材は混ぜ物はなしでウール100%。
オーストラリア産のラムウール、SUPER100を縮絨させた柔らかさと暖かみが抜群の素材。
MITTANのアトリエがある京都も盆地で底冷えする地域だとお話を聞いた事があるので、中途半端なウールでは
きっと寒さに耐えられないのではないかと。だからこそ、身体の芯から暖かみを感じられる素材を生み出し
それが現代のライフスタイルに直結するようにデザインまで落とし込まれています。
ブランドのアイデンティティは入れつつも強く違和感を持たせ過ぎずに、都会の雑踏や田舎街の景色のどちらにも
溶け込むような機能性と美の両立をバランス良く取り入れているように思います。

サイズ展開は1と2の2サイズ。
イージーパンツでざっくりとしたシルエットで、ウエストも総ゴム+アジャスターで調整が可能。
ワタリの幅とお尻の弛み具合がどれ位欲しいかで選んで頂くのが良いと思います。
穿いた際の着丈の長さも変わるので、その辺りもサイズ選びの基準するのも良いかもしれません。
※身長178CM 着用しているサイズ2

color     茶

price      29700-(TAX IN)

SIZE      1    /    2 SOLD

色の展開は深みのあるグレー”灰”と、少し明るい印象のある”茶”もご用意しました。
MITTANの製品は殆どが性別に関係なく着用が出来ますので、心の赴くままにお試し頂ければ嬉しいです。

女性の場合にはトップスにワンピースなどの着丈のあるモノを組み合わせて。。。というのも裾の納まりが良いので
全体の統一感が出やすいパターンになるかと思います。
※身長166CM 着用サイズ1 裾の長さは9分丈位のイメージです。

ウールパンツと一言で言っても、暖かさやシルエットなど種類は様々。
岩手の冬を過ごす上で一番重要な事は、とにかくストレスがない穿き心地とマイナスの温度に耐えられる保温力。
更に言えば、あまりに機能性に特化し過ぎない服装として見た場合の服と人との距離感。
冬を少しでも気持ちを前向きにさせてくれる、そんなパンツになって頂ければ嬉しいです。

PageTOP